【ハレ】1回戦「錦織 vs ベルダスコ」の結果(2017年)


2017年ゲリー・ウェバー・オープン(ハレ)の1回戦の錦織圭選手の対戦相手は、世界ランキング34位のフェルナンド・ベルダスコ選手。

錦織選手とベルダスコ選手のプレイヤー情報、1回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

最後に錦織選手の2回戦の対戦相手を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報(1回戦)

過去の対戦成績は、錦織選手の4勝2敗。

直近の試合は2017年の全仏オープンの4回戦で、錦織選手がセットカウント3-1(0-6、6-4、6-4、6-0)で勝利。

過去の対戦成績については、選手名鑑『 フェルナンド・ベルダスコ 』で紹介しています。

※2017年6月19日時点

錦織 圭ベルダスコ
4 勝対戦成績2 勝
9位(4位)最新ランキング(最高)34位(7位)
日本国籍スペイン
27歳年齢33歳
1989年12月29日生年月日1983年11月15日
178cm / 75kg身長 / 体重185cm / 87kg
右 / 両手利き手 / バック左 / 両手
2007年プロ転向2001年
24勝9敗2017年成績17勝12敗
0回2017年優勝回数0回
325勝151敗通算成績475勝348敗
11回通算優勝回数7回

1回戦「錦織vsベルダスコ」の結果

ゲリー・ウェバー・オープン 1回戦(2017年6月20日)
[3] 錦織 圭(9位)26766
フェルナンド・ベルダスコ(34位)17934
試合時間:2時間24分

第1セットはタイブレークまでもつれ、どちらが取ってもおかしくない展開の中でベルダスコ選手が第1セットを先取。

第2セット、ベルダスコ選手はサービスゲームで連続ミスが出るなどプレーが落ち、錦織選手が2回ブレイクに成功して第2セットを奪取。

ファイナルセット、錦織選手はリターンゲームで毎回ブレイクチャンスが来るもなかなかモノにできません。
そして、第7ゲームでようやくブレイクに成功すると、疲れの色が出てきたベルダスコ選手を振り切って勝利。

芝での最初の試合でもあり、全仏オープンで戦ったばかりで今大会のダブルスパートナーでもあるベルダスコ選手が相手ということで、どこかやりにくい面もあったかもしれませんが、芝でのプレーに対応をしながら怪我もなくしっかりと試合を締めたという感じで、まずはいいスタートが切れたのではないかと思います。

錦織試合全体ベルダスコ
3サービスエース14
4ダブルフォルト2
64%(67/104)ファーストサーブ確率71%(75/106)
84%(56/67)1st Serve Points Won73%(55/75)
49%(18/37)2nd Serve Points Won48%(15/31)
27%(3/11)ブレイク / チャンス10%(1/10)
11/15ネットポイント7/10
52%(110/210)Total Points Won48%(100/210)
29Winner 合計43
14フォアハンド18
9バックハンド4
6サーブ21
40Unforced error 合計56
16フォアハンド34
20バックハンド20
4サーブ2

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:自分が取得した全ポイント。

セットごとに試合を振り返っていきます。(振り返りでは「選手」は略)

第1セット

ベルダスコのサービスで試合開始。

第1ゲーム、ベルダスコがラブゲームでキープ。

第2ゲーム、錦織が危なげなくキープ。

第3ゲーム、ベルダスコのフォアハンドのウィナーやサービスエースなどがあり、ベルダスコがラブゲームでキープ。

第4ゲーム、錦織が危なげなくキープ。

第5ゲーム、錦織がしっかりとリターンを返して30-30まで行きましたが、ベルダスコがキープ。

第6ゲーム、錦織がラブゲームでキープ。

第7ゲーム、40-0とベルダスコがサービスポイントを握りますが、ベルダスコのミスが続いてデュースへ。
しかし、ベルダスコのサービスエース、フリーポイントがあり、ベルダスコがキープ。

第8ゲーム、錦織のダブルフォルト、ベルダスコのすばらしいリターンからのウィナーなどがあり、15-40とベルダスコにブレイクチャンスが来ます。
錦織がバックハンドのクロスへのウィナーを決めるなど、このピンチで錦織がしっかりとファーストサーブから展開を作ってデュースへ。
錦織がキープ。

第9ゲーム、ベルダスコがあっさりとキープ。

第10ゲーム、錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、錦織がラブゲームでキープ。

第11ゲーム、ベルダスコのサーブがよく、ベルダスコがラブゲームでキープ。

第12ゲーム、錦織のサービスエースが決まるなど、錦織がラブゲームでキープ。

タイブレーク、ファーストポイントで錦織がロングラリーを制してミニブレイクに成功しますが、すぐさまベルダスコのすばらしいパッシングショットが決まって、ベルダスコがミニブレイクバック。

その後、お互いサービスキープが続きますが、5-4から錦織のサービス1本目でベルダスコがミニブレイクに成功。

6-5とベルダスコがセットポイントを握ってサービス2本。
1本目、錦織がしっかりとリターンを返し、フォアハンドのウィナーを決めてミニブレイクバック。

7-6とベルダスコがセットポイントを握った状態で錦織のサービス2本。
1本目は錦織がバックハンドのダウンザラインへのウィナーを決めますが、2本目でロングラリーからベルダスコがフォアハンドのウィナーを決めてミニブレイク。

8-7とベルダスコがセットポイントを握ってサービス2本。
1本目、ベルダスコがフリーポイントを取って、ベルダスコが第1セットを先取。

第1セット
123456789101112T
錦織76
ベルダスコ97
○:サービスキープ、●:ブレイク、T:タイブレーク

ベルダスコのファーストサーブの確率も高く、芝への対応がまだできていない感じもあった錦織はリターンゲームでまったくチャンスを作れませんでした。

タイブレークでも錦織はすばらしいショットを決めるなどいいプレーをしていましたが、それ以上にベルダスコが集中力の高いプレーでまったく隙を見せてくれませんでした。

錦織第1セットベルダスコ
1サービスエース5
1ダブルフォルト0
68%(26/38)ファーストサーブ確率82%(32/39)
88%(23/26)1st Serve Points Won81%(26/32)
58%(7/12)2nd Serve Points Won71%(5/7)
0%(0/0)ブレイク / チャンス0%(0/2)
4/6ネットポイント2/2
49%(38/77)Total Points Won51%(39/77)
12Winner 合計16
5フォアハンド7
5バックハンド1
2サーブ8
14Unforced error 合計18
5フォアハンド13
8バックハンド5
1サーブ0

第2セット

錦織のサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ベルダスコのリターンエース、錦織のダブルフォルト、アンラッキーなコードボールがありデュースまで行きますが、錦織がキープ。

第2ゲーム、ベルダスコがラブゲームでキープ。

第3ゲーム、15-30とベルダスコにポイントを先行されますが、錦織のドロップショットが決まるなど錦織がキープ。

第4ゲーム、ベルダスコのダブルフォルトやミスがあり0-40と錦織にブレイクチャンスが来ます。
ベルダスコが1本凌ぎますが、ロングラリーを制した錦織がブレイクに成功。

第5ゲーム、錦織の落ち着いたネットプレーやフォアハンドのウィナーが決まって40-30まで行きますが、錦織のダブルフォルトでデュースへ。
錦織にミスが続いてベルダスコが2回目のブレイクポイントをモノにして、ベルダスコがブレイクバックに成功。

第6ゲーム、30-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、錦織の決めに行ったショットがネットにかかりデュースへ。
ベルダスコがゲームポイントを握ったところからダブルフォルトとミスが出て、錦織に再びブレイクポイントが来ると、錦織がストローク勝負で打ち勝ってブレイクに成功。

第7ゲーム、15-30とベルダスコにポイントを先行されますが、錦織がキープ。

第8ゲーム、ベルダスコがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、錦織のサービングフォーザセット。
ベルダスコのすばらしいショットが続くなど15-40とベルダスコにブレイクチャンスが来ますが、錦織が凌いでデュースへ。
ベルダスコのすばらしいプレーが飛び出し再びベルダスコがブレイクポイントを握りますが、錦織がサービスエースで凌ぎます。
このピンチから3連続ポイントで錦織がキープして第2セットを奪取。

第2セット
123456789101112
錦織6
ベルダスコ3
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

第2セットに入ってもベルダスコのプレーが良く、この調子が続くと厳しいかなという展開でしたが、第4ゲームでベルダスコがミスを連発するなどいきなり崩れました。

ただ、このベルダスコのミスに連鎖したのか、ブレイク直後に錦織のミスが絡んでベルダスコにブレイクバックを許したのは非常にもったいなかったです。

錦織第2セットベルダスコ
1サービスエース2
2ダブルフォルト2
57%(23/40)ファーストサーブ確率52%(12/23)
70%(16/23)1st Serve Points Won67%(8/12)
41%(7/17)2nd Serve Points Won45%(5/11)
50%(2/4)ブレイク / チャンス20%(1/5)
4/6ネットポイント2/3
52%(33/63)Total Points Won48%(30/63)
10Winner 合計12
6フォアハンド7
2バックハンド2
2サーブ3
15Unforced error 合計16
7フォアハンド6
6バックハンド8
2サーブ2

第3セット

ベルダスコのサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、30-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、錦織のフォアハンドに回り込んで決めに行ったショットがネットにかかりデュースへ。
錦織がこのゲーム2回目のブレイクポイントを握りますが、ベルダスコが凌いでキープ。

第2ゲーム、錦織のミスが続いて0-40とベルダスコにブレイクチャンスが来ますが、
錦織がこの大ピンチを凌いでデュースへ。
最後は錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、錦織が5連続ポイントでキープ。

第3ゲーム、40-15とベルダスコがゲームポイントを握りますが、ベルダスコの連続ミスでデュースへ。
ラリー戦で先にベルダスコにミスが出て錦織がブレイクポイントを握りますが、ベルダスコがピンチを凌いでキープ。

第4ゲーム、錦織のフォアハンドのウィナー、サーブアンドボレーが決まるなど、錦織が危なげなくキープ。

第5ゲーム、ベルダスコのミスなどがあり、30-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、ベルダスコが凌いでデュースへ。
ベルダスコがキープ。

第6ゲーム、40-0から錦織のダブルフォルトがありましたが、錦織がキープ。

第7ゲーム、ベルダスコの3本のミスがあり、30-40と錦織にブレイクチャンスが来ますが、ベルダスコが凌いでデュースへ。
錦織がこのゲーム3回目のブレイクポイントをモノにして、錦織がブレイクに成功。

ベルダスコはデュースに入ってからラリー後につらそうな仕草を見せ始め、第7ゲーム後にメディカルタイムアウトを取って股関節や腰などのマッサージを受けます。

第8ゲーム、ベルダスコはストロークで抑えが効かない感じでミスが出るなど、錦織がラブゲームでキープ。

第9ゲーム、ベルダスコがラブゲームでキープ。

第10ゲーム、錦織のサービングフォーザマッチ。
錦織が40-0とマッチポイントを握ると、最後もしっかりとサーブからの攻めを展開してラブゲームでキープし、錦織が1セットダウンからの逆転勝利。

第3セット
123456789101112
錦織6
ベルダスコ4
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

ベルダスコはピンチの連続で何とか耐え続けましたが、最後はベルダスコの体が限界に近づいた感じで、錦織がプレッシャーをかけ続けての粘り勝ちでした。

錦織第3セットベルダスコ
1サービスエース7
1ダブルフォルト0
69%(18/26)ファーストサーブ確率70%(31/55)
94%(17/18)1st Serve Points Won68%(21/31)
50%(4/8)2nd Serve Points Won38%(5/13)
14%(1/7)ブレイク / チャンス0%(0/3)
3/3ネットポイント3/5
56%(39/70)Total Points Won44%(31/70)
7Winner 合計15
3フォアハンド4
2バックハンド1
2サーブ10
11Unforced error 合計22
4フォアハンド15
6バックハンド7
1サーブ0

錦織の2回戦の対戦相手は!?

錦織選手の2回戦の対戦相手は、世界ランキング38位のカレン・ハチャノフ選手(21歳・ロシア)。

過去の対戦成績は、錦織選手の1勝0敗。

この1回の対戦は2016年の全米オープンの2回戦で、錦織選手がセットカウント3-1(6-4、4-6、6-4、6-3)で勝利しています。

ハチャノフ選手は威力のあるサーブを持っており勢いに乗らせると非常に厄介な相手なので、なるべくアップダウンをなくして相手に隙を見せないテニスを展開して欲しいなと思います。

2回戦「錦織 vs ハチャノフ」の結果

コメント