ATPランキング試算(2019年3月・マイアミ後)


2019年3月20日から3月31日(2019年第12、13週)にマイアミ(アメリカ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「マイアミ・オープン(マイアミ・マスターズ)」。

今回はランキング上位30名のマイアミ・オープン後の4月1日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年4月1日付のランキング試算

はじめに、2019年4月1日付のランキングについて、2018年のマイアミ・オープンでのポイントが2019年4月1日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2018年マイアミ・オープンの振り返り

まずはトップ30の2018年のマイアミ・オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第14シードのイズナーが第4シードのA.ズベレフをセットカウント2-1(6-7、6-4、6-4)で破り、マスターズ初優勝を飾りました。

2018年マイアミ・オープンの決勝の結果はこちら

第5シードのデルポトロと第16シードのカレーニョブスタがベスト4。

第6シードのアンダーソン、第19シードのチョン、第20シードのラオニッチ、第29シードのチョリッチがベスト8。

第1シードのフェデラーと第9シードのジョコビッチは初戦敗退でした。

順位選手名3月18日
point
2018年
マイアミ
1ジョコビッチ10,9902回戦
2ナダル8,725
3A.ズベレフ6,630準優勝
4ティーム4,755
5フェデラー4,6002回戦
6錦織 圭4,2353回戦
7アンダーソン4,115ベスト8
8デルポトロ3,585ベスト4
9イズナー3,485優勝
10チチパス3,1601回戦
11チリッチ3,0954回戦
12ハチャノフ2,8453回戦
13チョリッチ2,345ベスト8
14ラオニッチ2,275ベスト8
15メドベージェフ2,2302回戦
16チェッキナート2,021
17フォニーニ1,8853回戦
18モンフィス1,875
19バシラシビリ1,8652回戦
20ゴファン1,6852回戦
21カレーニョ ブスタ1,615ベスト4
22エドマンド1,6002回戦
23シャポバロフ1,5504回戦
24シュワルツマン1,5203回戦
25バウティスタ アグート1,5102回戦
26デミノー1,4931回戦
27シモン1,3401回戦
28ガスケ1,3402回戦
29ディミトロフ1,3003回戦
30プイユ1,265

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名3月18日
point
失効
point
基礎
point
1ジョコビッチ10,9901010,980
2ナダル8,7258,725
3A.ズベレフ6,6306006,030
4ティーム4,75504,755
5フェデラー4,600104,590
6錦織 圭4,235454,190
7アンダーソン4,1151803,935
8デルポトロ3,5853603,225
9イズナー3,4851,0002,485
10チチパス3,160103,150
11チリッチ3,095903,005
12ハチャノフ2,845452,800
13チョリッチ2,3451802,165
14ラオニッチ2,2751802,095
15メドベージェフ2,230252,205
16チェッキナート2,0211,976*
17フォニーニ1,885451,840
18モンフィス1,87501,875
19バシラシビリ1,865251,840
20ゴファン1,685101,675
21カレーニョ ブスタ1,6153601,255
22エドマンド1,600101,590
23シャポバロフ1,550901,460
24シュワルツマン1,520451,475
25バウティスタ アグート1,510101,500
26デミノー1,493261,467
27シモン1,340101,330
28ガスケ1,340101,375*
29ディミトロフ1,300451,255
30プイユ1,26501,265
  • 3月18日ポイント
  • 2019年3月18日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年4月1日に失効日を迎える2018年のマイアミ・オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「3月18日ポイント」-「失効ポイント」

    ※チェッキナートの基礎ポイントについて、2018年のマイアミ・オープンに出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている大会のうち最もポイントが低い45ポイントが対象外に繰り下がります。

    ※2019年のマイアミ・オープンを欠場することが決まっているガスケの基礎ポイントについて、出場義務免除により、現在ランキングの対象外となっている大会のうち最もポイントが高い45ポイントがランキング対象の18大会に繰り上がります。

この「基礎ポイント」に2019年のマイアミ・オープンのポイントを加算すれば、次回発表される4月1日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

マイアミ・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
4回戦90
3回戦45
2回戦25
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ジョコビッチ10,980
2ナダル8,725
3A.ズベレフ6,030
4ティーム4,755
5フェデラー4,590
6錦織 圭4,190
7アンダーソン3,935
8デルポトロ3,225
9チチパス3,150
10チリッチ3,005
11ハチャノフ2,800
12イズナー2,485
13メドベージェフ2,205
14チョリッチ2,165
15ラオニッチ2,095
16チェッキナート1,976
17モンフィス1,875
18フォニーニ1,840
19バシラシビリ1,840
20ゴファン1,675
21エドマンド1,590
22バウティスタ アグート1,500
23シュワルツマン1,475
24デミノー1,467
25シャポバロフ1,460
26ガスケ1,375
27シモン1,330
28プイユ1,265
29カレーニョ ブスタ1,255
30ディミトロフ1,255

<欠場者情報>
ランキング上位ではナダル、デルポトロ、カレーニョ ブスタ、デミノー、ガスケ、ベルダスコが欠場。

トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位争い

3月18日付の世界ランキングと変わらず、ジョコビッチの1位、ナダルの2位、ズベレフの3位は確定。

ナダルはBNPパリバ・オープンで右膝を痛めてしまい、マイアミ・オープンを欠場。

4位争い

BNPパリバ・オープン前の段階では4位争いは接戦となっていましたが、BNPパリバ・オープンでティームが優勝、フェデラーが準優勝という結果となり、現時点ではこの2人が4位争いで抜け出す形となっています。

暫定6位の錦織は、暫定4位のティームとは565ポイント差、暫定5位のフェデラーとは400ポイント差となっており、マイアミ・オープン後に錦織が4位または5位に上がるには最低でも決勝に進出する必要があります。

また、錦織は4月にモンテカルロ・マスターズでの600の失効ポイントが控えているので、4位争いから離されないためにもこのマイアミ・オープンでポイントを多く加算しておきたいところです。

暫定7位のアンダーソンは全豪オープン以降、右肘の怪我が長引いて大会に出場しておらず(BNPパリバ・オープンは直前で棄権)、現時点でどれだけプレーができるか不透明な状況です。

10位争い

暫定8位のデルポトロは2月のデルレイビーチで一度復帰をしましたが、右膝の状態が良くなく、BNPパリバ・オープンに続いてマイアミ・オープンも欠場となり、いつツアーに復帰できるのか分からない状況となっています。(他の選手の結果次第ではマイアミ・オープン後にトップ10から落ちる可能性があります)

暫定11位のハチャノフは、BNPパリバ・オープンでベスト8と調子を上げてきており、マイアミ・オープンで準決勝以上に勝ち上がれば初のトップ10入りが見えてくる状況です。(10位のチリッチとは205ポイント差)

昨年優勝のイズナーは暫定12位にランキングを落とし、暫定10位のチリッチとは520ポイント差となっています。

今はマスターズの大会でも誰が優勝するか分からない状況となっており、今大会でもまたマスターズ初優勝者が出るのか注目です。

2019年 マイアミ・オープンの結果

2019年マイアミ・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント