【2017年】ブリスベン国際の大会情報(ATP250)


2017年ブリスベン国際の大会概要、シングルスのドロー、錦織選手の対戦相手候補と過去の成績を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大会概要

大会名ブリスベン国際(Brisbane International)
カテゴリATP250
開催期間2017年1月1日 ~ 1月8日
開催地オーストラリア(ブリスベン)
会場クイーンズランド・テニス・センター
サーフェスハードコート
ドローサイズ28(シングルス)

シングルス ドロー

ブリスベン国際のシード選手とランキング、簡易版ドローです。

シード選手ランキング
[1] ラオニッチ3位
[2] ワウリンカ4位
[3] 錦織5位
[4] ティエム8位
[5] ナダル9位
[6] プイユ15位
[7] ディミトロフ17位
[8] フェレール21位

ドロー表(PDF)は、『 2017年ブリスベン国際のドロー表 』をご覧ください。

錦織選手の対戦相手候補

1回戦:bye
2回戦:ミュラー(34位)or ドナルドソン(105位)
準々決勝:フェレール(21位)
準決勝:ワウリンカ
決勝:ラオニッチ or ナダル or ティエム

錦織選手は2回戦からの登場になります。2回戦はミュラー選手か予選勝者のドナルドソン選手。

ミュラー選手(33歳)は、身長193cmのビッグサーバーの左利きと、ちょっと癖のありそうな相手です。ミュラー選手とは去年のスイス・インドアの準決勝で対戦していますが、フルセットで勝利。サービスエースを20本決められ、ストロークでもスライスで粘ってくる感じで、結構苦戦していました。サーブの出来次第で展開が変わりそうです。

ドナルドソン選手(20歳)は、若手の選手でまだ錦織選手との対戦はなく、どういうプレーをするのか情報不足です。

準々決勝は、地元のトミック選手の可能性もありますが、フェレール選手と予想。
去年は怪我もあり、ランキングを21位まで落としているとはいえ、タフな戦いになるかもしれません。今までの対戦では、もつれる展開が多かったですが、ストレートで倒して、錦織選手の成長を見せて欲しいところです。

準決勝は、ワウリンカ選手と予想。世界ランキングを争っている相手ですから、負けられないですね。好不調の波が激しいワウリンカ選手なので、違う選手が勝ち上がってくるかもしれません。

決勝は、ラオニッチ選手かナダル選手。この両者は準々決勝で直接対戦するので、勝ったほうがそのまま決勝まで勝ち上がって来ると思います。
2年近く対戦のないラオニッチ選手と、久しぶりの対戦を見てみたいですね。

全豪オープンの前哨戦なので、錦織選手も調整という感じで戦うと思うので、どこまで勝ち上がれるか分かりませんが、2017年の活躍を予感させるような姿が見られたらなと思います。

2017年ブリスベン国際の大会結果については、『 2017年ブリスベン国際、大会結果 』をご覧ください。

【2017年】ブリスベン国際の大会結果(ATP250)
2017年1月第1週(2017年第1週)に開催されるATP250「ブリスベン国際」の1回戦から決勝までの結果を見ていきます。

過去のブリスベン国際の成績

錦織選手の過去のブリスベン国際での成績です。

成績対戦相手
2016準々決勝トミック(18位)
2015準決勝ラオニッチ(8位)
2014準決勝ヒューイット(60位)
2013準決勝マレー(3位)
2012準決勝バグダティス(44位)
2009準々決勝マチュー(31位)

2017年のATPワールドツアー全日程

コメント