【2018年】BNPパリバ・オープンの結果(2回戦)


2018年3月8日から3月18日(2018年第10、11週)にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ・マスターズ)」の2回戦の結果、2回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

2回戦からシード勢が登場となりますが、1回戦を勝ち上がってきた相手との難しい初戦となる中、順当な勝ち上がりを見せるのか、それとも波乱が起きるのか注目です。

錦織圭とダニエル太郎の2回戦の試合は、日本時間の3月12日(月)の予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 BNPパリバ・オープン2回戦の結果

BNPパリバ・オープンの2回戦の結果です。

<日程(現地時間)>
・3月10日(土):2回戦 トップハーフ
・3月11日(日):2回戦 ボトムハーフ

※以下、スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年3月5日付のランキングです。

2回戦(トップハーフ・フェデラー山)

[1] ロジャー・フェデラー (1位)2678
フェデリコ・デルボニス (67位)0366
ミッチェル・クルーガー (231位)022
[25] フィリップ・クライノビッチ (28位)266
 
[20] アドリアン・マナリノ (23位)266
ピーター・ポランスキー (134位)014
ジェレミー・シャルディ (100位)24776
[16] ファビオ・フォニーニ (19位)16624
 
[12] トマーシュ・ベルディヒ (15位)266
マクシミリアン ・マーテラー (73位)014
ドゥシャン・ラヨビッチ (91位)171133
[23] チョン・ヒョン (26位)26966
 
[30] パブロ・クエバス (34位)2776
デニス・シャポバロフ (44位)0643
ステファノス・チチパス (71位)1263
[5] ドミニク・ティエム (6位)2636

「フェデラー vs デルボニス」は第2セット途中で雨により中断となり、翌日に順延となりました。
スタジアム1の第3試合に組まれ、日本時間の3月12日(月) 午前7時頃に再開予定。

試合再開後、フェデラーは第2セットをしっかりと取ってストレート勝利となりましたが、トップハーフでただ一人2回戦と次の3回戦が連戦となってしまい、勝ち進んでいく上でちょっと流れがよくない状況となっています。

フェデラー山ではシード勢が順当な勝ち上がりを見せる中、第16シードのフォニーニは初戦敗退となりました。

2回戦(トップハーフ・ディミトロフ山)

第17シードのニック・キリオスが肘の怪我でwithdrawとなり、ラッキールーザーでマッテオ・ベレッティーニが出場。

[3] グリゴール・ディミトロフ (4位)16463
フェルナンド・ベルダスコ (39位)27746
テイラー・フリッツ (74位)2677
[27] アンドレイ・ルブレフ (31位)0464
 
[19] アルベルト・ラモス ビノラス (22位)003
ボルナ・チョリッチ (49位)266
ジャレッド・ドナルドソン (48位)042
[13] ロベルト・バウティスタ アグート (16位)266
 
[11] パブロ・カレーニョ ブスタ (14位)23677
オラシオ・セバジョス (66位)16363
ダニール・メドベデフ (57位)26676
マッテオ・ベレッティーニ (108位)17854
 
[26] ダミール・ズムル (30位)1621
ニコラス・キケル (94位)2466
エフゲニー・ドンスコイ (76位)054
[7] ケビン・アンダーソン (9位)276

第3シードのディミトロフはベルダスコに6-7(4)、6-4、3-6のフルセットの末に敗れ、初戦敗退となりました。

第17シードで出場予定だったキリオスがwithdraw、さらに第19シードのラモスビノラス、第26シードのズムル、第27シードのルブレフも初戦で姿を消すこととなり、ディミトロフ山のシード勢は2回戦が終わったところで3人だけとなってしまいました。

2回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

[8] ジャック・ソック (10位)267
トーマス・ファビアーノ (77位)025
エルネスト・エスコベド (117位)043
[28] フェリシアーノ・ロペス (32位)266
 
[18] サム・クエリー (21位)267
ミーシャ・ズベレフ (53位)045
ユキ・バンブリ (110位)266
[9] リュカ・プイユ (12位)044
 
[14] ディエゴ・シュワルツマン (17位)054
マルコス・バグダティス (102位)276
ドゥディ・セラ (97位)266
[21] カイル・エドマンド (24位)044
 
[32] ミロシュ・ラオニッチ (38位)266
フェリックス・オーガー アリアシム (169位)044
ジョアン・ソウザ (85位)2756
[4] アレクサンダー・ズベレフ (5位)1574

第4シードのA.ズベレフはソウザに5-7、7-5、4-6のフルセットの末に敗れ、初戦敗退となりました。

2月にツアー優勝1回、準優勝2回の活躍を見せていた第9シードのプイユは、連戦の疲れが出てしまったのか予選から勝ち上がってきたバンブリに4-6、4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となりました。

さらに第14シードのシュワルツマンと第21シードのエドマンドも初戦敗退となり、A.ズベレフ山も波乱のスタートとなりました。

2回戦(ボトムハーフ・チリッチ山)

第22シードの錦織圭が体調不良(風邪)でwithdrawとなり、ラッキールーザーでルベン・ビーママンズが出場。

[6] フアン マルティン・デルポトロ (8位)266
アレックス・デ ミノール (141位)021
テニーズ・サンドグレン (59位)0263
[29] ダビド・フェレール (33位)2677
 
ルベン・ビーママンズ (113位)041
レオナルド・メイヤー (47位)266
ダニエル 太郎 (109位)27746
[10] ノバク・ジョコビッチ (13位)16361
 
[15] ジョン・イズナー (18位)177635
ガエル・モンフィス (42位)265777
ピエール ユーグ・エルベール (93位)267
[24] ジレ・ミュラー (27位)035
 
[31] フィリップ・コールシュライバー (37位)2166
ティム・スマイチェック (126位)1644
マートン・フチョビッチ (65位)053
[2] マリン・チリッチ (3位)276

錦織はメキシコ・オープン(アカプルコ)から約2週間続いている風邪がまだ治らず、今回試合をできる状態でないということで棄権となりました。

ダニエル太郎が第10シードのジョコビッチを7-6(3)、4-6、6-1のフルセットの末に破り、マスターズ初の3回戦進出を決めました。

ジョコビッチは右肘の手術明けで準備不足が指摘される中での出場となりましたが、ダニエルのすばらしいプレーや粘りのあるプレーの前にミスを連発するなど、本調子にはほど遠い内容で初戦敗退となりました。

また、第15シードのイズナーと第24シードのミュラーも初戦敗退となりました。

2回戦後の暫定ランキング(トップ30)

BNPパリバ・オープンの2回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
2R後
point
1ナダル9,370欠場09,370
2フェデラー9,0602回戦459,105
3チリッチ4,8602回戦454,905
4ディミトロフ4,5902回戦×104,600
5A.ズベレフ4,4952回戦×104,505
6ティエム3,6302回戦453,675
7デルポトロ3,1552回戦453,200
8ゴファン3,190欠場03,190
9アンダーソン3,0552回戦453,100
10プイユ2,4102回戦×102,420
11ソック2,2902回戦452,335
12ジョコビッチ2,2902回戦×102,300
13ベルディヒ2,2302回戦452,275
14B アグート2,2102回戦452,255
15シュワルツマン2,2102回戦×102,220
16イズナー2,1602回戦×102,170
17フォニーニ2,1452回戦×102,155
18クエリー2,0852回戦452,130
19C ブスタ1,9552回戦452,000
20キリオス1,945棄権01,945
21ワウリンカ1,875欠場01,875
22マナリノ1,6902回戦451,735
23R ビノラス1,7002回戦×101,710
24エドマンド1,6172回戦×101,627
25チョン1,5472回戦451,592
26クライノビッチ1,4942回戦451,539
27ミュラー1,4902回戦×101,500
28マレー1,450欠場01,450
29ズムル1,4202回戦×101,430
30錦織 圭1,415棄権01,415

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年3月・インディアンウェルズ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第32シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

BNPパリバ・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
4回戦90
3回戦45
2回戦25
1回戦10

2回戦の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、テニスデイリーでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
3月11日()2回戦4:00~12:55
3月12日(月)2回戦4:00~14:00

3月11日(日)の放送予定について、12時55分からプロ野球中継が予定に入っているため、テニスの試合途中で中継が終わる可能性があります。

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで12試合を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
3月11日()2回戦[BS1] 4:00~(6:00)
3月12日(月)2回戦[BS1] 6:00~(7:50)

・3月11日(日):「ティエム vs チチパス」
・3月12日(月):「錦織 vs メイヤー」(「ダニエル vs ジョコビッチ」に変更)

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンド限定でライブ配信を予定。

THE TENNIS DAILY

テニスデイリーでは、錦織圭出場試合およびATP注目試合をLIVE配信。

2018年 BNPパリバ・オープン その他の結果

コメント