【2018年】全米オープンテニスの結果(4回戦)


2018年8月27日から9月9日(2018年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープンテニス(USオープン)」の4回戦の結果、4回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

ここまで上位8シードのうち第4シードのA.ズベレフと第8シードのディミトロフが姿を消しましたが、優勝候補のナダル、フェデラー、ジョコビッチ、デルポトロは順当な勝ち上がりを見せています。

錦織の4回戦の試合は、日本時間の9月4日(火) 午前0時に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 全米オープン 4回戦の結果

全米オープンの4回戦の結果です。

<日程(現地時間)>
・9月2日(日):4回戦 トップハーフ
・9月3日(月):4回戦 ボトムハーフ

日本とニューヨークの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます)

※以下、スコアにある各選手の()内の数字は2018年8月27日付のランキングです。

4回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル (1)366666
ニコロズ・バシラシビリ (37)133784
[9] ドミニク・ティエム (9)37677
[5] ケビン・アンダーソン (5)05262

第1シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)がニコロズ・バシラシビリ(26歳・ジョージア)を6-3、6-3、6-7、6-4のセットカウント3-1で破り、全米オープン2年連続8回目の準々決勝進出を決めました。

第9シードのドミニク・ティエム(24歳・オーストリア)が第5シードのケビン・アンダーソン(32歳・南アフリカ)を7-5、6-2、7-6のストレートで破り、全米オープン初の準々決勝進出を決めました。

4回戦(トップハーフ・デルポトロ山)

[3] フアン マルティン・デルポトロ (3)3666
[20] ボルナ・チョリッチ (20)0431
[11] ジョン・イズナー (11)336636
[25] ミロシュ・ラオニッチ (24)263462

第3シードのフアン マルティン・デルポトロ(29歳・アルゼンチン)が第20シードのボルナ・チョリッチ(21歳・クロアチア)を6-4、6-3、6-1のストレートで破り、全米オープン3年連続6回目の準々決勝進出を決めました。

第11シードのジョン・イズナー(33歳・アメリカ)が第25シードのミロシュ・ラオニッチ(27歳・カナダ)を3-6、6-3、6-4、3-6、6-2のフルセットの末に破り、全米オープン7年ぶり2回目の準々決勝進出を決めました。

4回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

錦織の4回戦の試合は、日本時間の9月4日(火) 午前0時に開始予定。(ルイ・アームストロング・スタジアムの第1試合)

[7] マリン・チリッチ (7)37866
[10] ダビド・ゴファン (10)06624
[21] 錦織 圭 (19)3667
フィリップ・コールシュライバー (34)0325

第7シードのマリン・チリッチ(29歳・クロアチア)が第10シードのダビド・ゴファン(27歳・ベルギー)を7-6、6-2、6-4のストレートで破り、全米オープン3年ぶり5回目の準々決勝進出を決めました。

第21シードの錦織圭(28歳・日本)がフィリップ・コールシュライバー(34歳・ドイツ)を6-3、6-2、7-5のストレートで破り、全米オープン2年ぶり3回目の準々決勝進出を決めました。

錦織の4回戦の結果については、『 錦織 vs コールシュライバー 』の記事で詳しく紹介しています。

4回戦(ボトムハーフ・フェデラー山)

[6] ノバク・ジョコビッチ (6)3666
ジョアン・ソウザ (68)0343
ジョン・ミルマン (55)3377977
[2] ロジャー・フェデラー (2)1656763

第6シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)がジョアン・ソウザ(29歳・ポルトガル)を6-3、6-4、6-3のストレートで破り、全米オープン2年ぶり11回目の準々決勝進出を決めました。

ジョン・ミルマン(29歳・オーストラリア)が第2シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)を3-6、7-5、7-6、7-6のセットカウント3-1で破り、グランドスラム初の準々決勝進出を決めました。

予想もしていなかった、まさかのフェデラーの4回戦敗退。

フェデラーが第1セットを先取して、第2セットもフェデラーが先にブレークをしてこのままフェデラーのペースで試合が進むかと思われましたが、第10ゲームのサービングフォーザセットでフェデラーがセットポイント2本を決めきれず、ミルマンが土壇場でブレークバックに成功。

ミルマンが第12ゲームもブレークをして第2セットを取ると、ミルマンのプレーがさらに良くなり、第3セットもミルマンが取ります。

第4セットではフェデラーが第6ゲームで先にブレークをしますが、第7ゲームで40-30のフェデラーのゲームポイントの場面でフェデラーに信じられないボレーミスが出て、デュースの末にミルマンがブレークバックに成功。

暑さで疲れているのかフェデラーはストロークミスとリターンミスが多く、タイブレークでは4ポイント目と5ポイント目でフェデラーの連続ダブルフォルトもあり、ミルマンが勝利。

ミルマンが気持ちの入ったすばらしいプレーを見せる一方で、フェデラーらしくないプレーの連続に会場の観客も信じられない光景を見ている感じで異様な雰囲気となっていました。(フェデラーのウィナー65本、アンフォーストエラー76本)

ドロー表(ベスト32・結果)

4回戦後の暫定ランキング(トップ30)

全米オープンの4回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
4R後
point
1ナダル8,0404回戦3608,400
2フェデラー6,7204回戦×1806,900
3デルポトロ4,7804回戦3605,140
4A.ズベレフ4,8003回戦×904,890
5ジョコビッチ4,4454回戦3604,805
6チリッチ4,3554回戦3604,715
7ディミトロフ3,7451回戦×103,755
8ティエム3,3054回戦3603,665
9アンダーソン3,4154回戦×1803,595
10イズナー3,1104回戦3603,470
11ゴファン3,2554回戦×1803,435
12フォニーニ2,1802回戦×452,225
13錦織 圭1,7554回戦3602,115
14シュワルツマン2,0203回戦×902,110
15チチパス1,9172回戦×451,962
16エドマンド1,8451回戦×101,855
17ソック1,8052回戦×451,850
18チョリッチ1,6454回戦×1801,825
19プイユ1,7353回戦×901,825
20ラオニッチ1,5754回戦×1801,755
21C ブスタ1,7052回戦×451,750
22チェッキナート1,6861回戦×101,696
23チョン1,5852回戦×451,630
24ガスケ1,5253回戦×901,615
25ハチャノフ1,5153回戦×901,605
26B アグート1,5601回戦×101,570
27キリオス1,3353回戦×901,425
28ズムル1,3851回戦×101,395
29ベルダスコ1,2853回戦×901,375
30ジョンソン1,2952回戦×451,340

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年9月・全米オープン後)』をご覧ください。

全米オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

4回戦の放送予定

WOWOWでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

詳しい放送・配信スケジュールについては『 WOWOW放送スケジュール 』でご確認ください。

日付ラウンド放送時間
9月3日(月)4回戦 (男女S)0:00~, 7:55~
9月4日(火)4回戦 (男女S)0:00~, 7:55~

・S:シングルス
・デイセッション:午前0:00~、ナイトセッション:午前7:55~

2018年 全米オープン その他の結果

コメント

  1. 蘭子 より:

    いつも拝見してます。試合結果 ランキング推移 獲得ポイントなどスピーディーな対応で楽しみです。これからも応援してます。