【2020年】全仏オープンテニスの結果(準々決勝)

2020年9月27日から10月11日(2020年第39、40週)にフランスのパリで開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」の準々決勝の結果(男子シングルス・女子シングルス)、準々決勝後の暫定ランキング(男子シングルス)、放送予定を見ていきます。

男子シングルスの準々決勝の対戦カードは次のように決まりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ vs カレーニョ ブスタ [17]
[13] ルブレフ vs チチパス [5]

<ボトムハーフ>
[12] シュワルツマン vs ティーム [3]
シナー vs ナダル [2]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年 全仏オープン 準々決勝の結果

全仏オープンの男子シングルスと女子シングルスの準々決勝の結果です。

<日程>
・10月6日(火):準々決勝
・10月7日(水):準々決勝

日本とパリの時差:-7時間(日本の方が7時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2020年9月28日付の世界ランキングです。

[1] N.ジョコビッチ (1)34666
[17] P.カレーニョ ブスタ (18)16234
[13] A.ルブレフ (12)0523
[5] S.チチパス (6)3766
 
[12] D.シュワルツマン (14)377566776
[3] D.ティーム (3)261778652
J.シナー (75)06441
[2] R.ナダル (2)37766
I.シフィオンテク (54)266
M.トレヴィサン (159)031
[3] E.スビトリナ (5)024
N.ポドロスカ (131)266
 
D.コリンズ (57)1460
[4] S.ケニン (6)2646
[7] P.クビトバ (11)266
L.シグムンド (66)033

以下、男子シングルスの各試合の簡単な試合の振り返りです。(試合後に追記していきます)

準々決勝「ジョコビッチ vs カレーニョ ブスタ」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの3勝、カレーニョ ブスタの1勝。

クレーコートでは、ジョコビッチの2勝、カレーニョ ブスタの0勝。

直近の対戦は2020年の全米オープン(ハードコート)の4回戦で、第1セット途中でジョコビッチが失格処分となり、カレーニョ ブスタが勝利しています。

10/7(水) 24:00頃 開始予定 (PC 第4試合)
[1] N.ジョコビッチ (1)34666
[17] P.カレーニョ ブスタ (18)16234
試合時間:3時間10分

第1シードのノバク・ジョコビッチ(33歳・セルビア)が第17シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(29歳・スペイン)をセットカウント3-1(4-6、6-2、6-3、6-4)で破り、全仏オープン2年連続10度目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第5ゲーム、カレーニョ ブスタがブレークに成功(15-40)。

第8ゲーム、ジョコビッチのブレークポイント1本(デュース1回目)はカレーニョ ブスタが凌ぎましたが、デュース2回目でジョコビッチがブレークバックに成功。

第9ゲーム、カレーニョ ブスタのブレークポイント1本(デュース1回目)はジョコビッチが凌ぎましたが、デュース2回目でカレーニョ ブスタがブレークに成功。

第10ゲーム、カレーニョ ブスタのサービングフォーザセット。
カレーニョ ブスタがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第3ゲーム、カレーニョ ブスタにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第4ゲーム、ジョコビッチのブレークポイント1本(15-40)はカレーニョ ブスタが凌ぎましたが、30-40でジョコビッチがブレークに成功。

第5ゲーム、カレーニョ ブスタにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第8ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。
ジョコビッチがラブゲームでキープをして第2セットを取ります。

第3セット

第1ゲーム、カレーニョ ブスタにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第2ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功(デュース1回目)。

第5ゲーム、カレーニョ ブスタがブレークバックに成功(15-40)。

第7ゲーム、カレーニョ ブスタにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第8ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功(15-40)。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。
ジョコビッチがラブゲームでキープをして第3セットを取ります。

第4セット

第3ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが4本(15-40、30-40、デュース1回目、デュース2回目)ありましたが、カレーニョ ブスタがキープ。

第5ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、カレーニョ ブスタがキープ。

第7ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功(15-40)。

第8ゲーム、カレーニョ ブスタにブレークポイントが3本(15-40、30-40、デュース1回目)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第10ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザマッチ。
ジョコビッチがキープをして勝利。

準々決勝「ルブレフ vs チチパス」

過去の対戦成績は、ルブレフの2勝、チチパスの1勝。

クレーコートでは、ルブレフの1勝、チチパスの0勝。

直近の対戦は2020年のハンブルク・ヨーロピアン・オープン(クレーコート)の決勝で、ルブレフがセットカウント2-1(6-4、3-6、7-5)で勝利しています。

10/7(水) 21:00頃 開始予定 (PC 第3試合)
[13] A.ルブレフ (12)0523
[5] S.チチパス (6)3766
試合時間:1時間55分

第5シードのステファノス・チチパス(22歳・ギリシャ)が第13シードのアンドレイ・ルブレフ(22歳・ロシア)をセットカウント3-0(7-5、6-2、6-3)で破り、全仏オープン初(グランドスラム2度目)の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第2ゲーム、チチパスにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ルブレフがキープ。

第3ゲーム、ルブレフにブレークポイントが2本(デュース1回目、2回目)ありましたが、チチパスがキープ。

第5ゲーム、ルブレフがブレークに成功(15-40)。

第10ゲーム、ルブレフのサービングフォーザセット。
土壇場でチチパスがブレークバックに成功(15-40)。

第12ゲーム、30-40でチチパスがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第6ゲーム、チチパスがブレークに成功(15-40)。

第8ゲーム、30-40でチチパスがブレークをして第2セットを取ります。

第3セット

第4ゲーム、チチパスがブレークに成功(15-40)。

第6ゲーム、チチパスにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ルブレフがキープ。

第8ゲーム、チチパスにマッチポイントが1本(30-40)ありましたが、ルブレフがキープ。

第9ゲーム、チチパスのサービングフォーザマッチ。
チチパスがラブゲームでキープをして勝利。

準々決勝「シュワルツマン vs ティーム」

過去の対戦成績は、シュワルツマンの2勝、ティームの6勝。

クレーコートでは、シュワルツマンの1勝、ティームの3勝。

直近の対戦は2020年のATPカップ(ハードコート)のラウンドロビンで、ティームがセットカウント2-0(6-3、7-6)で勝利しています。

10/6(火) 21:30頃 開始予定 (PC 第3試合)
[12] D.シュワルツマン (14)377566776
[3] D.ティーム (3)261778652
試合時間:5時間8分

第12シードのディエゴ・シュワルツマン(28歳・アルゼンチン)が第3シードのドミニク・ティーム(27歳・オーストリア)をセットカウント3-2(7-6、5-7、6-7、7-6、6-2)で破り、グランドスラム初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲーム、シュワルツマンにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、ティームがキープ。

第6ゲーム、ティームのブレークポイント1本(15-40)はシュワルツマンが凌ぎましたが、30-40でティームがブレークに成功。

第7ゲーム、シュワルツマンがブレークバックに成功(15-40)。

第8ゲームでティームにブレークポイントが2本(15-40)、第9ゲームでシュワルツマンにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、お互いにキープ。

タイブレーク、シュワルツマンが5ポイントを連取(ミニブレーク3本)して5-0とリード。

6ポイント目でティームが1本ミニブレークを返しますが、8ポイント目でシュワルツマンがミニブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第1ゲーム、ティームがブレークに成功(15-40)。

第6ゲーム、シュワルツマンのブレークポイント1本(15-40)はティームが凌ぎましたが、30-40でシュワルツマンがブレークバックに成功。

第9ゲーム、ティームにブレークポイントが7本(0-40、デュース1回目、4回目、6回目、7回目)ありましたが、デュース8回目でシュワルツマンがキープ。

第11ゲーム、ティームがブレークに成功(15-40)。

第12ゲーム、ティームのサービングフォーザセット。
ティームがキープをして第2セットを取ります。

第3セット

第1ゲーム、ティームのブレークポイント2本(0-40、15-40)はシュワルツマンが凌ぎましたが、30-40でティームがブレークに成功。

第2ゲーム、シュワルツマンがブレークバックに成功(15-40)。

第4ゲーム、シュワルツマンがブレークに成功(15-40)。

第5ゲーム、ティームのブレークポイント1本(15-40)はシュワルツマンが凌ぎましたが、30-40でティームがブレークバックに成功。

第8ゲーム、シュワルツマンがブレークに成功(15-40)。

第9ゲーム、シュワルツマンのサービングフォーザセット。
土壇場でティームがブレークバックに成功(0-40)。

第10ゲーム、シュワルツマンにセットポイントが1本(30-40)ありましたが、ティームがキープ。

第11ゲーム、ティームがブレークに成功(30-40)。

第12ゲーム、ティームのサービングフォーザセット。
土壇場でシュワルツマンがブレークバックに成功(15-40)。

タイブレーク、ティームが0-1から5ポイントを連取(ミニブレーク2本)して5-1とリードしますが、7ポイント目と11ポイント目でシュワルツマンがミニブレークをして追い付きます。

6-6のシュワルツマンのサービス2本目でティームがミニブレークをして7-6とリードすると、続くティームのサービス1本目でティームがキープをして第3セットを取ります。

第4セット

第2ゲーム、ティームがブレークに成功(30-40)。

第3ゲーム、シュワルツマンがブレークバックに成功(30-40)。

第5ゲーム、シュワルツマンのブレークポイント1本(30-40)はティームが凌ぎましたが、デュース1回目でシュワルツマンがブレークに成功。

第10ゲーム、シュワルツマンのサービングフォーザセット。
40-0とシュワルツマンにセットポイントが来ますが、ここからティームが5連続でポイントを取り、土壇場でティームがブレークバックに成功。

第11ゲーム、シュワルツマンにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ティームがキープ。

タイブレーク、ミニブレーク合戦の展開となります。

3ポイント目でティーム、5ポイント目でシュワルツマン、7ポイント目でティーム、8ポイント目と9ポイント目でシュワルツマン、10ポイント目でティームがミニブレークをして5-5。

5-6とシュワルツマンにセットポイントが来てのティームのサービス1本目、ティームにバックハンドのミスが出て、シュワルツマンがミニブレークをして第4セットを取ります。

ファイナルセット

第6ゲーム、シュワルツマンがブレークに成功(0-40)。

第8ゲーム、30-40でシュワルツマンがブレークをして勝利。

準々決勝「シナー vs ナダル」

過去に対戦はなく、初対戦となります。

10/6(火) 26:30頃 開始予定 (PC 第5試合)
J.シナー (75)06441
[2] R.ナダル (2)37766
試合時間:2時間49分

第2シードのラファエル・ナダル(34歳・スペイン)がヤニック・シナー(19歳・イタリア)をセットカウント3-0(7-6、6-4、6-1)で破り、全仏オープン4年連続13度目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第5ゲーム、シナーにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ナダルがキープ。

第11ゲーム、シナーのブレークポイント2本(15-40、30-40)はナダルが凌ぎましたが、デュース1回目でシナーがブレークに成功。

第12ゲーム、シナーのサービングフォーザセット。
ナダルのブレークポイント2本(15-40、30-40)はシナーが凌ぎましたが、デュース1回目、土壇場でナダルがブレークバックに成功。

タイブレーク、6ポイント目と7ポイント目のシナーのサービス2本をナダルが連続でミニブレークをして5-2とリード。

8ポイント目でシナーがミニブレークを1つ返しますが、11ポイント目でナダルがミニブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第4ゲーム、シナーのブレークポイント2本(0-40、15-40)はナダルが凌ぎましたが、30-40でシナーがブレークに成功。

第5ゲーム、ナダルがブレークバックに成功(30-40)。

第9ゲーム、ナダルがブレークに成功(デュース1回目)。

第10ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。
ナダルがキープをして第2セットを取ります。

第3セット

第1ゲーム、ナダルがブレークに成功(15-40)。

第3ゲーム、ナダルがブレークに成功(0-40)。

第7ゲーム、0-40でナダルがブレークをして勝利。

ドロー(準々決勝・ベスト32・結果)

準々決勝後の暫定ランキング(男子シングルス・トップ30+α)

全仏オープンの準々決勝終了時点での男子シングルスの暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得pointQF後
point
20202019
1ジョコビッチ11,260準々決勝72072011,260
2ナダル9,850準々決勝7202,0009,850
3ティーム9,125準々決勝×3601,2009,125
4フェデラー6,630欠場7206,630
5チチパス5,385準々決勝7201805,925
6メドベージェフ5,8901回戦×10105,890
7ズベレフ4,6504回戦×1803604,650
8シュワルツマン2,505準々決勝720453,180
9ベレッティーニ3,0303回戦×90453,075
10ルブレフ2,659準々決勝×360452,974
11モンフィス2,8601回戦×101802,860
12シャポバロフ2,6602回戦×45102,695
13B アグート2,6653回戦×90902,665
14ゴファン2,5551回戦×10902,555
15C ブスタ2,130準々決勝×360902,400
16フォニーニ2,4001回戦×101802,400
17ハチャノフ2,2004回戦×1803602,200
18ワウリンカ2,1853回戦×903602,185
19ディミトロフ2,0554回戦×180902,145
20ガリン2,0903回戦×90452,135
21ラオニッチ2,040欠場02,040
22A アリアシム2,0211回戦×10452,021
23イズナー1,8052回戦×4501,850
24ラヨビッチ1,7852回戦×45901,785
25ルード1,7393回戦×90901,739
26ペール1,7382回戦×451801,738
27チョリッチ1,6701回戦×10901,670
28フリッツ1,6253回戦×90451,670
29デミノー1,6651回戦×10451,665
30クライノビッチ1,6281回戦×10901,628
31フルカチ1,4681回戦×10101,468
32シュトルフ1,4502回戦×451801,450
33バシラシビリ1,3951回戦×10101,395
34エバンズ1,3841回戦×10101,384
35錦織 圭1,3452回戦×453601,345

新型コロナウイルスの影響による特例措置として、ATPファイナルズを除き、2020年3月以降に失効日を迎える2019年に獲得したポイントの期限が52週間延長されたため、今大会で獲得したポイントが2019年の同大会のポイントを上回ればポイントを入れ替えます。(ランキング対象の18大会に同じ大会を2つ含むことはできない)

・獲得ポイントが2020年>2019年だった場合
 QF後ポイント=基礎ポイント+(2020年-2019年)ポイント

・獲得ポイントが2019年≧2020年だった場合
 QF後ポイント=基礎ポイント

※表の2019年ポイントについて、2019年の全仏オープンに出場していない選手はランキング対象の18大会のうち一番低いポイントです(グランドスラム、マスターズを除く)。

暫定ランキング(ポイント)に間違いが見つかれば修正します。

全仏オープンのポイント
ラウンドポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準々決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)、テレビ東京での放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。(大会初日は無料放送)

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

放送する対戦カード、詳しい放送スケジュールについては『WOWOW放送内容・放送スケジュール』でご確認ください。

月日ラウンド放送時間
10月6日(火)準々決勝 (男女S)18:50~
10月7日(水)準々決勝 (男女S)18:50~

テレビ東京(地上波)

テレビ東京では、全仏オープンを地上波独占放送。

月日ラウンド放送時間
10月6日(火)準々決勝 (ハイライト)26:35~26:55
10月7日(水)準々決勝 (ハイライト)25:58~26:18

コメント