【2018年】ウエスタン&サザン・オープンの結果(準決勝)


2018年8月12日から8月19日(2018年第33週)にシンシナティ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「ウエスタン&サザン・オープン(シンシナティ・マスターズ)」の準決勝の結果とスタッツ、準決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

・準決勝「ジョコビッチ vs チリッチ」
ジョコビッチが勝てばウエスタン&サザン・オープン3年ぶり6回目の決勝、チリッチが勝てばウエスタン&サザン・オープン2年ぶり2回目の決勝進出となります。

・準決勝「ゴファン vs フェデラー」
ゴファンが勝てばマスターズ初の決勝、フェデラーが勝てばウエスタン&サザン・オープン3年ぶり8回目の決勝進出となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 ウエスタン&サザン・オープン 準決勝の結果

ウエスタン&サザン・オープンの準決勝の結果です。

<日程(現地時間)>
・8月18日(土):準決勝

日本とシンシナティの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2018年8月13日付のランキングです。

トップハーフ
[10] ノバク・ジョコビッチ (10)2636
[7] マリン・チリッチ (7)1463
 
ボトムハーフ
[11] ダビド・ゴファン (11)棄権631
[2] ロジャー・フェデラー (2)771

以下、各試合の簡単な試合の振り返りとハイライト動画です。

準決勝「ジョコビッチ vs チリッチ」(トップハーフ)

過去の対戦成績は、ジョコビッチの14勝、チリッチの2勝。

直近の対戦は2018年のフィーバーツリー選手権(芝)の決勝で、チリッチがセットカウント2-1(5-7、7-6、6-3)で勝利しています。

[10] ノバク・ジョコビッチ (10)2636
[7] マリン・チリッチ (7)1463
試合時間:2時間30分

第10シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)が第7シードのマリン・チリッチ(29歳・クロアチア)を6-4、3-6、6-3のフルセットの末に破り、ウエスタン&サザン・オープン3年ぶり6回目の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

チリッチのサービスで試合開始。

第3ゲーム、チリッチのフォアハンドのミス3本とバックハンドのミスなどがあり、ジョコビッチがブレークに成功。

第6ゲーム、チリッチにブレークポイントが1本ありましたが、デュース2回目でジョコビッチがキープ。

第10ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。
30-0からチリッチの3連続ポイントで30-40とチリッチにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチがファーストサーブで凌ぎます。

デュース1回目でジョコビッチがキープをして第1セットを先取。

第4ゲーム以降、ジョコビッチは4回あったサービスゲームすべてがデュースゲームになるなど苦しい時間帯が続きましたが、チリッチにあと1本を許さない勝負強さを見せました。

第2セット

チリッチのサービスで第2セット開始。

第2ゲーム、チリッチのフォアハンドのウィナー、ジョコビッチのフォアハンドのミスとバックハンドのミス、チリッチの深いリターンでのポイントなどがあり、チリッチがブレークに成功。

第5ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが1本ありましたが、デュース5回目でチリッチが何とかキープ。

第6ゲーム、チリッチのフォアハンドのウィナーとバックハンドのダウンザラインへのウィナー(0-30)、15-40でジョコビッチのダブルフォルトがあり、チリッチがブレークに成功。

第7ゲーム、チリッチのサービングフォーザセット。
ジョコビッチのリターンでのポイント2本、チリッチのバックハンドのミスとフォアハンドのミスなどがあり、ジョコビッチがブレークを1つ返します。

第8ゲーム、15-40とチリッチにセットポイント(ブレークポイント)が2本ありましたが、デュース1回目でジョコビッチがキープ。

第9ゲーム、チリッチの2回目のサービングフォーザセット。
チリッチのサービスエース2本など、チリッチがラブゲームでキープをして第2セットを取ります。

ファイナルセット

ジョコビッチのサービスでファイナルセット開始。

第4ゲーム、30-30からチリッチのバックハンドのミス、ロングラリーでのチリッチのフォアハンドのミスがあり、ジョコビッチがブレークに成功。

第5ゲーム、チリッチがリターンエースを決めるなどリターンから積極的に攻めて3連続でポイントを取り、0-40とチリッチにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチがピンチを凌ぎ、デュースへ。

デュース1回目、チリッチの威力のあるリターンでのポイントとジョコビッチのダブルフォルトがあり、チリッチがブレークバックに成功。

第8ゲーム、15-15からジョコビッチの深いリターンでのポイントとチリッチのバックハンドのミスがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ますが、チリッチがファーストサーブ2本でピンチを凌ぎ、デュースへ。

デュース1回目、ストローク戦でのジョコビッチのポイントとジョコビッチの見事なフォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットがあり、ジョコビッチがブレークに成功。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザマッチ。
40-0でジョコビッチのダブルフォルトがありましたが、40-15でジョコビッチのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、ジョコビッチが勝利。

スタッツ

チリッチは強力なフォアハンドを武器に最後まで攻めの姿勢を貫き、すばらしいプレーを見せていましたが、どちらが勝ってもおかしくない試合展開で勝ち切るジョコビッチの勝負強さが上回りました。

ジョコビッチMatchチリッチ
8サービスエース12
4ダブルフォルト4
64%(61/96)ファーストサーブ確率67%(60/90)
72%(44/61)1st Serve Points Won68%(41/60)
43%(15/35)2nd Serve Points Won47%(14/30)
50%(4/8)ブレイク / チャンス25%(3/12)
6/6ネットポイント17/20
51%(94/186)Total Points Won49%(92/186)
2498mTotal Distance Run2504m
26Winner 合計42
14フォアハンド25
3バックハンド4
9サーブ13
27Unforced error 合計40
9フォアハンド18
14バックハンド18
4サーブ4

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:取得した全ポイント。
・Total Distance Run:総走行距離。

準決勝「ゴファン vs フェデラー」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、ゴファンの1勝、フェデラーの6勝。

直近の対戦は2017年のATPファイナルズ(室内ハード)の準決勝で、ゴファンがセットカウント2-1(2-6、6-3、6-4)で勝利しています。

[11] ダビド・ゴファン (11)棄権631
[2] ロジャー・フェデラー (2)771
試合時間:1時間2分

第11シードのダビド・ゴファン(27歳・ベルギー)が第2セットの途中で棄権をし、第2シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)がウエスタン&サザン・オープン3年ぶり8回目の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

フェデラーのサービスで試合開始。

第11ゲームまでお互いにブレークポイントを与えずにキープを続けて行きます。

第12ゲーム、フェデラーのフォアハンドのウィナー2本とフォアハンドのパッシングショットなどがあり、30-40とフェデラーにセットポイント(ブレークポイント)が来ますが、ゴファンのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース1回目と2回目にもフェデラーにセットポイントがありましたが、デュース3回目でゴファンがキープ。

タイブレークに突入。

1ポイント目でフェデラーにボレーミスが出て、ゴファンがミニブレーク。

2ポイント目でフェデラーの威力のあるリターンでのポイント、3ポイント目でゴファンのフォアハンドのミスがあり、フェデラーが連続でミニブレーク。

その後はお互いにサービス2本をキープして行き、6-3とフェデラーがセットポイントを握ってのゴファンのサービス1本目、ゴファンにフォアハンドのミスが出て、フェデラーが第1セットを先取。

ゴファンがトレーナーを呼んで右肩のマッサージを受け、痛み止めの薬も飲みます。

第2セット

ゴファンのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、フェデラーにブレークポイントが1本ありましたが、デュース1回目でゴファンがキープ。

第3ゲーム、40-30でゴファンのファーストサーブがフォルトとなった後、ゴファンが棄権を申し出て、フェデラーが勝利。

スタッツ

両選手とも立ち上がりからいいショットもあれば簡単にミスもするなど、前日のダブルヘッダーでの疲れが出ている感じのプレーでした。

ゴファンは今大会で非常に良いプレーを見せていただけに、全米オープンに向けて右肩の状態が心配です。

ゴファンMatchフェデラー
1サービスエース9
4ダブルフォルト2
63%(36/57)ファーストサーブ確率71%(32/45)
69%(25/36)1st Serve Points Won75%(24/32)
62%(13/21)2nd Serve Points Won69%(9/13)
0%(0/0)ブレイク / チャンス0%(0/4)
3/4ネットポイント6/11
49%(50/102)Total Points Won51%(52/102)
1000mTotal Distance Run923m
12Winner 合計24
7フォアハンド10
4バックハンド3
1サーブ11
14Unforced error 合計20
5フォアハンド8
5バックハンド10
4サーブ2

ハイライト動画

準決勝のハイライト動画です。

Highlights: Federer Sets Djokovic Blockbuster For Cincinnati 2018 Crown

ドロー表(ベスト32・結果)

準決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ウエスタン&サザン・オープンの準決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
SF後
point
1ナダル10,040棄権010,040
2フェデラー6,480準決勝6007,080
3デルポトロ5,320準々決勝×1805,500
4A.ズベレフ4,8352回戦×104,845
5アンダーソン4,5253回戦×904,615
6チリッチ4,085準決勝×3604,445
7ジョコビッチ3,445準決勝6004,045
8ディミトロフ3,7003回戦×903,790
9ティエム3,485棄権03,485
10ゴファン3,075準決勝×3603,435
11イズナー3,2101回戦×103,220
12C ブスタ2,200準々決勝×1802,380
13シュワルツマン2,3701回戦×102,380
14フォニーニ2,190欠場2,190
15チチパス2,0321回戦×102,042
16エドマンド1,9402回戦×451,985
17プイユ1,8702回戦×451,915
18ソック1,8051回戦×101,815
19B アグート1,810欠場1,810
20チョリッチ1,7352回戦×451,780
21錦織 圭1,7102回戦×451,755
22チェッキナート1,7241回戦×101,734
23チョン1,5852回戦×451,630
24ズムル1,5701回戦×101,580
25ラオニッチ1,395準々決勝×1801,575
26ガスケ1,5251回戦×101,535
27ハチャノフ1,4353回戦×901,525
28シャポバロフ1,2953回戦×901,385
29マナリノ1,3202回戦×451,365
30キリオス1,2553回戦×901,345

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年8月・シンシナティ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

ウエスタン&サザン・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
8月19日()準決勝 12:58~6:00
準決勝 27:58~11:00

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合、準決勝と決勝を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
8月19日()準決勝 1[102] 3:00~(5:00)
準決勝 2[BS1] 8:00~8:50 
[102] 8:50~(10:00)

・8月19日(日):1「ジョコビッチ vs チリッチ」、2「ゴファン vs フェデラー」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。(大会1日目は無料配信)

2018年 ウエスタン&サザン・オープン その他の結果

コメント