【2019年】BNPパリバ・オープンの結果(決勝)


2019年3月7日から3月17日(2019年第10、11週)にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ・マスターズ)」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。

決勝「ティーム vs フェデラー」
ティームが勝てばマスターズ初優勝、フェデラーが勝てばBNPパリバ・オープン2年ぶり6回目(マスターズ28回目)の優勝となります。

男子シングルスの決勝は、日本時間の3月18日(月)午前7時30分以降に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ドミニク・ティームとロジャー・フェデラーの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、ティームの2勝、フェデラーの2勝。

ハードコートでは、ティームの0勝、フェデラーの2勝。

直近の対戦は2018年のATPファイナルズ(室内ハード)のラウンドロビンで、フェデラーがセットカウント2-0(6-2、6-3)で勝利しています。

※2019年3月17日時点(決勝前)のデータ

ティームフェデラー
2 勝対戦成績2 勝
8位 (4位)最新ランク (最高)4位 (1位)
オーストリア国籍スイス
25歳年齢37歳
1993年9月3日生年月日1981年8月8日
185cm / 79kg身長 / 体重185cm / 85kg
右 / 片手利き手 / バック右 / 片手
2011年プロ転向1998年
7勝4敗2019年成績12勝1敗
0回2019年優勝回数1回
232勝133敗通算成績1192勝261敗
11回通算優勝回数100回

1回戦から準決勝までの結果

ドミニク・ティーム
Round対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
2回戦J.トンプソン776-4, 7-5
3回戦G.シモン [27]296-3, 6-1
4回戦I.カルロビッチ896-4, 6-3
準々決勝G.モンフィス [18]19棄権
準決勝M.ラオニッチ [13]147-6, 6-7, 6-4
ロジャー・フェデラー
Round対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
2回戦P.ゴヨブチック856-1, 7-5
3回戦S.ワウリンカ406-3, 6-4
4回戦K.エドマンド [22]236-1, 6-4
準々決勝H.ホルカシュ676-4, 6-4
準決勝R.ナダル [2]2棄権

※[]内の数字はシード、Rankは2019年3月4日付の世界ランキングです。

2019年 BNPパリバ・オープン 決勝の結果

BNPパリバ・オープンの決勝の結果です。

<日程>
・3月16日(土):ダブルス決勝
・3月17日(日):シングルス決勝

日本とインディアンウェルズの時差:-16時間(サマータイム中。日本の方が16時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年3月4日付の世界ランキングです。

男子シングルス
[7] ドミニク・ティーム (8)2367
[4] ロジャー・フェデラー (4)1635
男子ダブルス
N.メクティッチ / H.セバジョス24610
[6] L.クボット / M.メロ1643
女子シングルス
[8] アンジェリック・ケルバー (8)1464
ビアンカ・アンドリースク (60)2636
女子ダブルス
[1] B.クレチコバ / K.シニアコバ032
E.メルテンス / A.サバレンカ266

以下、男子シングルス決勝の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記します)

決勝「ティーム vs フェデラー」

[7] ドミニク・ティーム (8)2367
[4] ロジャー・フェデラー (4)1635
試合時間:2時間2分

第7シードのドミニク・ティーム(25歳・オーストリア)が第4シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)をセットカウント2-1(3-6、6-3、7-5)で破り、マスターズ初優勝を飾りました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
ティーム3
フェデラー6
○:キープ、●:ブレーク

フェデラーのサービスで試合開始。

第1ゲーム、30-30まで行きますが、フェデラーがキープ。

第2ゲーム、ロングラリーでのフェデラーのポイント、ティームのバックハンドのミス、フェデラーのドロップショットでのポイントがあり、0-40とフェデラーにブレークポイントが来ますが、フェデラーのバックハンドの3連続ミスがあり、デュースへ。

デュース2回目、ティームにフォアハンドのミスが出て、フェデラーにブレークポイントが来ます。

ティームにバックハンドのミスが出て、フェデラーがブレークに成功

第3ゲーム、フェデラーがキープ。

第4ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、フェデラーがキープ。

第6ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、15-0からティームのドロップボレーのウィナー、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、フェデラーのフォアハンドのミスがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でのフェデラーのポイントで30-40となった後、ティームが先に攻撃を仕掛けてフォアハンドの深いショットでポイントを取り、ティームがブレークバックに成功

第8ゲーム、15-15からティームのフォアハンドのミス、フェデラーが深いリターンから先に攻撃を仕掛けてポイントを取り、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ますが、ティームのファーストサーブでのポイント、フェデラーのリターンミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ティームにフォアハンドのミスが出て、フェデラーにブレークポイントが来ますが、ティームがフォアハンドの深いショットで凌ぎます。

デュース2回目、フェデラーのすばらしいタッチのハーフボレーのウィナーがあり、フェデラーにブレークポイントが来ます。

フェデラーの見事なバックハンドのダウンザラインへのリターンエースが決まり、フェデラーがブレークに成功

第9ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット
ラリー戦でのティームのポイント、フェデラーのセカンドサーブでのポイント、サービスエース、ティームのリターンミスがあり、40-15とフェデラーにセットポイントが来ます。

フェデラーのフォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイントがあり、フェデラーがキープをして第1セットを先取

第2セット

第2セット
123456789101112
ティーム6
フェデラー3
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、30-30まで行きますが、ティームがキープ。

第2ゲーム、フェデラーがラブゲームでキープ。

第3ゲーム、ティームのダブルフォルト、ファーストサーブでのポイント、フェデラーのパッシングショットでのポイント(15-30)、ティームが先に攻撃を仕掛けてのボレーのウィナー、ラリー戦でフェデラーが先に攻撃を仕掛けてのボレーのウィナーがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ますが、ティームがファーストサーブでピンチを凌いで、デュースへ。

デュース1回目、フェデラーがバックハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、フェデラーにブレークポイントが来ますが、ラリー戦でフェデラーのバックハンドのミス。

デュース2回目でティームがキープ。

第4ゲーム、フェデラーのダブルフォルト、ティームのフォアハンドのパッシングショットのミス(15-15)、ティームのバックハンドのパッシングショットでのポイント、バックハンドのクロスへのリターンエースがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

フェデラーにバックハンドのミスが出て、ティームがブレークに成功

第5ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第6ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でフェデラーがキープ。

第7ゲーム、ティームがキープ。

第8ゲーム、フェデラーがキープ。

第9ゲーム、ティームのサービングフォーザセット
ティームのファーストサーブでのポイント、ティームの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナー、フェデラーのリターンミスがあり、40-0とティームにセットポイントが来ます。

フェデラーのフォアハンドのリターンエース、ティームのファーストサーブでのポイントがあり、ティームがキープをして第2セットを取ります

ファイナルセット

ファイナルセット
123456789101112
ティーム7
フェデラー5
○:キープ、●:ブレーク

フェデラーのサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、フェデラーがキープ。

第2ゲーム、ティームのダブルフォルトとバックハンドのミスなどがあり、30-30まで行きますが、ティームがキープ。

第3ゲーム、フェデラーがラブゲームでキープ。

第4ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、フェデラーがキープ。

第6ゲーム、ティームがキープ。

第7ゲーム、フェデラーがキープ。

第8ゲーム、ティームのフォアハンドの連続ミス(0-30)、ラリー戦でフェデラーのフォアハンドのミス、ティームのフォアハンドの逆クロスへのウィナー(30-30)、フェデラーが先に攻撃を仕掛けてのグラウンドスマッシュのウィナーがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ますが、ティームが先に攻撃を仕掛けてポイントを取り、デュースへ。

デュース1回目、ティームのファーストサーブでのポイント、フェデラーのリターンでのポイント。

デュース2回目、ティームの見事なフォアハンドの逆クロスへのウィナー、フェデラーのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント。

デュース3回目、ティームの連続攻撃でのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、ティームがキープ。

第9ゲーム、フェデラーがキープ。

※15-0でプレー中にティームが転倒して右肘をすりむきましたが、ティームは出血していることに気が付いておらず、チェンジコート間でも治療をしていません。

第10ゲーム、30-30まで行きますが、ティームのバックハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーとスマッシュのウィナーがあり、ティームがキープ。

第11ゲーム、30-15からフェデラーが2ポイント連続でドロップショットを使いますが、どちらもティームが上手く処理して連続でウィナーを決め、30-40とティームにブレークポイントが来ます。

ティームの深いリターンからのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、ティームがブレークに成功

第12ゲーム、ティームのサービングフォーザチャンピオンシップ
ティームのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、バックハンドのミス、ファーストサーブでの連続ポイントがあり、40-15とティームにチャンピオンシップポイントが来ます。

ラリー戦でフェデラーにフォアハンドのミスが出て、ティームが勝利

スタッツ

第2セット以降、第1セットを先取したフェデラーがさらにプレッシャーをかけてくる中、ティームはリズムを崩すことなくしっかりと自分のプレーを続け、大事な場面で勝負強さも見せるなど、最後まですばらしいパフォーマンスを発揮しての見事な勝利でした。

クレーコートではなくハードコートでマスターズ初優勝を果たすとは予想していませんでしたが、この優勝で自信を深めたティームがクレーコートシーズンでどんな活躍を見せてくれるのか注目です。

一方、フェデラーはファイナルセットの第8ゲームでティームの連続ミスで0-30とポイントを先行しましたが、次のポイントで先に攻撃を仕掛けた中でフォアハンドのミスが出てしまったのが痛かったです。(0-40にできていれば先にブレークできたかも…)

フェデラーは、去年はサービングフォーザチャンピオンシップでの3本のチャンピオンシップポイントを決めきれずに敗れ、今年も勝てるチャンスがある中での敗戦となり、2年連続で悔しい準優勝となってしまいました。

ティームMatchフェデラー
1サービスエース3
3ダブルフォルト2
69% (67/97)ファーストサーブ確率70% (59/84)
70% (47/67)1st Serve Points Won71% (42/59)
60% (18/30)2nd Serve Points Won48% (12/25)
75% (3/4)ブレーク / チャンス18% (2/11)
12/18ネットポイント24/32
67% (65/97)Service Points Won64% (54/84)
36% (30/84)Return Points Won33% (32/97)
52% (95/181)Total Points Won48% (86/181)
2,544mTotal Distance Run2,477m
24Winner 合計23
16フォアハンド14
6バックハンド6
2サーブ3
25Unforced error 合計32
11フォアハンド12
11バックハンド18
3サーブ2

ハイライト動画

決勝「ティーム vs フェデラー」のハイライト動画です。

Highlights: Thiem Topples Federer For Maiden Masters Title In Indian Wells 2019

ドロー表 (結果)

決勝後のランキング (トップ30)

BNPパリバ・オープンの決勝後のランキングです。

順位選手名基礎
point
result獲得
point
決勝後
point
1ジョコビッチ10,9453回戦4510,990
2ナダル8,365準決勝3608,725
3A.ズベレフ6,5853回戦456,630
4ティーム3,755優勝1,0004,755
5フェデラー4,000準優勝6004,600
6錦織 圭4,1903回戦454,235
7アンダーソン4,115棄権04,115
8デルポトロ3,585欠場3,585
9イズナー3,3954回戦903,485
10チチパス3,1502回戦103,160
11チリッチ3,0503回戦453,095
12ハチャノフ2,665準々決勝1802,845
13チョリッチ2,3352回戦102,345
14ラオニッチ1,915準決勝3602,275
15メドベージェフ2,1853回戦452,230
16チェッキナート2,0112回戦102,021
17フォニーニ1,8752回戦101,885
18モンフィス1,695準々決勝1801,875
19バシラシビリ1,8552回戦101,865
20ゴファン1,6502回戦35*1,685
21C ブスタ1,615棄権01,615
22エドマンド1,5104回戦901,600
23シャポバロフ1,4604回戦901,550
24シュワルツマン1,4753回戦451,520
25B アグート1,5002回戦101,510
26デミノー1,4832回戦101,493
27シモン1,2953回戦451,340
28ガスケ1,340欠場01,340
29ディミトロフ1,300棄権01,300
30プイユ1,2552回戦101,265

※ゴファンはBNPパリバ・オープンで初戦敗退となった後、チャレンジャー大会に出場して25ポイントを獲得。

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年3月・インディアンウェルズ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第32シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

BNPパリバ・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
4回戦90
3回戦45
2回戦25
1回戦10

決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

女子の試合は、DAZNで配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
3月18日(月)決勝[生] 7:20~11:00
3月18日(月)決勝[録] 22:00~25:00

[生]:生中継、[録]:録画

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で錦織が出場する試合を中心に2回戦から決勝まで10試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
3月18日(月)決勝[生] 7:30~(10:00)
3月19日(火)決勝[録] 1:45~(3:35) ※NHK総合
3月20日(水)決勝[録] 9:00~(10:50)

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

2019年 BNPパリバ・オープン 各ラウンドの結果

コメント