ATPランキング試算(2017年9月・全米オープン後)


2017年8月28日から9月10日にニューヨークで開催されるグランドスラム「全米オープン」。

今回はランキング上位20名+αについて、全米オープン後の9月11日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年9月11日付のランキング試算

全米オープン後の9月11日付のランキングについて、2016年の全米オープンでのポイントが9月11日に失効日を迎え、2017年の同大会でのポイントと入れ変わる形となります。

まずはトップ20+αの2016年の全米オープンの結果と失効ポイントを紹介します。

ワウリンカ選手が全米オープン初優勝を飾り、ジョコビッチ選手が準優勝。

錦織選手とモンフィス選手がベスト4という結果でした。

順位選手名8月28日
point
2016
全米オープン
1ナダル7,6454回戦
2マレー7,150ベスト8
3フェデラー7,145不参加
4ワウリンカ5,690優勝
5ジョコビッチ5,325準優勝
6A.ズベレフ4,4702回戦
7チリッチ4,1553回戦
8ティエム4,0304回戦
9ディミトロフ3,7104回戦
10錦織 圭3,195ベスト4
11ラオニッチ2,8702回戦
12ツォンガ2,690ベスト8
13B アグート2,5253回戦
14ゴファン2,5251回戦
15イスナー2,4253回戦
16ソック2,3454回戦
17キリオス2,3253回戦
18ベルディヒ2,310欠場
19C ブスタ2,2253回戦
20プイユ2,210ベスト8
21クエリー2,0951回戦
22モンフィス1,915ベスト4
23ミュラー1,8851回戦

トップ20+αの基礎ポイント

トップ20+αの基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名8月28日
point
失効
point
基礎
point
1ナダル7,6451807,465
2マレー7,1503606,790
3フェデラー7,14507,145
4ワウリンカ5,6902,0003,690
5ジョコビッチ5,3251,2004,125
6A.ズベレフ4,470454,425
7チリッチ4,155904,065
8ティエム4,0301803,850
9ディミトロフ3,7101803,530
10錦織 圭3,1957202,475
11ラオニッチ2,870452,825
12ツォンガ2,6903602,330
13B アグート2,525902,435
14ゴファン2,525102,515
15イスナー2,425902,335
16ソック2,3451802,165
17キリオス2,325902,235
18ベルディヒ2,31002,310
19C ブスタ2,225902,135
20プイユ2,2103601,850
21クエリー2,095102,085
22モンフィス1,9157201,195
23ミュラー1,885101,875
  • 8月28日ポイント
  • 2017年8月28日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2017年9月11日に失効日を迎える2016年の全米オープンのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「8月28日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2017年の全米オープンのポイントを加算すれば、次回発表される9月11日付のATPランキングと同じになります。

全米オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル7,465
2フェデラー7,145
3マレー6,790
4A.ズベレフ4,425
5ジョコビッチ4,125
6チリッチ4,065
7ティエム3,850
8ワウリンカ3,690
9ディミトロフ3,530
10ラオニッチ2,825
11ゴファン2,515
12錦織 圭2,475
13バウティスタ アグート2,435
14イスナー2,335
15ツォンガ2,330
16ベルディヒ2,310
17キリオス2,235
18ソック2,165
19カレーニョ ブスタ2,135
20クエリー2,085
21ミュラー1,875
22プイユ1,850
34モンフィス1,195

<欠場者の情報>
マレー選手、ワウリンカ選手、ジョコビッチ選手、錦織選手、ラオニッチ選手が怪我のため欠場となりました。

1位争い

暫定3位のマレー選手がwithdrawとなったため、ナダル選手とフェデラー選手の1位争いとなりました。

フェデラー選手が1位になる条件
・ナダル選手が1回戦で敗退した場合、フェデラー選手の準々決勝以上
・ナダル選手が2回戦~準々決勝で敗退した場合、フェデラー選手の準決勝以上
・ナダル選手が準決勝で敗退した場合、フェデラー選手の決勝進出

ナダル選手とフェデラー選手はともにトップハーフに位置し、ともに順当に勝ち上がれば準決勝で対戦することになるため、この直接対決で勝利した方が1位となります。

3位~10位争い

マレー選手の3位は確定。

ただ、マレー選手は臀部(でんぶ)の怪我が長引いており、全米オープン以降の出場が不透明な状況となっているため、さらにランキングを落とす可能性があります。

また、ジョコビッチ選手、ワウリンカ選手、錦織選手、ラオニッチ選手も怪我で離脱となっているので、今後トップ10の入れ替わりが激しくなりそうです。

A.ズベレフ選手、チリッチ選手、ティエム選手、ディミトロフ選手は自己最高ランキングを更新するチャンスがありますが、現時点では成長著しいA.ズベレフ選手が4位争いで一歩抜けてきたかなという状況です。

錦織選手は2014年の全米オープンでの準優勝以降、トップ10を維持し続けましたが、残念ながら今大会後のランキングでトップ10陥落となります。

2017年全米オープンの結果

2017年全米オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント