【2017年】ドバイ・テニス選手権の大会結果(ATP500)


2017年2月第5週(2017年第9週)にアラブ首長国連邦(ドバイ)で開催されるATP500「ドバイデューティーフリー・テニス選手権」の放送予定、1回戦から決勝までの結果を見ていきます。

ATP500「ドバイデューティーフリー・テニス選手権」の大会情報

スポンサーリンク

放送予定

スポナビライブ、GAORA、BS朝日での放送(配信)が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、大会初日から3日目(1回戦と2回戦)までは無料、準々決勝以降は有料となっています。

日程 ラウンド 放送時間
2月27日(月) 1回戦 19:00~(無料)
2月28日(火) 1回戦 19:00~(無料)
3月1日(水) 2回戦 19:00~(無料)
3月2日(木) 準々決勝 20:00~(有料)
3月3日(金) 準決勝 22:00~(有料)
3月4日() 決勝 24:00~(有料)

・無料での視聴はこちら:スポナビライブ(テニス)
・有料視聴の際の会員登録(初回1ヶ月無料)はこちら:スポナビライブ

スポナビライブの視聴ガイド

GAORA

GAORAでは、準々決勝(ナイトセッション)から決勝まで生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
3月2日(木) 準々決勝 23:45 ~ 29:00
3月3日(金) 準決勝 21:58 ~ 27:00
3月4日() 決勝 23:50 ~ 27:30

BS朝日

BS朝日では、決勝を放送予定。
・3月6日(月) 午前1:00 ~ 3:00(録画)

大会結果

ATP500「ドバイデューティーフリー・テニス選手権」の結果について、試合結果が分かり次第、順次更新していきます。

・Day Session:14時~(日本時間19時~)
・Night Session:19時~(日本時間24時~)

※()内の世界ランキングは、2017年2月27日付のランキングです。

1回戦

[1] アンディ・マレー(1位) 2 6 6
マレク・ジャジリ(51位) 0 4 1
ビクトル・トロイツキ(34位) 0 4 3
ギリェルモ・ガルシア ロペス(97位) 2 6 6
Omar Alawadhi( – ) 0 2 5
ダニール・メドベデフ(57位) 2 6 7
フィリップ・コールシュライバー(29位) 2 6 77
[8] ジレ・ミュラー(27位) 0 4 61
[3] ロジャー・フェデラー(10位) 2 6 6
ブノワ・ペール(39位) 0 1 3
ミハイル・ユージニー(83位) 0 4 4
エフゲニー・ドンスコイ(116位) 2 6 6
マリウス・コピル(124位) 2 6 6
ヤン レナード・ストルフ(59位) 0 4 2
アダム・パブラセック(93位) 0 2 2
[7] リュカ・プイユ(15位) 2 6 6
[6] ロベルト・バウティスタ アグート(16位) 2 6 77
カレン・ハチャノフ(50位) 0 1 64
アンドレアス・セッピ(73位) 0 2 5
フェルナンド・ベルダスコ(35位) 2 6 7
ダニエル・エバンス(43位) 2 6 6
ダスティン・ブラウン(81位) 0 2 3
モハンマド サフワット(199位) 0 4 3
[4] ガエル・モンフィス(12位) 2 6 6
[5] トマーシュ・ベルディヒ(14位) 6 2
ルカシュ・ロソル(148位) 棄権 3 1
ロビン・ハーセ(66位) 2 6 6
デニス・イストミン(68位) 0 2 4
マルセル・グラノリェルス(36位) 2 6 6
イジー・ベセリー(55位) 0 3 2
ダミール・ズムル(77位) 2 77 6
[2] スタン・ワウリンカ(3位) 0 64 3

2016年の優勝者である第2シードのワウリンカ選手は、1回戦で敗退。

2回戦

[1] アンディ・マレー(1位) 2 6 6
ギリェルモ・ガルシア ロペス(97位) 0 2 0
ダニール・メドベデフ(57位) 0 4 4
フィリップ・コールシュライバー(29位) 2 6 6
[3] ロジャー・フェデラー(10位) 1 6 67 65
エフゲニー・ドンスコイ(116位) 2 3 79 77
マリウス・コピル(124位) 0 1 4
[7] リュカ・プイユ(15位) 2 6 6
[6] ロベルト・バウティスタ アグート(16位) 1 4 6 5
フェルナンド・ベルダスコ(35位) 2 6 3 7
ダニエル・エバンス(43位) 1 4 6 1
[4] ガエル・モンフィス(12位) 2 6 3 6
[5] トマーシュ・ベルディヒ(14位) 1 6 3 4
ロビン・ハーセ(66位) 2 3 6 6
マルセル・グラノリェルス(36位) 0 3 4
ダミール・ズムル(77位) 2 6 6

第3シードのフェデラー選手、第5シードのベルディヒ選手、第6シードのバウティスタアグート選手が2回戦で敗退。

準々決勝

[1] アンディ・マレー(1位) 2 64 720 6
フィリップ・コールシュライバー(29位) 1 77 618 1
エフゲニー・ドンスコイ(116位) 1 4 7 62
[7] リュカ・プイユ(15位) 2 6 5 77
フェルナンド・ベルダスコ(35位) 2 6 7
[4] ガエル・モンフィス(12位) 0 3 5
ロビン・ハーセ(66位) 2 6 4 6
ダミール・ズムル(77位) 1 2 6 4

本大会はシード選手が大苦戦。
準々決勝では、第1シードのマレー選手と第7シードのプイユ選手が何とか勝利を収めたものの、第4シードのモンフィス選手が敗れ、ボトムハーフはシード選手が全員敗退。

準決勝

[1] アンディ・マレー(1位) 2 7 6
[7] リュカ・プイユ(15位) 0 5 1
フェルナンド・ベルダスコ(35位) 2 77 5 6
ロビン・ハーセ(66位) 1 65 7 1

第1シードのマレー選手とノーシードのベルダスコ選手が決勝に進出。

過去の対戦成績は、マレー選手の12勝、ベルダスコ選手の1勝(1勝は2009年全豪オープン)。

2017年シーズンに入って第1シードが優勝できない流れが続いていますが、果たしてマレー選手が止めることができるのか!?

決勝

[1] アンディ・マレー(1位) 2 6 6
フェルナンド・ベルダスコ(35位) 0 3 2

ドロー表(結果)

ATP500「メキシコ・オープン」の大会結果
ATP250「ブラジル・オープン」の大会結果

2017年のATPワールドツアー全日程

決勝の振り返りと次の出場予定

ドバイデューティーフリー・テニス選手権 決勝「マレー vs ベルダスコ」のハイライト動画です。

2017年のドバイデューティーフリー・テニス選手権を制したのはマレー選手。

序盤からマレー選手がダブルフォルトを連発するなど、不安な立ち上がりを見せましたが、ゲームカウント1-3とリードされた状況から、5ゲーム連取で第1セットを先取。

第2セットもマレー選手の流れで試合が進み、序盤以降は危なげない試合運びでした。

ベルダスコ選手は、この試合は足が動いておらず、連戦での疲れが出ていたのかもしれません。

持ち味の強打も少なく、ストロークの粘りもなくあっさりミスをするなど、ベルダスコ選手のいいところがまったくないという感じでした。

2017年シーズンに入って初めて第1シードの選手が優勝となり、これまでの異様な流れがやっと止まりました。

この後、両選手が出場する大会は、マスターズ1000「BNPパリバ・オープン」と「マイアミ・オープン」のマスターズ2連戦。

マレー選手の2016年の成績は、どちらも3回戦敗退。
今年は大きくポイントを加算するチャンスで、世界ランキング2位のジョコビッチ選手と差をさらに広げることになりそうです。

マスターズ1000「BNPパリバ・オープン」の大会情報と放送予定
マスターズ1000「マイアミ・オープン」の大会情報と放送予定

ATPランキング試算(2017年2月最終結果)