【2017年】ウエスタン&サザン・オープンの結果(2回戦)


2017年8月第3週(2017年第33週)、シンシナティ(アメリカ)開催のマスターズ1000「ウエスタン&サザン・オープン(シンシナティ・マスターズ)」の2回戦の放送予定、結果を見ていきます。

2回戦から第1シードから第8シードの選手が登場となりますが、ドロー発表後に第2シードのフェデラー選手、第5シードの錦織選手、第6シードのラオニッチ選手が怪我のため棄権しました。

最後にウエスタン&サザン・オープンの2回戦後の暫定ランキングも紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年ウエスタン&サザン・オープン 2回戦の結果

マスターズ1000「ウエスタン&サザン・オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<開始時間(日本時間)>
・Day Session:午前0時~
・Night Session:午前8時~

※()内の世界ランキングは、2017年8月14日付のランキングです。

2回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル (2位)266
リシャール・ガスケ (29位)034
アルベルト・ラモス ビノラス (24位)2566
[16] ジレ・ミュラー (22位)1744
 
ニック・キリオス (23位)2678
アレクサンドル・ドルゴポロフ (71位)0366
イボ・カロビッチ (44位)26711
[8] ジョーウィルフリード・ツォンガ (12位)0469

第2シードのラファエル・ナダル選手はリシャール・ガスケ選手をストレートで破り、3回戦に進出。

この試合の結果、両選手の対戦成績がナダル選手の15戦15勝となり、ガスケ選手にとっては越えられない大きな壁となっています。

第8シードのジョーウィルフリード・ツォンガ選手はイボ・カロビッチ選手にストレートで敗れ、初戦敗退となりました。

アルベルト・ラモスビノラス選手が第16シードのジレ・ミュラー選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

2回戦(トップハーフ・ティエム山)

第5シードで出場予定だった錦織圭選手が右手首の怪我により棄権となり、空いた枠にラッキールーザーとしてヤンコ・ティプサレビッチ選手が入りました。

[3] ドミニク・ティエム (8位)266
ファビオ・フォニーニ (25位)032
アドリアン・マナリノ (36位)2677
[15] サム・クエリー (20位)0264
 
[11] パブロ・カレーニョ ブスタ (17位)2677
ミーシャ・ズベレフ (26位)0362
ダビド・フェレール (31位)26656
ヤンコ・ティプサレビッチ (69位)14771

第3シードのドミニク・ティエム選手はファビオ・フォニーニ選手をストレートで破り、3回戦に進出。

第11シードのパブロ・カレーニョブスタ選手はミーシャ・ズベレフ選手をストレートで破り、3回戦に進出。

アドリアン・マナリノ選手が第15シードのサム・クエリー選手をストレートで破り、3回戦に進出。

2回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

第6シードで出場予定だったミロシュ・ラオニッチ選手が左手首の怪我により棄権となり、空いた枠にラッキールーザーとしてクリスチャン・ハリソン選手が入りました。

クリスチャン・ハリソン (240位)033
ニコロズ・バシラシビリ (65位)266
ランクマー・ラマナサン (180位)1464
ジャレド・ドナルドソン (60位)2626
 
[14] ジョン・イスナー (19位)266
トミー・ポール (175位)033
フランシス・ティアフォー (87位)2466
[4] アレクサンダー・ズベレフ (7位)1634

第4シードのアレクサンダー・ズベレフ選手はフランシス・ティアフォー選手にフルセットの末に敗れ、初戦敗退となりました。

シティ・オープンとロジャーズ・カップを2週連続で優勝を飾ったA.ズベレフ選手ですが、連戦による疲労が影響して動きも悪く、初戦で姿を消すこととなりました。
しっかりと休んで全米オープンでの活躍を期待したいところです。

第14シードのジョン・イスナー選手はトミー・ポール選手をストレートで破り、3回戦に進出。

2回戦(ボトムハーフ・フェデラー山)

第2シードで出場予定だったロジャー・フェデラー選手が背中の怪我により棄権となり、空いた枠にラッキールーザーとしてトーマス・ファビアーノ選手が入りました。

杉田選手の2回戦の試合は、日本時間の8月17日0時に開始予定(コート7の第1試合)。

[7] グリゴール・ディミトロフ (11位)2776
フェリシアーノ・ロペス (34位)0654
ミッチェル・クルーガー (244位)044
フアン・マルティン・デルポトロ (30位)266
 
杉田 祐一 (46位)23776
ジョアン・ソウザ (54位)16651
カレン・ハチャノフ (32位)266
トーマス・ファビアーノ (85位)022

第7シードのグリゴール・ディミトロフ選手はフェリシアーノ・ロペス選手をストレートで破り、3回戦に進出。

杉田祐一選手がジョアン・ソウザ選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

第1セット、お互いファーストサーブの確率が40%台と低く、ブレイク合戦の展開となります。

第2ゲームでソウザ選手がラブゲームでブレイクに成功しますが、第5ゲームで杉田選手がブレイクバックに成功。
第6ゲームでソウザ選手がブレイクに成功に成功しますが、第7ゲームですぐに杉田選手がブレイクバックに成功。

第8ゲームでソウザ選手がラブゲームでブレイクに成功し、第9ゲームにソウザ選手のサービングフォーザセットが来ます。
ソウザ選手がしっかりとキープして、第1セットを先取。

第2セットではお互いブレイクポイントを握られる場面がありながらもキープを続け、タイブレークに突入。

お互い2本ずつミニブレイクで、5-4からソウザ選手のミスで杉田選手がミニブレイクをして、6-4と杉田選手にセットポイントが来ます。
ソウザ選手が1本凌ぎ、6-5となって杉田選手のサービス2本。
1本目、杉田選手がストローク勝負で粘り勝ってキープし、杉田選手が第2セットを取ります。

ファイナルセットに入るとソウザ選手の攻めが単調になってミスも増えるなど、杉田選手のペースで試合が進みます。

第3ゲームで杉田選手がラブゲームでブレイクに成功すると、第5ゲームでも杉田選手がブレイクに成功。

第7ゲーム、0-40と杉田選手にマッチポイント(ブレイクチャンス)が来ると、リターンから攻めた杉田選手がフォアハンドのウィナーを決めて勝利。

ドロー表(ベスト32・結果)

2回戦後の暫定ランキング

ウエスタン&サザン・オープンの2回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
2R後
point
1ナダル7,4652回戦907,555
2マレー7,150欠場07,150
3フェデラー7,145欠場07,145
4ワウリンカ5,690欠場05,690
5ジョコビッチ5,325欠場05,325
6A.ズベレフ4,4602回戦×104,470
7チリッチ4,155欠場04,155
8ティエム3,8502回戦903,940
9錦織 圭3,195欠場03,195
10ラオニッチ2,870欠場02,870
11ディミトロフ2,7102回戦902,800
12ツォンガ2,6802回戦×102,690
13ゴファン2,5151回戦×102,525
14B アグート2,4151回戦×102,425
15C ブスタ2,2952回戦902,385
16ソック2,3351回戦×102,345
17ベルディヒ2,3001回戦×102,310
18プイユ2,210欠場02,210
19イスナー2,0652回戦902,155
20クエリー2,0502回戦×452,095

※基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2017年8月・シンシナティ後) 』をご覧ください。

ウエスタン&サザン・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

※1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

2回戦の放送予定

2回戦は、スポナビライブ、GAORA、NHK・BS1での放送が予定されています。

Sports navi LIVE(スポナビライブ)

スポナビライブでのLive配信について、1回戦と2回戦は無料、3回戦から決勝までは有料になります。

日程ラウンド配信時間
8月16日(水)1回戦・2回戦0:00~(無料)
8月17日(木)2回戦0:00~(無料)

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
8月16日(水)1回戦・2回戦0:00~13:00
8月17日(木)2回戦0:00~13:00

NHK・BS1

NHKでは、BS1で2回戦「杉田祐一 vs ソウザ」を生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
8月17日(木)2回戦0:00~(2:00)

2017年ウエスタン&サザン・オープン その他の結果

コメント