【2017年】全米オープンテニスの結果(2回戦)


2017年8月第5週(2017年第35週)、ニューヨーク(アメリカ)開催のグランドスラム「全米オープンテニス(USオープンテニス)」の2回戦の結果と放送予定、2回戦後の暫定ランキングを見ていきます。

大会2日目(トップハーフの1回戦)が雨のため多くの試合が翌日に順延となり、トップハーフに位置する選手にとっては日程的に厳しいスタートとなりました。

杉田祐一選手とダニエル太郎選手の2回戦の試合は、日本時間の9月1日(金)予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年全米オープンテニス2回戦の結果

グランドスラム「全米オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程(日本時間)>
・8月31日(木):1回戦トップハーフ(順延分)、2回戦ボトムハーフ
・9月1日(金) :2回戦トップハーフ

※()内の世界ランキングは、2017年8月28日付のランキングです。

2回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル (1位)34666
ダニエル 太郎 (121位)16322
杉田 祐一 (44位)177434
レオナルド・メイヤー (59位)363666
 
ステファノ・トラバグリア (144位)06650
ビクトル・トロイツキ (52位)37876
アレクサンドル・ドルゴポロフ (64位)336776
[15] トマーシュ・ベルディヒ (18位)161652
 
[9] ダビド・ゴファン (14位)337762776
ギド・ページャ (72位)266577643
ドナルド・ヤング (57位)2377465
[18] ガエル・モンフィス (22位)3663627
 
ダミール・ズムル (56位)34666
セドリク マルセル・ステベ (107位)16401
アンドレイ・ルブレフ (53位)37776
[7] グリゴール・ディミトロフ (9位)05633

第1シードのナダル選手がダニエル太郎選手をセットカウント3-1で破り、3回戦に進出。

ダニエル太郎選手がナダル選手相手に受け身にならず積極的に攻めて第1セットを先取。

第2セットもその勢いのままダニエル太郎選手が先にブレイクに成功しますが、次第にナダル選手のミスも減って隙を見せなくなると、ナダル選手が主導権を握って試合を進めて勝利。

ダニエル太郎選手は立ち上がりから飛ばしてきたこともあり最後は足が止まってしまいましたが、ナダル選手との激しい打ち合いを何度も見せるなど、センターコートの大舞台ですばらしいプレーを見せてくれました。

第7シードのディミトロフ選手はロシアの19歳のルブレフ選手にストレートで敗れ、2回戦敗退。

ディミトロフ選手は前哨戦のウエスタン&サザン・オープン(シンシナティ)で優勝をし、全米オープンでも活躍が期待されていましたが、勢いのある若手のルブレフ選手に押し切られてしまいました。

第9シードのゴファン選手、第18シードのモンフィス選手が3回戦に進出。

第15シードのベルディヒ選手はドルゴポロフ選手に敗れ、2回戦敗退。

杉田祐一選手はラッキールーザーのメイヤー選手にセットカウント1-3で敗れ、2回戦敗退。

第1セットは杉田選手が取りましたが、メイヤー選手の上手さが光る一方で、杉田選手は大事な局面でファーストサーブが入らなくなるなど流れをつかむことができず、逆転負けとなりました。

2回戦(トップハーフ・フェデラー山)

[3] ロジャー・フェデラー (3位)3663466
ミハイル・ユージニー (101位)2177642
フェルナンド・ベルダスコ (43位)13261
[31] フェリシアーノ・ロペス (35位)36636
 
[33] フィリップ・コールシュライバー (37位)663
サンティアゴ・ヒラルド (129位)棄権210
マレク・ジャジリ (80位)01611
ジョン・ミルマン (235位)36776
 
[11] ロベルト・バウティスタ アグート (13位)36677
ダスティン・ブラウン (116位)01363
アドリアン・メナンデスマ セイラ-ス (148位)02363
[24] フアン・マルティン・デルポトロ (28位)36677
 
[30] アドリアン・マナリノ (34位)366466
ビョルン・フラタンジェロ (135位)137712
テイラー・フリッツ (108位)14465
[6] ドミニク・ティエム (8位)36647

第3シードのフェデラー選手がユージニー選手をフルセットの末に破り、3回戦に進出。

フェデラー選手は1回戦に続いて2回戦もフルセットの試合となり、3回戦以降しっかりと立て直していけるのか状態が心配されます。

第6シードのティエム選手が地元アメリカの19歳のフリッツ選手をセットカウント3-1で破り、3回戦に進出。

第11シードのバウティスタアグート選手、第24シードのデルポトロ選手、第30シードのマナリノ選手、第31シードのF.ロペス選手、第33シードのコールシュライバー選手が3回戦に進出。

他のブロックではシードダウンが相次いでいますが、フェデラー山では怪我で状態が悪かったキリオス選手を除いてシード選手が順当に3回戦に勝ち上がりました。

2回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

[17] サム・クエリー (21位)3666
ドゥディ・セラ (71位)0414
ラドゥ・アルボット (138位)36795077
ルー・イェンスン (63位)22677662
 
[23] ミーシャ・ズベレフ (27位)3663637
ブノワ・ペール (41位)2326775
ヘヨン・チュン (47位)0345
[10] ジョン・イスナー (15位)3667
 
ジョーダン・トンプソン (73位)262642
トーマス・ファビアーノ (82位)326366
パオロ・ロレンツィ (40位)3646776
[19] ジレ・ミュラー (23位)1773643
 
[28] ケビン・アンダーソン (32位)3676
エルネスツ・グルビス (255位)0354
ボルナ・チョリッチ (61位)3377777
[4] アレクサンダー・ズベレフ (6位)1656164

第4シードのA.ズベレフ選手がチョリッチ選手にセットカウント1-3で敗れ、2回戦敗退。

A.ズベレフ選手は今年に入ってマスターズで2度の優勝を挙げるなど急成長を遂げてきましたが、グランドスラムでは最高で4回戦(2017年ウィンブルドン)止まりとなぜかグランドスラムでは結果が出せていない不安な面が全米オープンでも出てしまいました。

ボトムハーフではA.ズベレフ選手が決勝進出の有力候補でしたが2回戦で姿を消すことになり、この混戦のボトムハーフから果たして誰が決勝進出を果たすのでしょうか。

地元アメリカ勢の第10シードのイスナー選手と第17シードのクエリー選手は、ともにストレート勝ちで3回戦に進出。

そして、第23シードのM.ズベレフ選手と第28シードのアンダーソン選手も3回戦に進出。

第19シードのミュラー選手はロレンツィ選手に敗れ、2回戦敗退。

2回戦(ボトムハーフ・チリッチ山)

[8] ジョーウィルフリード・ツォンガ (12位)04463
デニス・シャポバロフ (69位)36677
スティーブ・ジョンソン (46位)05264
カイル・エドマンド (42位)37677
 
[20] アルベルト・ラモス ビノラス (24位)264630
ニコラ・マユ (115位)346466
キャメロン・ノーリー (225位)0243
[12] パブロ・カレーニョ ブスタ (19位)3666
 
[16] リュカ・プイユ (20位)376436
ジャレド・ドナルドソン (51位)254664
エフゲニー・ドンスコイ (99位)0445
ミハイル・ククシュキン (103位)3667
 
[29] ディエゴ・シュワルツマン (33位)3667
ヤンコ・ティプサレビッチ (67位)0245
フロリアン・マイヤー (74位)0333
[5] マリン・チリッチ (7位)3666

第5シードのチリッチ選手がマイヤー選手をストレートで破り、3回戦に進出。

第8シードのツォンガ選手はシャポバロフ選手に敗れ、2回戦敗退。

前哨戦のロジャーズ・カップではナダル選手を破り、ベスト4まで勝ち上がる快進撃を見せた18歳のシャポバロフ選手。
全米オープンでもツォンガ選手をストレートで破る活躍を見せ、ますます注目を集めそうです。

第12シードのカレーニョブスタ選手、第16シードのプイユ選手、第29シードのシュワルツマン選手が3回戦に進出。

第20シードのラモスビノラス選手はマユ選手に敗れ、2回戦敗退。

2回戦後の暫定ランキング

全米オープンの2回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
2R後
point
1ナダル7,4652回戦907,555
2フェデラー7,1452回戦907,235
3マレー6,790欠場06,790
4A.ズベレフ4,4252回戦×454,470
5チリッチ4,0652回戦904,155
6ジョコビッチ4,125欠場04,125
7ティエム3,8502回戦903,940
8ワウリンカ3,690欠場03,690
9ディミトロフ3,5302回戦×453,575
10ラオニッチ2,825欠場02,825
11ゴファン2,5152回戦902,605
12B アグート2,4352回戦902,525
13錦織 圭2,475欠場02,475
14イスナー2,3352回戦902,425
15ツォンガ2,3302回戦×452,375
16ベルディヒ2,3102回戦×452,355
17キリオス2,2351回戦×102,245
18C ブスタ2,1352回戦902,225
19ソック2,1651回戦×102,175
20クエリー2,0852回戦902,175

※基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2017年9月・全米オープン後)』をご覧ください。

全米オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

2回戦の放送予定

WOWOWでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
8月31日(木)2回戦0:00~、7:55~
9月1日(金)2回戦0:00~、7:55~

デイセッションは深夜0:00、ナイトセッションは午前7:55から放送開始予定。

2017年全米オープンテニス その他の結果

コメント