【2019年】全米オープンテニスの結果(決勝)


2019年8月26日から9月8日(2019年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープン(USオープン)」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。

決勝「メドベージェフ vs ナダル」
メドベージェフが勝てばグランドスラム初優勝、ナダルが勝てば全米オープン2年ぶり5度目の決勝進出となります。

男子シングルスの決勝は、日本時間9月9日(月)午前5時に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ダニール・メドベージェフとラファエル・ナダルの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、メドベージェフの0勝、ナダルの1勝。

過去1回の対戦は2019年のロジャーズ・カップ(ハードコート)の決勝で、ナダルがセットカウント2-0(6-3、6-0)で勝利しています。

※2019年9月7日時点(決勝前)のデータ

メドベージェフナダル
0 勝対戦成績1 勝
5位 (5位)最新ランク (最高)2位 (1位)
ロシア国籍スペイン
23歳年齢33歳
1996年2月11日生年月日1986年6月3日
198cm / 83kg身長 / 体重185cm / 85kg
右 / 両手利き手 / バック左 / 両手
2014年プロ転向2001年
50勝16敗2019年成績46勝6敗
2回2019年優勝回数3回
122勝71敗通算成績965勝196敗
5回通算優勝回数83回

1回戦から準決勝までの結果

ダニール・メドベージェフ
Round対戦相手Rankスコア
1回戦P.グネスワラン886-4 6-1 6-2
2回戦H.デリエン846-3 7-5 5-7 6-3
3回戦F.ロペス617-6 4-6 7-6 6-4
4回戦D.コプファー1183-6 6-3 6-2 7-6
準々決勝S.ワウリンカ [23]247-6 6-3 3-6 6-1
準決勝G.ディミトロフ787-6 6-4 6-3
ラファエル・ナダル
Round対戦相手Rankスコア
1回戦J.ミルマン606-3 6-2 6-2
2回戦T.コキナキス203棄権
3回戦H.チョン1706-3 6-4 6-2
4回戦M.チリッチ [22]236-3 3-6 6-1 6-2
準々決勝D.シュワルツマン [20]216-4 7-5 6-2
準決勝M.ベレッティーニ [24]257-6 6-4 6-1

※[]内の数字はシード、Rankは2019年8月26日付の世界ランキングです。

2019年 全米オープン 決勝の結果

全米オープンの決勝の結果です。

<日程>
・9月6日(金):男子ダブルス決勝
・9月7日(土):女子シングルス決勝
・9月8日(日):女子ダブルス決勝、男子シングルス決勝

日本とニューヨークの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年8月26日付の世界ランキング

男子シングルス
[5] D.メドベージェフ (5)253764
[2] R.ナダル (2)376546
男子ダブルス
[1] J.カバル / R.ファラ267
[8] M.グラノリェルス / H.セバジョス045
女子シングルス
[15] B.アンドリースク (15)267
[8] S.ウイリアムズ (8)035
女子ダブルス
[8] V.アザレンカ / A.バーティ055
[4] E.メルテンス / A.サバレンカ277

以下、男子シングルスの決勝の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記します)

決勝「メドベージェフ vs ナダル」

[5] D.メドベージェフ (5)253764
[2] R.ナダル (2)376546
試合時間:4時間49分

第2シードのラファエル・ナダル(33歳・スペイン)が第5シードのダニール・メドベージェフ(23歳・ロシア)をセットカウント3-2(7-5、6-3、5-7、4-6、6-4)で破り、全米オープン2年ぶり4度目(グランドスラム19度目)の優勝を飾りました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
メドベージェフ5
ナダル7
○:キープ、●:ブレーク

ナダルのサービスで第1セット開始。

第1ゲーム、30-0からナダルのダブルフォルトとフォアハンドのミス、ラリー戦でのメドベージェフのポイントがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

直後、ナダルがタイムバイオレーション(1回目)を取られますが、ファーストサーブでピンチを凌ぎ、デュース1回目でナダルがキープ。

第2ゲーム、メドベージェフがキープ。

第3ゲーム、30-15からメドベージェフのフォアハンドのクロスへのウィナー、バックハンドのクロスへのショットでのポイントがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ナダルにフォアハンドのミスが出て、メドベージェフがブレークに成功

第4ゲーム、メドベージェフのドロップショットのミス、ナダルのバックハンドのダウンザラインへのウィナー(0-30)、ナダルのバックハンドのミス、フォアハンドのミス、ラリー戦でのナダルのポイントがあり、30-40とナダルにブレークポイントが来ます。

メドベージェフにバックハンドのミスが出て、ナダルがブレークバックに成功

第5ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第6ゲーム、メドベージェフがキープ。

第7ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第8ゲーム、メドベージェフのフォアハンドのミス3本などがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ますが、メドベージェフのボレーのウィナー、サーブアンドボレーのウィナーがあり、デュースへ。

デュース2回目でメドベージェフにダブルフォルトが出てナダルにブレークポイントが来ますが、メドベージェフがピンチを凌ぎ、デュース3回目でキープ。

第9ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第10ゲーム、デュースまで行きますが、デュース4回目でメドベージェフがキープ。

第11ゲーム、ナダルがキープ。

第12ゲーム、メドベージェフのバックハンドのミス、ナダルのボレーのウィナー(0-30)、メドベージェフのドロップショットのウィナー、ラリー戦でナダルのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、15-40とナダルにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

メドベージェフが1本凌ぎますが、ナダルがパッシングショットでポイントを取り、ナダルがブレークをして第1セットを先取

第2セット

第2セット
123456789101112
メドベージェフ3
ナダル6
○:キープ、●:ブレーク

ナダルのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、メドベージェフのフォアハンドのリターンエース、ナダルのフォアハンドのミス(0-30)、ナダルのファーストサーブでのポイント、ネット際の攻防でのナダルのボレーのウィナー、メドベージェフのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

メドベージェフのバックハンドのミスでデュースとなり、デュース2回目でナダルがキープ。

第2ゲーム、メドベージェフがキープ。

第3ゲーム、30-30まで行きますが、ナダルがキープ。

第4ゲーム、メドベージェフのフォアハンドのミス、グラウンドスマッシュのミス、フォアハンドのミスがあり、0-40とナダルにブレークポイントが来ますが、メドベージェフのネットプレーでのポイント、フォアハンドのクロスへのカウンターショットのウィナー、バックハンドのクロスへのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目にもナダルにブレークポイントがありましたが、デュース2回目でメドベージェフがキープ。

第5ゲーム、ナダルがキープ。

第6ゲーム、ラリー戦でのナダルのポイント、ナダルのフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント(0-30)、メドベージェフのネットプレーでのポイント、ロングラリーでのナダルのポイントがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ナダルが深いリターンでポイントを取り、ナダルがブレークに成功

第7ゲーム、ナダルがキープ。

第8ゲーム、メドベージェフがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。
15-30とメドベージェフがポイントを先行しますが、ナダルのファーストサーブでのポイント、メドベージェフのフォアハンドのミスがあり、40-30とナダルにセットポイントが来ます。

ラリー戦でナダルがポイントを取り、ナダルがキープをして第2セットも取ります

第3セット

第3セット
123456789101112
メドベージェフ7
ナダル5
○:キープ、●:ブレーク

メドベージェフのサービスで第3セット開始。

第1ゲーム、メドベージェフがキープ。

第2ゲーム、ナダルがキープ。

第3ゲーム、メドベージェフがラブゲームでキープ。

第4ゲーム、ナダルがキープ。

第5ゲーム、30-15からナダルのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、深いリターンでのポイントがあり、30-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でメドベージェフにバックハンドのミスが出て、ナダルがブレークに成功

第6ゲーム、ナダルのバックハンドのミス、メドベージェフのパッシングショットでのポイント(0-30)、ナダルのスマッシュでのポイント、ダブルフォルトがあり、15-40とメドベージェフにブレークポイントが来ますが、ナダルのボレーのウィナー、サーブアンドボレーのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、攻めていたナダルにもったいないボレーのミスが出て、メドベージェフにブレークポイントが来ます。

ナダルにバックハンドのミスが出て、メドベージェフがブレークバックに成功

第7ゲーム、メドベージェフがキープ。

第8ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、メドベージェフのバックハンドのミス、ボレーのミス(0-30)、メドベージェフのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、スマッシュのウィナー、ロングラリーでのナダルのポイントがあり、30-40とナダルにブレークポイントが来ますが、メドベージェフが先に攻撃を仕掛けてスマッシュのウィナーを決め、デュースへ。

デュース1回目にもナダルにブレークポイントが来ますが、ナダルのグラウンドスマッシュのミスがあり、デュース2回目でメドベージェフがキープ。

第10ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第11ゲーム、メドベージェフがラブゲームでキープ。

第12ゲーム、ラリー戦でのメドベージェフの連続ポイント、メドベージェフの見事なフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、0-40とメドベージェフにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

ナダルが1本凌ぎますが、メドベージェフのバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、メドベージェフがブレークをして第3セットを取ります

第4セット

第4セット
123456789101112
メドベージェフ6
ナダル4
○:キープ、●:ブレーク

メドベージェフのサービスで第4セット開始。

第1ゲーム、40-0からデュースまで行きますが、デュース1回目でメドベージェフがキープ。

第2ゲーム、ナダルのダブルフォルト、バックハンドのミス(0-30)、ナダルのフォアハンドの深いショットでのポイント、サーブアンドボレーでのポイント、メドベージェフの深いリターンでのポイントがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

メドベージェフのバックハンドのミスでデュースとなり、デュース1回目でナダルがキープ。

第3ゲーム、メドベージェフがキープ。

第4ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、30-0からメドベージェフのバックハンドのミス、ナダルのフォアハンドの深いショットでのポイント、メドベージェフのバックハンドのミスがあり、30-40とナダルにブレークポイントが来ますが、メドベージェフがセカンドサーブでピンチを凌ぎ、デュースへ。

デュース2回目にもメドベージェフにバックハンドのミスが出て、ナダルにブレークポイントが来ますが、メドベージェフがピンチを凌ぎ、デュース3回目でキープ。

第6ゲーム、ナダルがキープ。

第7ゲーム、メドベージェフがキープ。

第8ゲーム、ナダルがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、メドベージェフがラブゲームでキープ。

第10ゲーム、40-15からナダルのフォアハンドのミス、メドベージェフの見事なフォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、ナダルにフォアハンドのミスが出て、メドベージェフにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

サービスダッシュに出たナダルの横を抜くメドベージェフのバックハンドのダウンザラインへのリターンエースが決まり、メドベージェフがブレークをして第4セットを取ります

ファイナルセット

ファイナルセット
123456789101112
メドベージェフ4
ナダル6
○:キープ、●:ブレーク

メドベージェフのサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、メドベージェフがキープ。

第2ゲーム、ナダルのバックハンドのミス、メドベージェフのバックハンドのクロスへのリターンエース(0-30)、ナダルのサーブアンドボレーのウィナー、メドベージェフの連続攻撃でのポイントがあり、15-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ナダルのサーブアンドボレーのウィナー、バックハンドのクロスへの深いショットでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、サービスダッシュに出たナダルにボレーミスが出て、メドベージェフにブレークポイントが来ます。

ナダルがタイムバイオレーション(2回目)を取られてセカンドサーブとなりますが、ナダルがフォアハンドの逆クロスへのショットでピンチを凌ぎ、デュース2回目でナダルがキープ。

第3ゲーム、メドベージェフがキープ。

メドベージェフがトレーナーを呼んで左太もものマッサージを受けます。

第4ゲーム、ナダルがキープ。

第5ゲーム、40-0からメドベージェフのフォアハンドのミス、ラリー戦でのナダルのポイント、ナダルの深いリターンでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、メドベージェフにバックハンドのミスが出て、ナダルにブレークポイントが来ますが、メドベージェフがサービスエースで凌ぎます。

デュース2回目、ナダルがフォアハンドのクロスへのカウンターショットでポイントを取り、ナダルにブレークポイントが来ます。

ロングラリーでナダルのバックハンドのクロスへのウィナーが決まり、ナダルがブレークに成功

第6ゲーム、ナダルがキープ。

第7ゲーム、30-0からメドベージェフのバックハンドのロブショットのミス、バックハンドのミス、ナダルのドロップショットのウィナーがあり、30-40とナダルにブレークポイントが来ます。

メドベージェフにスマッシュのミスが出て、ナダルがブレークに成功

第8ゲーム、ナダルのサービングフォーザチャンピオンシップ。
30-15からラリー戦でのメドベージェフのポイント、ナダルのバックハンドのミスがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ナダルがタイムバイオレーション(3回目)を取られてセカンドサーブとなり、ナダルにダブルフォルトが出て、メドベージェフがブレークを1つ返します。(主審に対して観客がブーイング)

第9ゲーム、30-40とナダルにチャンピオンシップポイント(ブレークポイント)が来ますが、メドベージェフのバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース1回目でナダルがパッシングショットでポイントを取り、再びナダルにチャンピオンシップポイントが来ますが、メドベージェフがセカンドサーブでピンチを凌ぎ、デュース3回目でメドベージェフがキープ。

第10ゲーム、ナダルのサービングフォーザチャンピオンシップ(2回目)。
メドベージェフのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ナダルのバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナー、フォアハンドのミス(15-30)、ナダルのファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミスがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でナダルがポイントを取り、デュースへ。

デュース1回目、ナダルのドロップショットでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、ナダルがキープをして勝利

スタッツ

メドベージェフMatchナダル
14サービスエース5
4ダブルフォルト5
64% (117/182)ファーストサーブ確率58% (93/159)
65% (76/117)1st Serve Points Won77% (72/93)
54% (35/65)2nd Serve Points Won52% (34/66)
33% (5/15)ブレーク / チャンス29% (6/21)
68% (50/74)ネットポイント77% (51/66)
75ウィナー62
57アンフォーストエラー46
61% (111/182)Service Points Won67% (106/159)
33% (53/159)Return Points Won39% (71/182)
48% (164/341)Total Points Won52% (177/341)
6264.7mTotal Distance Run6673.2m

ハイライト動画

決勝「メドベージェフ vs ナダル」のハイライト動画です。

Daniil Medvedev vs Rafael Nadal | US Open 2019 Finals Highlights

ドロー表(結果)

男子シングルス

女子シングルス

決勝後のランキング(トップ30)

全米オープンの決勝後の男子シングルスのランキングです。

順位選手名基礎
point
result獲得
point
決勝後
point
1ジョコビッチ9,6854回戦1809,865
2ナダル7,225優勝2,0009,225
3フェデラー6,770準々決勝3607,130
4メドベージェフ4,035準優勝1,2005,235
5ティーム4,5651回戦104,575
6ズベレフ3,9154回戦1804,095
7チチパス3,4101回戦103,420
8錦織 圭3,2853回戦903,375
9ハチャノフ2,8001回戦102,810
10B アグート2,5651回戦102,575
11フォニーニ2,4651回戦102,475
12モンフィス2,095準々決勝3602,455
13ベレッティーニ1,525準決勝7202,245
14ゴファン1,8754回戦1802,055
15チョリッチ1,9802回戦452,025
16シュワルツマン1,635準々決勝3601,995
17バシラシビリ1,8053回戦901,895
18アンダーソン1,870棄権01,870
19ワウリンカ1,445準々決勝3601,805
20イズナー1,7153回戦901,805
21A アリアシム1,7151回戦101,725
22ペラ1,6451回戦101,655
23ペール1,4632回戦451,508
24ラオニッチ1,450棄権01,450
25ディミトロフ712準決勝7201,432
26プイユ1,3852回戦451,430
27キリオス1,3403回戦901,430
28チリッチ1,2304回戦1801,410
29ラヨビッチ1,3512回戦451,396
30フリッツ1,3751回戦101,385

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年9月・全米オープン後)』をご覧ください。

全米オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

決勝の放送予定

WOWOW、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。(大会初日は無料放送)

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

日付ラウンド開始時間
9月7日()決勝 (男子D)0:55~
9月8日()決勝 (MX)0:55~
9月8日()決勝 (女子S)4:45~
9月9日(月)決勝 (女子D)1:55~
9月9日(月)決勝 (男子S)4:45~

・S:シングルス、D:ダブルス

2019年 全米オープン 各ラウンドの結果

コメント