【ブリスベン】準決勝「錦織 vs シャルディ」の結果(2019年)


2018年12月31日から2019年1月6日(2019年第1週)にブリスベン(オーストラリア)で開催のATP250「ブリスベン国際」。

錦織圭の準決勝の対戦相手は、世界ランキング40位のジェレミー・シャルディ(31歳・フランス)。

錦織とシャルディのプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報

過去の対戦成績は、錦織の6勝、シャルディの2勝。

ハードコートでは、錦織の4勝、シャルディの0勝。

直近の対戦は2017年の全仏オープン(クレー)の2回戦で、錦織がセットカウント3-0(6-3、6-0、7-6)で勝利しています。

※2019年1月5日時点(試合前)

錦織 圭 シャルディ
6 勝 対戦成績 2 勝
9位 (4位) 最新ランク (最高) 40位 (25位)
日本 国籍 フランス
29歳 年齢 31歳
1989年12月29日 生年月日 1987年2月12日
178cm / 73kg 身長 / 体重 188cm / 75kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 両手
2007年 プロ転向 2005年
2勝0敗 2019年成績 3勝0敗
0回 2019年優勝回数 0回
376勝176敗 通算成績 251勝253敗
11回 通算優勝回数 1回

準決勝「錦織 vs シャルディ」の結果

1月5日(土):Pat Rafter Arenaの第3試合

ブリスベン国際 準決勝(ハード)
[2] 錦織 圭 (9位) 2 6 6
ジェレミー・シャルディ (40位) 0 2 2
試合時間:1時間6分

第2シードの錦織圭(29歳・日本)がジェレミー・シャルディ(31歳・フランス)をセットカウント2-0(6-2、6-2)で破り、ブリスベン国際2年ぶり2回目の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 6
シャルディ 2
○:キープ、●:ブレーク

シャルディのサービスで試合開始。

第1ゲーム、ラリー戦での錦織のポイント、錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント(0-30)、シャルディのフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、ファーストサーブでのポイント、サービスエース(40-30)、シャルディのフォアハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、シャルディのサービスエースと錦織のリターンミスがあり、シャルディがキープ

第2ゲーム、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、錦織がラブゲームでキープ

第3ゲーム、錦織のフォアハンドのミス、シャルディのファーストサーブでのポイント、シャルディのフォアハンドの威力のあるショットでのポイント(40-0)、錦織のボレーのウィナー、シャルディのサービスエースがあり、シャルディがキープ

第4ゲーム、錦織のセカンドサーブでのポイント、シャルディのバックハンドのミス、シャルディの見事なフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナー、錦織のフォアハンドに回り込んでの見事なダウンザラインへのウィナー(40-15)、シャルディのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、錦織のバックハンドのストレートへの深いショットでのポイントがあり、錦織がキープ

第5ゲーム、シャルディのダブルフォルトとフォアハンドのミス(0-30)、サービスエース、シャルディのもったいないフォアハンドのミスがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

シャルディにまたもフォアハンドのミスが出て、錦織がブレークに成功。(シャルディの自滅)

第6ゲーム、錦織のバックハンドのスライスでのアプローチショットでのポイント、錦織のサーブアンドボレーがアウト、シャルディのリターンミス、錦織の連続攻撃でのポイント(40-15)、錦織のボレーのウィナーがあり、錦織がキープ

第7ゲーム、錦織の深いリターンでのポイント、シャルディのバックハンドのミス、錦織のパッシングショットでのポイントがあり、0-40と錦織にブレークポイントが来ます。

シャルディがサービスエースで1本凌ぎますが、錦織が深いリターンでポイントを取り、錦織がブレークに成功

第8ゲーム、錦織のサービングフォーザセット。
錦織のバックハンドのミス、シャルディの深いリターンでのポイント(0-30)、ラリー戦でのシャルディのフォアハンドのミス、錦織のサーブアンドボレーのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、40-30と錦織にセットポイントが来ますが、錦織にダブルフォルトが出て、デュースへ。

デュース1回目、シャルディのバックハンドのミス、錦織のファーストサーブでのポイントがあり、錦織が第1セットを先取

錦織 第1セット シャルディ
0 サービスエース 5
1 ダブルフォルト 1
70% (16/23) ファーストサーブ確率 57% (13/23)
75% (12/16) 1st Serve Points Won 54% (7/13)
71% (5/7) 2nd Serve Points Won 40% (4/10)
67% (2/3) ブレーク / チャンス 0% (0/0)
74% (17/23) Service Points Won 48% (11/23)
52% (12/23) Return Points Won 26% (6/23)
63% (29/46) Total Points Won 37% (17/46)
6 Winner 7
5 Unforced error 14

第2セット

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 6
シャルディ 2
○:キープ、●:ブレーク

シャルディのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、シャルディのセカンドサーブでのポイント、錦織のリターンでのポイント、錦織の深いリターンでのポイント(15-30)、シャルディのサービスエースとファーストサーブでのポイント(40-30)、ダブルフォルトがあり、デュースへ。

デュース1回目、シャルディのフォアハンドのドライブボレーのウィナー、サービスエースがあり、シャルディがキープ

第2ゲーム、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー、シャルディのフォアハンドに回り込んでのリターンエース、錦織のダブルフォルト(15-30)、錦織のファーストサーブでのポイント、錦織のアプローチショットのミスがあり、30-40とシャルディにブレークポイントが来ます。

シャルディにバックハンドのミスが出て、デュースへ。

デュース1回目、シャルディが先にネットに出てプレッシャーを掛けてポイントを取り、シャルディに再びブレークポイントが来ますが、ラリー戦でシャルディにバックハンドのミスが出ます。

デュース2回目、コートの外から入れる錦織の見事なフォアハンドのダウンザラインへのウィナー(錦織吠える)、錦織の連続攻撃でのポイントがあり、錦織がキープ

第3ゲーム、錦織のフォアハンドの深いショットでのポイント、シャルディのサービスエース、すばらしいコートカバーリングを見せた錦織のパッシングショットでのポイント(15-30)、シャルディのハーフボレーでのポイント、サービスエース(40-30)、サービスエースがあり、シャルディがキープ

第4ゲーム、錦織のフォアハンドのクロスへのショットでのポイント、バックハンドのクロスへのパッシングショットでのポイント、シャルディのフォアハンドのリターンエース、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー(40-15)、錦織のセカンドサーブでのポイントがあり、錦織がキープ

第5ゲーム、すばらしいコートカバーリングを見せた錦織のフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、シャルディのフォアハンドのクロスへのショットでのポイント(15-15)、シャルディのフォアハンドのミス、ラリー戦での錦織のポイントがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

錦織が絶妙なロブショットでシャルディの体勢を崩してからフォアハンドの逆クロスへのショットでポイントを取り、錦織がブレークに成功

第6ゲーム、錦織のボレーのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのウィナー、サービスエース、シャルディのリターンミスがあり、錦織がラブゲームでキープ

第7ゲーム、シャルディのバックハンドのミス、ダブルフォルト、錦織のバックハンドのクロスへのドライブボレーのウィナーがあり、0-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ファーストサーブに対して錦織の見事なバックハンドのクロスへのリターンエースが決まり、錦織がブレークに成功

第8ゲーム、錦織のサービングフォーザマッチ。
錦織の見事なフォアハンドのクロスへのウィナー、フォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、バックハンドのスライスでのアプローチショットでのポイントがあり、40-15と錦織にマッチポイントが来ます。

錦織のサービスエースが決まり、錦織が勝利

錦織 第2セット シャルディ
2 サービスエース 5
1 ダブルフォルト 2
71% (17/24) ファーストサーブ確率 61% (14/23)
82% (14/17) 1st Serve Points Won 57% (8/14)
57% (4/7) 2nd Serve Points Won 22% (2/9)
100% (2/2) ブレーク / チャンス 0% (0/2)
75% (18/24) Service Points Won 43% (10/23)
57% (13/23) Return Points Won 25% (6/24)
66% (31/47) Total Points Won 34% (16/47)
11 Winner 8
3 Unforced error 12

ハイライト動画

ブリスベン国際・準決勝「錦織 vs シャルディ」のハイライト動画です。

Jérémy Chardy v Kei Nishikori match highlights (SF) | Brisbane International 2019

試合振り返り・スタッツ

第1セット、お互いに良い立ち上がりを見せる中、第5ゲームでシャルディが突如崩れ、シャルディの自滅(ダブルフォルトとフォアハンドのミス3本)で錦織がブレークに成功。

第7ゲームも錦織がブレークをして第1セットを先取。

第2セット、第2ゲームでシャルディが開き直ってリターンから積極的に攻撃を仕掛けてきたこともあり、錦織にとっては危ない時間帯となりましたが、シャルディのミスと錦織のスーパーショットなどがあり、錦織がキープ。

その後は錦織が主導権を握り、第5ゲームと第7ゲームを錦織がブレークをしてストレートで勝利。

まったく隙がない錦織のプレーの前に最後シャルディは笑うしかないというほど、錦織の完勝の内容でした。

久しぶりの優勝まであと1勝。決勝でもまたすばらしいパフォーマンスを発揮して優勝をつかみ取って欲しいです。

錦織 Match シャルディ
2 サービスエース 10
2 ダブルフォルト 3
70% (33/47) ファーストサーブ確率 59% (27/46)
79% (26/33) 1st Serve Points Won 56% (15/27)
64% (9/14) 2nd Serve Points Won 32% (6/19)
80% (4/5) ブレーク / チャンス 0% (0/2)
74% (35/47) Service Points Won 46% (21/46)
54% (25/46) Return Points Won 26% (12/47)
65% (60/93) Total Points Won 35% (33/93)
17 Winner 15
8 Unforced error 26

錦織の決勝の対戦相手は!?

錦織圭のブリスベン国際の決勝の対戦相手は、世界ランキング16位のダニール・メドベージェフ(22歳・ロシア)。

過去の対戦成績は、錦織の1勝、メドベージェフの1勝。

ハードコートでは、錦織の0勝、メドベージェフの1勝。

直近の対戦は2018年の楽天ジャパン・オープン(室内ハード)の決勝で、メドベージェフがセットカウント2-0(6-2、6-4)で勝利しています。

決勝「錦織 vs メドベージェフ」の結果

コメント