ATPランキング試算(2019年6月・全仏オープン後)


2019年5月26日から6月9日(2019年第22~23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」。

トップ30の全仏オープン後の6月10日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年6月10日付のランキング試算

はじめに、2019年6月10日付のランキングについて、2018年の全仏オープンでのポイントが2019年6月10日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2018年全仏オープンの振り返り

まずはトップ30の2018年の全仏オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第1シードのナダルが第7シードのティームをセットカウント3-0(6-4、6-3、6-2)で破り、全仏オープン2年連続11回目の優勝を飾りました。

2018年全仏オープンの決勝の結果はこちら

第5シードのデルポトロとチェッキナートがベスト4。

第2シードのA.ズベレフ、第3シードのチリッチ、第11シードのシュワルツマン、第20シードのジョコビッチがベスト8。

順位選手名5月27日
point
2018年
全仏オープン
1ジョコビッチ12,355ベスト8
2ナダル7,945優勝
3フェデラー5,950
4ティーム4,685準優勝
5A.ズベレフ4,360ベスト8
6チチパス4,0802回戦
7錦織 圭3,8604回戦
8アンダーソン3,7454回戦
9デルポトロ3,235ベスト4
10イズナー2,8954回戦
11ハチャノフ2,8004回戦
12フォニーニ2,7854回戦
13チリッチ2,710ベスト8
14メドベージェフ2,6251回戦
15チョリッチ2,5253回戦
16バシラシビリ1,9701回戦
17モンフィス1,9653回戦
18ラオニッチ1,960
19チェッキナート1,840ベスト4
20シュワルツマン1,755ベスト8
21バウティスタ アグート1,6903回戦
22オジェ アリアシム1,482予選2回戦
23ペラ1,4602回戦
24シャポバロフ1,4252回戦
25デミノー1,4101回戦
26プイユ1,3853回戦
27ベルダスコ1,3704回戦
28ワウリンカ1,3651回戦
29ゴファン1,3254回戦
30エドマンド1,3253回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名5月27日
point
失効
point
基礎
point
1ジョコビッチ12,35536011,995
2ナダル7,9452,0005,945
3フェデラー5,95005,950
4ティーム4,6851,2003,485
5A.ズベレフ4,3603604,000
6チチパス4,080454,035
7錦織 圭3,8601803,680
8アンダーソン3,7451803,565
9デルポトロ3,2357202,515
10イズナー2,8951802,715
11ハチャノフ2,8001802,620
12フォニーニ2,7851802,605
13チリッチ2,7103602,350
14メドベージェフ2,625102,615
15チョリッチ2,525902,435
16バシラシビリ1,970101,960
17モンフィス1,965901,875
18ラオニッチ1,96001,960
19チェッキナート1,8407201,120
20シュワルツマン1,7553601,395
21バウティスタ アグート1,690901,600
22オジェ アリアシム1,48201,462*
23ペラ1,46070*1,410
24シャポバロフ1,425451,380
25デミノー1,41065*1,365
26プイユ1,385901,295
27ベルダスコ1,3701801,190
28ワウリンカ1,365101,355
29ゴファン1,3251801,145
30エドマンド1,325901,235
  • 5月27日ポイント
  • 2019年5月27日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年6月10日に失効日を迎える2018年の全仏オープンのポイント。

    ※ペラ、デミノーは全仏オープンとチャレンジャー大会のポイントが失効します。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「5月27日ポイント」-「失効ポイント」

    ※ペラ、デミノーの基礎ポイントについて、全仏オープンとチャレンジャー大会の2大会のポイントが同時に失効するため、現在ランキングの対象外となっている中で一番ポイントが高い大会(ペラ:20ポイント、デミノー:20ポイント)が1つランキング対象の18大会に繰り上がります。

    ※オジェ アリアシムの基礎ポイントについて、2018年の全仏オープンの本戦に出場していないため(予選敗退)、現在ランキングの対象となっている大会のうちグランドスラムとマスターズを除いた最低ポイントの20ポイントが対象外に繰り下がります。

この「基礎ポイント」に2019年の全仏オープンのポイントを加算すれば、次回発表される6月10日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

全仏オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ジョコビッチ11,995
2フェデラー5,950
3ナダル5,945
4チチパス4,035
5A.ズベレフ4,000
6錦織 圭3,680
7アンダーソン3,565
8ティーム3,485
9イズナー2,715
10ハチャノフ2,620
11メドベージェフ2,615
12フォニーニ2,605
13デルポトロ2,515
14チョリッチ2,435
15チリッチ2,350
16ラオニッチ1,960
17バシラシビリ1,960
18モンフィス1,875
19バウティスタ アグート1,600
20オジェ アリアシム1,462
21ペラ1,410
22シュワルツマン1,395
23シャポバロフ1,380
24デミノー1,365
25ワウリンカ1,355
26プイユ1,295
27ジェレ1,239
28エドマンド1,235
29ベレッティーニ1,230
30キリオス1,225

<欠場者情報>
アンダーソン、イズナー、ラオニッチが欠場。

出場予定だったオジェ アリアシムはwithdrawとなりました。

トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位

5月27日付の世界ランキングと変わらず、ジョコビッチの1位は確定。

フェデラーがナダルを抜いて暫定2位に上がりますが、二人のポイント差はわずか5ポイント。

暫定4位のチチパスと5位のズベレフは優勝すれば2位に上がる可能性がありますが、フェデラーとナダルが1回戦または2回戦敗退が条件となるため、フェデラーとナダルによる2位争いという状況です。

錦織のランキング

昨年準優勝のティームが暫定8位に順位を落とし、錦織は暫定6位に上がります。

錦織は暫定4位のチチパスとは355ポイント差で、全仏オープンの結果次第では4位の可能性があります。

ただ、対戦予想として2回戦で地元フランスのツォンガ、3回戦で今シーズン急成長中のジェレ、4回戦でメドベージェフ(または前週のリヨンで優勝した地元フランスのペール)、準々決勝でナダルと対戦するタフなドローとなっており、2回戦以降は難しい試合が予想されますが、ポイント的にも何とか準々決勝までは勝ち進んで欲しいところです。

10位争い

昨年ベスト4のデルポトロが暫定13位にまで順位を落とし、ハチャノフが暫定10位に上がりますが、欠場が決まっている暫定9位のイズナーから暫定15位のチリッチまで365ポイント差(10位から15位までは270ポイント差)しかないため、大会後に誰がトップ10に入ってくるか分からない状況となっています。

ハチャノフ、メドベージェフ、フォニーニ、チョリッチは初のトップ10入りがかかっています。

2019年 全仏オープンの結果

2019年全仏オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント