【2018年】全仏オープンテニスの結果(4回戦)


2018年5月27日から6月10日(2018年第22、23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」の4回戦の結果、4回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

トップ8シードの中でクレーコートシーズン不調だった第4シードのディミトロフが3回戦で姿を消しましたが、ここまで大きな波乱もなくベスト16が揃いました。

錦織の4回戦の試合は、日本時間の6月3日(日) 19時半~20時頃に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 全仏オープン 4回戦の結果

全仏オープンの4回戦の結果です。

<日程>
・6月3日(日):4回戦 ボトムハーフ
・6月4日(月):4回戦 トップハーフ

各コートの第1試合は、日本時間の18時に開始予定。

※以下、スコアにある各選手の()内の数字は2018年5月28日付の世界ランキングです。

4回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル (1)36677
マクシミリアン・マーテラー (70)03264
[11] ディエゴ・シュワルツマン (12)3127776
[6] ケビン・アンダーソン (7)2665602

第1シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)がマクシミリアン・マーテラー(22歳・ドイツ)を6-3、6-2、7-6のストレートで破り、全仏オープン2年連続の12回目の準々決勝進出を決めました。

ナダルはこの勝利で、マッチ900勝を達成。

そして、ナダル相手に最後まで粘りを見せたマーテラーは、これまで期待の若手として名前が上がっていませんでしたが(6月15日で23歳)、身長191cmの左利き(バックハンドは両手)の選手で、長身でフットワークとストロークもよく、この全仏オープンでの経験でさらに伸びてきそうな感じもあり、他の若手と一緒に注目しておきたいです。

第11シードのディエゴ・シュワルツマン(25歳・アルゼンチン)が第6シードのケビン・アンダーソン(32歳・南アフリカ)を1-6、2-6、7-5、7-6、6-2のフルセットの末に破り、全仏オープン初の準々決勝進出を決めました。

第1セットと第2セットでは、アンダーソンがすばらしいプレー内容でシュワルツマンを圧倒して2セット連取。

第3セットもアンダーソンがリードしてこのまますんなり終わるかと思いましたが、第10ゲームのサービングフォーザマッチでシュワルツマンが土壇場でブレークバックに成功すると、シュワルツマンが第12ゲームもブレークして第3セットを取ります。

第4セットもアンダーソンがリードして第10ゲームにサービングフォーザマッチを迎えますが、またもシュワルツマンが土壇場でブレークバックに成功。

タイブレークをシュワルツマンが制して、ファイナルセットへ。

アンダーソンは第3セットのサービングフォーザマッチを落としてからはミスを連発するなど別人になってしまい、ファイナルセットでは1度もキープすることができず、シュワルツマンの大逆転勝利となりました。

4回戦(トップハーフ・チリッチ山)

[3] マリン・チリッチ (4)3663646
[18] ファビオ・フォニーニ (18)2416773
[9] ジョン・イズナー (10)0444
[5] フアン マルティン・デルポトロ (6)3666

第3シードのマリン・チリッチ(29歳・クロアチア)が第18シードのファビオ・フォニーニ(31歳・イタリア)を6-4、6-1、3-6、6-7、6-3のフルセットの末に破り、全仏オープン2年連続2回目の準々決勝進出を決めました。

2セットダウンと後がなくなったところからフォニーニのスイッチが入り、粘りが出てきて難しいショットをいとも簡単に決めてしまうなど天才的なプレーで予測ができない状態となり、ファイナルセットまでもつれる展開となりました。

チリッチはとにかく我慢強くプレーを続けて、フォニーニの集中力が切れるのを待つという状況の中、フォニーニは第7ゲームで先にブレークをされたことで集中力が切れてしまい、最後はチリッチが4ゲームを連取して勝利。

第5シードのフアン マルティン・デルポトロ(29歳・アルゼンチン)が第9シードのジョン・イズナー(33歳・アメリカ)を6-4、6-4、6-4のストレートで破り、全仏オープン6年ぶり3回目の準々決勝進出を決めました。

4回戦(ボトムハーフ・ディミトロフ山)

[8] ダビド・ゴファン (9)15603
マルコ・チェッキナート (72)37466
[20] ノバク・ジョコビッチ (22)3666
[30] フェルナンド・ベルダスコ (35)0342

マルコ・チェッキナート(25歳・イタリア)が第8シードのダビド・ゴファン(27歳・ベルギー)を7-5、4-6、6-0、6-3のセットカウント3-1で破り、グランドスラム初の準々決勝進出を決めました。

ゴファンは3回戦でのモンフィスとの戦いで体力を消耗し(雨によるサスペンデッドもあり)、この日のゴファンは元気なく淡々とプレーしている感じで、最高のプレーをしていたチェッキナートの勢いを止めることができませんでした。

第20シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)が第30シードのフェルナンド・ベルダスコ(34歳・スペイン)を6-3、6-4、6-2のストレートで破り、全仏オープン9年連続の12回目の準々決勝進出を決めました。

4回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

錦織の4回戦の試合は、日本時間の6月3日(日) 19時半~20時頃に開始予定。(センターコート フィリップ・シャトリエの第2試合)

[7] ドミニク・ティエム (8)36656
[19] 錦織 圭 (21)12074
カレン・ハチャノフ (38)2664633
[2] アレクサンダー・ズベレフ (3)3477266

第7シードのドミニク・ティエム(24歳・オーストリア)が第19シードの錦織圭(28歳・日本)を6-2、6-0、5-7、6-4のセットカウント3-1で破り、全仏オープン3年連続3回目の準々決勝進出を決めました。

錦織の4回戦の結果については、『 錦織 vs ティエム 』の記事で詳しく紹介しています。

第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(21歳・ドイツ)がカレン・ハチャノフ(22歳・ロシア)を4-6、7-6、2-6、6-3、6-3のフルセットの末に破り、グランドスラム初の準々決勝進出を決めました。

A.ズベレフは2回戦から3試合連続でセットカウント1-2と後がなくなったところからの逆転勝利と苦しい試合が続いていますが、これまで結果が出せていなかったグランドスラムでやっと準々決勝まで勝ち進むことができました。

ドロー表(ベスト32・結果)

4回戦後の暫定ランキング(トップ30)

全仏オープンの4回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
4R後
point
1フェデラー8,670欠場08,670
2ナダル6,7704回戦3607,130
3A.ズベレフ5,6054回戦3605,965
4チリッチ4,5904回戦3604,950
5ディミトロフ4,7803回戦×904,870
6デルポトロ4,3604回戦3604,720
7アンダーソン3,4554回戦×1803,635
8ゴファン2,9304回戦×1803,110
9イズナー2,8904回戦×1803,070
10ティエム2,6354回戦3602,995
11シュワルツマン2,0754回戦3602,435
12C ブスタ2,0553回戦×902,145
13クエリー2,0852回戦×452,130
14ソック2,1001回戦×102,110
15フォニーニ1,8504回戦×1802,030
16B アグート1,9403回戦×902,030
17プイユ1,9403回戦×902,030
18エドマンド1,8603回戦×901,950
19ベルディヒ1,7051回戦×101,715
20チョン1,685欠場01,685
21ジョコビッチ1,3054回戦3601,665
22コールシュライバー1,6101回戦×101,620
23シャポバロフ1,5632回戦×451,608
24キリオス1,585棄権01,585
25マナリノ1,5251回戦×101,535
26錦織 圭1,3504回戦×1801,530
27ズムル1,4053回戦×901,495
28クライノビッチ1,491欠場01,491
29ガスケ1,3053回戦×901,395
30ルブレフ1,371欠場01,371

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年6月・全仏オープン後)』をご覧ください。

全仏オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

4回戦の放送予定

WOWOWとテレビ東京(地上波)での放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までの全15日間を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
6月3日()4回戦17:55~, 24:00~
6月4日(月)4回戦17:55~, 24:00~

テレビ東京(地上波)

テレビ東京では、全仏オープンを地上波独占放送。

日付ラウンド放送時間
6月3日()4回戦19:54~

・6月3日(日):「錦織 vs D.ティエム」

※放送日時変更の可能性あり

2018年 全仏オープン その他の結果

コメント