【2018年】全仏オープンテニスの結果(3回戦)


2018年5月27日から6月10日(2018年第22、23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」の3回戦の結果、3回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

ここまで大きな波乱もなく22人のシード選手が3回戦に駒を進めて来ましたが、3回戦からはシード選手同士の対戦が始まります。

錦織の3回戦の試合は、日本時間の6月1日(金) 20時頃に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 全仏オープン 3回戦の結果

全仏オープンの3回戦の結果です。

<日程>
・6月1日(金):3回戦 ボトムハーフ
・6月2日(土):3回戦 トップハーフ

各コートの第1試合は、日本時間の18時に開始予定。

※以下、スコアにある各選手の()内の数字は2018年5月28日付の世界ランキングです。

3回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル (1)3666
[27] リシャール・ガスケ (32)0322
マクシミリアン・マーテラー (70)3666
ユルゲン・ゾップ (136)0214
 
[11] ディエゴ・シュワルツマン (12)3766
ボルナ・チョリッチ (40)0533
ミーシャ・ズベレフ (64)1177364
[6] ケビン・アンダーソン (7)3663677

ナダル山では第1シードのナダル、第6シードのアンダーソン、第11シードのシュワルツマン、ノーシードのマーテラーが4回戦進出を決めました。

ナダルは3回戦でも圧倒的な強さを見せて地元フランスのガスケをストレートで破り、対ガスケ戦16勝0敗としました。

3回戦(トップハーフ・チリッチ山)

[3] マリン・チリッチ (4)3666
スティーブ・ジョンソン (46)0324
[18] ファビオ・フォニーニ (18)364366
[16] カイル・エドマンド (17)236644
 
[9] ジョン・イズナー (10)377677
ピエール ユーグ・エルベール (87)061464
[31] アルベルト・ラモス ビノラス (36)0541
[5] フアン マルティン・デルポトロ (6)3766

チリッチ山では第3シードのチリッチ、第5シードのデルポトロ、第9シードのイズナー、第18シードのフォニーニが4回戦進出を決めました。

第16シードのエドマンドと第31シードのラモス ビノラスは3回戦で敗退。

3回戦(ボトムハーフ・ディミトロフ山)

[8] ダビド・ゴファン (9)3666476
[32] ガエル・モンフィス (37)2783653
マルコ・チェッキナート (72)327766
[10] パブロ・カレーニョ ブスタ (11)166531
 
[13] ロベルト・バウティスタ アグート (13)1478642
[20] ノバク・ジョコビッチ (22)3666776
[30] フェルナンド・ベルダスコ (35)37766
[4] グリゴール・ディミトロフ (5)06424

ディミトロフ山では第8シードのゴファン、第20シードのジョコビッチ、第30シードのベルダスコ、ノーシードのチェッキナートが4回戦進出を決めました。

第4シードのディミトロフ、第10シードのカレーニョ ブスタ、第13シードのバウティスタ アグート、第32シードのモンフィスは3回戦で敗退。

ディミトロフは5月のマドリードとローマでのマスターズ2連戦でどちらも初戦敗退となり、調子が上がらないまま全仏オープンを迎えることになりましたが、やはり全仏オープンでも結果を残すことができませんでした。

そして、3回戦の中で好カードとなった「ゴファン vs モンフィス」。
モンフィスが地元フランスの声援を背に第4セットの第10ゲームで4本のマッチポイント(ブレークポイント)を握りましたが、ゴファンは完全アウェイの中でも集中力を切らさずにピンチを凌いで逆転勝利となりました。

3回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

錦織の3回戦の試合は、日本時間の6月1日(金) 20時頃に開始予定。(Court18 の第2試合)

[7] ドミニク・ティエム (8)366566
マッテオ・ベレッティーニ (96)137732
[19] 錦織 圭 (21)3666
ジル・シモン (65)0313
 
[15] リュカ・プイユ (16)0353
カレン・ハチャノフ (38)3676
[26] ダミール・ズムル (29)2266635
[2] アレクサンダー・ズベレフ (3)3634777

A.ズベレフ山では第2シードのA.ズベレフ、第7シードのティエム、第19シードの錦織、ノーシードのハチャノフが4回戦進出を決めました。

地元フランスの第15シードのプイユは3回戦で敗退。

ハチャノフが2セットアップとリードし、第3セットでゲームカウント1-1となったところで雨によりサスペンデッドとなりましたが、プイユは再開後(翌日)もプレーが良くなることはなく、あっさりと決着が付いてしまいました。

A.ズベレフはプレーに安定感がなく苦しい試合となりましたが、第4セットの第12ゲームのズムルのサービングフォーザマッチ、ファイナルセットの第10ゲームでのズムルのマッチポイント(ブレークポイント)1本を凌いで何とか勝利。

第19シードの錦織は地元フランスのシモンを6-3、6-1、6-3のストレートで破り、全仏オープン4年連続5回目の4回戦進出を決めました。

錦織の3回戦の結果については、『 錦織 vs シモン 』の記事で詳しく紹介しています。

ドロー表(ベスト32・結果)

3回戦後の暫定ランキング(トップ30)

全仏オープンの3回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
3R後
point
1フェデラー8,670欠場08,670
2ナダル6,7703回戦1806,950
3A.ズベレフ5,6053回戦1805,785
4ディミトロフ4,7803回戦×904,870
5チリッチ4,5903回戦1804,770
6デルポトロ4,3603回戦1804,540
7アンダーソン3,4553回戦1803,635
8ゴファン2,9303回戦1803,110
9イズナー2,8903回戦1803,070
10ティエム2,6353回戦1802,815
11シュワルツマン2,0753回戦1802,255
12C ブスタ2,0553回戦×902,145
13クエリー2,0852回戦×452,130
14ソック2,1001回戦×102,110
15フォニーニ1,8503回戦1802,030
16B アグート1,9403回戦×902,030
17プイユ1,9403回戦×902,030
18エドマンド1,8603回戦×901,950
19ベルディヒ1,7051回戦×101,715
20チョン1,685欠場01,685
21コールシュライバー1,6101回戦×101,620
22シャポバロフ1,5632回戦×451,608
23キリオス1,585棄権01,585
24マナリノ1,5251回戦×101,535
25錦織 圭1,3503回戦1801,530
26ズムル1,4053回戦×901,495
27クライノビッチ1,491欠場01,491
28ジョコビッチ1,3053回戦1801,485
29ガスケ1,3053回戦×901,395
30ルブレフ1,371欠場01,371

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年6月・全仏オープン後)』をご覧ください。

全仏オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

3回戦の放送予定

WOWOWとテレビ東京(地上波)での放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までの全15日間を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
6月1日(金)3回戦17:55~, 24:00~
6月2日()3回戦17:55~, 24:00~

テレビ東京(地上波)

テレビ東京では、全仏オープンを地上波独占放送。

日付ラウンド放送時間
6月1日(金)3回戦21:00~

・6月1日(金):「錦織 vs G.シモン」(録画放送)

※放送日時変更の可能性あり

2018年 全仏オープン その他の結果

コメント