【2019年】ブリスベン国際の結果(ATP250)


2018年12月31日から2019年1月6日(2019年第1週)にブリスベン(オーストラリア)で開催されるATP250「ブリスベン国際」の1回戦から決勝までの結果、放送予定を見ていきます。

日本勢では錦織圭(第2シード)、西岡良仁、内山靖崇、ダニエル太郎(ラッキールーザー)が出場。

第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦からの出場となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 ブリスベン国際の結果

ATP250「ブリスベン国際」の1回戦から決勝までの結果です。

日本とブリスベンの時差:+1時間(日本の方が1時間遅れています)

※以下、スコアにある各選手の()内の数字は2018年12月31日付の世界ランキングです。

1回戦

トップハーフ

第1シードのナダルがwithdrawとなり、ラッキールーザーでダニエル太郎が出場。

[LL] ダニエル 太郎 (77)
Bye
タナシ・コキナキス (146) 0 66 4
ジョーウィルフリード・ツォンガ (239) 2 78 6
 
アレックス・ボルト (154) 0 3 0
ジョーダン・トンプソン (72) 2 6 6
アレクセイ・ポピュリン (147) 0 2 2
[7] アレックス・デミノー (31) 2 6 6
 
[4] ダニール・メドベージェフ (16)
Bye
ジェームズ・ダックワース (234) 0 3 4
アンディ・マレー (240) 2 6 6
 
レオナルド・メイヤー (56) 0 3 1
ミオミル・ケツマノビッチ (131) 2 6 6
アルヤズ・ベデネ (67) 0 0 3
[5] ミロシュ・ラオニッチ (18) 2 6 6
ボトムハーフ
[8] ニック・キリオス (35) 2 77 5 77
ライアン・ハリソン (62) 1 65 7 65
ジェレミー・シャルディ (40) 2 4 6 6
ヤン レナード・シュトルフ (57) 1 6 3 4
 
内山 靖崇 (185) 2 6 78
ウゴ・アンベール (102) 0 4 66
Bye
[3] カイル・エドマンド (14)
 
[6] グリゴール・ディミトロフ (19) 2 6 6
西岡 良仁 (75) 0 3 4
ジョン・ミルマン (38) 2 78 66 6
テニーズ・サンドグレン (61) 1 66 78 0
 
テイラー・フリッツ (49) 1 65 77 4
デニス・クドラ (63) 2 77 62 6
Bye
[2] 錦織 圭 (9)

内山がアンベールをセットカウント2-0(6-4、7-6)で破り、2回戦進出を決めました。

西岡は第6シードのディミトロフにセットカウント0-2(3-6、4-6)で敗れ、初戦敗退となりました。

2回戦

トップハーフ
[LL] ダニエル 太郎 (77) 0 65 3
ジョーウィルフリード・ツォンガ (239) 2 77 6
ジョーダン・トンプソン (72) 0 4 2
[7] アレックス・デミノー (31) 2 6 6
 
[4] ダニール・メドベージェフ (16) 2 7 6
アンディ・マレー (240) 0 5 2
ミオミル・ケツマノビッチ (131) 0 3 62
[5] ミロシュ・ラオニッチ (18) 2 6 77

ラッキールーザーで出場のダニエルはツォンガにセットカウント0-2(6-7、3-6)で敗れ、初戦敗退となりました。

ボトムハーフ
[8] ニック・キリオス (35) 1 77 2 3
ジェレミー・シャルディ (40) 2 65 6 6
内山 靖崇 (185) 2 78 6
[3] カイル・エドマンド (14) 0 66 4
 
[6] グリゴール・ディミトロフ (19) 2 6 6
ジョン・ミルマン (38) 0 3 4
デニス・クドラ (63) 0 5 2
[2] 錦織 圭 (9) 2 7 6

内山が第3シードのエドマンドをセットカウント2-0(7-6、6-4)で破り、準々決勝進出を決めました。

第2シードの錦織がクドラをセットカウント2-0(7-5、6-2)で破り、準々決勝進出を決めました。

錦織の2回戦の結果については、『 錦織 vs クドラ 』の記事で詳しく紹介しています。

準々決勝

トップハーフ
ジョーウィルフリード・ツォンガ (239) 2 6 77
[7] アレックス・デミノー (31) 0 4 62
[4] ダニール・メドベージェフ (16) 2 62 6 6
[5] ミロシュ・ラオニッチ (18) 1 77 3 4
ボトムハーフ
ジェレミー・シャルディ (40) 2 6 3 77
内山 靖崇 (185) 1 4 6 64
[6] グリゴール・ディミトロフ (19) 0 5 5
[2] 錦織 圭 (9) 2 7 7

内山はシャルディにセットカウント1-2(4-6、6-3、6-7)で敗れ、準々決勝で敗退となりました。

第2シードの錦織が第6シードのディミトロフをセットカウント2-0(7-5、7-5)で破り、準決勝進出を決めました。

錦織の準々決勝の結果については、『 錦織 vs ディミトロフ 』の記事で詳しく紹介しています。

準決勝

トップハーフ
ジョーウィルフリード・ツォンガ (239) 0 66 2
[4] ダニール・メドベージェフ (16) 2 78 6

第4シードのメドベージェフがツォンガをセットカウント2-0(7-6、6-2)で破り、ブリスベン国際初の決勝進出を決めました。

ボトムハーフ
ジェレミー・シャルディ (40) 0 2 2
[2] 錦織 圭 (9) 2 6 6

第2シードの錦織がシャルディをセットカウント2-0(6-2、6-2)で破り、ブリスベン国際2年ぶり2回目の決勝進出を決めました。

錦織の準決勝の結果については、『 錦織 vs シャルディ 』の記事で詳しく紹介しています。

決勝「メドベージェフ vs 錦織」

決勝は日本時間の1月6日(日)18時以降に開始予定。(第3試合)

[4] ダニール・メドベージェフ (16) 1 4 6 2
[2] 錦織 圭 (9) 2 6 3 6
試合時間:2時間4分

第2シードの錦織圭(29歳・日本)が第4シードのダニール・メドベージェフ(22歳・ロシア)をセットカウント2-1(6-4、3-6、6-2)で破り、ブリスベン国際初優勝を飾りました。

錦織は2016年2月メンフィス・オープン以来の約2年11か月ぶりのツアー優勝で、ツアー通算12回目の優勝となりました。

決勝の結果については、『 錦織 vs メドベージェフ 』の記事で詳しく紹介しています。

ハイライト動画

ブリスベン国際・決勝「錦織 vs メドベージェフ」のハイライト動画です。

Daniil Medvedev v Kei Nishikori match highlights (Final)

ドロー表(結果)


放送予定(WOWOW)

WOWOWで1回戦から決勝までを生中継で放送予定。

また、男女混合国別対抗戦のホップマンカップも放送予定。

※12月29日(土)から1月2日(水)まで無料放送

日付 ブリスベン ホップマン 開始時間
12月29日() グループA/B 10:55, 18:30
12月30日() グループA/B 11:00, 18:30
12月31日(月) 1回戦 グループB 10:00, 17:55
1月1日(火) 1回戦/2回戦 グループB 10:00, 17:55
1月2日(水) 2回戦 グループA 10:00, 17:55
1月3日(木) 準々決勝 グループB 11:00, 17:55
1月4日(金) 準々決勝 グループA 11:00, 17:55
1月5日() 準決勝 決勝 14:00, 17:00
1月6日() 決勝 17:55

コメント

  1. 尾崎 正英 より:

    昨年から貴ブログを拝読させて頂いております。今年の最初の試合もテレビ観戦と併せて貴ブログの記載で、錦織選手の活躍をじっくりと味わうことができ、大変嬉しく思います。優勝を共に喜び、今後の活躍をまた応援していきたいと思います。素敵な記事を今後ともよろしくお願いします。有り難うございます。

    • ありがとうございます。
      シーズン開幕から錦織選手のすばらしいプレーと優勝という最高の結果を共有できてうれしい限りです。
      今後もテニス観戦のお役に立てるような記事を書いていきたいと思いますので、こちらこそよろしくお願いします。