ATPランキング試算(2018年6月・全仏オープン後)


2018年5月27日から6月10日(2018年第22、23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」。

今回はランキング上位30名の全仏オープン後の6月11日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年6月11日付のランキング試算

はじめに、2018年6月11日付のランキングについて、2017年の全仏オープンでのポイントが2018年6月11日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

ただし、昨年全仏オープンに出場していなかった選手(予選敗退も含む)は、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(グランドスラム、マスターズを除く)が対象外に繰り下がり、2018年の全仏オープンでのポイントが加算されます。

2017年全仏オープンの振り返り

まずはトップ30の2017年の全仏オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第4シードのナダルが第3シードのワウリンカを6-2、6-3、6-1のストレートで破り、全仏オープン3年ぶり10回目の優勝を飾りました。

2017年全仏オープンの決勝の結果はこちら

第1シードのマレーと第6シードのティエムがベスト4。

第2シードのジョコビッチ、第7シードのチリッチ、第8シードの錦織、第20シードのカレーニョ ブスタがベスト8。

順位選手名5月28日
point
2017年
全仏OP
1ナダル8,770優勝
2フェデラー8,670
3A.ズベレフ5,6151回戦
4チリッチ4,950ベスト8
5ディミトロフ4,8703回戦
6デルポトロ4,4503回戦
7アンダーソン3,6354回戦
8ティエム3,355ベスト4
9ゴファン3,0203回戦
10イズナー2,9803回戦
11カレーニョ ブスタ2,415ベスト8
12シュワルツマン2,1653回戦
13バウティスタ アグート2,1204回戦
14ソック2,1101回戦
15クエリー2,0951回戦
16プイユ2,0303回戦
17エドマンド1,9503回戦
18フォニーニ1,9403回戦
19チョン1,7753回戦
20ベルディヒ1,7502回戦
21錦織 圭1,710ベスト8
22ジョコビッチ1,665ベスト8
23キリオス1,6302回戦
24コールシュライバー1,6201回戦
25シャポバロフ1,573予選1回戦
26マナリノ1,5351回戦
27クライノビッチ1,506予選2回戦
28ラオニッチ1,4354回戦
29ズムル1,4151回戦
30ワウリンカ1,400準優勝

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名5月28日
point
失効
point
基礎
point
1ナダル8,7702,0006,770
2フェデラー8,67008,670
3A.ズベレフ5,615105,605
4チリッチ4,9503604,590
5ディミトロフ4,870904,780
6デルポトロ4,450904,360
7アンダーソン3,6351803,455
8ティエム3,3557202,635
9ゴファン3,020902,930
10イズナー2,980902,890
11カレーニョ ブスタ2,4153602,055
12シュワルツマン2,165902,075
13バウティスタ アグート2,1201801,940
14ソック2,110102,100
15クエリー2,095102,085
16プイユ2,030901,940
17エドマンド1,950901,860
18フォニーニ1,940901,850
19チョン1,775901,685
20ベルディヒ1,750451,705
21錦織 圭1,7103601,350
22ジョコビッチ1,6653601,305
23キリオス1,630451,585
24コールシュライバー1,620101,610
25シャポバロフ1,57301,563*
26マナリノ1,535101,525
27クライノビッチ1,50681,491*
28ラオニッチ1,4351801,255
29ズムル1,415101,405
30ワウリンカ1,4001,200200
  • 5月28日ポイント
  • 2018年5月28日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年6月11日に失効日を迎える2017年の全仏オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「5月28日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2018年の全仏オープンのポイントを加算すれば、次回発表される6月11日付のATPランキングと同じになります。

※シャポバロフとクライノビッチの基礎ポイントについて、現在ランキングの対象となっている18大会に2017年の全仏オープンのポイントが含まれないため(予選敗退)、2018年の全仏オープンのポイントが加算されるのに伴い、18大会(グランドスラムとマスターズを除く)のうち最も低いポイント(シャポバロフ:10、クライノビッチ:15)が対象外に繰り下がります。

※基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

全仏オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1フェデラー8,670
2ナダル6,770
3A.ズベレフ5,605
4ディミトロフ4,780
5チリッチ4,590
6デルポトロ4,360
7アンダーソン3,455
8ゴファン2,930
9イズナー2,890
10ティエム2,635
11ソック2,100
12クエリー2,085
13シュワルツマン2,075
14カレーニョ ブスタ2,055
15バウティスタ アグート1,940
15プイユ1,940
17エドマンド1,860
18フォニーニ1,850
19ベルディヒ1,705
20チョン1,685
21コールシュライバー1,610
22キリオス1,585
23シャポバロフ1,563
24マナリノ1,525
25クライノビッチ1,491
26ズムル1,405
27ルブレフ1,371
28錦織 圭1,350
29ジョコビッチ1,305
29ガスケ1,305
省略
ワウリンカ200

<欠場者情報>
フェデラー、チョン、ラオニッチ、クライノビッチ、ルブレフ、ツォンガ、マレーは欠場。

出場予定だったキリオスはwithdrawとなりました。

1位争い

ナダルは優勝すれば1位を維持。

ナダルが準優勝以下だった場合、フェデラーの1位復帰が確定します。

2~6位争い

下記条件でA.ズベレフがナダルを抜いて2位となりますが、ドローを見てもナダルの決勝進出は堅いかなと思います。

・ナダルが1回戦敗退かつA.ズベレフが決勝進出。
・ナダルが準決勝以下で敗退かつA.ズベレフが優勝。

3位争いではディミトロフ、チリッチ、デルポトロの3人がクレーコートシーズンに入ってからポイントがほとんど変わらないという状況の中、5月に入ってから絶好調のA.ズベレフが抜け出した感じです。

その他

昨年準優勝だったワウリンカは、現在の1,400ポイントのうち1,200ポイントが失効することになります。

怪我から復帰して本調子にはほど遠い状態でもあり、今大会の結果次第ではランキング急落というかなり厳しい状況です。(残念ながらワウリンカは1回戦敗退となり、250位付近まで落ちそうです)

BNLイタリア国際で復活の兆しを見せたジョコビッチは、ナダルと反対のボトムハーフに入り、さらにクレーコートシーズン不調のディミトロフ山に入る良いドローを引き当て、この運を結果に結びつけることができるか注目です。(準決勝進出で720ポイントは欲しいところです)

錦織のランキング

暫定28位の錦織はナダルと反対のボトムハーフに入り、最悪のドローを避けることができました。

順当に勝ち上がると4回戦でティエム、準々決勝でA.ズベレフとの対戦が予想されますが、錦織はクレーコートシーズンに入ってから右手首の怪我の不安もなく、プレーがどんどん良くなって来ているので、まずはこのトップ10選手と当たる4回戦まではしっかりと勝ち上がって行って欲しいなと思います。(4回戦進出で180ポイント)

全仏オープンの結果

2018年全仏オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント