【2019年】ロジャーズ・カップの結果(準決勝)


2019年8月5日から8月11日(2019年第32週)にモントリオール(カナダ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロジャーズ・カップ(カナダ・マスターズ)」の準決勝の結果(男子シングルス)、準決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準決勝「ナダル vs モンフィス」
ナダルが勝てばロジャーズ・カップ2年連続5回目(マスターズ51回目)の決勝、モンフィスが勝てばロジャーズ・カップ初(マスターズ4回目)の決勝進出となります。

※前日に行われる予定だった準々決勝の1試合が雨で順延となったため、モンフィスは準々決勝と準決勝のブルヘッダーとなります。

準決勝「ハチャノフ vs メドベージェフ」
ハチャノフが勝てばロジャーズ・カップ初(マスターズ2回目)の決勝、メドベージェフが勝てばマスターズ初の決勝進出となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 ロジャーズ・カップ 準決勝の結果

ロジャーズ・カップの準決勝の結果です。

<日程>
・8月10日(土):準決勝

日本とモントリオールの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年8月5日付の世界ランキング

トップハーフ
[1] ラファエル・ナダル (2)
[16] ガエル・モンフィス (20)棄権
ボトムハーフ
[6] カレン・ハチャノフ (8)0166
[8] ダニール・メドベージェフ (9)2678

以下、各試合の簡単な試合の振り返り、スタッツです。(試合後に追記していきます)

準決勝「ナダル vs モンフィス」

過去の対戦成績は、ナダルの14勝、モンフィスの2勝。

ハードコートでは、ナダルの7勝、モンフィスの2勝。

直近の対戦は2018年のマドリード・オープン(クレーコート)の2回戦で、ナダルがセットカウント2-0(6-3、6-1)で勝利しています。

[1] ラファエル・ナダル (2)
[16] ガエル・モンフィス (20)棄権

雨の影響で準決勝と同日に準々決勝の試合を行った第16シードのガエル・モンフィス(32歳・フランス)が棄権をし、第1シードのラファエル・ナダル(33歳・スペイン)がロジャーズ・カップ2年連続5回目(マスターズ51回目)の決勝進出を決めました。

準決勝「ハチャノフ vs メドベージェフ」

過去の対戦成績は、ハチャノフの1勝、メドベージェフの1勝。(2戦すべてハードコート)

直近の対戦は2018年のクレムリン・カップ(室内ハードコート)の準決勝で、ハチャノフがセットカウント2-1(6-1、6-7、6-3)で勝利しています。

[6] カレン・ハチャノフ (8)0166
[8] ダニール・メドベージェフ (9)2678
試合時間:1時間23分

第8シードのダニール・メドベージェフ(23歳・ロシア)が第6シードのカレン・ハチャノフ(23歳・ロシア)をセットカウント2-0(6-1、7-6)で破り、マスターズ初の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

メドベージェフのサービスで第1セット開始。

第1ゲーム、メドベージェフがラブゲームでキープ。

第2ゲーム、ハチャノフのバックハンドのミス、ラリー戦でのメドベージェフのポイント、メドベージェフの見事なバックハンドのショートクロスへのパッシングショットのウィナーがあり、0-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ハチャノフが1本凌ぎますが、ハチャノフにダブルフォルトが出て、メドベージェフがブレークに成功

第4ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でハチャノフがキープ。

第6ゲーム、ネット際の攻防でのメドベージェフのポイント、メドベージェフの深いリターンでのポイント、ハチャノフのボレーのウィナー、メドベージェフのネットプレーでのポイントがあり、15-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ハチャノフにダブルフォルトが出て、メドベージェフがブレークに成功

第7ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザセット。
メドベージェフがキープをして第1セットを先取

第1セットでメドベージェフがサービスゲームで失ったポイントはわずか3ポイントでした。

第2セット

ハチャノフのサービスで第2セット開始。

第3ゲーム、ハチャノフのバックハンドの連続ミス、ダブルフォルトがあり、0-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ハチャノフが1本凌ぎますが、ロングラリーでハチャノフにフォアハンドのミスが出て、メドベージェフがブレークに成功

第4ゲーム、40-15からメドベージェフのスマッシュミス、ハチャノフのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、デュースへ。

デュース2回目、ラリー戦でハチャノフがポイントを取り、ハチャノフにブレークポイントが来ます。

ハチャノフのバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、ハチャノフがブレークバックに成功

第8ゲーム、メドベージェフのダブルフォルトが2本ありましたが、メドベージェフがキープ。

第9ゲーム、ハチャノフのバックハンドの連続ミス、フォアハンドのミスがあり、0-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でメドベージェフがポイントを取り、メドベージェフがブレークに成功

第10ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザマッチ。
メドベージェフのファーストサーブでのポイント、ダブルフォルト、フォアハンドのアプローチショットでのポイント(30-15)、メドベージェフのもったいないドロップショットのミス、ボレーミスがあり、30-40とハチャノフにブレークポイントが来ます。

メドベージェフにバックハンドのミスが出て、土壇場でハチャノフがブレークバックに成功

第12ゲーム、40-0からデュースまで行きますが、デュース1回目でメドベージェフがキープ。

タイブレーク(ハチャノフ – メドベージェフ)

ハチャノフのサービス
1:ハチャノフにバックハンドのミスが出て、メドベージェフがミニブレーク(0-1)

メドベージェフのサービス
2:メドベージェフのバックハンドのクロスへのウィナー(0-2)
3:ロングラリーでハチャノフが打ち勝ち、ハチャノフがミニブレーク(1-2)

ハチャノフのサービス
4:ハチャノフの連続攻撃でのポイント(2-2)
5:メドベージェフのバックハンドのミス(3-2)

メドベージェフのサービス
6:メドベージェフにフォアハンドのミスが出て、ハチャノフがミニブレーク(4-2)
7:ハチャノフのバックハンドのミス(4-3)

ハチャノフのサービス
8:メドベージェフがグラウンドスマッシュでポイントを取り、メドベージェフがミニブレーク(4-4)
9:メドベージェフのバックハンドのミス(5-4)

メドベージェフのサービス
10:メドベージェフの連続攻撃からのボレーのウィナー(5-5)
11:メドベージェフにとってアンラッキーな判定でポイントのやり直しとなった後、メドベージェフのファーストサーブでのポイント(5-6:メドベージェフのマッチポイントMP)

ハチャノフのサービス
12:ハチャノフのファーストサーブでのポイント(6-6)
13:ハチャノフにフォアハンドのミスが出て、メドベージェフがミニブレーク(6-7:メドベージェフのMP)

メドベージェフのサービス
14:ロングラリーでメドベージェフのバックハンドがコードボールとなってメドベージェフがポイントを取り、メドベージェフが勝利(6-8)

スタッツ

メドベージェフが主導権を握る中、第2セットの第4ゲームでのスマッシュミスや第10ゲームのドロップショットのミスでハチャノフに反撃の機会を与えるなど詰めの甘さこそありましたが、メドベージェフのサーブ、リターン、ストローク(+ディフェンス力)、ネットプレーの良さが光る試合内容でした。

ハチャノフMatchメドベージェフ
4サービスエース4
4ダブルフォルト5
53% (29/55)ファーストサーブ確率57% (37/65)
59% (17/29)1st Serve Points Won89% (33/37)
42% (11/26)2nd Serve Points Won39% (11/28)
100% (2/2)ブレーク / チャンス67% (4/6)
3/11ネットポイント14/17
51% (28/55)Service Points Won68% (44/65)
32% (21/65)Return Points Won49% (27/55)
41% (49/120)Total Points Won59% (71/120)
2083.9mTotal Distance Run2187.8m
17Winner 合計19
10フォアハンド6
3バックハンド8
4サーブ5
29Unforced error 合計22
12フォアハンド8
13バックハンド9
4サーブ5

ドロー表(結果)

準決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ロジャーズ・カップの準決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
SF後
point
1ジョコビッチ12,325欠場12,325
2ナダル6,945準決勝6007,545
3フェデラー7,460欠場7,460
4ティーム4,745準々決勝×1804,925
5錦織 圭4,0302回戦×104,040
6ズベレフ3,825準々決勝×1804,005
7チチパス3,4452回戦×103,455
8メドベージェフ2,630準決勝6003,230
9ハチャノフ2,530準決勝×3602,890
10フォニーニ2,375準々決勝×1802,555
11B アグート2,215準々決勝×1802,395
12デルポトロ2,230欠場2,230
13チョリッチ2,1501回戦×452,195
14アンダーソン2,140棄権2,140
15モンフィス1,770準決勝×3602,130
16イズナー1,9952回戦×452,040
17バシラシビリ1,9303回戦×902,020
18チリッチ1,8503回戦×901,940
19ゴファン1,8051回戦×101,815
20ラオニッチ1,7652回戦×451,810
21A アリアシム1,6953回戦×901,785
22ペラ1,6203回戦×901,710
23ワウリンカ1,6252回戦×451,670
24シュワルツマン1,6002回戦×451,645
25フリッツ1,5351回戦×101,545
26ベレッティーニ1,545棄権1,545
27キリオス1,4651回戦×101,475
28ラヨビッチ1,4561回戦×101,466
29ペール1,3931回戦×101,403
30エドマンド1,3152回戦×451,360

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年8月・モントリオール後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

ロジャーズ・カップ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、Paraviでの放送・配信が予定されています。

女子の試合は、DAZNで配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
8月11日()準決勝 1[生] 3:57~7:00
8月11日()準決勝 2[生] 8:57~12:00
8月11日()準決勝 1[録] 14:30~17:00
8月11日()準決勝 2[録] 24:00~26:30

[生]:生中継、[録]:録画

<放送する対戦カード>
・8月11日(日) 準決勝1「K.ハチャノフ vs D.メドベージェフ」
・8月11日(日) 準決勝2「R.ナダル vs G.モンフィス」

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で錦織が出場する試合を中心に2回戦から決勝まで7試合を放送予定。

日付ラウンド放送時間
8月11日()準決勝 1[BS1] 4:00~5:00
[102] 5:00~(6:00)
8月11日()準決勝 2[102] 9:00~(10:50)

<放送する対戦カード>
・8月11日(日) 準決勝1「K.ハチャノフ vs D.メドベージェフ」
・8月11日(日) 準決勝2「R.ナダル vs G.モンフィス」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

Paravi

Paraviでは、ライブ&アーカイブ配信の予定。

2019年 ロジャーズ・カップ 各ラウンドの結果

コメント