ATPランキング試算(2019年8月・モントリオール後)


2019年8月5日から8月11日(2019年第32週)にモントリオール(カナダ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロジャーズ・カップ(カナダ・マスターズ)」。

トップ30のロジャーズ・カップ後の8月12日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年8月12日付のランキング試算

はじめに、2019年8月12日付のランキングについて、2018年のロジャーズ・カップでのポイントが2019年8月12日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2018年ロジャーズ・カップの振り返り

まずはトップ30の2018年のロジャーズ・カップの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第1シードのナダルがチチパスをセットカウント2-0(6-2、7-6)で破り、ロジャーズ・カップ5年ぶり4回目の優勝を飾りました。

2018年ロジャーズ・カップの決勝の結果はこちら

第4シードのアンダーソンとハチャノフがベスト4。

第2シードのズベレフ、第5シードのディミトロフ、第6シードのチリッチ、ハーセがベスト8。

順位選手名8月5日
point
2018年
カナダ
1ジョコビッチ12,4153回戦
2ナダル7,945優勝
3フェデラー7,460
4ティーム4,7552回戦
5チチパス4,045準優勝
6錦織 圭4,0401回戦
7ズベレフ4,005ベスト8
8ハチャノフ2,890ベスト4
9メドベージェフ2,7453回戦
10アンダーソン2,500ベスト4
11フォニーニ2,4202回戦
12デルポトロ2,230
13バウティスタ アグート2,215
14チョリッチ2,1952回戦
15イズナー2,0853回戦
16チリッチ2,030ベスト8
17バシラシビリ1,975
18ゴファン1,8151回戦
19ラオニッチ1,8102回戦
20モンフィス1,770
21オジェ アリアシム1,7402回戦
22ワウリンカ1,7153回戦
23シュワルツマン1,6903回戦
24ペラ1,640
25フリッツ1,580
26ベレッティーニ1,545
27キリオス1,4751回戦
28ラヨビッチ1,456
29ペール1,4382回戦
30プイユ1,3401回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名8月5日
point
失効
point
基礎
point
1ジョコビッチ12,4159012,325
2ナダル7,9451,0006,945
3フェデラー7,46007,460
4ティーム4,755104,745
5チチパス4,0456003,445
6錦織 圭4,040104,030
7ズベレフ4,0051803,825
8ハチャノフ2,8903602,530
9メドベージェフ2,7451152,630
10アンダーソン2,5003602,140
11フォニーニ2,420452,375
12デルポトロ2,23002,230
13バウティスタ アグート2,21502,215
14チョリッチ2,195452,150
15イズナー2,085901,995
16チリッチ2,0301801,850
17バシラシビリ1,97501,930*
18ゴファン1,815101,805
19ラオニッチ1,810451,765
20モンフィス1,77001,770*
21オジェ アリアシム1,740451,695
22ワウリンカ1,715901,625
23シュワルツマン1,690901,600
24ペラ1,64001,620*
25フリッツ1,58001,535*
26ベレッティーニ1,54501,545
27キリオス1,475101,465
28ラヨビッチ1,45601,456*
29ペール1,438451,393
30プイユ1,340101,330
  • 8月5日ポイント
  • 2019年8月5日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年8月12日に失効日を迎える2018年のロジャーズ・カップのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「8月5日ポイント」-「失効ポイント」

    ※バシラシビリ、モンフィス、ペラ、フリッツ、ラヨビッチの基礎ポイントについて、2018年のロジャーズ・カップに出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている大会のうちグランドスラムとマスターズを除いた最低ポイント(バシラシビリ:45ポイント、モンフィス:0ポイント、ペラ:20ポイント、フリッツ:45ポイント、ラヨビッチ:0ポイント)の大会が対象外に繰り下がります。(ベレッティーニは2019年ロジャーズ・カップを欠場)

この基礎ポイントに2019年のロジャーズ・カップのポイントを加算すれば、次回発表される8月12日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

ロジャーズ・カップ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

基礎ポイント順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ジョコビッチ12,325
2フェデラー7,460
3ナダル6,945
4ティーム4,745
5錦織 圭4,030
6ズベレフ3,825
7チチパス3,445
8メドベージェフ2,630
9ハチャノフ2,530
10フォニーニ2,375
11デルポトロ2,230
12バウティスタ アグート2,215
13チョリッチ2,150
14アンダーソン2,140
15イズナー1,995
16バシラシビリ1,930
17チリッチ1,850
18ゴファン1,805
19モンフィス1,770
20ラオニッチ1,765
21オジェ アリアシム1,695
22ワウリンカ1,625
23ペラ1,620
24シュワルツマン1,600
25ベレッティーニ1,545
26フリッツ1,535
27キリオス1,465
28ラヨビッチ1,456
29ペール1,393
30プイユ1,330

<欠場者情報>
ジョコビッチ、フェデラー、デルポトロ、ベルダスコ、ティアフォ、クエバスが欠場。

出場予定だったアンダーソン、ベレッティーニは棄権となりました。

トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位

8月5日付の世界ランキングと変わらず、ジョコビッチの1位は確定。

フェデラーが欠場のため、ナダルが決勝に進出した場合、ナダルの2位、フェデラーの3位が確定。

ナダルが準決勝以下で敗退した場合、フェデラーの2位、ナダルの3位が確定。

4位~7位(錦織のランキング)

昨年準優勝のチチパスが暫定7位にランキングを落とし、錦織は暫定5位に上がります。

全米オープンの第4シードの枠を暫定4位のティーム、5位の錦織、6位のズベレフが争うことになりますが、ティームと錦織とは715ポイントの差があり、ティームは次週のウエスタン&サザン・オープンの失効ポイントが0のため、現時点ではティームが大きくリード。

錦織とズベレフがティームを追い抜くにはマスターズ2連戦のどちらかで優勝または連続準優勝するくらいの結果が必要な状況です。

また、暫定7位のチチパスにも全米オープンの第4シードの可能性はありますが、マスターズ2連戦で連続優勝または優勝&準優勝の結果が必要な状況のためかなり厳しいです。

10位争いなど

ウィンブルドン後に初のトップ10入りを果たし、暫定8位にまで上がってきたメドベージェフですが、今後トップ8を維持できればグランドスラムやマスターズの大会でも安定して好成績を残しやすい状況となるので、このまま足固めをしてさらにランキングを上げて行けるか注目です。

暫定9位のハチャノフは、6月にトップ10入りを果たしたものの安定感に欠け、レースランキングでは29位。
ランキングを維持するためには北米ハードコートシーズンのマスターズ2連戦と全米オープンの3大会でとにかく結果を残したいところです。

10位以下は混戦となっていますが、ジョコビッチとフェデラーが欠場するこのロジャーズ・カップで誰が結果を残してランキングを上げてくるのか注目です。

2019年 ロジャーズ・カップの結果

2019年ロジャーズ・カップの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント