ATPランキング試算(2018年8月・シンシナティ後)


2018年8月12日から8月19日(2018年第33週)にシンシナティ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「ウエスタン&サザン・オープン(シンシナティ・マスターズ)」。

今回はランキング上位30名のウエスタン&サザン・オープン後の8月20日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク

2018年8月20日付のランキング試算

はじめに、2018年8月20日付のランキングについて、2017年のウエスタン&サザン・オープンでのポイントが2018年8月20日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2017年ウエスタン&サザン・オープンの振り返り

まずはトップ30の2017年のウエスタン&サザン・オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第7シードのグリゴール・ディミトロフがニック・キリオスを6-3、7-5のストレートで破り、マスターズ初優勝を飾りました。

2017年ウエスタン&サザン・オープンの決勝の結果はこちら

第14シードのイズナーとフェレールがベスト4。

第1シードのナダル、第3シードのティエム、杉田祐一、ドナルドソンがベスト8。

錦織は右手首の怪我で欠場となり、2017年シーズンはウエスタン&サザン・オープン以降の大会をすべて欠場することとなりました。

順位 選手名 8月13日
point
2017年
シンシナティ
1 ナダル 10,220 ベスト8
2 フェデラー 6,480
3 デルポトロ 5,410 3回戦
4 A.ズベレフ 4,845 2回戦
5 ディミトロフ 4,700 優勝
6 アンダーソン 4,535 1回戦
7 チリッチ 4,085
8 ティエム 3,665 ベスト8
9 イズナー 3,570 ベスト4
10 ジョコビッチ 3,445
11 ゴファン 3,085 1回戦
12 シュワルツマン 2,380 1回戦
13 カレーニョ ブスタ 2,290 3回戦
14 フォニーニ 2,145 2回戦
15 チチパス 2,089
16 エドマンド 1,950 1回戦
17 プイユ 1,870
18 キリオス 1,855 準優勝
19 バウティスタ アグート 1,820 1回戦
20 ソック 1,815 1回戦
21 チョリッチ 1,745 1回戦
22 チェッキナート 1,730
23 錦織 圭 1,710
24 ズムル 1,630
25 チョン 1,595 1回戦
26 ガスケ 1,570 2回戦
27 ハチャノフ 1,525 3回戦
28 マナリノ 1,410 3回戦
29 ラオニッチ 1,395
30 ベルダスコ 1,330 1回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位 選手名 8月13日
point
失効
point
基礎
point
1 ナダル 10,220 180 10,040
2 フェデラー 6,480 0 6,480
3 デルポトロ 5,410 90 5,320
4 A.ズベレフ 4,845 10 4,835
5 ディミトロフ 4,700 1,000 3,700
6 アンダーソン 4,535 10 4,525
7 チリッチ 4,085 0 4,085
8 ティエム 3,665 180 3,485
9 イズナー 3,570 360 3,210
10 ジョコビッチ 3,445 0 3,445
11 ゴファン 3,085 10 3,075
12 シュワルツマン 2,380 10 2,370
13 カレーニョ ブスタ 2,290 90 2,200
14 フォニーニ 2,145 45 2,190*
15 チチパス 2,089 0 2,032*
16 エドマンド 1,950 10 1,940
17 プイユ 1,870 0 1,870
18 キリオス 1,855 600 1,255
19 バウティスタ アグート 1,820 10 1,810
20 ソック 1,815 10 1,805
21 チョリッチ 1,745 10 1,735
22 チェッキナート 1,730 0 1,724*
23 錦織 圭 1,710 0 1,710
24 ズムル 1,630 60 1,570
25 チョン 1,595 10 1,585
26 ガスケ 1,570 45 1,525
27 ハチャノフ 1,525 90 1,435
28 マナリノ 1,410 90 1,320
29 ラオニッチ 1,395 0 1,395
30 ベルダスコ 1,330 10 1,320
  • 8月13日ポイント
  • 2018年8月13日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年8月20日に失効日を迎える2017年のウエスタン&サザン・オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「8月13日ポイント」-「失効ポイント」

    ※チチパスとチェッキナートの基礎ポイントについて、2017年のウエスタン&サザン・オープンに出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(チチパス:57、チェッキナート:6)が対象外に繰り下がります。

    また、2018年のウエスタン&サザン・オープンの欠場が決まっているフォニーニは0ポイント加算ではなく(おそらく出場免除)、現在ランキングの対象外となっている大会の中で一番ポイントの高い大会(90ポイント)が繰り上がって加算されます。

この「基礎ポイント」に2018年のウエスタン&サザン・オープンのポイントを加算すれば、次回発表される8月20日付のATPランキングと同じになります。

※基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

ウエスタン&サザン・オープン 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 1,000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名 基礎
point
1 ナダル 10,040
2 フェデラー 6,480
3 デルポトロ 5,320
4 A.ズベレフ 4,835
5 アンダーソン 4,525
6 チリッチ 4,085
7 ディミトロフ 3,700
8 ティエム 3,485
9 ジョコビッチ 3,445
10 イズナー 3,210
11 ゴファン 3,075
12 シュワルツマン 2,370
13 カレーニョ ブスタ 2,200
14 フォニーニ 2,190
15 チチパス 2,032
16 エドマンド 1,940
17 プイユ 1,870
18 バウティスタ アグート 1,810
19 ソック 1,805
20 チョリッチ 1,735
21 チェッキナート 1,724
22 錦織 圭 1,710
23 チョン 1,585
24 ズムル 1,570
25 ガスケ 1,525
26 ハチャノフ 1,435
27 ラオニッチ 1,395
28 マナリノ 1,320
29 ベルダスコ 1,320
30 クライノビッチ 1,304
31 シャポバロフ 1,295
32 キリオス 1,255

<欠場者情報>
ランキング上位勢ではフォニーニ、バウティスタ アグート、モンフィスが欠場。

出場予定だったナダルは疲労のため棄権となりました。

1位争い

ナダルの1位とフェデラーの2位は確定。

3~4位争い

全米オープンの第3シードと第4シード争いにもなりますが、この2枠に入る可能性があるのは暫定3位のデルポトロ、4位のA.ズベレフ、5位のアンダーソン、6位のチリッチの4人となります。

デルポトロは準々決勝に進出すれば4位以内が確定となりますが、デルポトロが3回戦以下で敗退した場合でもアンダーソン優勝かつA.ズベレフ準優勝の条件を満たさなければ、デルポトロの4位以内が確定。

全米オープン直前でのデルポトロの4位以内はほぼ決まりだと思いますが、デルポトロは左手首に痛みが出たということで先週のロジャーズ・カップを欠場しており、全米オープンに向けて手首の状態の方が気になります。

そして、残るシード1枠をかけてA.ズベレフとアンダーソンとチリッチの3人が争うことになりますが、A.ズベレフとチリッチが同じ山に入ったため、順当に勝ち上がると準々決勝でこの2人が対戦することになります。

チリッチが4位になるには優勝が最低条件ではありますが、チリッチが優勝してアンダーソンが準決勝以下で敗退した場合にチリッチの4位が確定。

いろいろと条件を書いてきましたが、最低でもアンダーソンは決勝進出(A.ズベレフが初戦敗退の場合は準決勝)、チリッチは優勝が必要なため、全米オープンの第3シードと第4シードはデルポトロとA.ズベレフでほぼ決まりかなという状況です。

8位争い

全米オープンでは第5シードから第8シードの選手と第9シードから第12シードの選手が4回戦で対戦することになりますが、暫定9位のジョコビッチがどちらのシード枠に入るのかが非常に気になるところです。

もしジョコビッチが第9シードから第12シードの枠に入った場合、第5シードから第8シードの選手のうち一人が最悪のドローを引くことになってしまいます。

8位をティエム、ジョコビッチ、イズナーの3人で争うことになるかと思いますが、この3人が今大会でどんな結果を残すのかにも注目して見ていきたいです。(ドローを見る限りジョコビッチの8位の可能性が一番高いかと思いますが…)

錦織のランキング

暫定22位の錦織ですが、先週のロジャーズ・カップではまさかの1回戦敗退でポイントを加算することができませんでした。

さらに2回戦で当たる予定だった第3シードのデルポトロが棄権をしたこともあって、余計に悔しい初戦敗退となってしまいました。

今大会も錦織はノーシードでの出場となりますが、錦織らしいプレーをしっかりと見せて、全米オープンに向けて調子を上げて行って欲しいです。

また、今シーズン、錦織は今大会以降の失効ポイントがなくランキングを上げるチャンスなので、まずはマスターズのシード、ATP500・ATP250で上位シードが取れるところまでランキングを上げておきたいところです。

2018年ウエスタン&サザン・オープンの結果

2018年ウエスタン&サザン・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。