ATPランキング試算(2017年8月・シンシナティ後)


全米オープンの前哨戦のマスターズ2連戦。
1戦目のロジャーズ・カップ(モントリオール)では、アレクサンダー・ズベレフ選手が優勝を飾り、ロジャー・フェデラー選手が準優勝という結果となりました。

今回はランキング上位20名について、2017年8月13日から8月20日にシンシナティで開催されるウエスタン&サザン・オープン(シンシナティ・マスターズ)後の8月21日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年8月21日付のランキング試算

はじめに、8月21日付のランキングについて、2016年のウエスタン&サザン・オープンでのポイントが8月21日に失効日を迎え、2017年の同大会でのポイントと入れ変わる形となります。

まずはトップ20の2016年のウエスタン&サザン・オープンの結果を紹介します。

チリッチ選手がマスターズ初優勝を飾り、マレー選手が準優勝。

ラオニッチ選手とディミトロフ選手がベスト4という結果でした。

順位選手名8月14日
point
2016
シンシナティ
1マレー7,750準優勝
2ナダル7,5553回戦
3フェデラー7,145欠場
4ワウリンカ5,7803回戦
5ジョコビッチ5,325欠場
6チリッチ5,155優勝
7A.ズベレフ4,4701回戦
8ティエム4,030ベスト8
9錦織 圭3,2853回戦
10ラオニッチ3,230ベスト4
11ディミトロフ3,070ベスト4
12ツォンガ2,7703回戦
13ゴファン2,5602回戦
14バウティスタアグート2,4251回戦
15ベルディヒ2,3903回戦
16ソック2,335欠場
17カレーニョブスタ2,3051回戦
18プイユ2,2201回戦
19イスナー2,1102回戦
20クエリー2,0601回戦

トップ20の基礎ポイント

トップ20の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名8月14日
point
失効
point
基礎
point
1マレー7,7506007,150
2ナダル7,555907,465
3フェデラー7,14507,145
4ワウリンカ5,780905,690
5ジョコビッチ5,32505,325
6チリッチ5,1551,0004,155
7A.ズベレフ4,470104,460
8ティエム4,0301803,850
9錦織 圭3,285903,195
10ラオニッチ3,2303602,870
11ディミトロフ3,0703602,710
12ツォンガ2,770902,680
13ゴファン2,560452,515
14B アグート2,425102,415
15ベルディヒ2,390902,300
16ソック2,33502,335
17C ブスタ2,305102,295
18プイユ2,220102,210
19イスナー2,110452,065
20クエリー2,060102,050
  • 8月14日ポイント
  • 2017年8月14日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2017年8月21日に失効日を迎える2016年のウエスタン&サザン・オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「8月14日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2017年のウエスタン&サザン・オープンのポイントを加算すれば、次回発表される8月21日付のATPランキングと同じになります。

ウエスタン&サザン・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル7,465
2マレー7,150
3フェデラー7,145
4ワウリンカ5,690
5ジョコビッチ5,325
6A.ズベレフ4,460
7チリッチ4,155
8ティエム3,850
9錦織 圭3,195
10ラオニッチ2,870
11ディミトロフ2,710
12ツォンガ2,680
13ゴファン2,515
14バウティスタアグート2,415
15ソック2,335
16ベルディヒ2,300
17カレーニョブスタ2,295
18プイユ2,210
19イスナー2,065
20クエリー2,050

<欠場者の情報>
トップ20ではマレー選手、フェデラー選手、ワウリンカ選手、ジョコビッチ選手、チリッチ選手、錦織選手、ラオニッチ選手、プイユ選手が欠場となり、トップ10のうち7人が怪我で欠場という異常事態となっています。

1位~3位争い

マレー選手とフェデラー選手が欠場となったため、ナダル選手の1位、マレー選手の2位、フェデラー選手の3位が確定しました。

4位~10位争い

失効ポイント1,000をそのまま失うこととなった昨年優勝者のチリッチ選手は暫定7位に下がり、代わってA.ズベレフ選手が暫定6位に上がります。

シティ・オープンとロジャーズ・カップを2週連続で優勝したA.ズベレフ選手は、本大会でも優勝を果たした場合は自己最高をさらに更新する5位となります。

ただ、A.ズベレフ選手は本大会の優勝候補ではありますが、連戦が続いているので全米オープンを前に疲労面が心配されます。

暫定8位のティエム選手は、北米ハードコートシーズンに入ってからまったく良いところがなく、全米オープン前にここでしっかりと結果を残したいところです。

右手首の怪我により欠場となった暫定9位の錦織選手はトップ10陥落の可能性もありますが、暫定11位のディミトロフ選手と暫定12位のツォンガ選手は決勝進出、それ以下の選手は優勝が条件となっており、次のランキング発表時ではまだトップ10は維持できるかなと思います。

ただ、錦織選手は全米オープンの失効ポイントが720もあるので、全米オープン後にはトップ10陥落ということになるかもしれません。

ナダル選手とAズベレフ選手が優勝候補ではありますが、トップ10の多くが欠場する状況の中で他の選手にとっては一気にランキングを上げるチャンスでもあり、誰がこの大会で活躍を見せるのか注目です。

2017年ウエスタン&サザン・オープンの結果

2017年ウエスタン&サザン・オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント