ATPランキング(2017年1月30日付)

2017年1月30日付のATP世界ランキングが発表されました。

男子シングルスのトップ50のランキングと日本人(300位以内)のランキングです。

全豪オープンの結果で、前回よりランキング(ポイント)が大きく変動しているので、最後に変化のあった選手をピックアップして紹介します。

男子シングルス・ATPランキング(トップ50)

順位前回比選手名国籍年齢ポイント失効P
1アンディ・マレーGBR2911,5400
2ノバク・ジョコビッチSRB299,8250
3 1スタン・ワウリンカSUI315,6950
4 1ミロシュ・ラオニッチCAN264,9300
5錦織 圭JPN274,8300
6 3ラファエル・ナダルESP304,3850
7マリン・チリッチCRO283,5600
8ドミニク・ティエムAUT233,5050
9 3ガエル・モンフィスFRA303,4450
10 7ロジャー・フェデラーSUI353,2600
11ダビド・ゴフィンBEL262,9300
12 2トマーシュ・ベルディヒCZE312,7900
13 2グリゴール・ディミトロフBUL252,7650
14 2ジョーウィルフリード・ツォンガFRA312,6850
15 2ニック・キリオスAUS212,4150
16 2ロベルト・バウティスタ アグートESP282,350250
17 1リュカ・プイユFRA222,1310
18リシャール・ガスケFRA301,975250
19 2イボ・カロビッチCRO371,8750
20ジャック・ソックUSA241,8550
21 1パブロ・クエバスURU311,7450
22 2アレクサンダー・ズベレフGER191,7350
23 4ジョン・イスナーUSA311,7150
24 1ジル・シモンFRA321,4950
25 2ダビド・フェレールESP341,4700
26 5パブロ・カレーニョ ブスタESP251,4500
27 5サム・クエリーUSA291,4350
28ジレ・ミュラーLUX331,41590
29 4フィリップ・コールシュライバーGER331,4050
30 4アルベルト・ラモス ビノラスESP291,40090
31 1スティーブ・ジョンソンUSA271,3450
32 5バーナード・トミックAUS241,33045
33 4フェリシアーノ・ロペスESP351,3300
34 2マルコス・バグダティスCYP311,24545
35 15ミーシャ・ズベレフGER291,2380
36 2マルティン・クリザンSVK271,23090
37 2ビクトル・トロイツキSRB301,225150
38 1フアン・マルティン・デルポトロARG281,1100
39 1マルセル・グラノリェルスESP301,0880
40フェルナンド・ベルダスコESP331,0700
41 4ジョアン・ソウザPOR271,0550
42 1ニコラ・マユFRA351,0500
43パオロ・ロレンツィITA351,04290
44 3ブノワ・ペールFRA271,0400
45 6ダニエル・エバンスGBR261,03160
46 4ニコラス・アルマグロESP311,0050
47 1カイル・エドマンドGBR22988100
48ファビオ・フォニーニITA299800
49 5フェデリコ・デルボニスARG269500
50 1フロリアン・マイヤーGER339130

※「失効P」は、今週の失効ポイントです。

日本人男子のATPランキング(300位以内)

順位前回比選手名年齢ポイント
5錦織 圭274,830
85 14西岡 良仁21647
114 10ダニエル 太郎24522
117 5杉田 祐一28512
138 1添田 豪32432
176 5守屋 宏紀26322
184 12伊藤 竜馬28306
207 4サンティラン晶19265
226 3吉備 雄也30235
230 10内山 靖崇24227

全豪オープン前後でのランキングについて

  • ロジャー・フェデラー
  • 全豪オープン優勝で2000ポイント獲得(失効ポイントは720)。
    ランキング(ポイント)は「17位(1980pt)」→「10位(3260pt)」となり、トップ10復帰。

  • ラファエル・ナダル
  • 全豪オープン準優勝で1200ポイント獲得(失効ポイントは10)。
    ランキング(ポイント)は「9位(3195pt)」→「6位(4385pt)」となり、世界ランキング4位が射程圏内に入ってきました。

  • グリゴール・ディミトロフ
  • 全豪オープンベスト4で720ポイント獲得(失効ポイントは180)。
    ランキング(ポイント)は「15位(2135pt)」→「13位(2765pt)」。この調子が続けば、トップ10復帰は近いと思います。

  • ノバク・ジョコビッチ
  • 全豪オープン2回戦敗退で45ポイント獲得(失効ポイントは2000)。
    ランキングは2位のままですが、1位のマレー選手とのポイント差が「780pt」から「1715pt」に広がり、2016年シーズン前半でポイントを多く稼いでいるため、1位復帰が遠くなりました。

  • ミーシャ・ズベレフ
  • 全豪オープンベスト8で360ポイント獲得(失効ポイントは16)。
    ランキングを50位から35位に上げ、自己最高ランキングを更新。1年前の173位から、1年で一気にジャンプアップ。

ランキング4位争いついて

ラオニッチ選手(4位)と錦織選手(5位)の差はわずか100ポイント。
この争いにナダル選手が一気に差を詰め、4位と差が545ポイント。

現在、ワウリンカ選手が一歩抜け出した形になっていますが、ラオニッチ選手、錦織選手、ナダル選手の4人での争いとなっています。
ただ、この先ウィンブルドン以外でまったく失効ポイントのないフェデラー選手が近いうちに4位争いに加わってくると予想されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ATPランキング
テニサーをフォローする
テニスK

コメント