【2020年】ロレックス・パリ・マスターズの結果(準決勝)

2020年11月2日から11月8日(2020年第44週)にパリ(フランス)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ」の準決勝の結果、準決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準決勝の対戦カードは次のように決まりました。

準決勝「ナダル vs ズベレフ」
ナダルが勝てばロレックス・パリ・マスターズ13年ぶり2度目の決勝、ズベレフが勝てばロレックス・パリ・マスターズ初の決勝進出となります。

準決勝「メドベージェフ vs ラオニッチ」
メドベージェフが勝てばロレックス・パリ・マスターズ初の決勝、ラオニッチが勝てばロレックス・パリ・マスターズ6年ぶり2度目の決勝進出となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年 ロレックス・パリ・マスターズ 準決勝の結果

ロレックス・パリ・マスターズの準決勝の結果です。

<日程>
・11月7日(土):準決勝

スコアにある各選手の()内の数字は2020年11月2日付の世界ランキング、開始予定の日時は日本時間です。

[1] ラファエル・ナダル (2)045
[4] アレクサンダー・ズベレフ (7)267
[3] ダニール・メドベージェフ (5)2677
[10] ミロシュ・ラオニッチ (17)0464

以下、各試合の簡単な試合の振り返りです。(試合後に追記していきます)

準決勝「ナダル vs ズベレフ」

過去の対戦成績は、ナダルの5勝、ズベレフの1勝。

ハードコートでは、ナダルの2勝、ズベレフの1勝。

直近の対戦は2019年のNitto ATPファイナルズ(室内ハードコート)のラウンドロビンで、ズベレフがセットカウント2-0(6-2、6-4)で勝利しています。

11/8(日) 0:30以降 開始予定 (センターコート 第3試合)
[1] ラファエル・ナダル (2)045
[4] アレクサンダー・ズベレフ (7)267
試合時間:1時間39分

第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(23歳・ドイツ)が第1シードのラファエル・ナダル(34歳・スペイン)をセットカウント2-0(6-4、7-5)で破り、ロレックス・パリ・マスターズ初の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第2ゲーム、30-30まで行きますが、ズベレフがキープ。

第3ゲーム、ズベレフがブレークに成功(0-40)。

第5ゲーム、30-30まで行きますが、ナダルがキープ。

第10ゲーム、ズベレフのサービングフォーザセット。
ズベレフがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第3ゲーム、ズベレフがブレークに成功(デュース1回目)。

第5ゲーム、ズベレフにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ナダルがキープ。

第6ゲーム、ナダルにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ズベレフがキープ。

第7ゲーム、ズベレフにブレークポイントが4本(0-40、デュース1回目)ありましたが、ナダルがキープ。

第8ゲーム、ナダルがブレークバックに成功(30-40)。

第11ゲーム、ズベレフがブレークに成功(30-40)。

第12ゲーム、ズベレフのサービングフォーザマッチ。
ズベレフがキープをして勝利。

スタッツ

ナダルMatchズベレフ
5サービスエース13
0ダブルフォルト1
68% (46/68)ファーストサーブ確率72% (43/60)
63% (29/46)1st Serve Points Won79% (34/43)
55% (12/22)2nd Serve Points Won53% (9/17)
33% (1/3)ブレーク / チャンス38% (3/8)
11/16ネットポイント7/10
60% (41/68)Service Points Won72% (43/60)
28% (17/60)Return Points Won40% (27/68)
45% (58/128)Total Points Won55% (70/128)
1261mTotal Distance Run1267m
17ウィナー合計37
8フォアハンド11
4バックハンド11
5サーブ15
18アンフォーストエラー合計18
8フォアハンド8
10バックハンド9
0サーブ1

準決勝「メドベージェフ vs ラオニッチ」

過去の対戦成績は、メドベージェフの2勝、ラオニッチの0勝。(2戦ともハードコート)

直近の対戦は2019年のブリスベン国際(ハードコート)の準々決勝で、メドベージェフがセットカウント2-1(6-7、6-3、6-4)で勝利しています。

11/7(土) 22:00以降 開始予定 (センターコート 第2試合)
[3] ダニール・メドベージェフ (5)2677
[10] ミロシュ・ラオニッチ (17)0464
試合時間:1時間37分

第3シードのダニール・メドベージェフ(24歳・ロシア)が第10シードのミロシュ・ラオニッチ(29歳・カナダ)をセットカウント2-0(6-4、7-6)で破り、ロレックス・パリ・マスターズ初の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲーム、30-30まで行きますが、ラオニッチがキープ。

第5ゲーム、メドベージェフのブレークポイント1本(0-40)はラオニッチが凌ぎましたが、15-40でメドベージェフがブレークに成功。

第7ゲーム、デュースまで行きますが、ラオニッチがキープ。

第10ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザセット。
15-30とラオニッチがポイントを先行しますが、メドベージェフがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第6ゲーム、30-30まで行きますが、メドベージェフがキープ。

第7ゲーム、30-30まで行きますが、ラオニッチがキープ。

第8ゲーム、ラオニッチにブレークポイントが3本(30-40、デュース1回目、2回目)ありましたが、メドベージェフがキープ。

第11ゲーム、メドベージェフがブレークに成功(デュース1回目)。

第12ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザマッチ。
ラオニッチのブレークポイント3本(0-40)はメドベージェフが凌ぎましたが、デュース1回目、土壇場でラオニッチがブレークバックに成功。

タイブレーク、メドベージェフが4ポイントを連取(1ポイント目と4ポイント目でミニブレーク)し、メドベージェフが4-0とリード。

6ポイント目でラオニッチがミニブレークを1つ返しますが、メドベージェフがキープを続けて勝利。

スタッツ

メドベージェフMatchラオニッチ
7サービスエース12
3ダブルフォルト1
73% (51/70)ファーストサーブ確率69% (47/68)
80% (41/51)1st Serve Points Won81% (38/47)
53% (10/19)2nd Serve Points Won29% (6/21)
67% (2/3)ブレーク / チャンス14% (1/7)
9/11ネットポイント18/21
73% (51/70)Service Points Won65% (44/68)
35% (24/68)Return Points Won27% (19/70)
54% (75/138)Total Points Won46% (63/138)
1941mTotal Distance Run1897m
31ウィナー合計31
14フォアハンド13
7バックハンド5
10サーブ13
12アンフォーストエラー合計24
6フォアハンド17
3バックハンド6
3サーブ1

ドロー(結果)

準決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ロレックス・パリ・マスターズの準決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得pointSF後
point
20202019
1ジョコビッチ11,830欠場1,00011,830
2ナダル9,850準決勝×3603609,850
3ティーム9,125欠場909,125
4フェデラー6,630欠場06,630
5メドベージェフ5,980準決勝600106,570
6チチパス5,9252回戦×101805,925
7ズベレフ5,015準決勝600905,525
8ルブレフ3,8393回戦×90103,919
9シュワルツマン3,285準々決勝×180103,455
10ベレッティーニ3,0752回戦×10103,075
11モンフィス2,860欠場1802,860
12シャポバロフ2,830欠場6002,830
13B アグート2,710欠場102,710
14ラオニッチ2,265準決勝×360452,580
15ゴファン2,5552回戦×10102,555
16C ブスタ2,400準々決勝×180452,535
17フォニーニ2,400欠場102,400
18ワウリンカ2,230準々決勝×180902,320
19ディミトロフ2,260欠場3602,260
20ハチャノフ2,2451回戦×10102,245
21A アリアシム2,2161回戦×10452,216
22ガリン2,170欠場1802,170
23チョリッチ1,8202回戦×45101,855
24イズナー1,850欠場101,850
25デミノー1,8153回戦×90901,815
26ラヨビッチ1,7851回戦×10101,785
27ルード1,7391回戦×10351,739
28ペール1,738欠場451,738
29フリッツ1,6701回戦×10451,670
30アンベール1,466準々決勝×18001,646

新型コロナウイルスの影響による特例措置として、ATPファイナルズを除き、2020年3月以降に失効日を迎える2019年に獲得したポイントの期限が52週間延長されたため、今大会で獲得したポイントが2019年の同大会のポイントを上回ればポイントを入れ替えます。(ランキング対象の18大会に同じ大会を2つ含むことはできない)

・獲得ポイントが2020年>2019年だった場合
 SF後ポイント=基礎ポイント+(2020年-2019年)ポイント

・獲得ポイントが2019年≧2020年だった場合
 SF後ポイント=基礎ポイント

※表の2019年ポイントについて、2019年のロレックス・パリ・マスターズに出場していない選手は、ランキング対象の18大会のうち一番低いポイントです(グランドスラム、マスターズを除く)。

ロレックス・パリ・マスターズのポイント
ラウンドポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝までを生中継で放送。

月日ラウンド放送時間
11月7日()準決勝21:57~27:30

NHK・BS1

NHK・BS1では、日本人選手が出場する試合を中心に決勝までをBS1またはサブチャンネルで放送。

月日ラウンド放送時間
11月7日()準決勝22:00~26:00

<放送する対戦カード>
・11月7日(土) 準決勝「メドベージェフ vs ラオニッチ」「ナダル vs ズベレフ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信。(大会1日目は無料)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

コメント