【2018年】マイアミ・オープンの結果(4回戦)


2018年3月21日から4月1日(2018年第12、13週)にマイアミ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「マイアミ・オープン(マイアミ・マスターズ)」の4回戦の結果、4回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

優勝候補だった第1シードのフェデラーがいなくなり、第5シードのデルポトロも連戦による疲労が心配されるため、現段階で誰が優勝するか分からない状況となっています。

そんな中、A.ズベレフ山ではA.ズベレフ、キリオス、チョリッチ、シャポバロフの期待の若手4人が残っており、若手同士の対決を制してこのブロックから誰が勝ち上がって行くのか注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 マイアミ・オープン 4回戦の結果

マイアミ・オープンの4回戦の結果です。

<日程(現地時間)>
・3月27日(火):4回戦

※以下、スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年3月19日付のランキングです。

4回戦(トップハーフ・フェデラー山)

[31] フェルナンド・ベルダスコ (39位)003
[16] パブロ・カレーニョ ブスタ (19位)266
フランシス・ティアフォー (63位)0634
[6] ケビン・アンダーソン (8位)2776

第6シードのアンダーソンがティアフォーを7-6(3)、6-4のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

前日に行われた3回戦でティアフォーは深夜2時を過ぎまで試合をして翌日に順延となり、3回戦と同日に4回戦を行うハードスケジュールとなってしまいました。

好調のアンダーソン相手にティアフォーは接戦の展開に持ち込みましたが、勝負どころでの差が出てアンダーソンが勝利。

第16シードのカレーニョブスタが第31シードのベルダスコを6-0、6-3のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

3回戦で3時間近い熱戦を演じたベルダスコは体力の消耗が激しかったようで、第1セットでベーグルを焼かれるなどカレーニョブスタの完勝でした。

4回戦(トップハーフ・A.ズベレフ山)

[4] アレクサンダー・ズベレフ (5位)266
[17] ニック・キリオス (20位)044
デニス・シャポバロフ (46位)16264
[29] ボルナ・チョリッチ (36位)27746

第4シードのA.ズベレフが第17シードのキリオスを6-4、6-4のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

4回戦の中で一番の好カードで注目を集めた一戦。

キリオスは腰を痛めていたようで、その影響もあってか良いプレーを見せながらもストロークのミスが目立ち(アンフォーストエラー27本)、逆にA.ズベレフは積極的に攻撃を仕掛けながらミスも少なく(アンフォーストエラー13本)、終始安定感のあるプレー内容でした。

第29シードのチョリッチがシャポバロフを7-6(2)、4-6、6-4のフルセットの末に破り、準々決勝進出を決めました。

チョリッチはここ2年近く思うように結果を残せず足踏みが続いていましたが、インディアンウェルズ大会でベスト4の結果を残し、このマイアミ大会でも継続して安定したプレーで勝ち切る強さを見せており、一段上のレベルに上がったかなという感じです。

チョリッチはこの勝利で次回発表のランキングで初のトップ30入りが確定し、2015年7月27日に記録した自己最高33位を更新することになります。

一方、惜しくも敗れたシャポバロフはこの試合に限らず、勝負どころでダブルフォルトをしてしまうなど不安定なサーブが課題ではありますが、魅力のあるテニスを見せているので今後どう成長していくのか楽しみです。

4回戦(ボトムハーフ・ディミトロフ山)

[5] フアン マルティン・デルポトロ (6位)266
[22] フィリップ・クライノビッチ (27位)042
[20] ミロシュ・ラオニッチ (25位)266
ジェレミー・シャルディ (90位)034

第5シードのデルポトロが第22シードのクライノビッチを6-4、6-2のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

第20シードのラオニッチがシャルディを6-3、6-4のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

先週のインディアンウェルズ大会の準決勝でデルポトロとラオニッチの対戦があり、このときはデルポトロの完勝(6-2、6-3)でしたが、次の準々決勝ではラオニッチがどう立て直してくるのか注目です。

4回戦(ボトムハーフ・チリッチ山)

ジョアン・ソウザ (80位)043
[19] チョン・ヒョン (23位)266
[14] ジョン・イズナー (17位)2776
[2] マリン・チリッチ (3位)0603

第14シードのイズナーが第2シードのチリッチを7-6(0)、6-3のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

第19シードのチョンがソウザを6-4、6-3のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

チョンの安定感のあるストローク(アンフォーストエラー8本)を前にソウザはどう攻略していいか分からないという状態で、スコア以上に差がある内容でした。

ドロー表(ベスト32・結果)

4回戦後の暫定ランキング(トップ30+α)

マイアミ・オープンの4回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
4R後
point
1ナダル8,770欠場08,770
2フェデラー8,6602回戦×108,670
3チリッチ4,8954回戦×904,985
4ディミトロフ4,5903回戦×454,635
5A.ズベレフ4,3254回戦1804,505
6デルポトロ4,1104回戦1804,290
7ティエム3,665欠場03,665
8アンダーソン3,2104回戦1803,390
9ゴファン3,1002回戦×103,110
10プイユ2,410欠場02,410
11ジョコビッチ2,3002回戦×102,310
12イズナー2,1254回戦1802,305
13クエリー2,2203回戦×452,265
14シュワルツマン2,1753回戦×452,220
15C ブスタ2,0354回戦1802,215
16ソック2,1553回戦×452,200
17B アグート2,1652回戦×102,175
18ベルディヒ2,0953回戦×452,140
19チョン1,7174回戦1801,897
20フォニーニ1,7953回戦×451,840
21ワウリンカ1,785欠場01,785
22ラオニッチ1,5854回戦1801,765
23R ビノラス1,745欠場01,745
24キリオス1,5854回戦×901,675
25マナリノ1,6452回戦×101,655
26エドマンド1,6172回戦×101,627
27クライノビッチ1,5264回戦×901,616
28チョリッチ1,3214回戦1801,501
29ミュラー1,4552回戦×101,465
30マレー1,450欠場01,450
31F.ロペス1,4102回戦×101,420
32ズムル1,4052回戦×101,415
省略
39錦織 圭1,2353回戦×451,280

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年3月・マイアミ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第32シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

マイアミ・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
4回戦90
3回戦45
2回戦25
1回戦10

4回戦の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定(一部は録画)。

日程ラウンド放送時間
3月28日(水)4回戦0:00~8:25

3月28日(水)の放送予定について、午前8時過ぎから選抜高校野球(甲子園)の中継が予定に入っているため、試合途中で放送が終わると思われます。

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで12試合を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
3月28日(水)4回戦[BS1]  5:00~6:49
[ch102] 6:49~(7:00)

・3月28日(水):「シャポバロフ vs チョリッチ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンド限定でライブ配信を予定。

2018年 マイアミ・オープン その他の結果

コメント