【2019年】全米オープンテニスの結果(準決勝)


2019年8月26日から9月8日(2019年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープン(USオープン)」の準決勝の結果、準決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

男子シングルスの準決勝の対戦カードは次のように決まりました。

準決勝「メドベージェフ vs ディミトロフ」
メドベージェフ、ディミトロフともに勝てばグランドスラム初の決勝進出となります。

準決勝「ベレッティーニ vs ナダル」
ベレッティーニが勝てばグランドスラム初の決勝、ナダルが勝てば全米オープン2年ぶり5度目の決勝進出となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 全米オープン 準決勝の結果

全米オープンの準決勝の結果です。

<日程>
・9月5日(木):準決勝 女子
・9月6日(金):準決勝 男子

日本とニューヨークの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年8月26日付の世界ランキング

男子シングルス
[5] D.メドベージェフ (5)37766
G.ディミトロフ (78)06543
[24] M.ベレッティーニ (25)06641
[2] R.ナダル (2)37866
女子シングルス
[13] B.ベンチッチ (12)0635
[15] B.アンドリースク (15)2777
[5] E.スビトリーナ (5)031
[8] S.ウイリアムズ (8)266

以下、男子シングルスの準決勝2試合の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記していきます)

準決勝「メドベージェフ vs ディミトロフ」

過去の対戦成績は、メドベージェフの1勝、ディミトロフの1勝。

ハードコートでは、メドベージェフの1勝、ディミトロフの0勝。

直近の対戦は2017年のシティ・オープン(ハードコート)の3回戦で、メドベージェフがセットカウント2-0(6-4、6-2)で勝利しています。

[5] D.メドベージェフ (5)37766
G.ディミトロフ (78)06543
試合時間:2時間38分

第5シードのダニール・メドベージェフ(23歳・ロシア)がグリゴール・ディミトロフ(28歳・ブルガリア)をセットカウント3-0(7-6、6-4、6-3)で破り、グランドスラム初の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ディミトロフのサービスで第1セット開始。

第1ゲーム、ロングラリーでのメドベージェフのポイント、メドベージェフのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ディミトロフのフォアハンドのミスがあり、0-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ディミトロフにフォアハンドのミスが出て、メドベージェフがブレークに成功

第2ゲーム、ディミトロフにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、メドベージェフがキープ。

第4ゲーム、15-0からロングラリーでのディミトロフのポイント、ディミトロフのフォアハンドの深いショットでのポイント、ロングラリーでディミトロフのフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、15-40とディミトロフにブレークポイントが来ます。

ディミトロフのフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーが決まり、ディミトロフがブレークバックに成功

第7ゲーム、メドベージェフにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ディミトロフがキープ。

第12ゲーム、デュース1回目でディミトロフにセットポイント(ブレークポイント)がありましたが、メドベージェフがキープ。

タイブレーク(メドベージェフ – ディミトロフ)

ディミトロフのサービス
1:メドベージェフのフォアハンドのミス(0-1)

メドベージェフのサービス
2:ディミトロフのボレーのウィナーが決まり、ディミトロフがミニブレーク(0-2)
3:メドベージェフのフォアハンドの連続攻撃でのポイント(1-2)

ディミトロフのサービス
4:メドベージェフがバックハンドのクロスへのパッシングショットでポイントを取り、メドベージェフがミニブレーク(2-2)
5:メドベージェフがバックハンドの逆クロスへのショットでポイントを取り、メドベージェフがミニブレーク(3-2)

メドベージェフのサービス
6:メドベージェフのファーストサーブでのポイント(4-2)
7:メドベージェフにダブルフォルトが出て、ディミトロフがミニブレーク(4-3)

ディミトロフのサービス
8:ディミトロフにダブルフォルトが出て、メドベージェフがミニブレーク(5-3)
9:ディミトロフのファーストサーブでのポイント(5-4)

メドベージェフのサービス
10:メドベージェフにバックハンドのミスが出て、ディミトロフがミニブレーク(5-5)
11:ロングラリーでディミトロフのフォアハンドのミス(6-5:メドベージェフのセットポイント)

ディミトロフのサービス
12:ラリー戦でメドベージェフがポイントを取り、メドベージェフがミニブレークをして第1セットを先取(7-5)

第2セット

メドベージェフのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、40-15からメドベージェフのバックハンドの連続ミスでデュースとなり、デュース2回目、ディミトロフがバックハンドのパッシングショットでポイントを取り、ディミトロフにブレークポイントが来ます。

メドベージェフにバックハンドのミスが出て、ディミトロフがブレークに成功

第2ゲーム、ラリー戦でのメドベージェフのポイント、ディミトロフのバックハンドのミス、メドベージェフのリターンでのポイントがあり、0-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ディミトロフにバックハンドのミスが出て、メドベージェフがブレークバックに成功

第4ゲーム、デュース1回目でのメドベージェフのブレークポイントはディミトロフが凌ぎましたが、デュース2回目でディミトロフにフォアハンドのミスが出て、メドベージェフにブレークポイントが来ます。

メドベージェフのバックハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーが決まり、メドベージェフがブレークに成功

第5ゲーム、0-40のディミトロフのブレークポイント3本はメドベージェフが凌ぎましたが、デュース1回目でメドベージェフにダブルフォルトが出て、ディミトロフにブレークポイントが来ます。

ディミトロフのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、ディミトロフがブレークバックに成功

第9ゲーム、デュース4回目でメドベージェフがキープ。

第10ゲーム、お互いがポイントを交互に取りあう中、デュース3回目でメドベージェフがバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットでポイントを取り、メドベージェフにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

ディミトロフにバックハンドのミスが出て、メドベージェフがブレークをして第2セットも取ります

第3セット

メドベージェフのサービスで第3セット開始。

第4ゲーム、15-0からディミトロフのバックハンドのミス、フォアハンドのミス、ダブルフォルトがあり、15-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でディミトロフにフォアハンドのミスが出て、メドベージェフがブレークに成功

第8ゲーム、30-40とデュース1回目でメドベージェフにマッチポイント(ブレークポイント)が2本ありましたが、ディミトロフがキープ。

第9ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザマッチ。
ラリー戦でのメドベージェフのポイント、ディミトロフのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、メドベージェフのサービスエース、ファーストサーブでのポイントがあり、40-15とメドベージェフにマッチポイントが来ます。

メドベージェフがセカンドサーブでポイントを取り、メドベージェフがキープをして勝利

スタッツ
メドベージェフMatchディミトロフ
10サービスエース2
8ダブルフォルト2
47% (55/117)ファーストサーブ確率61% (59/97)
75% (41/55)1st Serve Points Won63% (37/59)
48% (30/62)2nd Serve Points Won47% (18/38)
56% (5/9)ブレーク / チャンス33% (3/9)
37% (7/19)ネットポイント69% (22/32)
22ウィナー39
40アンフォーストエラー46
61% (71/117)Service Points Won57% (55/97)
43% (42/97)Return Points Won39% (46/117)
53% (113/214)Total Points Won47% (101/214)
3943.1mTotal Distance Run4216.7m
ハイライト動画

準決勝「メドベージェフ vs ディミトロフ」のハイライト動画です。

Daniil Medvedev vs Grigor Dimitrov | US Open 2019 Semi-Final Highlights

準決勝「ベレッティーニ vs ナダル」

過去に対戦はなく、初対戦となります。

[24] M.ベレッティーニ (25)06641
[2] R.ナダル (2)37866
試合時間:2時間35分

第2シードのラファエル・ナダル(33歳・スペイン)が第24シードのマッテオ・ベレッティーニ(23歳・イタリア)をセットカウント3-0(7-6、6-4、6-1)で破り、全米オープン2年ぶり5度目(グランドスラム27度目)の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ナダルのサービスで第1セット開始。

第2ゲーム、ナダルにブレークポイントが2本(デュース1回目、3回目)ありましたが、ベレッティーニがキープ。

第8ゲーム、ナダルにブレークポイントが3本(15-40、デュース1回目)ありましたが、ベレッティーニがキープ。

第10ゲーム、ナダルにセットポイント(ブレークポイント)が1本(30-40)ありましたが、ベレッティーニがキープ。

タイブレーク(ベレッティーニ – ナダル)

ナダルのサービス
1:ナダルにダブルフォルトが出て、ベレッティーニがミニブレーク(1-0)

ベレッティーニのサービス
2:ベレッティーニのフォアハンドのウィナー(2-0)
3:ベレッティーニのフォアハンドの威力のあるショットでのポイント(3-0)

ナダルのサービス
4:ベレッティーニのバックハンドのクロスへのリターンエースがあり、ベレッティーニがミニブレーク(4-0)
5:ナダルのファーストサーブでのポイント(4-1)

ベレッティーニのサービス
6:ベレッティーニにフォアハンドのミスが出て、ナダルがミニブレーク(4-2)
7:ベレッティーニのセカンドサーブでのポイント(5-2)

ナダルのサービス
8:ナダルがネットプレーを仕掛けてのポイント(5-3)
9:ナダルのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー(5-4)

ベレッティーニのサービス
10:ベレッティーニのボレーのウィナー(6-4:ベレッティーニのセットポイントSP)
11:ベレッティーニのボレーがネットにかかり、ナダルがミニブレーク(6-5)

ナダルのサービス
12:ベレッティーニのドロップショットのミス(6-6)
13:ロングラリーでベレッティーニのバックハンドのミス(6-7:ナダルSP)

ベレッティーニのサービス
14:攻めていたベレッティーニにフォアハンドのミスが出て、ナダルがミニブレークをして第1セットを先取(6-8)

第2セット

ベレッティーニのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ナダルにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、ベレッティーニがキープ。

第3ゲーム、ナダルにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ベレッティーニがキープ。

第7ゲーム、ナダルのフォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナー、ベレッティーニのハーフボレーがネット(0-30)、ベレッティーニの連続攻撃でのポイント、ベレッティーニのドロップショットのミスがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ベレッティーニにバックハンドのミスが出て、ナダルがブレークに成功

第10ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。
ナダルのスマッシュのウィナー、サーブアンドボレーのウィナーなどがあり、ナダルがラブゲームでキープをして第2セットも取ります

第3セット

ベレッティーニのサービスで第3セット開始。

第1ゲーム、ベレッティーニのフォアハンドのミス、サービスエース、バックハンドのミス(15-30)、ベレッティーニのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、フォアハンドのクロスへのウィナー(40-30)、ベレッティーニのフォアハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース2回目でナダルがフォアハンドのパッシングショットでポイントを取り、ナダルにブレークポイントが来ます。

ナダルが深いリターンでポイントを取り、ナダルがブレークに成功

第5ゲーム、0-40のナダルのブレークポイント3本はベレッティーニが凌ぎましたが、デュース1回目でナダルがバックハンドのクロスへのパッシングショットでポイントを取り、ナダルにブレークポイントが来ます。

ナダルがバックハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、ナダルがブレークに成功

第6ゲーム、ナダルのスーパーショットなどがあり、ナダルがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、ベレッティーニのファーストサーブでのポイント、ナダルのパッシングショットのウィナー、ラリー戦でのナダルのポイント(15-30)、ナダルのリターンミス、ベレッティーニのダブルフォルトがあり、30-40とナダルにマッチポイント(ブレークポイント)が来ます。

深いリターンで主導権を握ったナダルがフォアハンドの逆クロスへのウィナーを決め、ナダルがブレークをして勝利

スタッツ
ベレッティーニMatchナダル
9サービスエース4
2ダブルフォルト4
67% (79/118)ファーストサーブ確率55% (41/75)
66% (52/79)1st Serve Points Won90% (37/41)
44% (17/39)2nd Serve Points Won74% (25/34)
0% (0/0)ブレーク / チャンス25% (4/16)
54% (14/26)ネットポイント81% (17/21)
37ウィナー31
44アンフォーストエラー18
58% (69/118)Service Points Won83% (62/75)
17% (13/75)Return Points Won42% (49/118)
42% (82/193)Total Points Won58% (111/193)
2392.6mTotal Distance Run2646.3m
ハイライト動画

準決勝「ベレッティーニ vs ナダル」のハイライト動画です。

Rafael Nadal vs Matteo Berrettini | US Open 2019 Semi-Final Highlights

ドロー表(ベスト32・結果)

男子シングルス

女子シングルス

準決勝後の暫定ランキング(トップ30)

全米オープンの準決勝終了時点での男子シングルスの暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
SF後
point
1ジョコビッチ9,6854回戦×1809,865
2ナダル7,225準決勝1,2008,425
3フェデラー6,770準々決勝×3607,130
4メドベージェフ4,035準決勝1,2005,235
5ティーム4,5651回戦×104,575
6ズベレフ3,9154回戦×1804,095
7チチパス3,4101回戦×103,420
8錦織 圭3,2853回戦×903,375
9ハチャノフ2,8001回戦×102,810
10B アグート2,5651回戦×102,575
11フォニーニ2,4651回戦×102,475
12モンフィス2,095準々決勝×3602,455
13ベレッティーニ1,525準決勝×7202,245
14ゴファン1,8754回戦×1802,055
15チョリッチ1,9802回戦×452,025
16シュワルツマン1,635準々決勝×3601,995
17バシラシビリ1,8053回戦×901,895
18アンダーソン1,870棄権01,870
19ワウリンカ1,445準々決勝×3601,805
20イズナー1,7153回戦×901,805
21A アリアシム1,7151回戦×101,725
22ペラ1,6451回戦×101,655
23ペール1,4632回戦×451,508
24ラオニッチ1,450棄権01,450
25ディミトロフ712準決勝×7201,432
26プイユ1,3852回戦×451,430
27キリオス1,3403回戦×901,430
28チリッチ1,2304回戦×1801,410
29ラヨビッチ1,3512回戦×451,396
30フリッツ1,3751回戦×101,385

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年9月・全米オープン後)』をご覧ください。

全米オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準決勝の放送予定

WOWOW、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。(大会初日は無料放送)

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

日付ラウンド開始時間
9月6日(金)準決勝 (女子S)7:55~
9月7日()決勝 (男子D)0:55~
9月7日()準決勝 (男子S)4:55~

・S:シングルス、D:ダブルス

2019年 全米オープン 各ラウンドの結果

コメント