【2017年】全米オープンテニスの結果(決勝)


2017年8月第5週(2017年第35週)、ニューヨーク(アメリカ)開催のグランドスラム「全米オープンテニス(USオープンテニス)」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、放送予定、決勝後のランキングを見ていきます。

決勝「ナダル vs アンダーソン」。
ナダル選手が勝てば2013年以来となる全米オープン3回目の優勝、アンダーソン選手が勝てばグランドスラム初優勝となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ラファエル・ナダル選手とケビン・アンダーソン選手の「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、ナダル選手の4勝、アンダーソン選手の0勝。

直近の試合は2017年のバルセロナ・オープンの3回戦で、ナダル選手がセットカウント2-0(6-3、6-4)で勝利しています。

※2017年9月9日時点(決勝前)のデータ

ナダルアンダーソン
4 勝対戦成績0 勝
1位(1位)最新ランキング(最高)32位(10位)
スペイン(ESP)国籍南アフリカ共和国(RSA)
31歳年齢31歳
1986年6月3日生年月日1986年5月18日
185cm / 85kg身長 / 体重203cm / 93kg
左 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2001年プロ転向2007年
55勝9敗2017年成績29勝15敗
4回2017年優勝回数0回
861勝183敗通算成績268勝195敗
73回通算優勝回数3回

1回戦から準決勝までの結果

※()内の世界ランキングは、2017年8月28日付のランキングです。

ラファエル・ナダル
Round対戦相手スコア
1回戦ラヨビッチ (85位)7-6、6-2、6-2
2回戦ダニエル太郎 (121位)4-6、6-3、6-2、6-2
3回戦メイヤー (59位)6-7、6-3、6-1、6-4
4回戦ドルゴポロフ (64位)6-2、6-4、6-1
準々決勝ルブレフ (53位)6-1、6-2、6-2
準決勝デルポトロ (28位)4-6、6-0、6-3、6-2
ケビン・アンダーソン
Round対戦相手スコア
1回戦アラゴン (534位)6-3、6-3、6-1
2回戦グルビス (255位)6-3、7-5、6-4
3回戦チョリッチ (61位)6-4、6-3、6-2
4回戦ロレンツィ (40位)6-4、6-3、6-7、6-4
準々決勝クエリー (21位)7-6、6-7、6-3、7-6
準決勝カレーニョブスタ (19位)4-6、7-5、6-3、6-4

2017年全米オープンテニス 決勝の結果

グランドスラム「全米オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、更新します。

<日程(日本時間)>
・9月11日(月):決勝

決勝「ナダル vs アンダーソン」

[1] ラファエル・ナダル (1位)3666
[28] ケビン・アンダーソン (32位)0334
試合時間:2時間27分

第1シードのラファエル・ナダル選手が第28シードのケビン・アンダーソン選手をセットカウント3-0(6-3、6-3、6-4)で破り、2013年以来となる全米オープン3回目の優勝を飾りました。

2017年シーズン、ナダル選手はグランドスラム2回の優勝(全仏オープン、全米オープン)を果たし、グランドスラム通算16回目の優勝となりました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

アンダーソン選手のサービスで試合開始。

第1ゲーム、デュースまで行きますが、アンダーソン選手がキープ。

第2ゲーム、ナダル選手があっさりとキープ。

第3ゲーム、アンダーソン選手のミスやダブルフォルトなどがありデュースへ。
デュースとなってナダル選手に2回ブレイクチャンスがありましたがアンダーソン選手が積極的に攻めてピンチを凌ぎ、6回目のデュース後にアンダーソン選手が何とかキープ。

第4ゲーム、ナダル選手がラブゲームでキープ。

第5ゲーム、30-40とナダル選手にブレイクチャンスが来ますが、セカンドサーブに対するナダル選手のリターンが大きくアウトとなりデュースへ。
アンダーソン選手のダブルフォルトで再びナダル選手にブレイクチャンスが来ますが、アンダーソン選手がサービスエースで凌ぎます。

このゲームもアンダーソン選手にとって苦しい展開となりましたが、5回目のデュース後にアンダーソン選手が何とかキープ。

第6ゲーム、15-30とアンダーソン選手がポイントを先行しますが、ナダル選手が3連続でポイントを取ってしっかりとキープ。

第7ゲーム、アンダーソン選手がウィナーを決めるかミスをするかという展開となりデュースへ。
アンダーソン選手にダブルフォルトが出てナダル選手にブレイクチャンスが来ると、アンダーソン選手がチャンスボールを狙いすぎてサイドラインをわずかに割り、ナダル選手がブレイクに成功

第8ゲーム、ナダル選手が危なげなくキープ。

第9ゲーム、このゲームもデュースまで行き、アンダーソン選手の決めに行ったフォアハンドのショットがネットにかかり、ナダル選手にセットポイントが来ます。
ナダル選手が見事なドロップボレーを決めてブレイクに成功し、第1セットを先取。

