【2020年】ロレックス・パリ・マスターズの結果(準々決勝)

2020年11月2日から11月8日(2020年第44週)にパリ(フランス)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ」の準々決勝の結果、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準々決勝の対戦カードは次のように決まりました。

<トップハーフ>
[1] ナダル vs カレーニョ ブスタ [9]
[4] ズベレフ vs ワウリンカ [12]

<ボトムハーフ>
[6] シュワルツマン vs メドベージェフ [3]
[10] ラオニッチ vs アンベール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年 ロレックス・パリ・マスターズ 準々決勝の結果

ロレックス・パリ・マスターズの準々決勝の結果です。
<日程>
・11月6日(金):準々決勝

スコアにある各選手の()内の数字は2020年11月2日付の世界ランキングです。

[1] ラファエル・ナダル (2)2476
[9] パブロ・カレーニョ ブスタ (15)1651
[4] アレクサンダー・ズベレフ (7)2677
[12] スタン・ワウリンカ (20)0361
 
[6] ディエゴ・シュワルツマン (9)031
[3] ダニール・メドベージェフ (5)266
[10] ミロシュ・ラオニッチ (17)26379
ウゴ・アンベール (34)13667

以下、各試合の簡単な試合の振り返りです。(試合後に追記していきます)

準々決勝「ナダル vs カレーニョ ブスタ」

過去の対戦成績は、ナダルの6勝、カレーニョ ブスタの0勝。

ハードコートでは、ナダルの2勝、カレーニョ ブスタの0勝。

直近の対戦は2020年のBNLイタリア国際(クレーコート)の2回戦で、ナダルがセットカウント2-0(6-1、6-1)で勝利しています。

11/7(土) 2:30以降 開始予定 (センターコート 第3試合)
[1] ラファエル・ナダル (2)2476
[9] パブロ・カレーニョ ブスタ (15)1651
試合時間:2時間13分

第1シードのラファエル・ナダル(34歳・スペイン)が第9シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(29歳・スペイン)をセットカウント2-1(4-6、7-5、6-1)で破り、ロレックス・パリ・マスターズ2年連続5度目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第3ゲーム、カレーニョ ブスタにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、ナダルがキープ。

第7ゲーム、カレーニョ ブスタがブレークに成功(30-40)。

第10ゲーム、カレーニョ ブスタのサービングフォーザセット。
15-30とナダルがポイントを先行しますが、カレーニョ ブスタがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第1ゲーム、カレーニョ ブスタにブレークポイントが3本(0-40)ありましたが、ナダルがキープ。

第8ゲーム、ナダルにブレークポイントが2本(デュース1回目、2回目)ありましたが、カレーニョ ブスタがキープ。

第12ゲーム、デュース2回目でナダルがブレークをして第2セットを取ります。

ファイナルセット

第2ゲーム、ナダルにブレークポイントが2本(デュース1回目、2回目)ありましたが、カレーニョ ブスタがキープ。

第4ゲーム、ナダルがブレークに成功(0-40)。

第6ゲーム、ナダルがブレークに成功(30-40)。

第7ゲーム、ナダルのサービングフォーザマッチ。
ナダルがラブゲームでキープをして勝利。

準々決勝「ズベレフ vs ワウリンカ」

過去の対戦成績は、ズベレフの3勝、ワウリンカの0勝。(3戦すべてハードコート)

直近の対戦は2020年の全豪オープン(ハードコート)の準々決勝で、ズベレフがセットカウント3-1(1-6、6-3、6-4、6-2)で勝利しています。

11/7(土) 4:00頃 開始予定 (センターコート 第4試合)
[4] アレクサンダー・ズベレフ (7)2677
[12] スタン・ワウリンカ (20)0361
試合時間:1時間25分

第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(23歳・ドイツ)が第12シードのスタン・ワウリンカ(35歳・スイス)をセットカウント2-0(6-3、7-6)で破り、ロレックス・パリ・マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第4ゲーム、ワウリンカにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、ズベレフがキープ。

第5ゲーム、ズベレフがブレークに成功(15-40)。

第6ゲーム、ワウリンカのブレークポイント1本(0-40)はズベレフが凌ぎましたが、15-40でワウリンカがブレークバックに成功。

第7ゲーム、ズベレフがブレークに成功(30-40)。

第9ゲーム、30-40でズベレフがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第5ゲーム、ワウリンカがブレークに成功(デュース1回目)。

第10ゲーム、ワウリンカのサービングフォーザセット。
土壇場でズベレフがブレークバックに成功(30-40)。

タイブレーク、ズベレフが5ポイントを連取(2ポイント目と3ポイント目でミニブレーク)して、5-0とズベレフがリード。

7ポイント目もズベレフがミニブレークをして6-1とズベレフにマッチポイントが来ると、続くズベレフのサービス1本目でズベレフがキープをして勝利。

準々決勝「シュワルツマン vs メドベージェフ」

過去の対戦成績は、シュワルツマンの0勝、メドベージェフの3勝。

ハードコートでは、シュワルツマンの0勝、メドベージェフの2勝。

直近の対戦は2020年のATPカップ(ハードコート)の準々決勝で、メドベージェフがセットカウント2-1(6-4、4-6、6-3)で勝利しています。

11/6(金) 22:00 開始予定 (センターコート 第1試合)
[6] ディエゴ・シュワルツマン (9)031
[3] ダニール・メドベージェフ (5)266
試合時間:1時間2分

第3シードのダニール・メドベージェフ(24歳・ロシア)が第6シードのディエゴ・シュワルツマン(28歳・アルゼンチン)をセットカウント2-0(6-3、6-1)で破り、ロレックス・パリ・マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第3ゲーム、メドベージェフがブレークに成功(15-40)。

第9ゲーム、デュース1回目でメドベージェフがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第4ゲーム、メドベージェフのブレークポイント2本(30-40、デュース1回目)はシュワルツマンが凌ぎましたが、デュース2回目でメドベージェフがブレークに成功。

第6ゲーム、メドベージェフがブレークに成功(0-40)。

第7ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザマッチ。
メドベージェフがラブゲームでキープをして勝利。

準々決勝「ラオニッチ vs アンベール」

過去に対戦はなく、初対戦となります。

11/6(金) 23:30頃 開始予定 (センターコート 第2試合)
[10] ミロシュ・ラオニッチ (17)26379
ウゴ・アンベール (34)13667
試合時間:2時間18分

第10シードのミロシュ・ラオニッチ(29歳・カナダ)がウゴ・アンベール(22歳・フランス)をセットカウント2-1(6-3、3-6、7-6)で破り、ロレックス・パリ・マスターズ4年ぶり3度目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲーム、アンベールにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、ラオニッチがキープ。

第4ゲーム、ラオニッチがブレークに成功(15-40)。

第6ゲーム、ラオニッチにブレークポイントが5本(15-40、デュース1回目、2回目、3回目)ありましたが、アンベールがキープ。

第9ゲーム、ラオニッチのサービングフォーザセット。
ラオニッチがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、アンベールがブレークに成功(15-40)。

第9ゲーム、アンベールのサービングフォーザセット。
アンベールがラブゲームでキープをして第2セットを取ります。

ファイナルセット

第1ゲーム、アンベールにブレークポイントが3本(0-40)ありましたが、ラオニッチがキープ。

第2ゲーム、ラオニッチにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、アンベールがキープ。

第4ゲーム、ラオニッチにブレークポイントが2本(デュース1回目、2回目)ありましたが、アンベールがキープ。

その後はお互いにブレークポイントを与えずにキープを続け、タイブレークに突入。

1ポイント目でアンベール、3ポイント目でラオニッチ、4ポイント目と5ポイント目でアンベールがミニブレーク。

一時はアンベールが5-1とリードしますが、7ポイント目と11ポイント目(マッチポイント)でラオニッチがミニブレークをして追い付きます。

15ポイント目(アンベールのサービス2本目)でラオニッチがミニブレークをしてリードすると、次のポイントでラオニッチがサービスエースを決め、ラオニッチが勝利。

ドロー(結果)

準々決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ロレックス・パリ・マスターズの準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得pointQF後
point
20202019
1ジョコビッチ11,830欠場1,00011,830
2ナダル9,850準々決勝3603609,850
3ティーム9,125欠場909,125
4フェデラー6,630欠場06,630
5メドベージェフ5,980準々決勝360106,330
6チチパス5,9252回戦×101805,925
7ズベレフ5,015準々決勝360905,285
8ルブレフ3,8393回戦×90103,919
9シュワルツマン3,285準々決勝×180103,455
10ベレッティーニ3,0752回戦×10103,075
11モンフィス2,860欠場1802,860
12シャポバロフ2,830欠場6002,830
13B アグート2,710欠場102,710
14ラオニッチ2,265準々決勝360452,580
15ゴファン2,5552回戦×10102,555
16C ブスタ2,400準々決勝×180452,535
17フォニーニ2,400欠場102,400
18ワウリンカ2,230準々決勝×180902,320
19ディミトロフ2,260欠場3602,260
20ハチャノフ2,2451回戦×10102,245
21A アリアシム2,2161回戦×10452,216
22ガリン2,170欠場1802,170
23チョリッチ1,8202回戦×45101,855
24イズナー1,850欠場101,850
25デミノー1,8153回戦×90901,815
26ラヨビッチ1,7851回戦×10101,785
27ルード1,7391回戦×10351,739
28ペール1,738欠場451,738
29フリッツ1,6701回戦×10451,670
30アンベール1,466準々決勝×18001,646

新型コロナウイルスの影響による特例措置として、ATPファイナルズを除き、2020年3月以降に失効日を迎える2019年に獲得したポイントの期限が52週間延長されたため、今大会で獲得したポイントが2019年の同大会のポイントを上回ればポイントを入れ替えます。(ランキング対象の18大会に同じ大会を2つ含むことはできない)

・獲得ポイントが2020年>2019年だった場合
 QF後ポイント=基礎ポイント+(2020年-2019年)ポイント

・獲得ポイントが2019年≧2020年だった場合
 QF後ポイント=基礎ポイント

※表の2019年ポイントについて、2019年のロレックス・パリ・マスターズに出場していない選手は、ランキング対象の18大会のうち一番低いポイントです(グランドスラム、マスターズを除く)。

ロレックス・パリ・マスターズのポイント
ラウンドポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準々決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝までを生中継で放送。

月日ラウンド放送時間
11月6日(金)準々決勝 1&222:00~26:30
11月6日(金)準々決勝 3&426:30~8:30

NHK・BS1

NHK・BS1では、日本人選手が出場する試合を中心に決勝までをBS1またはサブチャンネルで放送。

月日ラウンド放送時間
11月6日(金)準々決勝22:00~24:00

<放送する対戦カード>
・11月6日(金) 準々決勝「シュワルツマン vs メドベージェフ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信。(大会1日目は無料)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

コメント