ATPランキング試算(2018年8月・トロント後)


2018年8月6日から8月12日(2018年第32週)にトロント(カナダ)で開催されるマスターズ1000「ロジャーズ・カップ(カナダ・マスターズ)」。

今回はランキング上位30名のロジャーズ・カップ後の8月13日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年8月13日付のランキング試算

はじめに、2018年8月13日付のランキングについて、2017年のロジャーズ・カップでのポイントが2018年8月13日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2017年ロジャーズ・カップの振り返り

まずはトップ30の2017年のロジャーズ・カップの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第4シードのアレクサンダー・ズベレフが第2シードのロジャー・フェデラーを6-3、6-4のストレートで破り、ロジャーズ・カップ初優勝を飾りました。

2017年ロジャーズ・カップの決勝の結果はこちら

シャポバロフとハーセがベスト4。

第12シードのバウティスタ アグート、アンダーソン、シュワルツマン、マナリノがベスト8。

順位選手名8月6日
point
2017年
カナダ
1ナダル9,3103回戦
2フェデラー7,080準優勝
3A.ズベレフ5,665優勝
4デルポトロ5,4552回戦
5ディミトロフ4,6103回戦
6アンダーソン4,355ベスト8
7チリッチ3,905
8ティエム3,6652回戦
9イズナー3,4901回戦
10ジョコビッチ3,355
11ゴファン3,1202回戦
12シュワルツマン2,470ベスト8
13カレーニョ ブスタ2,2902回戦
14フォニーニ2,190
15バウティスタ アグート2,000ベスト8
16エドマンド1,9501回戦
17キリオス1,9353回戦
18プイユ1,8701回戦
19ソック1,8502回戦
20チョリッチ1,7452回戦
21チェッキナート1,720
22錦織 圭1,7102回戦
23チョン1,6853回戦
24ズムル1,665
25マナリノ1,580ベスト8
26シャポバロフ1,575ベスト4
27チチパス1,534
28ガスケ1,5252回戦
29ラオニッチ1,3602回戦
30クライノビッチ1,317

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名8月6日
point
失効
point
基礎
point
1ナダル9,310909,220
2フェデラー7,0806006,480
3A.ズベレフ5,6651,0004,665
4デルポトロ5,455455,410
5ディミトロフ4,610904,520
6アンダーソン4,3551804,175
7チリッチ3,90503,905
8ティエム3,665103,655
9イズナー3,490103,480
10ジョコビッチ3,35503,355
11ゴファン3,120453,075
12シュワルツマン2,4701802,290
13カレーニョ ブスタ2,290452,245
14フォニーニ2,19002,100*
15バウティスタ アグート2,0001801,820
16エドマンド1,950101,940
17キリオス1,935901,845
18プイユ1,870101,860
19ソック1,850451,805
20チョリッチ1,745451,700
21チェッキナート1,72001,720
22錦織 圭1,710101,700
23チョン1,685901,595
24ズムル1,66501,620*
25マナリノ1,5801801,400
26シャポバロフ1,5753601,215
27チチパス1,53401,489*
28ガスケ1,525451,570*
29ラオニッチ1,360101,350
30クライノビッチ1,31715*1,302
  • 8月6日ポイント
  • 2018年8月6日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年8月13日に失効日を迎える2017年のロジャーズ・カップのポイント。

    ※2017年のロジャーズ・カップに出場していないクライノビッチは、チャレンジャー大会の15ポイントが8月13日に失効します。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「8月6日ポイント」-「失効ポイント」

    ※フォニーニ、ズムル、チチパスの基礎ポイントについて、2017年のロジャーズ・カップに出場していないため(出場免除または出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低いポイント(フォニーニ:90、ズムル:45、チチパス:45)が対象外に繰り下がります。

    また、2018年のロジャーズ・カップの欠場が決まっているガスケは0ポイント加算ではなく(出場免除)、現在ランキングの対象外となっている大会の中で一番ポイントの高い大会(90ポイント)が繰り上がって加算されます。

この「基礎ポイント」に2018年のロジャーズ・カップのポイントを加算すれば、次回発表される8月13日付のATPランキングと同じになります。

※基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

ロジャーズ・カップ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル9,220
2フェデラー6,480
3デルポトロ5,410
4A.ズベレフ4,665
5ディミトロフ4,520
6アンダーソン4,175
7チリッチ3,905
8ティエム3,655
9イズナー3,480
10ジョコビッチ3,355
11ゴファン3,075
12シュワルツマン2,290
13カレーニョ ブスタ2,245
14フォニーニ2,100
15エドマンド1,940
16プイユ1,860
17キリオス1,845
18バウティスタ アグート1,820
19ソック1,805
20チェッキナート1,720
21チョリッチ1,700
22錦織 圭1,700
23ズムル1,620
24チョン1,595
25ガスケ1,570
26チチパス1,489
27マナリノ1,400
28ラオニッチ1,350
29クライノビッチ1,302
30ベルダスコ1,285

<欠場者情報>
ランキング上位勢では、フェデラー、ガスケ、コールシュライバー、モンフィスが欠場。

1位争い

ナダルの1位とフェデラーの2位は確定。

3~4位争い

デルポトロは準決勝に進出すると自己最高の3位が確定。

また、A.ズベレフかディミトロフが優勝できなければ、デルポトロの3位が確定。

A.ズベレフが3位を維持するには優勝が必要で、さらにデルポトロが準々決勝以下での敗退が条件となります。

ディミトロフも優勝すれば3位になる可能性がありますが、4月のモンテカルロ・マスターズでベスト4になって以降、マドリードとローマのマスターズ2連戦でどちらも初戦敗退、全仏オープン3回戦敗退、ウィンブルドン1回戦敗退など、まったく結果を残すことができていません。

この後、翌週のウエスタン&サザン・オープンでは1000の失効ポイントがあり、ディミトロフはそろそろ結果を出していかないと現在のランキングを維持できずにトップ10陥落の可能性も出てくる状況となっています。

10位争い

ウィンブルドンで優勝したジョコビッチがトップ10復帰を果たし、ゴファンがトップ10から落ちてしまいました。

今シーズン、ジョコビッチはロジャーズ・カップ以降の失効ポイントがなく、獲得したポイントがそのまま加算されていくことになるので、10位争いではなく4位争いの方に加わって行くことになりそうです。

錦織のランキング

暫定22位の錦織は今大会ノーシードでの出場となり、2回戦で第3シードのデルポトロと対戦する厳しいドローとなってしまいました。

いきなり山場を迎えることになりそうですが、まずはしっかりと1回戦を突破して欲しいです。

また、錦織は今大会での失効ポイントが10ポイント、翌週のウエスタン&サザン・オープン以降の失効ポイントがなく、獲得したポイントがそのまま加算されていくことになるので、ドロー次第で難しい大会も出てくると思いますが、トップ10復帰に向けてしっかりと結果を残して行きたいところです。

2018年ロジャーズ・カップの結果

2018年ロジャーズ・カップの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

コメント