【2019年】全仏オープンテニスの結果(4回戦)


2019年5月26日から6月9日(2019年第22~23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」の4回戦の結果(男子シングルス)、4回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

ここまで大きな波乱もなく上位8シードの全員が順当に勝ち上がっていますが、より好調な選手と対戦する4回戦でどんな試合を見せてくれるのか注目です。(個人的には「ティーム vs モンフィス」と「チチパス vs ワウリンカ」に注目)

錦織の試合は、日本時間の6月2日(日)23時から25時頃に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 全仏オープン 4回戦の結果

全仏オープンの4回戦の結果です。

<日程>
・6月2日(日):4回戦 ボトムハーフ
・6月3日(月):4回戦 トップハーフ

日本とパリの時差:-7時間(日本の方が7時間進んでいます)

<コート>
・PC:Philippe Chatrier
・SL:Suzanne Lenglen

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年5月27日付の世界ランキングです。

4回戦 トップハーフ・ジョコビッチ山

[1] ノバク・ジョコビッチ (1)3666
ヤン レナード・シュトルフ (45)0322
試合時間:1時間33分
[9] ファビオ・フォニーニ (12)162265
[5] アレクサンダー・ズベレフ (5)336677
試合時間:2時間55分

第1シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)がヤン レナード・シュトルフ(29歳・ドイツ)をセットカウント3-0(6-3、6-2、6-2)で破り、全仏オープン10年連続13回目の準々決勝進出を決めました。

第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(22歳・ドイツ)が第9シードのファビオ・フォニーニ(32歳・イタリア)をセットカウント3-1(3-6、6-2、6-2、7-6)で破り、全仏オープン2年連続2回目の準々決勝進出を決めました。

4回戦 トップハーフ・ティーム山

[4] ドミニク・ティーム (4)3666
[14] ガエル・モンフィス (17)0442
試合時間:1時間48分
[10] カレン・ハチャノフ (11)37636
[8] フアン マルティン・デルポトロ (9)15363
試合時間:3時間9分

第4シードのドミニク・ティーム(25歳・オーストリア)が第14シードのガエル・モンフィス(32歳・フランス)をセットカウント3-0(6-4、6-4、6-2)で破り、全仏オープン4年連続4回目の準々決勝進出を決めました。

第10シードのカレン・ハチャノフ(23歳・ロシア)が第8シードのフアン マルティン・デルポトロ(30歳・アルゼンチン)をセットカウント3-1(7-5、6-3、3-6、6-3)で破り、グランドスラム初の準々決勝進出を決めました。

4回戦 ボトムハーフ・フェデラー山

[6] ステファノス・チチパス (6)2667466
[24] スタン・ワウリンカ (28)3785638
試合時間:5時間9分
レオナルド・メイヤー (68)0233
[3] ロジャー・フェデラー (3)3666
試合時間:1時間42分

第3シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)がレオナルド・メイヤー(32歳・アルゼンチン)をセットカウント3-0(6-2、6-3、6-3)で破り、全仏オープン4年ぶり12回目の準々決勝進出を決めました。

第24シードのスタン・ワウリンカ(34歳・スイス)が第6シードのステファノス・チチパス(20歳・ギリシャ)をセットカウント3-2(7-6、5-7、6-4、3-6、8-6)で破り、全仏オープン2年ぶり5回目の準々決勝進出を決めました。

「チチパス vs ワウリンカ」
ファイナルセット、チチパスが優勢にゲームを進めて8本のブレークポイント(第1ゲーム3本、第5ゲーム2本、第11ゲーム3本)を握りましたがあと1本を決めきれず、ワウリンカが第14ゲームでこのセットで最初に来たブレークチャンス(15-40、30-40)をモノにし、5時間9分の死闘の末にワウリンカが勝利。

4回戦 ボトムハーフ・ナダル山

錦織の試合は、日本時間の6月2日(日)23時から25時頃に開始予定。(スザンヌ・ランラン 第4試合)
→第3セット終了後に日没サスペンデッド。日本時間の6月3日(月)19時以降に再開予定。(スザンヌ・ランラン 第2試合)

[7] 錦織 圭 (7)36686687
ブノワ・ペール (38)2271027105
試合時間:3時間55分
フアン イグナシオ・ロンデロ (78)0233
[2] ラファエル・ナダル (2)3666
試合時間:2時間13分

第2シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)がフアン イグナシオ・ロンデロ(25歳・アルゼンチン)をセットカウント3-0(6-2、6-3、6-3)で破り、全仏オープン3年連続13回目の準々決勝進出を決めました。

第7シードの錦織圭(29歳・日本)がブノワ・ペール(30歳・フランス)をセットカウント3-2(6-2、6-7、6-2、6-7、7-5)で破り、全仏オープン2年ぶり3回目の準々決勝進出を決めました。

錦織の4回戦の結果については、『 錦織 vs ペール 』の記事で詳しく紹介しています。

ドロー表(ベスト32・結果)

4回戦後の暫定ランキング(トップ30)

全仏オープンの4回戦終了時点での暫定ランキングです。

ハチャノフの初のトップ10入りが確定しました。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
4R後
point
1ジョコビッチ11,9954回戦36012,355
2フェデラー5,9504回戦3606,310
3ナダル5,9454回戦3606,305
4A.ズベレフ4,0004回戦3604,360
5チチパス4,0354回戦×1804,215
6錦織 圭3,6804回戦3604,040
7ティーム3,4854回戦3603,845
8アンダーソン3,565欠場03,565
9ハチャノフ2,6204回戦3602,980
10フォニーニ2,6054回戦×1802,785
11イズナー2,715欠場02,715
12デルポトロ2,5154回戦×1802,695
13メドベージェフ2,6151回戦×102,625
14チョリッチ2,4353回戦×902,525
15チリッチ2,3502回戦×452,395
16モンフィス1,8754回戦×1802,055
17バシラシビリ1,9601回戦×101,970
18ラオニッチ1,960欠場01,960
19ワウリンカ1,3554回戦3601,715
20B アグート1,6003回戦×901,690
21A アリアシム1,462棄権01,462
22ペラ1,4102回戦×451,455
23シュワルツマン1,3952回戦×451,440
24デミノー1,3652回戦×451,410
25シャポバロフ1,3801回戦×101,390
26プイユ1,2952回戦×451,340
27ジェレ1,2393回戦×901,329
28ペール1,1234回戦×1801,303
29エドマンド1,2352回戦×451,280
30ベレッティーニ1,2302回戦×451,275

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年6月・全仏オープン後)』をご覧ください。

全仏オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

4回戦の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)、テレビ東京での放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

日付ラウンド開始時間
6月2日()4回戦 (男女S)17:50~, 24:00~
6月3日(月)4回戦 (男女S)17:50~, 24:00~

・S:シングルス

テレビ東京(地上波)

テレビ東京では、全仏オープンを地上波独占放送。

日付ラウンド放送時間
6月2日()4回戦 (錦織)25:05~27:10
6月3日(月)4回戦 (錦織)20:00~21:54

<放送予定の対戦カード>
・6月2日(日) 4回戦「錦織 vs B.ペール」(試合途中で日没サスペンデッド)
・6月3日(月) 4回戦「錦織 vs B.ペール」

2019年 全仏オープン 各ラウンドの結果

コメント