【2017年】ブラジル・オープンの結果(ATP250)


2017年2月第5週(2017年第9週)にブラジル(サンパウロ)で開催されたATP250「ブラジル・オープン」の決勝およびシード選手の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラジル・オープン(ATP250)

2017年2月27日~3月6日(決勝順延)に、ブラジル(サンパウロ)で開催されたATP250「ブラジル・オープン」の結果を見ていきます。

「ブラジル・オープン」の大会概要、エントリー選手(シード選手)、ドロー表

シード選手の結果

シード選手が順当に勝ち上がっていく中、決勝に進出したのは、ラモス=ビノラス選手とクエバス選手。

3月5日に決勝が行われましたが、試合途中に雨により翌日に順延。

※「Rank」は、2017年2月27日付の世界ランキングです。

シード選手名Rank結果
1パブロ・カレーニョ・ブスタ23位ベスト4
2アルベルト・ラモス=ビノラス24位準優勝
3パブロ・クエバス33位優勝
4ジョアン・ソウザ37位ベスト4
5ファビオ・フォニーニ42位ベスト8
6ディエゴ・シュワルツマン44位ベスト8
7フェデリコ・デルボニス54位ベスト8
8カルロス・ベルロク67位2回戦

決勝の結果

2017年3月5日、6日 決勝(ブラジル/クレー)
[2] アルベルト・ラモス ビノラス(24位)17744
[3] パブロ・クエバス(33位)26366
試合時間:2時間59分

2017年のブラジル・オープンを制したのは、パブロ・クエバス選手(ウルグアイ)。

3月5日(日)に決勝が行われ、ラモス=ビノラス選手が第1セットを先取しましたが、第2セット途中で雨により翌日に順延。

再開後、クエバス選手が逆転での優勝となり、ブラジル・オープン3連覇を達成。
1年前のブラジル・オープン以来の優勝で、ツアー6勝目。

そして、その優勝を決めるチャンピオンシップ・ポイントで、クエバス選手がまさかのアンダーサーブ!?
その動画です。

Championship Point: Cuevas' Unusual Finish In Sao Paulo 2017

2月の南米クレー大会で、クエバス選手はアルゼンチン・オープンとリオ・オープンで初戦敗退でしたが、最後のブラジル・オープンで見事に優勝。

一方、惜しくも準優勝となったラモス=ビノラス選手。
2月の南米クレー大会の4連戦にすべて出場し、さすがクレー巧者という好成績を残しました。

・エクアドル・オープン:ベスト4
・アルゼンチン・オープン:ベスト8
・リオ・オープン:ベスト4
・ブラジル・オープン:準優勝

この後、両選手が出場する大会は、マスターズ1000「BNPパリバ・オープン」と「マイアミ・オープン」のマスターズ2連戦。

マスターズ1000「BNPパリバ・オープン」の大会情報と放送予定
マスターズ1000「マイアミ・オープン」の大会情報と放送予定

2017年2月第5週の関連記事

ATP250「ブラジル・オープン」の大会情報

ATP500「ドバイデューティーフリー・テニス選手権」の大会情報、放送予定
ATP500「ドバイデューティーフリー・テニス選手権」の結果

ATP500「メキシコ・オープン」の大会情報、放送予定
ATP500「メキシコ・オープン」の結果

コメント