ATPランキング試算(2019年1月・全豪オープン後)


2019年1月14日から1月27日(2019年第3~4週)にメルボルン(オーストラリア)で開催されるグランドスラム「全豪オープン」。

今回はランキング上位30名の全豪オープン後の1月28日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年1月28日付のランキング試算

はじめに、2019年1月28日付のランキングについて、2018年の全豪オープンでのポイントが2019年1月28日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2018年全豪オープンの振り返り

まずはトップ30の2018年の全豪オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第2シードのロジャー・フェデラーが第6シードのマリン・チリッチをセットカウント3-2(6-2、6-7、6-3、3-6、6-1)で破り、全豪オープン2年連続6回目の優勝を飾りました。

2018年全豪オープンの決勝の結果はこちら

チョンとエドマンドがベスト4。

第1シードのナダル、第3シードのディミトロフ、第19シードのベルディヒ、サンドグレンがベスト8。

錦織は右手首の怪我の回復が間に合わず欠場。

順位選手名1月14日
point
2018年
全豪
1ジョコビッチ9,1354回戦
2ナダル7,480ベスト8
3フェデラー6,420優勝
4A.ズベレフ6,3853回戦
5デルポトロ5,1503回戦
6アンダーソン4,8101回戦
7チリッチ4,160準優勝
8ティーム4,0954回戦
9錦織 圭3,750
10イズナー3,1551回戦
11ハチャノフ2,8352回戦
12チョリッチ2,4351回戦
13フォニーニ2,3154回戦
14エドマンド2,150ベスト4
15チチパス2,0951回戦
16シュワルツマン1,9254回戦
17ラオニッチ1,9001回戦
18チェッキナート1,889
19メドベージェフ1,8652回戦
20バシラシビリ1,8203回戦
21ディミトロフ1,790ベスト8
22ゴファン1,7852回戦
23カレーニョ ブスタ1,7054回戦
24バウティスタ アグート1,6051回戦
25チョン1,585ベスト4
26ガスケ1,5353回戦
27シャポバロフ1,4402回戦
28ベルダスコ1,4102回戦
29デミノー1,3531回戦
30シモン1,2802回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名1月14日
point
失効
point
基礎
point
1ジョコビッチ9,1351808,955
2ナダル7,4803607,120
3フェデラー6,4202,0004,420
4A.ズベレフ6,385906,295
5デルポトロ5,150905,060
6アンダーソン4,810104,800
7チリッチ4,1601,2002,960
8ティーム4,0951803,915
9錦織 圭3,75003,750
10イズナー3,155103,145
11ハチャノフ2,835452,790
12チョリッチ2,435102,425
13フォニーニ2,3151802,135
14エドマンド2,1507201,430
15チチパス2,095102,085
16シュワルツマン1,9251801,745
17ラオニッチ1,900101,890
18チェッキナート1,8891,860*
19メドベージェフ1,865451,820
20バシラシビリ1,820901,730
21ディミトロフ1,7903601,430
22ゴファン1,785451,740
23カレーニョ ブスタ1,7051801,525
24バウティスタ アグート1,605101,595
25チョン1,585720865
26ガスケ1,535901,445
27シャポバロフ1,440451,395
28ベルダスコ1,410451,365
29デミノー1,35301,353
30シモン1,280451,235
  • 1月14日ポイント
  • 2019年1月14日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年1月28日に失効日を迎える2018年の全豪オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「1月14日ポイント」-「失効ポイント」

    ※チェッキナートの基礎ポイントについて、2018年の全豪オープンの本戦に出場していないため(予選敗退)、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低い29ポイントが対象外に繰り下がります。

この「基礎ポイント」に2019年の全豪オープンのポイントを加算すれば、次回発表される1月28日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

全豪オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ジョコビッチ8,955
2ナダル7,120
3A.ズベレフ6,295
4デルポトロ5,060
5アンダーソン4,800
6フェデラー4,420
7ティーム3,915
8錦織 圭3,750
9イズナー3,145
10チリッチ2,960
11ハチャノフ2,790
12チョリッチ2,425
13フォニーニ2,135
14チチパス2,085
15ラオニッチ1,890
16チェッキナート1,860
17メドベージェフ1,820
18シュワルツマン1,745
19ゴファン1,740
20バシラシビリ1,730
21バウティスタ アグート1,595
22カレーニョ ブスタ1,525
23ガスケ1,445
24ディミトロフ1,430
25エドマンド1,430
26シャポバロフ1,395
27ベルダスコ1,365
28デミノー1,353
29シモン1,235
30プイユ1,235

<欠場者情報>
ランキング上位ではデルポトロ、ガスケが欠場。

1位争い

ジョコビッチは4回戦に進出すれば自力での1位維持が確定。

ナダルが優勝かつジョコビッチが3回戦以下で敗退した場合、ナダルの1位が確定。

2~4位争い

暫定4位のデルポトロは欠場。

昨年優勝のフェデラーは暫定で6位に下がり、2位ナダルと3位A.ズベレフとのポイント差が大きく開く状況へ。
フェデラーがデルポトロを追い抜くには準決勝進出が必要になります。

また、他の選手の結果次第ではありますが、暫定5位のアンダーソンは準々決勝以上に進出すれば自己最高の4位に上がる可能性があります。(順当に勝ち上がれば準々決勝の対戦相手はナダル。)

トップ10争い

昨年準優勝のチリッチは暫定で10位に下がり、11位のハチャノフとは170ポイント差。
今大会の結果次第でチリッチのトップ10陥落の可能性もあります。

現時点で10位と12位チョリッチおよび13位以下とはポイント差が大きいですが、今シーズンも10位争いが激しくなりそうです。

錦織のランキング

チリッチが暫定10位まで落ちたことで、錦織はランキングを1つ上げて暫定8位。

上を見ると、7位ティームとは165ポイント差、6位フェデラーとは680ポイント差、5位アンダーソンとは1050ポイント差、4位デルポトロとは1310ポイント差という状況です。

錦織はジョコビッチ山に入り、順当に勝ち上がれば準々決勝でジョコビッチと対戦することになりますが、1戦1戦しっかりと勝ち進んで行って欲しいなと思います。

全豪オープンの結果

2019年全豪オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント