【2018年】BNPパリバ・オープンの結果(4回戦)


2018年3月8日から3月18日(2018年第10、11週)にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ・マスターズ)」の4回戦の結果、4回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

3回戦で第2シードのチリッチが敗退となり、4回戦に進出できたトップ4シードはフェデラーのみとなってしまいました。

上位シード勢の早期敗退が続く中、現時点ではトップハーフでは第1シードのフェデラー、ボトムハーフでは第6シードのデルポトロが決勝への有力候補となっていますが、4回戦でどのような結果となるのか注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 BNPパリバ・オープン4回戦の結果

BNPパリバ・オープンの4回戦の結果です。

<日程(現地時間)>
・3月14日(水):4回戦

※以下、スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年3月5日付のランキングです。

4回戦(トップハーフ・フェデラー山)

[1] ロジャー・フェデラー (1位)276
ジェレミー・シャルディ (100位)054
[23] チョン・ヒョン (26位)266
[30] パブロ・クエバス (34位)013

第1シードのフェデラーがシャルディを7-5、6-4のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

この日は風がかなり強く、プレーをするのに難しいコンディションでしたが、フェデラーはウィナーを取りに行くスタイルではなくミスを減らし(アンフォーストエラーわずか6本)、要所をしっかりと締める試合運びのうまさを見せました。

一方、シャルディは今大会での好調そのままにこの試合も立ち上がりからすばらしいプレーを続けていましたが、フェデラーがまったく隙を見せてくれず、常にギリギリのプレーを強いられる厳しい試合展開となりました。

そして、第23シードのチョンが第30シードのクエバスを6-1、6-3のストレートで破り、マスターズ初の準々決勝進出を決めました。

4回戦(トップハーフ・ディミトロフ山)

テイラー・フリッツ (74位)12784
ボルナ・チョリッチ (49位)26666
[11] パブロ・カレーニョ ブスタ (14位)16366
[7] ケビン・アンダーソン (9位)24678

第7シードのアンダーソンが第11シードのカレーニョブスタを4-6、6-3、7-6(6)のフルセットの末に破り、準々決勝進出を決めました。

4回戦の中で唯一の上位シード同士の対戦で、どちらが勝ってもおかしくない拮抗した試合展開となる中、アンダーソンが1セットダウンから逆転勝利をおさめました。

そして、若手同士の対戦で、21歳のチョリッチが20歳のフリッツを6-2、6-7(6)、6-4のフルセットの末に破り、準々決勝進出を決めました。

4回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

[28] フェリシアーノ・ロペス (32位)034
[18] サム・クエリー (21位)266
マルコス・バグダティス (102位)棄権
[32] ミロシュ・ラオニッチ (38位)

第18シードのクエリーが第28シードのF.ロペスを6-3、6-4のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

そして、バグダティスが体調不良で棄権したため、第32シードのラオニッチが準々決勝進出を決めました。

4回戦(ボトムハーフ・チリッチ山)

[6] フアン マルティン・デルポトロ (8位)23776
レオナルド・メイヤー (47位)16623
ピエール ユーグ・エルベール (93位)0461
[31] フィリップ・コールシュライバー (37位)2677

第6シードのデルポトロがメイヤーを3-6、7-6(2)、6-3のフルセットの末に破り、準々決勝進出を決めました。

メイヤーは立ち上がりからサーブ、ストロークの調子がよく、ミスがまったくない手がつけられない状態が続き、第1セットを先取。

第2セットもメイヤーが先にブレークに成功し、この勢いのまま一気に行くかと思われましたが、メイヤーはこれまでまったく見られなかったようなミスが増えるなどプレーの安定感がなくなり、デルポトロが逆転勝利をおさめました。

デルポトロは何とか勝利したものの、試合途中で腰か背中を痛めたのかトレーナーを呼ぶシーンもあり、準々決勝に向けて体の状態が心配されます。

そして、第31シードのコールシュライバーがエルベールを6-4、7-6(1)のストレートで破り、準々決勝進出を決めました。

ドロー表(ベスト32・結果)

4回戦後の暫定ランキング(トップ30)

BNPパリバ・オープンの4回戦終了時点での暫定ランキングです。

ラオニッチは怪我から復帰後なかなか調子が上がらずランキングをかなり落としていましたが、今大会では運も味方につけてランキングを戻してきました。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
4R後
point
1ナダル9,370欠場09,370
2フェデラー9,0604回戦1809,240
3チリッチ4,8603回戦×454,905
4ディミトロフ4,5902回戦×104,600
5A.ズベレフ4,4952回戦×104,505
6ティエム3,6303回戦×453,675
7デルポトロ3,1554回戦1803,335
8アンダーソン3,0554回戦1803,235
9ゴファン3,190欠場03,190
10プイユ2,4102回戦×102,420
11ソック2,2903回戦×452,335
12ジョコビッチ2,2902回戦×102,300
13ベルディヒ2,2303回戦×452,275
14クエリー2,0854回戦1802,265
15B アグート2,2103回戦×452,255
16シュワルツマン2,2102回戦×102,220
17イズナー2,1602回戦×102,170
18フォニーニ2,1452回戦×102,155
19C ブスタ1,9554回戦×902,045
20キリオス1,945棄権01,945
21ワウリンカ1,875欠場01,875
22マナリノ1,6903回戦×451,735
23チョン1,5474回戦1801,727
24R ビノラス1,7002回戦×101,710
25エドマンド1,6172回戦×101,627
26クライノビッチ1,4943回戦×451,539
27ミュラー1,4902回戦×101,500
28マレー1,450欠場01,450
28ラオニッチ1,2704回戦1801,450
30ズムル1,4202回戦×101,430
31コールシュライバー1,2454回戦1801,425
32F.ロペス1,3304回戦×901,420
33錦織 圭1,415棄権01,415

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年3月・インディアンウェルズ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第32シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

BNPパリバ・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
4回戦90
3回戦45
2回戦25
1回戦10

4回戦の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
3月15日(木)4回戦3:00~15:30

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで12試合を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
3月15日(木)4回戦[BS1]  6:30~6:49
[ch102] 6:49~(8:30)

・3月15日(木):「フェデラー vs シャルディ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンド限定でライブ配信を予定。

2018年 BNPパリバ・オープン その他の結果

コメント