ATPランキング試算(2018年3月・マイアミ後)


2018年3月21日から4月1日にマイアミ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「マイアミ・オープン(マイアミ・マスターズ)」。

今回はランキング上位30名+αのマイアミ・オープン後の4月2日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年4月2日付のランキング試算

はじめに、4月2日付のランキングについて、2017年のマイアミ・オープンでのポイントが4月2日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

ただし、昨年マスターズの大会への出場義務がなくマイアミ・オープンに出場していなかった選手は、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(グランドスラム、マスターズを除く)が対象外に繰り下がり、2018年のマイアミ・オープンでのポイントが加算されます。

2017年マイアミ・オープンの振り返り

まずはトップ30+αの2017年のマイアミ・オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第4シードのフェデラーが第5シードのナダルを6-3、6-4のストレートで破って優勝。

フェデラーはBNPパリバ・オープンに続く優勝で、サンシャイン・ダブルを達成。

2017年マイアミ・オープンの決勝の結果はこちら

キリオスとフォニーニがベスト4。

当時世界ランキング1位だったマレー、2位ジョコビッチはともに怪我で欠場でした。

順位選手名3月19日
point
2017年
マイアミ
1フェデラー9,660優勝
2ナダル9,370準優勝
3チリッチ4,9052回戦
4ディミトロフ4,6002回戦
5A.ズベレフ4,505ベスト8
6デルポトロ4,1553回戦
7ティエム3,6752回戦
8アンダーソン3,2352回戦
9ゴファン3,1904回戦
10プイユ2,4202回戦
11ソック2,335ベスト8
12ジョコビッチ2,300
13ベルディヒ2,275ベスト8
14クエリー2,2653回戦
15バウティスタ アグート2,2554回戦
16シュワルツマン2,2203回戦
17イズナー2,1703回戦
18フォニーニ2,155ベスト4
19カレーニョ ブスタ2,0452回戦
20キリオス1,945ベスト4
21ワウリンカ1,8754回戦
22マナリノ1,7354回戦
23チョン1,7271回戦
24ラモス ビノラス1,7102回戦
25ラオニッチ1,6303回戦
26エドマンド1,6271回戦
27クライノビッチ1,539
28ミュラー1,5003回戦
29マレー1,450
30ズムル1,4302回戦
31コールシュライバー1,4253回戦
32F.ロペス1,4202回戦
33錦織 圭1,415ベスト8

トップ30+αの基礎ポイント

トップ30+αの基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名3月19日
point
失効
point
基礎
point
1フェデラー9,6601,0008,660
2ナダル9,3706008,770
3チリッチ4,905104,895
4ディミトロフ4,600104,590
5A.ズベレフ4,5051804,325
6デルポトロ4,155454,110
7ティエム3,675103,665
8アンダーソン3,235253,210
9ゴファン3,190903,100
10プイユ2,420102,410
11ソック2,3351802,155
12ジョコビッチ2,30002,300
13ベルディヒ2,2751802,095
14クエリー2,265452,220
15バウティスタ アグート2,255902,165
16シュワルツマン2,220452,175
17イズナー2,170452,125
18フォニーニ2,1553601,795
19カレーニョ ブスタ2,045102,035
20キリオス1,9453601,585
21ワウリンカ1,875901,785
22マナリノ1,735901,645
23チョン1,727101,717
24ラモス ビノラス1,710101,745*
25ラオニッチ1,630451,585
26エドマンド1,627101,617
27クライノビッチ1,53901,526*
28ミュラー1,500451,455
29マレー1,45001,450
30ズムル1,430251,405
31コールシュライバー1,425451,380
32F.ロペス1,420101,410
33錦織 圭1,4151801,235
  • 3月19日ポイント
  • 2018年3月19日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年4月2日に失効日を迎える2017年のマイアミ・オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「3月19日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2018年のマイアミ・オープンのポイントを加算すれば、次回発表される4月2日付のATPランキングと同じになります。

※マイアミ・オープンの欠場が決まっているラモスビノラスの基礎ポイントについて、出場免除により0ポイント加算ではなく、現在ランキングの対象外となっているポイントの中で最も高い45ポイントが繰り上がります。

※クライノビッチの基礎ポイントについて、2017年にマイアミ・オープンに出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(13ポイント)が対象外に繰り下がります。

マイアミ・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
4回戦90
3回戦45
2回戦25
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル8,770
2フェデラー8,660
3チリッチ4,895
4ディミトロフ4,590
5A.ズベレフ4,325
6デルポトロ4,110
7ティエム3,665
8アンダーソン3,210
9ゴファン3,100
10プイユ2,410
11ジョコビッチ2,300
12クエリー2,220
13シュワルツマン2,175
14バウティスタ アグート2,165
15ソック2,155
16イズナー2,125
17ベルディヒ2,095
18カレーニョ ブスタ2,035
19フォニーニ1,795
20ワウリンカ1,785
22ラモス ビノラス1,745
21チョン1,717
23マナリノ1,645
24エドマンド1,617
25ラオニッチ1,585
26キリオス1,585
27クライノビッチ1,526
28ミュラー1,455
29マレー1,450
30F.ロペス1,410
31ズムル1,405
32コールシュライバー1,380
省略
38錦織 圭1,235

<欠場者情報>
ナダル、ティエム、プイユ、ワウリンカ、ラモスビノラス、マレー、コールシュライバー、ツォンガ、クエバス、モンフィス、ドルゴポロフ、ロレンツィ、ベネトー、セッピ、マイヤー、ルは2018年マイアミ・オープンを欠場。

1位争い

ナダルの欠場が決まっているため、フェデラーが1位を維持するには準々決勝に進出が条件となります。

フェデラーが4回戦以下で敗退した場合、ナダルの1位が確定。

3~6位争い

前回のBNPパリバ・オープン後のランキング試算のときに、このマスターズ2連戦の結果次第でデルポトロが3~5位争いに加わってくるかもと書いていましたが、3~5位争いをしていたチリッチ、ディミトロフ、A.ズベレフが早期敗退する中、デルポトロが見事に優勝を果たし一気に差を縮めてきました。

デルポトロはメキシコ・オープンとBNPパリバ・オープンを連続優勝しましたが、さすがに連戦で疲労が溜まっていると思うので、このマイアミ・オープンでどういう結果になるかは予想がつかないです。

そして、3~6位にいるこの4人による今後の第4シードまでのシード枠をかけた争いが続くことになりそうです。

10位争い

暫定10位のプイユは3月19日付のランキングで初のトップ10入りを果たしましたが、マイアミ・オープンの欠場が決まっているため、他の選手の結果次第ですぐにトップ10落ちとなるかもしれません。

暫定11位のジョコビッチは、怪我明けだったBNPパリバ・オープンでは初戦敗退となり不安を残すプレー内容でしたが、このマイアミ・オープンでどれだけ状態を上げてこられるか見ていきたいです。

そして、先週のBNPパリバ・オープンでシード勢のうち12人が初戦で姿を消してしまったように、現在誰が勝ち上がってくるのか分からない混戦状態となっており、マイアミ・オープンでは誰が活躍を見せて一気にランキングを上げてくるのか注目です。

錦織のランキング

錦織は暫定ランキングで38位にまで後退となります。

メキシコ・オープンからの風邪がかなり長引いているようでBNPパリバ・オープンを体調不良で棄権となり、マイアミ・オープンに向けて試合勘や体力的にどれだけのプレーができるのか心配です。

そして、すでにドローが発表されていて、第26シードで出場する錦織は第5シードのデルポトロと3回戦で当たるドローを引いてしまいましたが、まずは初戦をしっかりと勝って欲しいなと思います。

マイアミ・オープンの結果

2018年マイアミ・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント