【2018年】ロジャーズ・カップの結果(準々決勝)


2018年8月6日から8月12日(2018年第32週)にトロント(カナダ)で開催されるマスターズ1000「ロジャーズ・カップ(カナダ・マスターズ)」の準々決勝の結果、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準々決勝の対戦カードは下記の通りになりました。

<トップハーフ>
・[1] ナダル vs チリッチ [6]
・ハーセ vs ハチャノフ

<ボトムハーフ>
・[5] ディミトロフ vs アンダーソン [4]
・チチパス vs A.ズベレフ [2]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 ロジャーズ・カップ 準々決勝の結果

ロジャーズ・カップの準々決勝の結果です。

<日程(現地時間)>
・8月10日(金):準々決勝

日本とトロントの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます)

<センターコート:日本時間の8月11日(土) 1時30分に開始>
・第1試合:ディミトロフ vs アンダーソン
・第2試合:チチパス vs A.ズベレフ
・第3試合:ハーセ vs ハチャノフ
・第4試合:ナダル vs チリッチ

※スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年8月6日付のランキングです。

トップハーフ
[1] ラファエル・ナダル (1)2266
[6] マリン・チリッチ (7)1644
ロビン・ハーセ (39)031
カレン・ハチャノフ (38)266
 
ボトムハーフ
[5] グリゴール・ディミトロフ (5)022
[4] ケビン・アンダーソン (6)266
ステファノス・チチパス (27)237136
[2] アレクサンダー・ズベレフ (3)166114

以下、各試合の簡単な試合の振り返りです。

準々決勝「ナダル vs チリッチ」(トップハーフ)

過去の対戦成績は、ナダルの5勝、チリッチの2勝。

直近の対戦は2018年の全豪オープン(ハード)の準々決勝で、ファイナルセットの途中でナダルが怪我で棄権をし、チリッチが勝利しています。

[1] ラファエル・ナダル (1)2266
[6] マリン・チリッチ (7)1644
試合時間:2時間18分

第1シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)が第6シードのマリン・チリッチ(29歳・クロアチア)を2-6、6-4、6-4のフルセットの末に破り、ロジャーズ・カップ5年ぶり6回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

立ち上がりからチリッチのプレーがすばらしく、第3ゲームでチリッチが先にブレークに成功すると、第5ゲームもチリッチがブレーク。

第7ゲームでチリッチにセットポイント(ブレークポイント)が5本ありましたが、ここはナダルが何とか凌いでキープ。

第8ゲーム、チリッチのサービングフォーザセット。
チリッチがしっかりとキープして第1セットを先取。

第2セット

第4ゲームでナダルが先にブレークをし、第9ゲームでナダルのサービングフォーザセットを迎えますが、チリッチが土壇場でブレークバックに成功。

第10ゲーム、40-15とチリッチがゲームポイントを握りますが、ここからチリッチにスマッシュミスやチャンスボールでのミスなど立て続けにミスが出てしまい、ナダルがブレークをして第2セットを取ります。

ファイナルセット

第4ゲームでナダルにブレークポイントが1本ありましたが、終盤までお互いにキープを続けて行きます。

第10ゲーム、チリッチのミスが絡んでナダルがブレークをして勝利。

この試合のチリッチはウィナーを量産するなどすばらしいプレーを見せていましたが、セットの終盤の大事な局面でもったいないミスが出てナダルにブレークを許してしまうなど、悔しい敗戦となってしまいました。

準々決勝「ハーセ vs ハチャノフ」(トップハーフ)

過去に対戦はなく、初対戦となります。

ロビン・ハーセ (39)031
カレン・ハチャノフ (38)266
試合時間:54分

カレン・ハチャノフ(22歳・ロシア)がロビン・ハーセ(31歳・オランダ)を6-3、6-1のストレートで破り、マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

お互いブレークポイントを与えずにキープを続けていましたが、第7ゲームでハチャノフが先にブレークに成功。

第9ゲームもハチャノフがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第4ゲームでハチャノフが先にブレークをすると、第6ゲームもハチャノフがブレーク。

第7ゲーム、ハチャノフのサービングフォーザマッチ。
ハチャノフがラブゲームでキープをして勝利。

この試合、ハチャノフはブレークポイントを1本も与えない安定したサービスゲームを見せ、リターンゲームではブレークポイントを握ったゲームを確実にモノにするなど、完勝の内容でした。

準々決勝「ディミトロフ vs アンダーソン」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、ディミトロフの6勝、アンダーソンの1勝。

直近の対戦は2016年のストックホルム・オープン(室内ハード)の準々決勝で、ディミトロフがセットカウント2-1(7-6、5-7、6-2)で勝利しています。

[5] グリゴール・ディミトロフ (5)022
[4] ケビン・アンダーソン (6)266
試合時間:1時間5分

第4シードのケビン・アンダーソン(32歳・南アフリカ)が第5シードのグリゴール・ディミトロフ(27歳・ブルガリア)を6-2、6-2のストレートで破り、ロジャーズ・カップ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第5ゲームでアンダーソンが先にブレークに成功すると、第7ゲームもアンダーソンがブレーク。

第8ゲーム、アンダーソンのサービングフォーザセット。
40-0からディミトロフに2本返され40-30まで行きますが、アンダーソンがしっかりとキープして第1セットを先取。

第2セット

第1ゲームでアンダーソンがいきなりブレークに成功すると、第7ゲームもアンダーソンがブレーク。

第8ゲーム、アンダーソンのサービングフォーザマッチ。
このゲームもアンダーソンが危なげなくキープをして勝利。

この試合、アンダーソンはブレークポイントを1本も与えない安定したサービスゲームを見せ、リターンゲームではブレークポイントを握ったゲームを確実にモノにするなど、完勝の内容でした。

準々決勝「チチパス vs A.ズベレフ」(ボトムハーフ)

過去の対戦成績は、チチパスの0勝、A.ズベレフの1勝。

過去1回の対戦は2018年のシティ・オープン(ハード)の準決勝で、A.ズベレフがセットカウント2-0(6-2、6-4)で勝利しています。

ステファノス・チチパス (27)237136
[2] アレクサンダー・ズベレフ (3)166114
試合時間:2時間25分

ステファノス・チチパス(19歳・ギリシャ)が第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(21歳・ドイツ)を3-6、7-6、6-4のフルセットの末に破り、マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第2ゲームでチチパスが先にブレークをしますが、第3ゲームでA.ズベレフがすぐにブレークバックに成功。

第5ゲームでA.ズベレフがブレークをしてリードすると、第9ゲームもA.ズベレフがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第4ゲームでA.ズベレフが先にブレークをし、第9ゲームでA.ズベレフのサービングフォーザマッチを迎えますが、チチパスが土壇場でブレークバックに成功。

タイブレークではチチパスがミニブレーク合戦(A.ズベレフ6本、チチパス7本)を制して第2セットを取ります。

A.ズベレフはこのタイブレークで2本のマッチポイント(うち1本はA.ズベレフのサービス時)がありましたが、モノにすることができませんでした。

ファイナルセット

第5ゲームでA.ズベレフが先にブレークをしますが、第6ゲームでチチパスがすぐにブレークバックに成功。

第9ゲームでA.ズベレフに3本のブレークポイントがありましたがチチパスがこのピンチを凌ぎ、第10ゲームでチチパスがブレークをして勝利。(最後は30-40でA.ズベレフのダブルフォルトで試合終了)

A.ズベレフにとっては勝てた試合を落としたという内容でしたが、19歳のチチパスの粘り強さはすばらしかったです。

ドロー表(ベスト32・結果)

準々決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ロジャーズ・カップの準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
QF後
point
1ナダル9,220準々決勝3609,580
2フェデラー6,480欠場6,480
3デルポトロ5,410棄権05,410
4A.ズベレフ4,665準々決勝×1804,845
5ディミトロフ4,520準々決勝×1804,700
6アンダーソン4,175準々決勝3604,535
7チリッチ3,905準々決勝×1804,085
8ティエム3,6552回戦×103,665
9イズナー3,4803回戦×903,570
10ジョコビッチ3,3553回戦×903,445
11ゴファン3,0751回戦×103,085
12シュワルツマン2,2903回戦×902,380
13C ブスタ2,2452回戦×452,290
14フォニーニ2,1002回戦×452,145
15エドマンド1,9401回戦×101,950
16プイユ1,8601回戦×101,870
17キリオス1,8451回戦×101,855
18チチパス1,489準々決勝3601,849
19B アグート1,820棄権01,820
20ソック1,8051回戦×101,815
21チョリッチ1,7002回戦×451,745
22チェッキナート1,7201回戦×101,730
23錦織 圭1,7001回戦×101,710
24ズムル1,6201回戦×101,630
25チョン1,595棄権01,595
26ガスケ1,570欠場1,570
27ハチャノフ1,165準々決勝3601,525
28マナリノ1,4001回戦×101,410
29ラオニッチ1,3502回戦×451,395
30ベルダスコ1,2852回戦×451,330

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年8月・トロント後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

ロジャーズ・カップ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準々決勝の放送予定

GAORA、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
8月11日()準々決勝 1&21:30~6:30
準々決勝 3&47:30~12:30

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合、準決勝と決勝を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
8月11日()準々決勝放送なし

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWでは、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。(大会1日目は無料配信)

2018年 ロジャーズ・カップ その他の結果

コメント