第2セット

ナダル選手のサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ナダル選手がラブゲームでキープ。

第2ゲーム、アンダーソン選手がキープ。

第3ゲーム、アンダーソン選手がすばらしい攻撃を見せ30-30まで行きますが、ナダル選手がキープ。

第4ゲーム、アンダーソン選手がキープ。

第5ゲーム、ナダル選手がラブゲームでキープ。

第6ゲーム、ナダル選手のスマッシュ、パッシングショット、アンダーソン選手のミスがあり、15-40とナダル選手にブレイクチャンスが来ます。
アンダーソン選手が1本凌ぎますが、ナダル選手がリターンから攻めてネットを取り、最後はスマッシュを決めてブレイクに成功

第7ゲーム、ナダル選手がキープ。

第8ゲーム、アンダーソン選手がキープ。

第9ゲーム、ナダル選手のサービングフォーザセット。
40-0とナダル選手にセットポイントが来ると、ナダル選手の鋭いアングルのフォアハンドのウィナーが決まり、ナダル選手が第2セットも取ります。

第3セット

アンダーソン選手のサービスで第3セット開始。

第1ゲーム、40-15とアンダーソン選手がゲームポイントを握ったところから、アンダーソン選手の連続ミスでデュースへ。
またもアンダーソン選手にミスが出てナダル選手にブレイクチャンスが来ると、アンダーソン選手の決めに行ったフォアハンドのショットがアウトとなり、ナダル選手がブレイクに成功

第2ゲーム、ナダル選手がキープ。

第3ゲーム、アンダーソン選手がキープ。

第4ゲーム、ナダル選手がキープ。

第5ゲーム、アンダーソン選手がラブゲームでキープ。

第6ゲーム、ナダル選手がキープ。

第7ゲーム、アンダーソン選手がキープ。

第8ゲーム、ナダル選手がラブゲームでキープ。

第9ゲーム、アンダーソン選手がキープ。

第10ゲーム、ナダル選手のサービングフォーザチャンピオンシップ。
アンダーソン選手がリターンから果敢に攻めて行き、ナダル選手のサービスゲームでこの試合初めてデュースまで行きます。
ナダル選手がフリーポイントを決めてナダル選手にチャンピオンシップポイントが来ると、ナダル選手がサーブアンドボレーを決めて勝利。

スタッツ

ナダル選手は鉄壁の守備でアンダーソン選手の攻撃を跳ね返し、ネットプレーを混ぜながら攻撃を組み立て、サービスゲームではブレイクポイントを1本も与えないなど、まったく隙のないテニスで完勝。

アンダーソン選手は積極的に攻めてすばらしいプレーを見せる一方で、無理をして攻めざるを得ない展開となってアンフォーストエラーも増えてしまいましたが、アンダーソン選手としてはやれることはやったけどナダル選手が1枚も2枚も上手だったという試合内容でした。

ナダル試合全体アンダーソン
1サービスエース10
1ダブルフォルト4
45/72 (63%)ファーストサーブ確率64/108 (59%)
38/45 (84%)1st Serve Points Won47/64 (73%)
19/27 (70%)2nd Serve Points Won16/44 (36%)
16/16 (100%)ネットポイント16/34 (47%)
4/9 (44%)ブレイク / チャンス0/0 (0%)
45/108 (42%)Receiving Points Won15/72 (21%)
30Winners32
11Unforced Errors40
102Total Points Won78
1867.6mTotal Distance Run1825.9m
グラウンドストローク
5FH Winners4
4BH Winners3
8FH Forced Errors6
3BH Forced Errors2
7FH Unforced Errors15
3BH Unforced Errors13

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Receiving Points Won:リターンゲームでポイントを取得した確率。
・Total Points Won:自分が取得した全ポイント。
・Total Distance Run:総走行距離。
・FH:フォアハンド
・BH:バックハンド

ハイライト動画

2017年全米オープンの決勝「ナダル vs アンダーソン」のハイライト動画です。

Rafael Nadal vs. Kevin Anderson Championship Match Highlights | US Open 2017

ドロー表(結果)

全米オープン後のランキング

全米オープン後の世界ランキングです。

順位選手名基礎
point
round獲得
point
決勝後
point
1ナダル7,465優勝2,0009,465
2フェデラー7,145準々決勝3607,505
3マレー6,790欠場06,790
4A.ズベレフ4,4252回戦454,470
5チリッチ4,0653回戦904,155
6ジョコビッチ4,125欠場04,125
7ティエム3,8504回戦1804,030
8ワウリンカ3,690欠場03,690
9ディミトロフ3,5302回戦453,575
10C ブスタ2,135準決勝7202,855
11ラオニッチ2,825欠場02,825
12ゴファン2,5154回戦1802,695
13B アグート2,4353回戦902,525
14錦織 圭2,475欠場02,475
15アンダーソン1,270準優勝1,2002,470
16クエリー2,085準々決勝3602,445
17イスナー2,3353回戦902,425
18ツォンガ2,3302回戦452,375
19ベルディヒ2,3102回戦452,355
20キリオス2,2351回戦102,245
21ソック2,1651回戦102,175
22プイユ1,8504回戦1802,030
23ミュラー1,8752回戦451,920
24デルポトロ1,100準決勝7201,820

※基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2017年9月・全米オープン後)』をご覧ください。

全米オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

決勝の放送予定

WOWOWでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

日程ラウンド放送時間
9月10日()決勝(女子)4:45~
9月11日(月)決勝(男子)4:55~

2017年全米オープンテニス その他の結果

コメント