ATPランキング試算(2018年9月・全米オープン後)


2018年8月27日から9月9日(2018年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープンテニス(USオープン)」。

今回はランキング上位30名の全米オープン後の9月10日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年9月10日付のランキング試算

はじめに、2018年9月10日付のランキングについて、2017年の全米オープンでのポイントが2018年9月10日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2017年全米オープンの振り返り

まずはトップ30の2017年の全米オープンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第1シードのラファエル・ナダルが第28シードのケビン・アンダーソンを6-3、6-3、6-4のストレートで破り、2013年以来となる全米オープン3回目の優勝を飾りました。

2017年全米オープンの決勝の結果はこちら

第12シードのカレーニョ ブスタと第24シードのデルポトロがベスト4。

第3シードのフェデラー、第17シードのクエリー、第29シードのシュワルツマン、ルブレフがベスト8。

錦織は右手首の怪我で全米オープンを欠場。

順位選手名8月27日
point
2017年
全米OP
1ナダル10,040優勝
2フェデラー7,080ベスト8
3デルポトロ5,500ベスト4
4A.ズベレフ4,8452回戦
5アンダーソン4,615準優勝
6ジョコビッチ4,445
7チリッチ4,4453回戦
8ディミトロフ3,7902回戦
9ティエム3,4854回戦
10ゴファン3,4354回戦
11イズナー3,2003回戦
12カレーニョ ブスタ2,425ベスト4
13シュワルツマン2,380ベスト8
14フォニーニ2,1901回戦
15チチパス2,042予選3回戦
16エドマンド1,9353回戦
17プイユ1,9154回戦
18ソック1,8151回戦
19錦織 圭1,755
20チョリッチ1,7353回戦
21チェッキナート1,734予選1回戦
22バウティスタ アグート1,6503回戦
23チョン1,6302回戦
24ラオニッチ1,575
25ガスケ1,5351回戦
26ハチャノフ1,5251回戦
27ズムル1,4753回戦
28シャポバロフ1,3854回戦
29マナリノ1,3653回戦
30キリオス1,3451回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名8月27日
point
失効
point
基礎
point
1ナダル10,0402,0008,040
2フェデラー7,0803606,720
3デルポトロ5,5007204,780
4A.ズベレフ4,845454,800
5アンダーソン4,6151,2003,415
6ジョコビッチ4,44504,445
7チリッチ4,445904,355
8ディミトロフ3,790453,745
9ティエム3,4851803,305
10ゴファン3,4351803,255
11イズナー3,200903,110
12カレーニョ ブスタ2,4257201,705
13シュワルツマン2,3803602,020
14フォニーニ2,190102,180
15チチパス2,042125*1,917
16エドマンド1,935901,845
17プイユ1,9151801,735
18ソック1,815101,805
19錦織 圭1,75501,755
20チョリッチ1,735901,645
21チェッキナート1,73448*1,686
22バウティスタ アグート1,650901,560
23チョン1,630451,585
24ラオニッチ1,57501,575
25ガスケ1,535101,525
26ハチャノフ1,525101,515
27ズムル1,475901,385
28シャポバロフ1,3852051,180
29マナリノ1,365901,275
30キリオス1,345101,335
  • 8月27日ポイント
  • 2018年8月27日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年9月10日に失効日を迎える2017年の全米オープンのポイント。

    ※チチパスとチェッキナートはチャレンジャー大会のポイントが9月10日に失効します。(両選手とも2017年の全米オープンは予選で敗退となり、獲得したポイントはランキング対象の18大会に含まれていません。)

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「8月27日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2018年の全米オープンのポイントを加算すれば、次回発表される9月10日付のATPランキングと同じになります。

※基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

全米オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル8,040
2フェデラー6,720
3A.ズベレフ4,800
4デルポトロ4,780
5ジョコビッチ4,445
6チリッチ4,355
7ディミトロフ3,745
8アンダーソン3,415
9ティエム3,305
10ゴファン3,255
11イズナー3,110
12フォニーニ2,180
13シュワルツマン2,020
14チチパス1,917
15エドマンド1,845
16ソック1,805
17錦織 圭1,755
18プイユ1,735
19カレーニョ ブスタ1,705
20チェッキナート1,686
21チョリッチ1,645
22チョン1,585
23ラオニッチ1,575
24バウティスタ アグート1,560
25ガスケ1,525
26ハチャノフ1,515
27ズムル1,385
28キリオス1,335
29ジョンソン1,295
30ベルダスコ1,285

1位争い

フェデラーが優勝かつ、ナダルが準々決勝以下で敗退となった場合にフェデラーの1位が確定。

それ以外でナダルの1位が確定。

3~6位争い

暫定3位のA.ズベレフ、4位のデルポトロ、5位のジョコビッチ、6位のチリッチの4人が4000ポイント台の僅差となっていますが、この4人の中で今後の失効ポイントがないジョコビッチがこの争いから抜け出して行きそうです。

完全復活のジョコビッチが全米オープンも優勝することになると、今シーズン中に1位復帰もあるかも・・・。

ちなみに、フェデラーとジョコビッチが同じ山に入っているため、直接対決でジョコビッチがフェデラーを破るとレースランキングで3位のジョコビッチが2位のフェデラーを抜くことになります。(レースランキングでは現在175ポイント差)

10位争い

3000ポイント台の暫定7位のディミトロフから11位のイズナーまでの5人によるトップ10争いとなっていますが、今後の失効ポイント(ATPファイナルズの失効ポイント)を考えるとディミトロフとゴファンが不利な状況となっているため、この2選手にとっては全米オープンで何とか多くポイントを稼いでおきたいところです。

ただ、ディミトロフはウィンブルドンに続いて1回戦で迷惑ノーシードのワウリンカとの対戦となり、いきなり山場を迎えることになりました。

錦織のランキング

錦織は暫定17位。

今シーズンはもう失効ポイントがなくポイントを加算するチャンスではありますが、8月のマスターズ2連戦でどちらも早期敗退となり、思うような結果が残せないまま全米オープンを迎えることになりました。

全米オープンでは3回戦で第13シードのシュワルツマン、4回戦で第4シードのA.ズベレフと当たるドローとなっていますが、1回戦から納得の行くプレーを見せて1戦1戦勝ち上がり、自信を取り戻して行って欲しいです。

2018年全米オープンの結果

2018年全米オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント