ATPランキング試算(2017年7月・ウィンブルドン後)


2017年7月3日から7月16日に開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」。

今回はランキング上位20名のウィンブルドン後の7月17日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク

2017年7月17日付のランキング試算

2016年ウィンブルドンの結果

まずはウィンブルドン後(2017年7月17日)に失効日を迎える2016年のウィンブルドンについて、トップ20選手の成績を紹介します。

2016年のウィンブルドンはマレー選手が優勝し、ラオニッチ選手が準優勝。

フェデラー選手は準決勝でラオニッチ選手にフルセットの末に敗れてベスト4。

当時世界ランキング1位だったジョコビッチ選手は3回戦でクエリー選手に敗れました。

錦織選手は左脇腹を痛めた状態での出場となり、何とか4回戦まで勝ち上がりましたが、チリッチ選手に敗れて4回戦で敗退。

また、ナダル選手は手首の怪我により欠場でした。

順位 選手名 7月3日
point
2016
ウィンブルドン
1 マレー 9,390 優勝
2 ナダル 7,285 欠場
3 ワウリンカ 6,175 2回戦
4 ジョコビッチ 6,055 3回戦
5 フェデラー 5,265 ベスト4
6 チリッチ 4,235 ベスト8
7 ラオニッチ 4,150 準優勝
8 ティエム 3,895 2回戦
9 錦織 圭 3,830 4回戦
10 ツォンガ 3,075 ベスト8
11 ディミトロフ 3,070 3回戦
12 A.ズベレフ 3,070 3回戦
13 ゴファン 2,785 4回戦
14 モンフィス 2,695 1回戦
15 ベルディヒ 2,570 ベスト4
16 プイユ 2,570 ベスト8
17 カレーニョブスタ 2,360 1回戦
18 ソック 2,335 3回戦
19 バウティスタアグート 2,155 3回戦
20 キリオス 2,110 4回戦

トップ20の基礎ポイント

トップ20の基礎ポイントを見ていきます。

順位 選手名 7月3日
point
失効
point
基礎
point
1 マレー 9,390 2,000 7,390
2 ナダル 7,285 0 7,285
3 ワウリンカ 6,175 45 6,130
4 ジョコビッチ 6,055 90 5,965
5 フェデラー 5,265 720 4,545
6 チリッチ 4,235 360 3,875
7 ラオニッチ 4,150 1,200 2,950
8 ティエム 3,895 45 3,850
9 錦織 圭 3,830 180 3,650
10 ツォンガ 3,075 360 2,715
11 ディミトロフ 3,070 90 2,980
12 A.ズベレフ 3,070 90 2,980
13 ゴファン 2,785 180 2,605
14 モンフィス 2,695 10 2,685
15 ベルディヒ 2,570 720 1,850
16 プイユ 2,570 360 2,210
17 Cブスタ 2,360 10 2,350
18 ソック 2,335 90 2,245
19 Bアグート 2,155 90 2,065
20 キリオス 2,110 180 1,930
  • 7月3日ポイント
  • 2017年7月3日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2017年7月17日に失効日を迎える2016年のウィンブルドンのポイント。

    他に2016年のウィンブルドンの翌週に開催されたATP250の大会のポイントも2017年7月17日に失効日を迎えますが、トップ20では対象者はいません。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「7月3日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2017年のウィンブルドンのポイントを加算すれば、次回発表される7月17日付のATPランキングと同じになります。

ウィンブルドン 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 2,000
準優勝 1,200
準決勝 720
準々決勝 360
4回戦 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名 基礎
point
1 マレー 7,390
2 ナダル 7,285
3 ワウリンカ 6,130
4 ジョコビッチ 5,965
5 フェデラー 4,545
6 チリッチ 3,875
7 ティエム 3,850
8 錦織 圭 3,650
9 ディミトロフ 2,980
10 A.ズベレフ 2,980
11 ラオニッチ 2,950
12 ツォンガ 2,715
13 モンフィス 2,685
14 ゴファン 2,605
15 カレーニョブスタ 2,350
16 ソック 2,245
17 プイユ 2,210
18 バウティスタアグート 2,065
19 キリオス 1,930
20 ベルディヒ 1,850

<欠場者情報>
ダビド・ゴファン選手とパブロ・カレーニョブスタ選手は2017年ウィンブルドンを欠場。

1位~4位争い

暫定1位のマレー選手と暫定2位のナダル選手との差が105ポイントまで縮まり、ウィンブルドン後に1位が入れ替わる可能性が十分にあります。

また、暫定3位のワウリンカ選手と暫定4位のジョコビッチ選手は優勝すれば1位の可能性があります。

優勝候補筆頭の暫定5位のフェデラー選手は、優勝すれば最高で3位。

5位~10位争い・その他

暫定11位まで下がったラオニッチ選手は、順当に勝ち上がっていくと4回戦でA.ズベレフ選手、準々決勝でフェデラー選手と対戦という厳しいドローになり、結果次第でトップ10陥落となってしまいます。

そして、昨年ベスト4だったベルディヒ選手は暫定20位まで下がり、トップ10が遠のき、トップ20陥落の恐れもでてきてしまいました。

錦織選手のランキングについて

暫定8位の錦織選手は暫定9位以下とのポイント差が670ポイント以上あり、錦織選手が3回戦まで進出すれば、下にいる選手達は錦織選手を追い抜く条件が優勝か準優勝になります。

そして、暫定6位のチリッチ選手とは225ポイント差、暫定7位のティエム選手とは200ポイント差で、結果次第で追い抜ける可能性はあります。

順当に勝ち上がれば4回戦でチリッチ選手と対戦することになり、昨年のリベンジでもありウィンブルドンでの自己最高成績を超えるためにも、錦織選手にとっては4回戦が山となりそうです。

ただ、錦織選手は前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンで左臀部(でんぶ)に痛みが出て棄権し、今年も勝ち上がる上でフィジカル面での不安があるので、とにかく怪我なく一戦一戦戦っていって欲しいなと思います。

2017年ウィンブルドンの結果

2017年ウィンブルドンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする