【2019年】全仏オープンテニスの結果(準々決勝)


2019年5月26日から6月9日(2019年第22~23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」の準々決勝の結果(男子シングルス)、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準々決勝の対戦カードは次のように決まりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ vs ズベレフ [5]
[4] ティーム vs ハチャノフ [10]

<ボトムハーフ>
[24] ワウリンカ vs フェデラー [3]
[7] 錦織 vs ナダル [2]

錦織の試合は、日本時間の6月4日(火)22時30分から23時30分頃に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 全仏オープン 準々決勝の結果

全仏オープンの準々決勝の結果です。

<日程>
・6月4日(火):準々決勝 ボトムハーフ
・6月5日(水):準々決勝 トップハーフ → 雨で試合がキャンセルとなり、翌日に順延
・6月6日(木):準々決勝 トップハーフ

日本とパリの時差:-7時間(日本の方が7時間進んでいます)

<コート>
・PC:Philippe Chatrier
・SL:Suzanne Lenglen

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年5月27日付の世界ランキングです。

トップハーフ
[1] ノバク・ジョコビッチ (1) 3 7 6 6
[5] アレクサンダー・ズベレフ (5) 0 5 2 2
[4] ドミニク・ティーム (4) 3 6 6 6
[10] カレン・ハチャノフ (11) 0 2 4 2
 
ボトムハーフ
[24] スタン・ワウリンカ (28) 1 64 6 65 4
[3] ロジャー・フェデラー (3) 3 77 4 77 6
[7] 錦織 圭 (7) 0 1 1 3
[2] ラファエル・ナダル (2) 3 6 6 6

以下、各試合の簡単な試合の振り返りとハイライト動画です。(試合後に追記していきます)

準々決勝「ジョコビッチ vs ズベレフ」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの2勝、ズベレフの2勝。

クレーコートでは、ジョコビッチの0勝、ズベレフの1勝。

直近の対戦は2018年のNitto ATPファイナルズ(室内ハードコート)の決勝で、ズベレフがセットカウント2-0(6-4、6-3)で勝利しています。

[1] ノバク・ジョコビッチ (1) 3 7 6 6
[5] アレクサンダー・ズベレフ (5) 0 5 2 2
試合時間:2時間9分

第1シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)が第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(22歳・ドイツ)をセットカウント3-0(7-5、6-2、6-2)で破り、全仏オープン3年ぶり9回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第3ゲームでズベレフにブレークポイントが2本(15-40)、第5ゲームでズベレフにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ジョコビッチがピンチを凌いでキープ。

第9ゲームでズベレフがブレークをし、第10ゲームでズベレフのサービングフォーザセットを迎えますが、土壇場でジョコビッチがブレークバックに成功。

第12ゲーム、15-40のジョコビッチのセットポイント(ブレークポイント)2本はズベレフが凌ぎましたが、デュース1回目で再びジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ズベレフにダブルフォルトが出て、ジョコビッチがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功。(15-40でズベレフのダブルフォルト)

第4ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ズベレフがキープ。

第8ゲーム、30-40のジョコビッチのセットポイント(ブレークポイント)1本はズベレフが凌ぎます。

デュース1回目のズベレフのアドバンテージからズベレフに3連続でダブルフォルトが出て、ジョコビッチがブレークをして第2セットも取ります。

第3セット

第1ゲーム、ズベレフにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第6ゲーム、30-40のジョコビッチのブレークポイントでズベレフにボレーミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功。

第7ゲーム、ズベレフにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第8ゲーム、ジョコビッチがブレークをして勝利。

ハイライト動画

準々決勝「ジョコビッチ vs ズベレフ」のハイライト動画です。

Novak Djokovic vs Alexander Zverev – Quarterfinals Highlights | Roland-Garros 2019

準々決勝「ティーム vs ハチャノフ」

過去の対戦成績は、ティームの0勝、ハチャノフの1勝。

クレーコートでは初対戦となります。

過去1回の対戦は2018年のロレックス・パリ・マスターズ(室内ハードコート)の準決勝で、ハチャノフがセットカウント2-0(6-4、6-1)で勝利しています。

[4] ドミニク・ティーム (4) 3 6 6 6
[10] カレン・ハチャノフ (11) 0 2 4 2
試合時間:1時間47分

第4シードのドミニク・ティーム(25歳・オーストリア)が第10シードのカレン・ハチャノフ(23歳・ロシア)をセットカウント3-0(6-2、6-4、6-2)で破り、全仏オープン4年連続4回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第3ゲーム、ティームがブレークに成功。

ティームは第7ゲームもブレークをし、サービスゲームではブレークポイントを与えずにキープを続け、ティームが第1セットを先取。

第2セット

お互いにブレークポイントを与えずにキープを続けていきますが、第9ゲームでティームが30-40のワンチャンスをモノにしてブレークに成功。

第10ゲーム、ティームのサービングフォーザセット。
40-15からハチャノフが粘りを見せてデュースまで行きますが、デュース1回目でティームがキープをして第2セットも取ります。

第3セット

第5ゲーム、ティームがブレークに成功。(30-40でハチャノフのダブルフォルト)

第7ゲーム、ティームがラブゲームでブレークに成功。

第8ゲーム、ティームのサービングフォーザマッチ。
最後も危なげなくキープをしたティームが勝利。

ティームはウィナー29本に対してアンフォーストエラーがわずか12本、サービスゲームではブレークポイントを1本も与えないなど、完勝の内容でした。

ハイライト動画

準々決勝「ティーム vs ハチャノフ」のハイライト動画です。

Dominic Thiem vs Karen Khachanov – Quarterfinals Highlights | Roland-Garros 2019

準々決勝「ワウリンカ vs フェデラー」

過去の対戦成績は、ワウリンカの3勝、フェデラーの22勝。

クレーコートでは、ワウリンカの3勝、フェデラーの4勝。

直近の対戦は2019年のBNPパリバ・オープン(ハードコート)の3回戦で、フェデラーがセットカウント2-0(6-3、6-4)で勝利しています。

[24] スタン・ワウリンカ (28) 1 64 6 65 4
[3] ロジャー・フェデラー (3) 3 77 4 77 6
試合時間:3時間35分

第3シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)が第24シードのスタン・ワウリンカ(34歳・スイス)をセットカウント3-1(7-6、4-6、7-6、6-4)で破り、全仏オープン7年ぶり8回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲームでフェデラーにブレークポイントが1本(30-40)、第5ゲームでフェデラーにブレークポイントが1本(30-40)、第7ゲームでフェデラーにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、ワウリンカがピンチを凌いでキープ。

フェデラーの方はブレークポイントを与えずにキープを続け、タイブレークに突入。

4ポイント目でフェデラーが先にミニブレークをしますが、7ポイント目でワウリンカがミニブレーク。

9ポイント目でフェデラーがミニブレークをして5-4とリードすると、次のサービス2本をフェデラーがキープして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、フェデラーにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ワウリンカがキープ。

第3ゲーム、デュース1回目でワウリンカがワンチャンスをモノにしてブレークに成功。

第4ゲーム、フェデラーにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ワウリンカがキープ。

ワウリンカがキープを続けて第2セットを取ります。

第3セット

第4ゲーム、フェデラーにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ワウリンカがキープ。

第7ゲームでワウリンカが先にブレークをしますが、第8ゲームでフェデラーがすぐにブレークバックに成功。

第10ゲームでフェデラーにセットポイント(ブレークポイント)が2本(30-40、デュース1回目)、第11ゲームでワウリンカにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、お互いピンチを凌いでキープ。

タイブレークに入り、2ポイント目と6ポイント目でフェデラーがミニブレーク。

8ポイント目でワウリンカがミニブレークを1つ返しますが、フェデラーがタイブレークを制して第3セットを取ります。

第4セット

第3ゲームでフェデラーにブレークポイントが4本(15-40、デュース2回目、3回目)、第5ゲームでフェデラーにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ワウリンカがピンチを凌いでキープ。

第9ゲーム、フェデラーがブレークに成功。

第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザマッチ。
ワウリンカにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、デュース3回目でフェデラーがキープをして勝利。

ハイライト動画

準々決勝「ワウリンカ vs フェデラー」のハイライト動画です。

Roger Federer vs Stan Wawrinka – Quarterfinals Highlights | Roland-Garros 2019

準々決勝「錦織 vs ナダル」

過去の対戦成績は、錦織の2勝、ナダルの10勝。

クレーコートでは、錦織の0勝、ナダルの4勝。

直近の対戦は2018年のモンテカルロ・マスターズ(クレーコート)の決勝で、ナダルがセットカウント2-0(6-3、6-2)で勝利しています。

[7] 錦織 圭 (7) 0 1 1 3
[2] ラファエル・ナダル (2) 3 6 6 6
試合時間:1時間51分

第2シードのラファエル・ナダル(33歳・スペイン)が第7シードの錦織圭(29歳・日本)をセットカウント3-0(6-1、6-1、6-3)で破り、全仏オープン3年連続12回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第2ゲーム、ナダルがブレークに成功。

第4ゲーム、ナダルにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、錦織がキープ。

第6ゲーム、ナダルがブレークに成功。

ナダルはブレークポイントを与えずにキープを続け、ナダルが第1セットを先取。

第2セット

第1ゲームでナダルが先にブレークをしますが、第2ゲームで錦織がすぐにブレークバックに成功。

その後、第3ゲーム、第5ゲーム、第7ゲームもナダルがブレークをして第2セットも取ります。

第3セット

第1ゲームで錦織にブレークポイントが4本(15-40、デュース1回目、2回目)、第2ゲームでナダルにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、お互いピンチを凌いでキープ。

第4ゲーム、ナダルがブレークに成功。

ナダルがキープを続けて勝利。

錦織の準々決勝の結果については、『 錦織 vs ナダル 』の記事で詳しく紹介しています。

ハイライト動画

準々決勝「錦織 vs ナダル」のハイライト動画です。

Rafael Nadal vs Kei Nishikori – Quarterfinals Highlights | Roland-Garros 2019

ドロー表(ベスト32・結果)


準々決勝後の暫定ランキング(トップ30)

全仏オープンの準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

ハチャノフに続いてフォニーニの初のトップ10入りが確定しました。

暫定
順位
選手名 基礎
point
round result 獲得
point
QF後
point
1 ジョコビッチ 11,995 準々決勝 720 12,715
2 フェデラー 5,950 準々決勝 720 6,670
3 ナダル 5,945 準々決勝 720 6,665
4 A.ズベレフ 4,000 準々決勝 × 360 4,360
5 チチパス 4,035 4回戦 × 180 4,215
6 ティーム 3,485 準々決勝 720 4,205
7 錦織 圭 3,680 準々決勝 × 360 4,040
8 アンダーソン 3,565 欠場 0 3,565
9 ハチャノフ 2,620 準々決勝 × 360 2,980
10 フォニーニ 2,605 4回戦 × 180 2,785
11 イズナー 2,715 欠場 0 2,715
12 デルポトロ 2,515 4回戦 × 180 2,695
13 メドベージェフ 2,615 1回戦 × 10 2,625
14 チョリッチ 2,435 3回戦 × 90 2,525
15 チリッチ 2,350 2回戦 × 45 2,395
16 モンフィス 1,875 4回戦 × 180 2,055
17 バシラシビリ 1,960 1回戦 × 10 1,970
18 ラオニッチ 1,960 欠場 0 1,960
19 ワウリンカ 1,355 準々決勝 × 360 1,715
20 B アグート 1,600 3回戦 × 90 1,690
21 A アリアシム 1,462 棄権 0 1,462
22 ペラ 1,410 2回戦 × 45 1,455
23 シュワルツマン 1,395 2回戦 × 45 1,440
24 デミノー 1,365 2回戦 × 45 1,410
25 シャポバロフ 1,380 1回戦 × 10 1,390
26 プイユ 1,295 2回戦 × 45 1,340
27 ジェレ 1,239 3回戦 × 90 1,329
28 ペール 1,123 4回戦 × 180 1,303
29 エドマンド 1,235 2回戦 × 45 1,280
30 ベレッティーニ 1,230 2回戦 × 45 1,275

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年6月・全仏オープン後)』をご覧ください。

全仏オープン 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 2,000
準優勝 1,200
準決勝 720
準々決勝 360
4回戦 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

準々決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)、テレビ東京での放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

日付 ラウンド 開始時間
6月4日(火) 準々決勝 (男女S) 20:50~
6月5日(水) 準々決勝 (男女S) 20:50~
6月6日(木) 準々決勝 (男女S) 18:55~

・S:シングルス

テレビ東京(地上波)

テレビ東京では、全仏オープンを地上波独占放送。

日付 ラウンド 放送時間
6月4日(火) 準々決勝 (錦織) 22:54~24:54

<放送予定の対戦カード>
・6月4日(火) 準々決勝「錦織 vs R.ナダル」

2019年 全仏オープン 各ラウンドの結果

コメント