【2017年】全米オープンテニスの大会情報、ドロー表、放送予定


2017年8月第5週(2017年第35週)からニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープンテニス(USオープンテニス)」の大会情報(大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表)と放送予定を見ていきます。

最後に錦織選手の過去の全米オープンでの成績も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全米オープンテニス(グランドスラム)

大会概要

大会名全米オープンテニス(US Open Tennis)
カテゴリグランドスラム
開催期間2017年 8月28日 ~ 9月10日
開催地アメリカ合衆国/ニューヨーク
会場USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター
サーフェスハード
ドロー128(シングルス)
賞金総額$24,193,400(約26億4,480万円)
日本との時差-13時間(サマータイム中)

<コート>
・センターコート:アーサー・アッシュ・スタジアム(収容人員:約23,200)
・2ndコート:ルイ・アームストロング・スタジアム
・グランドスタンド・コート

2016年にアーサー・アッシュ・スタジアムに開閉式の屋根が設置され、ルイ・アームストロング・スタジアムにも2018年をめどに開閉式の屋根を設置する予定となっています。

全米オープンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝2,000$3,700,000(約4億450万円)
準優勝1,200$1,825,000(約1億9,950万円)
準決勝720$920,000(約1億60万円)
準々決勝360$470,000(約5,140万円)
4回戦180$253,625(約2,770万円)
3回戦90$144,000(約1,570万円)
2回戦45$86,000(約940万円)
1回戦10$50,000(約550万円)

※賞金(日本円)について、2017年8月14日時点での1ドル109.32円で換算。

歴代優勝者

過去15年の優勝者を紹介します。

全米オープンのシングルス最多優勝記録は、ロジャー・フェデラー選手とジミー・コナーズ氏とピート・サンプラス氏の5回(プロ選手の参加が認められた1968年以降)。

・フェデラー(2004~2008)
・サンプラス(1990、1993、1995、1996、2002)
・コナーズ(1974、1976、1978、1982、1983)

優勝者
2016スタン・ワウリンカ
2015ノバク・ジョコビッチ
2014マリン・チリッチ
2013ラファエル・ナダル
2012アンディ・マレー
2011ノバク・ジョコビッチ
2010ラファエル・ナダル
2009フアン・マルティン・デルポトロ
2008ロジャー・フェデラー
2007ロジャー・フェデラー
2006ロジャー・フェデラー
2005ロジャー・フェデラー
2004ロジャー・フェデラー
2003アンディ・ロディック
2002ピート・サンプラス

大会日程

8月22日(火)から8月25(金)に予選が行われます。

本戦は8月28日(月)から始まり、9月9日(土)に女子シングルスの決勝、9月10日(日)に男子シングルスの決勝が行われます。

日程男子女子
8月28日(月)1回戦1回戦
8月29日(火)1回戦1回戦
8月30日(水)2回戦2回戦
8月31日(木)2回戦2回戦
9月1日(金)3回戦3回戦
9月2日()3回戦3回戦
9月3日()4回戦4回戦
9月4日(月)4回戦4回戦
9月5日(火)準々決勝準々決勝
9月6日(水)準々決勝準々決勝
9月7日(木)準決勝
9月8日(金)準決勝
9月9日()決勝
9月10日()決勝

※スケジュールは変更になる場合があります。

エントリー選手

出場予定の上位40選手と、各選手の2016年の同大会での結果を紹介します。

<欠場者の情報>
・ジョコビッチ選手(右肘の怪我)とワウリンカ選手(膝の怪我)は、2017年シーズンを途中で終了。

・錦織選手が右手首の怪我(腱の裂傷)のため、2017年シーズンの残りの大会をすべて欠場することを8月16日に発表。

・ラオニッチ選手が左手首の怪我により欠場。

欠場を発表した選手には、取り消し線を入れています。

選手名Rank2016年
ラファエル・ナダル1位4回戦
アンディ・マレー2位ベスト8
ロジャー・フェデラー3位不参加
スタン・ワウリンカ4位優勝
ノバク・ジョコビッチ5位準優勝
アレクサンダー・ズベレフ6位2回戦
マリン・チリッチ7位3回戦
ドミニク・ティエム8位4回戦
グリゴール・ディミトロフ9位4回戦
錦織 圭10位ベスト4
ミロシュ・ラオニッチ11位2回戦
ジョーウィルフリード・ツォンガ12位ベスト8
ダビド・ゴファン13位1回戦
ジョン・イスナー14位3回戦
ロベルト・バウティスタ アグート15位3回戦
パブロ・カレーニョ ブスタ16位3回戦
ジャック・ソック17位4回戦
ニック・キリオス18位3回戦
トマーシュ・ベルディヒ19位不参加
リュカ・プイユ20位ベスト8
サム・クエリー21位1回戦
ガエル・モンフィス22位ベスト4
ジレ・ミュラー23位1回戦
アルベルト・ラモス ビノラス24位2回戦
ダビド・フェレール25位3回戦
ファビオ・フォニーニ26位2回戦
ミーシャ・ズベレフ27位2回戦
フアン・マルティン・デルポトロ28位ベスト8
カレン・ハチャノフ29位2回戦
リシャール・ガスケ30位1回戦
パブロ・クエバス31位2回戦
ケビン・アンダーソン32位3回戦
ディエゴ・シュワルツマン33位1回戦
アドリアン・マナリノ34位1回戦
フェリシアーノ・ロペス35位2回戦
ロビン・ハーセ36位1回戦
フィリップ・コールシュライバー37位1回戦
イボ・カロビッチ38位4回戦
ジル・シモン39位2回戦
パオロ・ロレンツィ40位3回戦

※世界ランキングは、2017年8月21日付のランキングです。

ドロー表

ドローセレモニー:現地時間 8月25日(金)

ドロー表(PDF)は、『 2017年全米オープンテニスのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1]ナダル vs ディミトロフ[7]
[3]フェデラー vs ティエム[6]

<ボトムハーフ>
[4]A.ズベレフ vs チリッチ[5]
[2]マレー vs ツォンガ[8]

第2シードのアンディ・マレー選手が左臀部(でんぶ)の怪我により棄権となりました。

マレー選手のwithdrawに伴い、マレー選手の位置に第5シードのマリン・チリッチ選手が移動。
そして、チリッチ選手の位置に第17シードのサム・クエリー選手が移動し、クエリー選手の位置にフィリップ・コールシュライバー選手が第33シードとして移動となりました。

2017年全米オープンテニスの結果

2017年全米オープンの1回戦から決勝までの結果です。

放送予定

WOWOWでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

大会初日は無料放送となっています。

日程ラウンド放送時間
8月28日(月)1回戦23:55~(無料)
8月30日(水)1回戦0:00~、7:55~
8月31日(木)2回戦0:00~、7:55~
9月1日(金)2回戦0:00~、7:55~
9月2日()3回戦0:00~、7:55~
9月3日()3回戦0:00~、7:55~
9月4日(月)4回戦0:00~、7:55~
9月5日(火)4回戦0:00~、7:55~
9月6日(水)準々決勝0:00~、7:55~
9月7日(木)準々決勝0:00~、7:55~
9月8日(金)準決勝(女子)7:55~
9月9日()準決勝(男子)4:55~
9月10日()決勝(女子)4:45~
9月11日(月)決勝(男子)4:45~

デイセッションは深夜0:00、ナイトセッションは午前7:55から放送開始予定。

錦織選手の過去の成績

最後に、錦織選手の全米オープンでの過去の成績を紹介します。

錦織選手の全米オープンでの最高成績は、2014年の準優勝。

その2014年では、4回戦で世界ランキング6位のラオニッチ選手、準々決勝で同4位のワウリンカ選手、準決勝で同1位のジョコビッチ選手を破っての決勝進出。
決勝では同16位のチリッチ選手に敗れはしましたが、すばらしい活躍を見せての準優勝でした。

2016年には準々決勝で世界ランキング2位のマレー選手を破ってベスト4となるなど、全米オープンはグランドスラムの中で最も好成績を残している大会となっています。

気になるデータとして、錦織選手が活躍しているのは偶数年で、何故か奇数年では1回戦が最高成績という嫌なデータもあります。

結果対戦相手
2016準決勝スタン・ワウリンカ
20151回戦ブノワ・ペール
2014準優勝マリン・チリッチ
20131回戦ダニエル・エバンス
20123回戦マリン・チリッチ
20111回戦フラビオ・チポラ (試合途中で棄権)
20103回戦アルベルト・モンタネス (試合途中で棄権)
2009出場なし
20084回戦フアン・マルティン・デルポトロ
2007予選2回戦ビヨン・パウ

全米オープンの前哨戦となるマスターズ2連戦で錦織選手は、ロジャーズ・カップではモンフィス選手に敗れて初戦敗退となり、その後の練習で右手首の怪我が再発してウエスタン&サザン・オープンを欠場となりました。
怪我の深刻度は分かりませんが、大事でないことを祈るのみです。

<追記>
MRI検査の結果、腱(けん)の裂傷が判明し、全米オープンを含め2017年シーズンの残りの大会をすべて欠場することとなりました。

コメント