【2019年】全仏オープンテニスの結果(決勝)


2019年5月26日から6月9日(2019年第22~23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。

昨年と同じカードとなった2019年の全仏オープンの決勝。

決勝「ティーム vs ナダル」
ティームが勝てばグランドスラム初優勝、ナダルが勝てば全仏オープン3年連続12回目の優勝となります。

ティームは雨の影響で6日(木)から4日連続での試合というタフなスケジュールとなってしまいましたが、準決勝でジョコビッチを打ち破った勢いと昨年の決勝での経験を活かし、赤土の王者ナダル相手にどんなプレーを見せてくれるのか注目です。

男子シングルスの決勝は、日本時間の6月9日(日)22時以降に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ドミニク・ティームとラファエル・ナダルの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、ティームの4勝、ナダルの8勝。

クレーコートでは、ティームの4勝、ナダルの7勝。

直近の対戦は2019年のバルセロナ・オープン(クレーコート)の準決勝で、ティームがセットカウント2-0(6-4、6-4)で勝利しています。

また、2018年の全仏オープンの決勝では、ナダルがセットカウント3-0(6-4、6-3、6-2)で勝利しています。(2018年の結果はこちら

※2019年6月9日時点(決勝前)のデータ

ティームナダル
4 勝対戦成績8 勝
4位 (4位)最新ランク (最高)2位 (1位)
オーストリア国籍スペイン
25歳年齢33歳
1993年9月3日生年月日1986年6月3日
185cm / 79kg身長 / 体重185cm / 85kg
右 / 片手利き手 / バック左 / 両手
2011年プロ転向2001年
23勝8敗2019年成績31勝5敗
2回2019年優勝回数1回
249勝137敗通算成績950勝195敗
13回通算優勝回数81回

1回戦から準決勝までの結果

ドミニク・ティーム
Round対戦相手Rankスコア
1回戦T.ポール1316-4 4-6 6-2 6-2
2回戦A.ブブリク916-3 6-7 6-3 7-5
3回戦P.クエバス566-3 4-6 6-2 7-5
4回戦G.モンフィス [14]176-4 6-4 6-2
準々決勝K.ハチャノフ [10]116-2 6-4 6-2
準決勝N.ジョコビッチ [1]16-2 3-6 7-5 5-7 7-5
ラファエル・ナダル
Round対戦相手Rankスコア
1回戦Y.ハンフマン1806-2 6-1 6-3
2回戦Y.マデン1146-1 6-2 6-4
3回戦D.ゴファン [27]296-1 6-3 4-6 6-3
4回戦J.ロンデロ786-2 6-3 6-3
準々決勝錦織 圭 [7]76-1 6-1 6-3
準決勝R.フェデラー [3]36-3 6-4 6-2

※[]内の数字はシード、Rankは2019年5月27日付の世界ランキングです。

2019年 全仏オープン 決勝の結果

全仏オープンの決勝の結果です。

<日程>
・6月8日(土):決勝 女子シングルス、男子ダブルス
・6月9日(日):決勝 男子シングルス、女子ダブルス

日本とパリの時差:-7時間(日本の方が7時間進んでいます)

<コート>
Philippe Chatrier

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年5月27日付の世界ランキングです。

男子シングルス
[4] ドミニク・ティーム (4)13711
[2] ラファエル・ナダル (2)36566
男子ダブルス
J.シャルディ / F.マルタン0263
K.クラビーツ / A.ミース2677
女子シングルス
[8] アシュリー・バーティ (8)266
マルケタ・ボンドルソバ (38)013
女子ダブルス
Y.ドアン / S.ツェン023
[2] T.バボシュ / K.ムラデノビッチ266

以下、男子シングルスの決勝の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記します)

決勝「ティーム vs ナダル」

[4] ドミニク・ティーム (4)13711
[2] ラファエル・ナダル (2)36566
試合時間:3時間1分

第2シードのラファエル・ナダル(33歳・スペイン)が第4シードのドミニク・ティーム(25歳・オーストリア)をセットカウント3-1(6-3、5-7、6-1、6-1)で破り、全仏オープン3年連続12回目(グランドスラム18回目)の優勝を飾りました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
ティーム3
ナダル6
○:キープ、●:ブレーク

ナダルのサービスで試合開始。

第1ゲーム、15-0からナダルのバックハンドの連続ミスで15-30とティームがポイントを先行しますが、ナダルがキープ。

第2ゲーム、ティームがキープ。

第3ゲーム、40-0からティームがすばらしいプレーを見せてデュースまで行きますが、デュース1回目でナダルがキープ。

第4ゲーム、ティームがキープ。

第5ゲーム、30-0からナダルのフォアハンドの連続ミス、ティームのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ます。

ティームのフォアハンドの逆クロスへのショットからのグラウンドスマッシュのウィナーが決まり、ティームがブレークに成功

第6ゲーム、ナダルの連続攻撃からのスマッシュのウィナー、ティームのフォアハンドのミス、ナダルのバックハンドのスライスショットでのポイントがあり、0-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ティームが1本凌ぎますが、ロングラリーでナダルのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、ナダルがブレークバックに成功

第7ゲーム、30-40とティームにブレークポイントが来ますが、ナダルがファーストサーブでピンチを凌ぎ、デュースへ。

ハイレベルなラリー戦が繰り広げられる中、デュース3回目でナダルがキープ。

第8ゲーム、15-15からナダルのフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ナダルの見事なドロップショット返しのウィナーがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ナダルがバックハンドのクロスへのパッシングショットでポイントを取り、ナダルがブレークに成功

第9ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。
ティームのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ナダルのサーブアンドボレーのウィナー、ティームのフォアハンドのミス、リターンミスがあり、40-15とナダルにセットポイントが来ます。

ティームにバックハンドのミスが出て、ナダルがキープをして第1セットを先取

第2セット

第2セット
123456789101112
ティーム7
ナダル5
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ティームのサービスエース2本などがあり、ティームがキープ。

第2ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第3ゲーム、ティームのフォアハンドのウィナー2本やサービスエースなどがあり、ティームがキープ。

第4ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、ティームがキープ。

第6ゲーム、ここまでナダルはファーストサーブなどショートポイントで簡単にポイントを取って行き、このゲームもナダルがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、ティームのフォアハンドのウィナー2本やスマッシュのウィナーなどがあり、ティームがキープ。

第8ゲーム、ナダルがキープ。

第9ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第10ゲーム、ナダルのスーパーショットなどがあり、ナダルがラブゲームでキープ。

第11ゲーム、ティームのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、スマッシュのウィナー、サービスエースなどがあり、ティームがラブゲームでキープ。

第12ゲーム、ナダルのボレーのウィナー、フォアハンドのミス、バックハンドのミス、ラリー戦でナダルのフォアハンドのミスがあり、15-40とティームにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

ラリー戦でティームがポイントを取り、ティームがブレークをして第2セットを取ります

第3セット

第3セット
123456789101112
ティーム1
ナダル6
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスで第3セット開始。

第1ゲーム、ナダルのフォアハンドの逆クロスへの深いショットでのポイント、ティームのバックハンドのミス、フォアハンドのミスがあり、0-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ティームにバックハンドのミスが出て、ナダルがブレークに成功

第2ゲーム、ナダルのボレーのウィナー2本などがあり、ナダルがラブゲームでキープ。

第3ゲーム、ティームのドロップショットをナダルが上手く処理をしてのウィナー、ナダルのリターンでのポイント、ティームのフォアハンドのミスがあり、0-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ティームが1本凌ぎますが、ナダルの見事なフォアハンドのダウンザラインへのカウンターショットのウィナーが決まり、ナダルがブレークに成功

第4ゲーム、ナダルのスーパーショット(強烈なバックスピンがかかったボレーのウィナー)、サービスエースなどがあり、ナダルがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第6ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、ティームのフォアハンドのミス、ナダルのフォアハンドのミス、バックハンドのクロスへのウィナー(15-30)、ティームのファーストサーブでのポイント、ナダルのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、30-40とナダルにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

ティームにバックハンドのミスが出て、ナダルがブレークをして第3セットを取ります

第4セット

第4セット
123456789101112
ティーム1
ナダル6
○:キープ、●:ブレーク

ナダルのサービスで第4セット開始。

第1ゲーム、30-0からナダルのバックハンドのミス、グラウンドスマッシュのミス、ラリー戦でのティームのポイントがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ますが、ナダルのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース1回目でナダルがキープ。

第2ゲーム、ティームのフォアハンドの連続ミス(0-30)、ティームのパッシングショットでのポイント、ナダルのバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ティームにフォアハンドのミスが出て、ナダルがブレークに成功

第3ゲーム、30-15からティームのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ロングラリーでティームのバックハンドのクロスへのウィナーがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ますが、ナダルがファーストサーブでポイントを取り、デュースへ。

デュース2回目、ティームがフォアハンドの逆クロスへの深いショットでポイントを取り、再びティームにブレークポイントが来ますが、ここもナダルがファーストサーブでピンチを凌ぎます。

デュース3回目でナダルがキープ。

第4ゲーム、ナダルのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、ナダルの見事なフォアハンドのダウンザラインへのカウンターショットのウィナー、ティームのフォアハンドのミスがあり、0-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ティームの連続サービスエース、フォアハンドのウィナーでデュースとなり、デュース1回目でティームがキープ。

第5ゲーム、ナダルがキープ。

第6ゲーム、40-30でティームのバックハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ラリー戦でティームにフォアハンドのミスが出て、ナダルにブレークポイントが来ますが、ティームのボレーのウィナー。

デュース2回目、ラリー戦で左右に振り回されたティームにバックハンドのスライスのミスが出て、再びナダルにブレークポイントが来ます。

ティームのフォアハンドに回り込んでの逆クロスへのショットが大きくアウトとなり、ナダルがブレークに成功

第7ゲーム、ナダルのサービングフォーザチャンピオンシップ。
ナダルのサービスエース、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミス、フォアハンドのアプローチショットでのポイントがあり、40-15とナダルにチャンピオンシップポイントが来ます。

ティームのフォアハンドのダウンザラインへの深いショットでのポイントで40-30となった後、ナダルがファーストサーブでポイントを取り、ナダルがキープをして勝利

スタッツ

ティームMatchナダル
7サービスエース3
1ダブルフォルト0
70% (64/92)ファーストサーブ確率74% (78/106)
58% (37/64)1st Serve Points Won73% (57/78)
50% (14/28)2nd Serve Points Won64% (18/28)
33% (2/6)ブレーク / チャンス54% (7/13)
80% (12/15)Net Points85% (23/27)
31Winners38
38Unforced Errors31
55% (51/92)Service Points Won71% (75/106)
29% (31/106)Return Points Won45% (41/92)
41% (82/198)Total Points Won59% (116/198)

ハイライト動画

決勝「ティーム vs ナダル」のハイライト動画です。

Rafael Nadal vs Dominic Thiem – Final Highlights | Roland-Garros 2019

ドロー表(結果)

決勝後のランキング(トップ30)

全仏オープンの決勝後のランキングです。

順位選手名基礎
point
result獲得
point
決勝後
point
1ジョコビッチ11,995準決勝72012,715
2ナダル5,945優勝2,0007,945
3フェデラー5,950準決勝7206,670
4ティーム3,485準優勝1,2004,685
5A.ズベレフ4,000準々決勝3604,360
6チチパス4,0354回戦1804,215
7錦織 圭3,680準々決勝3604,040
8アンダーソン3,565欠場03,565
9ハチャノフ2,620準々決勝3602,980
10フォニーニ2,6054回戦1802,785
11イズナー2,715欠場02,715
12デルポトロ2,5154回戦1802,695
13メドベージェフ2,6151回戦102,625
14チョリッチ2,4353回戦902,525
15チリッチ2,3502回戦452,395
16モンフィス1,8754回戦1802,055
17バシラシビリ1,9601回戦101,970
18ラオニッチ1,960欠場01,960
19ワウリンカ1,355準々決勝3601,715
20B アグート1,6003回戦901,690
21A アリアシム1,462棄権01,462
22ペラ1,4102回戦451,455
23シュワルツマン1,3952回戦451,440
24デミノー1,3652回戦451,410
25シャポバロフ1,3801回戦101,390
26プイユ1,2952回戦451,340
27ジェレ1,2393回戦901,329
28ペール1,1234回戦1801,303
29エドマンド1,2352回戦451,280
30ベレッティーニ1,2302回戦451,275

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年6月・全仏オープン後)』をご覧ください。

全仏オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)、テレビ東京での放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

日付ラウンド開始時間
6月8日()決勝 (女子S/男子D)21:45~
6月9日()決勝 (女子D)18:25~
6月9日()決勝 (男子S)21:45~

・S:シングルス、D:ダブルス

テレビ東京(地上波)

テレビ東京では、全仏オープンを地上波独占放送。

日付ラウンド放送時間
6月8日()決勝 (女子S)27:15~28:55
6月9日()決勝 (男子S)26:05~29:05

2019年 全仏オープン 各ラウンドの結果

コメント