ATPランキング試算(2017年3月・インディアンウェルズ後)


3月のマスターズ2連戦「BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)」と「マイアミ・オープン(マイアミ)」を前に、トップ20のランキング試算を行います。

トップ20について、2016年の各大会の結果、インディアンウェルズ後のランキング試算、3月失効後(マイアミ後)の暫定ランキングを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トップ20の2016年の結果

まずは、各選手の2016年の各大会の結果を振り返ります。

2016年シーズン前半で圧倒的強さを見せていたジョコビッチ選手が、マスターズ2連戦でどちらも優勝。

対照的にマレー選手はどちらも3回戦で敗退しており、今年はポイントを大きく加算するチャンスがあります。

2大会連続で好成績を残したのは、錦織選手、ラオニッチ選手、ゴフィン選手、モンフィス選手。

フェデラー選手は2大会とも怪我で欠場でした。

順位選手名3月6日
point
インディアン
ウェルズ
マイアミ
1マレー12,0403回戦3回戦
2ジョコビッチ9,825優勝優勝
3ワウリンカ5,1954回戦2回戦
4ラオニッチ5,080準優勝ベスト8
5錦織 圭4,730ベスト8準優勝
6ナダル4,415ベスト42回戦
7チリッチ3,590ベスト83回戦
8ツォンガ3,480ベスト83回戦
9ティエム3,3754回戦4回戦
10フェデラー3,305欠場欠場
11モンフィス3,280ベスト8ベスト8
12ゴフィン3,245ベスト4ベスト4
13ディミトロフ2,9252回戦4回戦
14ベルディヒ2,8354回戦ベスト8
15プイユ2,4211回戦4回戦
16キリオス2,2552回戦ベスト4
17B アグート2,1903回戦4回戦
18ソック2,0603回戦3回戦
19ガスケ1,9204回戦4回戦
20A.ズベレフ1,8954回戦2回戦

ランキング試算(インディアンウェルズ後)

インディアンウェルズ(BNPパリバ・オープン)後のランキング試算です。

表の「基礎point」は、2017年3月6日付のポイントから、2016年のインディアンウェルズの失効ポイントを差し引いたポイントになります。

この「基礎point」に2017年のインディアンウェルズのポイントを加算すれば、次回発表される3月20日付のATPランキングと同じになります。

マレー選手の1位と、ジョコビッチ選手の2位は確定。

ラオニッチ選手は欠場のため、5位か6位が確定。
・ナダル選手がベスト4以下の場合は5位
・ナダル選手が決勝進出の場合は6位

順位選手名3月6日
point
失効
point
基礎
point
1マレー12,0404511,995
2ジョコビッチ9,8251,0008,825
3ワウリンカ5,195905,105
4ラオニッチ5,0806004,480
5錦織 圭4,7301804,550
6ナダル4,4153604,055
7チリッチ3,5901803,410
8ツォンガ3,4801803,300
9ティエム3,375903,285
10フェデラー3,30503,305
11モンフィス3,2801803,100
12ゴフィン3,2453602,885
13ディミトロフ2,925102,915
14ベルディヒ2,835902,745
15プイユ2,421102,411
16キリオス2,255102,245
17B アグート2,190452,145
18ソック2,060452,015
19ガスケ1,920901,830
20A.ズベレフ1,895901,805

錦織選手のランキング

錦織選手は3位~5位の可能性があります。

1.下記条件で錦織選手の3位が確定。
・錦織選手:優勝、ワウリンカ選手:ベスト4以下
・錦織選手:準優勝、ワウリンカ選手:2回戦敗退

2.下記の条件で、錦織選手の5位が確定。
・ナダル選手:優勝、錦織選手:ベスト4以下
・ナダル選手:準優勝、錦織選手:4回戦以下

上記1と2の条件以外で4位が確定。

トップ10争い

7位のチリッチ選手から10位のフェデラー選手までは僅差のため、結果を残した選手がトップ10争いから抜け出す形になりそうです。

11位のモンフィス選手がトップ10に復帰するには、最低でも準決勝進出が必要。

12位のゴフィン選手は、最低でも決勝進出が必要なため、トップ10復帰はかなり厳しい状況です。

3月失効後の暫定ランキング

最後に、マスターズ2戦の失効ポイントを差し引いた場合の暫定ランキングを見てみます。

表の「3月失効point」は、インディアンウェルズとマイアミの失効ポイントの合計。

3月の失効ポイントが多いのは、ジョコビッチ選手2,000ポイント、ラオニッチ選手780ポイント、錦織選手780ポイント、ゴフィン選手720ポイント。

順位選手名3月6日
point
3月失効
point
3月
失効後
1マレー12,0409011,950
2ジョコビッチ9,8252,0007,825
3ワウリンカ5,1951005,095
4ラオニッチ5,0807804,300
5錦織 圭4,7307803,950
6ナダル4,4153704,045
7チリッチ3,5902253,365
8ツォンガ3,4802253,255
9ティエム3,3751803,195
10フェデラー3,30503,305
11モンフィス3,2803602,920
12ゴフィン3,2457202,525
13ディミトロフ2,9251002,825
14ベルディヒ2,8352702,565
15プイユ2,4211002,321
16キリオス2,2553701,885
17バウティスタ アグート2,1901352,055
18ソック2,060901,970
19ガスケ1,9201801,740
20A.ズベレフ1,8951151,780

3月失効後のポイント順に並び替えます。

暫定
順位
選手名3月
失効後
3月
失効前
1マレー11,95012,040
2ジョコビッチ7,8259,825
3ワウリンカ5,0955,195
4ラオニッチ4,3005,080
5ナダル4,0454,415
6錦織 圭3,9504,730
7チリッチ3,3653,590
8フェデラー3,3053,305
9ツォンガ3,2553,480
10ティエム3,1953,375
11モンフィス2,9203,280
12ディミトロフ2,8252,925
13ベルディヒ2,5652,835
14ゴフィン2,5253,245
15プイユ2,3212,421
16バウティスタ アグート2,0552,190
17ソック1,9702,060
18キリオス1,8852,255
19A.ズベレフ1,7801,895
20ガスケ1,7401,920

1位争い

3月失効後は、1位マレー選手と2位ジョコビッチ選手のポイント差は、4,125ポイントと差が一気に拡大!?

ジョコビッチ選手は、全仏オープンまでの失効ポイントが多いため、マレー選手以上の結果を残していかないと、1位返り咲きは当分先になってしまいます。

4位争い

ラオニッチ選手は、怪我の回復が間に合わなければマイアミ・オープンも欠場となり、大事なマスターズ2連戦で0ポイントとなってしまいます。

錦織選手は7位以下とのポイント差も気になるところですが、この2連戦でしっかりと結果を残して欲しいところです。

10位争い

失効前に比べると10位と11位以下のポイント差が広がりましたが、暫定12位につけているディミトロフ選手が好調を維持していれば、一気にトップ10に復帰してくるかもしれません。

暫定14位のゴフィン選手は、10位とのポイント差が670ポイント。
暫定13位のベルディヒ選手も同じですが、ここで引き離されないようにしたいところです。

3月マスターズ2連戦後に、ランキングがどう変わっているのか注目です。

※ランキング試算について、計算間違いのないようにしているつもりですが、勘違いやミスもあるかもしれないので、ご了承ください。

コメント