ATPランキング試算(2018年3月・インディアンウェルズ後)


2018年3月8日から18日にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ・マスターズ)」。

今回はランキング上位30名のBNPパリバ・オープン後の3月19日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年3月19日付のランキング試算

はじめに、3月19日付のランキングについて、2017年のBNPパリバ・オープンでのポイントが3月19日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

ただし、昨年マスターズの大会への出場義務がなくBNPパリバ・オープンに出場していなかった選手は、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(グランドスラム、マスターズを除く)が対象外に繰り下がり、2018年のBNPパリバ・オープンでのポイントが加算されます。

2017年BNPパリバ・オープンの振り返り

まずはトップ30の2017年のBNPパリバ・オープンの結果を簡単に振り返ります。

第9シードで出場したフェデラーが全試合ストレート勝ち(準々決勝はキリオスが棄権)で圧倒的な強さを見せて優勝し、ワウリンカが準優勝。

2017年BNPパリバ・オープンの決勝の結果はこちら

ソックとカレーニョブスタがベスト4。

第1シードのマレーは2回戦敗退、第2シードのジョコビッチは4回戦敗退となり、全豪オープンに続いてこの二人が早々に姿を消す結果となりました。

順位選手名3月5日
point
2017年
IW
1フェデラー10,060優勝
2ナダル9,4604回戦
3チリッチ4,8702回戦
4ディミトロフ4,6353回戦
5A.ズベレフ4,5403回戦
6ティエム3,810ベスト8
7ゴファン3,2804回戦
8デルポトロ3,2003回戦
9アンダーソン3,0802回戦
10ソック2,650ベスト4
11ワウリンカ2,475準優勝
12プイユ2,4553回戦
13ジョコビッチ2,3804回戦
14カレーニョ ブスタ2,315ベスト4
15ベルディヒ2,2753回戦
16バウティスタ アグート2,2553回戦
17シュワルツマン2,2201回戦
18イズナー2,2053回戦
19フォニーニ2,1903回戦
20キリオス2,125ベスト8
21クエリー2,0952回戦
22ラモス ビノラス1,7453回戦
23マナリノ1,7152回戦
24エドマンド1,6422回戦
25錦織 圭1,595ベスト8
26チョン1,567
27ミュラー1,5353回戦
28クライノビッチ1,503
29マレー1,4602回戦
30ズムル1,4452回戦

※IW:インディアンウェルズ

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名3月5日
point
失効
point
基礎
point
1フェデラー10,0601,0009,060
2ナダル9,460909,370
3チリッチ4,870104,860
4ディミトロフ4,635454,590
5A.ズベレフ4,540454,495
6ティエム3,8101803,630
7ゴファン3,280903,190
8デルポトロ3,200453,155
9アンダーソン3,080253,055
10ソック2,6503602,290
11ワウリンカ2,4756001,875
12プイユ2,455452,410
13ジョコビッチ2,380902,290
14カレーニョ ブスタ2,3153601,955
15ベルディヒ2,275452,230
16バウティスタ アグート2,255452,210
17シュワルツマン2,220102,210
18イズナー2,205452,160
19フォニーニ2,190452,145
20キリオス2,1251801,945
21クエリー2,095102,085
22ラモス ビノラス1,745451,700
23マナリノ1,715251,690
24エドマンド1,642251,617
25錦織 圭1,5951801,415
26チョン1,5671,547*
27ミュラー1,535451,490
28クライノビッチ1,5031,494*
29マレー1,460101,450
30ズムル1,445251,420
  • 3月5日ポイント
  • 2018年3月5日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年3月19日に失効日を迎える2017年のBNPパリバ・オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「3月5日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2018年のBNPパリバ・オープンのポイントを加算すれば、次回発表される3月19日付のATPランキングと同じになります。

※チョンとクライノビッチの基礎ポイントについて、2017年にBNPパリバ・オープンに出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(チョン:20ポイント、クライノビッチ:9ポイント)が対象外に繰り下がります。

BNPパリバ・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
4回戦90
3回戦45
2回戦25
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル9,370
2フェデラー9,060
3チリッチ4,860
4ディミトロフ4,590
5A.ズベレフ4,495
6ティエム3,630
7ゴファン3,190
8デルポトロ3,155
9アンダーソン3,055
10プイユ2,410
11ジョコビッチ2,290
11ソック2,290
13ベルディヒ2,230
14バウティスタ アグート2,210
14シュワルツマン2,210
16イズナー2,160
17フォニーニ2,145
18クエリー2,085
19カレーニョ ブスタ1,955
20キリオス1,945
21ワウリンカ1,875
22ラモス ビノラス1,700
23マナリノ1,690
24エドマンド1,617
25チョン1,547
26クライノビッチ1,494
27ミュラー1,490
28マレー1,450
29ズムル1,420
30錦織 圭1,415

<欠場者情報>
ナダル、ゴファン、ワウリンカ、マレーは2018年BNPパリバ・オープンを欠場。

1位争い

ナダルが欠場を発表したため、フェデラーが1位を維持するには準決勝に進出が条件となります。

フェデラーが準々決勝以下で敗退した場合、ナダルの1位が確定。

3~5位争い

現在、チリッチ、ディミトロフ、A.ズベレフが4000ポイント台で3~5位争いをしていますが、メキシコ・オープンで優勝したデルポトロの調子がよく、インディアンウェルズとマイアミのマスターズ2連戦の結果次第で一気に差を詰めてくるかもしれません。

デルポトロとしては、ドローでフェデラー山だけは避けたいところです。

ティエムは4月からのクレーコートシーズンでの失効ポイントが多くあるので、ハードコートでの成績はぱっとしませんが、このマスターズ2連戦でしっかりとポイントを稼いでおきたいところです。

10位争い

昨年ベスト4で失効ポイントが多いソックに代わって、現在絶好調のプイユが暫定10位に上がり、初のトップ10入りに大きく近づく状況となっています。

そして、暫定11位のジョコビッチは右肘の回復状況が不明なためどれくらいのパフォーマンスを発揮できるか分かりませんが、全豪オープンの時のように急いで復帰してまた痛みが再発するという最悪の展開にならないことを祈るだけです。

現在、10位のポイントが低いので、誰かが一気にポイントを稼いで抜け出すまではトップ10の入れ替わりが続きそうです。

錦織のランキング

錦織は暫定ランキングで30位にまで後退となり、さらに次のマイアミでも180の失効ポイントが待っているので、このマスターズ2連戦の結果次第で一気にランキングを落としてしまうことになるかもしれません。

今回、下位シードでの出場となるため、錦織より上のランキングのシード勢との対戦が予想される3回戦を突破できるかどうかが最初の関門かなと思います(あとはドロー運…)。

<追記>
残念ながら錦織はメキシコ・オープン(アカプルコ)から約2週間続いている風邪がまだ治らず、今回試合をできる状態でないということで棄権となりました。

2018年 BNPパリバ・オープンの結果

2018年BNPパリバ・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント