ATPランキング試算(2019年9月・全米オープン後)


2019年8月26日から9月8日(2019年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープン(USオープン)」。

トップ30の全米オープン後の9月9日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年9月9日付のランキング試算

はじめに、2019年9月9日付のランキングについて、2018年の全米オープンでのポイントが2019年9月9日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

2018年全米オープンの振り返り

まずはトップ30の2018年の全米オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第6シードのジョコビッチが第3シードのデルポトロをセットカウント3-0(6-3、7-6、6-3)で破り、全米オープン3年ぶり3回目の優勝を飾りました。

2018年全米オープンの決勝の結果はこちら

第1シードのナダルと第21シードの錦織がベスト4。

第7シードのチリッチ、第9シードのティーム、第11シードのイズナー、ミルマンがベスト8。

順位選手名8月26日
point
2018年
全米オープン
1ジョコビッチ11,685優勝
2ナダル7,945ベスト4
3フェデラー6,9504回戦
4ティーム4,925ベスト8
5メドベージェフ4,1253回戦
6ズベレフ4,0053回戦
7錦織 圭4,005ベスト4
8チチパス3,4552回戦
9ハチャノフ2,8903回戦
10バウティスタ アグート2,5751回戦
11フォニーニ2,5102回戦
12チョリッチ2,1604回戦
13モンフィス2,1402回戦
14イズナー2,075ベスト8
15ゴファン2,0554回戦
16デルポトロ2,050準優勝
17アンダーソン2,0504回戦
18バシラシビリ1,9854回戦
19オジェ アリアシム1,7501回戦
20ペラ1,7353回戦
21シュワルツマン1,7253回戦
22ラオニッチ1,6304回戦
23チリッチ1,590ベスト8
24ワウリンカ1,5353回戦
25ベレッティーニ1,5351回戦
26ペール1,5082回戦
27プイユ1,4753回戦
28フリッツ1,4653回戦
29ラヨビッチ1,4413回戦
30キリオス1,4303回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名8月26日
point
失効
point
基礎
point
1ジョコビッチ11,6852,0009,685
2ナダル7,9457207,225
3フェデラー6,9501806,770
4ティーム4,9253604,565
5メドベージェフ4,125904,035
6ズベレフ4,005903,915
7錦織 圭4,0057203,285
8チチパス3,455453,410
9ハチャノフ2,890902,800
10バウティスタ アグート2,575102,565
11フォニーニ2,510452,465
12チョリッチ2,1601801,980
13モンフィス2,140452,095
14イズナー2,0753601,715
15ゴファン2,0551801,875
16デルポトロ2,0501,200850
17アンダーソン2,0501801,870
18バシラシビリ1,9851801,805
19オジェ アリアシム1,750351,715
20ペラ1,735901,645
21シュワルツマン1,725901,635
22ラオニッチ1,6301801,450
23チリッチ1,5903601,230
24ワウリンカ1,535901,445
25ベレッティーニ1,535101,525
26ペール1,508451,463
27プイユ1,475901,385
28フリッツ1,465901,375
29ラヨビッチ1,441901,351
30キリオス1,430901,340
  • 8月26日ポイント
  • 2019年8月26日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年9月9日に失効日を迎える2018年の全米オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「8月26日ポイント」-「失効ポイント」

この基礎ポイントに2019年の全米オープンのポイントを加算すれば、次回発表される9月9日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

全米オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

基礎ポイント順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ジョコビッチ9,685
2ナダル7,225
3フェデラー6,770
4ティーム4,565
5メドベージェフ4,035
6ズベレフ3,915
7チチパス3,410
8錦織 圭3,285
9ハチャノフ2,800
10バウティスタ アグート2,565
11フォニーニ2,465
12モンフィス2,095
13チョリッチ1,980
14ゴファン1,875
15アンダーソン1,870
16バシラシビリ1,805
17イズナー1,715
18オジェ アリアシム1,715
19ペラ1,645
20シュワルツマン1,635
21ベレッティーニ1,525
22ペール1,463
23ラオニッチ1,450
24ワウリンカ1,445
25プイユ1,385
26フリッツ1,375
27ラヨビッチ1,351
28キリオス1,340
29エドマンド1,315
30ガリン1,254

<欠場者情報>
デルポトロ、マクドナルドが欠場。

出場予定だったアンダーソン、ラオニッチは棄権となりました。

トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位

8月26日付の世界ランキングと変わらず、ジョコビッチの1位は確定。

フェデラーが2位に上がるには最低でも準決勝進出が必要になります。(フェデラー準決勝進出かつナダル4回戦以下で敗退の場合、フェデラーの2位が確定)

フェデラーは優勝すれば自力での2位が確定しますが、ナダルの決勝進出が固そうなドローのため、準決勝でジョコビッチ、決勝でナダルを倒して優勝すれば…という状況です。

4位~6位

1か月前にトップ10入りしたばかりのメドベージェフは、全米オープンの前哨戦のマスターズ2連戦で1600ポイントを獲得(準優勝+優勝)して5位にまで一気にランキングを上げてきました。

暫定4位のティームとは530ポイント差で、全米オープンの結果次第ではメドベージェフの4位の可能性もありますが、メドベージェフにとっては準々決勝のジョコビッチ戦が大きな山となります。

そして、今シーズン伸び悩んでいる暫定6位のズベレフですが、今シーズン最後のグランドスラムで好成績を残して浮上のきっかけをつかみたいところです。(準々決勝のナダル戦までは勝ち進んで欲しいです)

錦織のランキング

昨年ベスト4の錦織は暫定で8位に下がります。

錦織は前哨戦のマスターズ2連戦でどちらも初戦敗退となり、この2大会でまったくポイントを稼げなかったのが痛かったです。

全米オープンに向けては錦織の右肘の痛みと体調不良(呼吸がしづらい状態)が気になりますが、なぜか結果が出ていない奇数年(最高成績1回戦)でまずは初戦を突破して、悪い流れ(イメージ)を断ち切って欲しいです。

10位争いなど

今シーズン、31歳にてキャリアハイの成績を残してきている暫定10位のバウティスタ アグート。

ビッグ3のいないティーム山に入り、好調を維持できていれば準々決勝または準決勝まで勝ち進みそうではありますが、トップ10の足固めができるのか注目です。(ウィンブルドンではビッグ3のいないアンダーソン山に入ってベスト4でした)

そして、デルポトロ、アンダーソン、ラオニッチは今シーズン怪我に悩まされ続け、残念ながら全米オープンも欠場となってしまいましたが、しっかりと怪我を治してまた元気な姿を見せて欲しいです。(ちなみにデルポトロは暫定67位あたりまで落ちます。)

2019年 全米オープンの結果

2019年全米オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント