【2018年】マイアミ・オープンの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ1000)


2018年3月21日から4月1日(2018年第12、13週)にマイアミ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「マイアミ・オープン(マイアミ・マスターズ)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定、錦織圭の過去の成績を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイアミ・オープン(マスターズ1000)

マイアミ・オープンは、アメリカのフロリダ州マイアミにあるクランドン・パーク・テニスセンターで開催されるATPワールドツアー・マスターズ1000の大会です(男女共催)。

2015年からブラジルに本社を置く銀行グループ「Itaú」が冠スポンサーを務めていますが、これまでスポンサーによって大会名が何度も変わってきているため、開催地の名前から「マイアミ・マスターズ」とも呼ばれています。

大会概要

大会名マイアミ・オープン
(Miami Open presented by Itaú)
別名マイアミ・マスターズ
カテゴリマスターズ1000
開催期間2018年 3月21日 ~ 4月1日
開催地アメリカ/フロリダ州マイアミ
会場クランドン・パーク・テニスセンター
サーフェスハードコート
ドロー96(シングルス)
賞金総額$7,972,535(約8億4,650万円)
日本との時差-13時間(サマータイム中)

マイアミ・オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝1,000$1,340,860 (約1億4,240万円)
準優勝600$654,380 (約6,950万円)
準決勝360$327,965 (約3,480万円)
準々決勝180$167,195 (約1,780万円)
4回戦90$88,135 (約940万円)
3回戦45$47,170 (約500万円)
2回戦25$25,465 (約270万円)
1回戦10$15,610 (約170万円)

※賞金(日本円)について、2018年3月2日時点での1ドル106.18円で換算。

歴代優勝者

マイアミ・オープンの過去10年の優勝者を紹介します。

シングルス最多優勝記録は、アンドレ・アガシ氏とノバク・ジョコビッチの6回。

・アガシ:1990、1995、1996、2001~2003
・ジョコビッチ:2007、2011、2012、2014~2016

2017年は第4シードのロジャー・フェデラーが決勝で第5シードのラファエル・ナダルを6-3、6-4のストレートで破り、優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017ロジャー・フェデラー
2016ノバク・ジョコビッチ
2015ノバク・ジョコビッチ
2014ノバク・ジョコビッチ
2013アンディ・マレー
2012ノバク・ジョコビッチ
2011ノバク・ジョコビッチ
2010アンディ・ロディック
2009アンディ・マレー
2008ニコライ・ダビデンコ

大会日程

3月19日(月)と3月20日(火)に予選が行われます。

本戦は3月21日(水)からの12日間開催で、4月1日(日)に男子シングルスの決勝が行われます。

日程男子女子
3月19日(月)予選予選
3月20日(火)予選予選・1回戦
3月21日(水)1回戦1回戦
3月22日(木)1回戦2回戦
3月23日(金)2回戦2回戦
3月24日()2回戦3回戦
3月25日()3回戦3回戦
3月26日(月)3回戦4回戦
3月27日(火)4回戦準々決勝
3月28日(水)準々決勝準々決勝
3月29日(木)準々決勝準決勝
3月30日(金)準決勝
3月31日()決勝
4月1日()決勝

・3月31日(土):シングルス決勝(女)、ダブルス決勝(男)
・4月1日(日) :シングルス決勝(男)、ダブルス決勝(女)

エントリー選手

マイアミ・オープンに出場予定のランキング上位の選手と日本人選手、各選手の2017年の同大会での結果を紹介します。

ランキング上位32名にシードが与えられ、シード選手は1回戦が免除され2回戦からの出場となります。

<シングルスの出場枠96>
・本戦ストレートイン (DA):79名
・ワイルドカード (WC):5名
・予選通過者 (Q):12名

<欠場者の情報>
ナダル、ティエム、プイユ、ワウリンカ、ラモスビノラス、マレー、コールシュライバー、ツォンガ、クエバス、モンフィス、ドルゴポロフ、ロレンツィ、ベネトー、セッピ、マイヤー、ルは欠場となりました。

※世界ランキング「Rank」は2018年3月19日付のランキングです。

シード選手名Rank2017年
1ロジャー・フェデラー1位優勝
ラファエル・ナダル2位準優勝
2マリン・チリッチ3位2回戦
3グリゴール・ディミトロフ4位2回戦
4アレクサンダー・ズベレフ5位ベスト8
5フアン マルティン・デルポトロ6位3回戦
ドミニク・ティエム7位2回戦
6ケビン・アンダーソン8位2回戦
7ダビド・ゴファン9位4回戦
リュカ・プイユ10位2回戦
8ジャック・ソック11位ベスト8
9ノバク・ジョコビッチ12位
10トマーシュ・ベルディヒ13位ベスト8
11サム・クエリー14位3回戦
12ロベルト・バウティスタ アグート15位4回戦
13ディエゴ・シュワルツマン16位3回戦
14ジョン・イズナー17位3回戦
15ファビオ・フォニーニ18位ベスト4
16パブロ・カレーニョ ブスタ19位2回戦
17ニック・キリオス20位ベスト4
スタン・ワウリンカ21位4回戦
18アドリアン・マナリノ22位4回戦
19チョン・ヒョン23位1回戦
アルベルト・ラモス ビノラス24位2回戦
20ミロシュ・ラオニッチ25位3回戦
21カイル・エドマンド26位1回戦
22フィリップ・クライノビッチ27位
23ジレ・ミュラー28位3回戦
アンディ・マレー29位
24ダミール・ズムル30位2回戦
フィリップ・コールシュライバー31位3回戦
25フェリシアーノ・ロペス32位2回戦
26錦織 圭33位ベスト8
27アンドレイ・ルブレフ34位2回戦
28ダビド・フェレール35位2回戦
29ボルナ・チョリッチ36位3回戦
30リシャール・ガスケ37位
ジョーウィルフリード・ツォンガ38位
31フェルナンド・ベルダスコ39位3回戦
パブロ・クエバス40位2回戦
32カレン・ハチャノフ41位1回戦
ガエル・モンフィス42位
杉田 祐一43位
ロビン・ハーセ44位2回戦
レオナルド・メイヤー45位
デニス・シャポバロフ46位
ブノワ・ペール47位3回戦
アルヤズ・ベデネ48位1回戦
ジャレッド・ドナルドソン49位4回戦
ペーター・ゴヨブチック50位予選1回戦
西岡 良仁(PR)374位2回戦

PR:プロテクトランキング

ドロー表

ドローセレモニー:日本時間の3月20日(火) 午前3時。

ドロー表(PDF版)は、『 2018年マイアミ・オープンのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] フェデラー vs アンダーソン [6]
[4] A.ズベレフ vs ソック [8]

<ボトムハーフ>
[3] ディミトロフ vs デルポトロ [5]
[2] チリッチ vs ゴファン [7]

ボトムハーフのディミトロフ山に入った第26シードの錦織圭の2回戦(初戦)の対戦相手は、世界ランキング50位のペーター・ゴヨブチック(28歳・ドイツ)と世界ランキング96位のジョン・ミルマン(28歳・オーストラリア)の勝者に決まりました。

3回戦ではBNPパリバ・オープンを優勝した第5シードのフアン マルティン・デルポトロ(29歳・アルゼンチン)との対戦が予想されます。

また、日本人選手の1回戦の対戦相手について、杉田祐一は世界ランキング44位のロビン・ハーセ(30歳・オランダ)、西岡良仁は世界ランキング130位のアレックス・デ ミノール(19歳・オーストラリア)との対戦が決まりました。

杉田が2回戦に進出した場合は第5シードのデルポトロとの対戦となり、錦織と杉田ともに厳しいドローとなりました。

<withdraw>
フェデリコ・デルボニスが右足の怪我でwithdrawとなり、ラッキールーザーでミルザ・バシッチが出場となりました。

マイアミ・オープンの結果

2018年マイアミ・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では、各ラウンド終了時の暫定ランキングも紹介しています。

放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継(一部は録画)で放送予定。

日程ラウンド放送時間
3月22日(木)1回戦0:00~11:30
3月23日(金)1回戦0:00~8:50
3月24日()2回戦0:00~8:10
3月25日()2回戦0:00~8:25
3月26日(月)3回戦0:00~8:25
3月27日(火)3回戦0:00~8:25
3月28日(水)4回戦0:00~8:25
3月29日(木)準々決勝 14:00~7:00
準々決勝 220:00~23:00 (録画)
3月30日(金)準々決勝 34:00~7:00
準々決勝 423:00~25:58 (録画)
3月31日()準決勝 11:58~5:00
準決勝 219:00~22:00 (録画)
4月1日()ダブルス決勝4:00~7:00
4月2日(月)決勝1:50~5:30

3月23日(金)から3月31日(土)までの放送予定について、午前8時過ぎから選抜高校野球(甲子園)の中継が予定に入っているため、各ラウンドでナイトセッションに組まれる試合の生中継はなく、放送なしまたは同日夜に録画での放送となっています。

準々決勝2試合と準決勝1試合も録画放送となります。

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで12試合を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
3月22日(木)1回戦0:00~(1:50)
3月23日(金)1回戦0:00~(2:00)
3月24日()2回戦3:00~(5:00)
3月25日()2回戦1:30~(3:00)
3月26日(月)3回戦3:00~(5:00)
3月27日(火)3回戦8:30~(10:30)
3月28日(水)4回戦5:00~(7:00)
3月29日(木)準々決勝10:00~(12:00)
3月30日(金)準々決勝8:00~(10:00)
3月31日()準決勝 12:00~(4:00)
準決勝 28:00~(10:00)
4月2日(月)決勝2:00~(4:00)

・3月22日(木):「杉田 vs ハーセ」
・3月23日(金):「西岡 vs デミノール」
・3月24日(土):「錦織 vs ミルマン」
・3月25日(日):「西岡 vs ベルディヒ」
・3月26日(月):「錦織 vs デルポトロ」
・3月27日(火):「A.ズベレフ vs フェレール」
・3月28日(水):「シャポバロフ vs チョリッチ」
・3月29日(木):「デルポトロ vs ラオニッチ」
・3月30日(金):「A.ズベレフ vs チョリッチ」
・3月31日(土):1「デルポトロ vs イズナー」、2「カレーニョブスタ vs A.ズベレフ」
・4月2日(月):「A.ズベレフ vs イズナー」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンド限定でライブ配信を予定。

錦織の過去の成績

錦織のマイアミ・マスターズでの過去の成績を紹介します。

錦織は安定して好成績を残しており、相性の良い大会となっています。

結果対戦相手
2017準々決勝ファビオ・フォニーニ
2016準優勝ノバク・ジョコビッチ
2015準々決勝ジョン・イズナー
2014準決勝棄権(ノバク・ジョコビッチ)
20134回戦ダビド・フェレール
20124回戦ラファエル・ナダル
20112回戦ラファエル・ナダル
20081回戦アルベルト・モンタネス

2017年は準々決勝に進出したものの、4回戦で左膝を痛め、準々決勝では右手首を痛めて満足にプレーすることができず、不本意な結果に終わりました。

Round対戦相手スコア
1回戦bye
2回戦ケビン・アンダーソン (74位)6-4,6-3
3回戦フェルナンド・ベルダスコ (30位)7-6(2),6-7(5),6-1
4回戦フェデリコ・デルボニス (57位)6-3,4-6,6-3
準々決勝ファビオ・フォニーニ (40位)4-6,2-6

今年は怪我から復帰してまだ実戦不足ということでどんな結果になるか分かりませんが、この後から始まるクレーコートシーズンに向けて弾みになる結果を残してくれたらなと思います。

最後に

インディアンウェルズとマイアミのマスターズ2連戦は、早い段階で欠場が決まっていたマレーに加え、ナダル、ワウリンカも怪我で欠場となってしまいました。

また、ジョコビッチは2大会とも出場する方向で調整しているようですが怪我の回復状況が不明、ゴファンは左目を負傷してインディアンウェルズを欠場、キリオスは2月の大会を怪我で欠場しておりプレーできる状態か不明、他にも体調不良やら怪我を抱えるなど、うれしくないニュースばかりが飛び込んできます。

そんな中、一番元気で調子がいいのが36歳のフェデラーだけというおかしな状況で、この大会ももちろんフェデラーが優勝候補です。

2018年シーズンもトップ選手が怪我に苦しむ状況が続き、残念ながらトップ選手がいい状態で勢揃いするということはしばらくなさそうですが、こういう状況の中で結果を残して飛躍を遂げる選手が出てくるのか注目していきたいです。

コメント