【ブリスベン国際】 錦織、準決勝の結果(2017年)

2017年ブリスベン国際の準決勝について、錦織選手とワウリンカ選手のプレイヤー情報、準決勝の結果とスタッツを見ていきます。

2017年ブリスベン国際の大会結果については、『 2017年ブリスベン国際、大会結果 』をご覧ください。

【2017年】ブリスベン国際の大会結果(ATP250)
【2017年】ブリスベン国際の大会結果(ATP250)
2017年1月第1週(2017年第1週)に開催されるATP250「ブリスベン国際」の1回戦から決勝までの結果を見ていきます。
スポンサーリンク

プレイヤー情報(準決勝)

まずは、対戦両者のプレイヤーデータの紹介です。(※大会前のデータ)

世界ランキング3位争いをしているライバル、ワウリンカ選手。
是が非でも勝ちたい試合です。

錦織 圭 ワウリンカ
3勝 対戦成績 4勝
5位(4位) 最新ランキング(最高) 4位(3位)
日本 国籍 スイス
27歳 年齢 31歳
178cm / 75kg 身長 / 体重 183cm / 81kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 片手
2007年 プロ転向 2002年
0勝0敗 2017年成績 0勝0敗
0回 2017年優勝回数 0回
301勝142敗 通算成績 439勝251敗
11回 通算優勝回数 15回

対戦相手のワウリンカ選手の情報、錦織選手との対戦成績の詳細は、『 選手名鑑:スタン・ワウリンカ 』をご覧ください。

スタン・ワウリンカ
スタン・ワウリンカ
※更新日:2017年6月13日 現在。 スタン・ワウリンカ選手の基本情報、プレースタイル、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

※以下、結果の記事ついては、「選手」を略して、書いていきます。

錦織、準決勝の結果

世界ランキング4位のワウリンカと準決勝で激突。

世界ランキングを争うライバルで、お互い負けられない試合となりましたが、セットカウント2-0のストレートで錦織が勝利。

ブリスベン国際で初の決勝進出!!

ブリスベン国際 準決勝(2017年1月7日)
[3] 錦織 圭(5位) 2 77 6
[2] スタン・ワウリンカ(4位) 0 63 3
試合時間:1時間42分

1試合を通して錦織のファーストサーブの確率が高く、確率重視で試合を組み立てていく作戦だったのかもしれません。

ワウリンカのサーブの調子がよく、なかなかチャンスを作ることが難しい展開でしたが、絶対先に隙は見せない、錦織の勝負強さが見れた試合でした。

錦織 試合全体 ワウリンカ
1本 サービスエース 9本
1本 ダブルフォルト 2本
73%(56/77) ファーストサーブ確率 61%(37/61)
66%(37/56) 1st Serve Points Won 73%(27/37)
67%(14/21) 2nd Serve Points Won 42%(10/24)
27%(10/37) 1st Serve Return Points Won 34%(19/56)
58%(14/24) 2nd Serve Return Points Won 33%(7/21)
2/2 ブレイク / チャンス 1/5
54%(75/138) 取得ポイント合計 46%(63/138)

[スタッツ用語の補足]
1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
1st Serve Return Points Won:相手のファーストサーブが入った時にリターンポイントを取得した確率。
2nd Serve Return Points Won:相手のセカンドサーブが入った時にリターンポイントを取得した確率。

錦織 Match Summary ワウリンカ
14 Winners 21
21 Unforced Errors 35
11/17 Net Points Won 8/10

※これら項目がATP公式ページに載ってないので、今回メモしたのを記載しています。

それでは、セットごとにどんな試合の流れだったか振り返っていきます。

第1セット

ワウリンカのサービスゲームで試合開始。

第1ゲーム、ワウリンカのバックハンドが強烈で、バックハンドのクロスラリーはワウリンカが上回る。
サービスエースが2本決まるなど、あっさりキープ。

第2ゲーム、お互いミスでポイントを取り合う形になりデュースへ。
錦織はいいショットと悪いショットが交互に出る感じで、なかなか連続してポイントが取れない状況が続くも、10分を超えるサービスゲームを何とかキープ。

ワウリンカの方もミスが出るなど、まだ安定感は見られない。ただ、ストロークが深いところに返ってきたり、鋭いショットをコースに決めたりと、これが決まり出すとかなり厄介なことになりそう。

第3ゲーム、ワウリンカのサーブは好調で、ラブゲームでキープ。

第4ゲーム、錦織はドロップショットを決めるなど、いい感じでラリーを組み立て始めるが、ワウリンカの強烈なバックハンドが飛び出すと、形勢が逆転してしまう。
このサービスゲームもデュースまでもつれるが、何とかキープ。

第5ゲーム、ワウリンカのファーストサーブが入った時に、錦織はまだ一度もポイントを取れていない。攻略の糸口が見えず、ワウリンカがキープ。

第6ゲーム、錦織のストロークが安定し、このゲームは楽にキープ。

第7ゲーム、ワウリンカのサーブが引き続き好調で、ラブゲームでキープ。

錦織はまったくチャンスが作れないが、自分のサービスをしっかりキープして、とにかく我慢していくしかない。

第8ゲーム、ストローク勝負になると錦織がポイントを取れるようになってきた。サーブアンドボレーを決めるなど、あっさりキープ。
しかし、錦織がスマッシュを打った後、膝を気にする仕草を見せる。ちょっと心配。

第9ゲーム、ワウリンカのミスが出るなど、0-30と初めてチャンスが訪れる。
ここからお互いすばらしいラリーを見せるが、ワウリンカが打ち勝つ。その後はサービスエースを決めるなど4連続でポイントを取り、ワウリンカがキープ。

第10ゲーム、錦織はこの試合で初めてのサービスエースを決めるなど、ストロークもよく、あっさりキープ。
第8ゲームで膝を気にする仕草を見せていたが、ここまで見る限り大丈夫そう。

第11ゲーム、リターンを返しても、その後のワウリンカのストロークが深く、なかなか錦織のペースに持っていけない。最後はサービスエースを決め、ワウリンカがキープ。

このゲーム終了後、ワウリンカがトレーナーを呼び左足首の治療を行う。プレー中は違和感があるように見えなかったが。

第12ゲーム、第1セットの序盤とは違い、錦織のサービスゲームで安定感が出てきた。
時折もったいないミスが見られるが、キープしてタイブレークに持ち込む。

ワウリンカのサービスで、タイブレーク開始。
最初からミニブレイク合戦の展開となり、ポイント3-2で錦織がリード。

ここで初めて錦織がサービスでポイントを取り、4-2とリード。
続く錦織のサービスで、ストロークで相手を振り回し、最後はスマッシュを決め、錦織が吠える!!

直後のワウリンカのサービスをミニブレイクして、6-2とセットポイントをつかむ。
最後は、錦織のサービスでワウリンカがミスをして、タイブレーク7-3で錦織が第1セットを先取。

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 T
錦織 7 7
ワウリンカ 3 6
○:キープ、●:ブレイク、T:タイブレーク

第1セットは、ワウリンカのサーブが好調で、まったく攻略の糸口が見えない状況が続きましたが、相手に流れを渡さないよう、錦織はほんとによく我慢したと思います。

次第に錦織のストロークの安定感も出てきて、最後はタイブレークで勝負強さを見せた錦織が第1セットを取るという展開でした。

錦織 第1セット ワウリンカ
1本 サービスエース 8本
1本 ダブルフォルト 1本
70%(35/50) ファーストサーブ確率 60%(21/35)
69%(24/35) 1st Serve Points Won 90%(19/21)
60%(9/15) 2nd Serve Points Won 43%(6/14)
10%(2/21) 1st Serve Return Points Won 31%(11/35)
57%(8/14) 2nd Serve Return Points Won 40%(6/15)
0/0 ブレイク / チャンス 0/3
51%(43/85) 取得ポイント合計 49%(42/85)

第2セット

錦織のサービスゲームで第2セット開始。

第1ゲーム、タイブレークあたりからミスが目立つようになったワウリンカ。
大事な第2セットの立ち上がりではあったが、ファーストサーブもしっかり決め、錦織がキープ。

第2ゲーム、ワウリンカのファーストサーブが入ると相変わらず厳しいが、セカンドサーブになるとリターンエースを決めるなど、チャンスが作れそうな状況になってくる。
デュースまで持ち込むが、ワウリンカがプレッシャーの掛かる場面でも集中力を見せ、キープ。

第3ゲーム、錦織のサービスになるとワウリンカのミスがちょっと目立つ。第2セットに入ってから錦織のファーストサーブの確率がさらに良くなり、しっかりとキープ。

第4ゲーム、第1セットと比べるとワウリンカの動きがちょっと悪く見える。決めに行ったバックハンドをミスするなどミスが続き、15-40と錦織にブレイクのチャンスがやってくる。
最後もワウリンカのバックハンドがミスとなり、錦織がこの試合初めてブレイクに成功。

第5ゲーム、ブレイクした直後のサービスゲームは非常に大事。
しかし、錦織のミスが出て、15-40とブレイクのピンチを迎える。
ブレイクポイントを1本凌いだが、長いラリーの末、錦織の打ったショットがネットにあたって、ワウリンカのチャンスボールに・・・。
大事なサービスゲームだったが、ブレイクバックを許す。

第6ゲーム、メンタル的にちょっとダメージ残りそうだが、錦織のストロークは好調で、再び15-40とブレイクのチャンスを迎える。
最後はワウリンカがミスして、錦織が再びブレイクに成功。

ここまで、第1セットと打って変わってブレイク合戦になる。

第7ゲーム、ワウリンカの強烈なショットが決まるなど、ピンチを迎えそうになるが、錦織が何とか凌いでキープ。
ブレイク合戦の流れを断ち切るナイスキープ!!

第8ゲーム、錦織にもったいないミスが連続で出てしまい、ワウリンカがキープ。

第9ゲーム、錦織のサービング・フォーザ・マッチ。
ワウリンカが連続でミスして錦織がリードすると、バックハンドのすばらしいダウンザラインでウィナーをとり、40-0とマッチポイントを迎える。
最後はファーストサーブでフリーポイントを取り、ラブゲームでキープ。

セットカウント2-0で錦織勝利。

※ちょっとだけ用語解説
・ダウンザライン:サイドラインに沿ってストレートに打ったショット
・フリーポイント:サービスエース、または触れられたが返球できないサーブだけで得たポイント

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 6
ワウリンカ 3
○:サービスキープ、●:相手のサービスゲームをブレイク

錦織がサーブとストロークともに好調を維持したのに対し、ワウリンカはサービスゲームでの安定感がなくなりました。

ワウリンカのサーブが入った時のポイント取得率が、極端に悪くなりました。錦織が良かったことと、それがプレッシャーになってミスが出始めた感じです。

錦織 第2セット ワウリンカ
0本 サービスエース 1本
0本 ダブルフォルト 1本
78%(21/27) ファーストサーブ確率 62%(16/26)
62%(13/21) 1st Serve Points Won 50%(8/16)
83%(5/6) 2nd Serve Points Won 40%(4/10)
50%(8/16) 1st Serve Return Points Won 38%(8/21)
60%(6/10) 2nd Serve Return Points Won 17%(1/6)
2/2 ブレイク / チャンス 1/2
60%(32/53) 取得ポイント合計 40%(21/53)

準決勝を振り返っての感想

隙を見せたほうが負ける、そんな試合でした。
ラリーが始まると、さすがトップ選手というレベルの高いプレーが何度も飛び出していました。

第1セットは、サーブの差でワウリンカ選手の流れで試合が進んでいきましたが、ほんとに錦織選手は我慢して自分のサービスゲームをキープし続けたと思います。

タイブレークでは、お互いミスが出る展開の中、しっかり立て直した錦織選手と集中力の欠けたプレーが続いてしまったワウリンカ選手。
その前に、ワウリンカ選手が左足首に違和感があってトレーナーを呼んでいたので、その辺が影響していたのかもしれません。

第2セットに入ってからは、ワウリンカ選手のサービスゲームをブレイクするなど、錦織選手の調子は引き続き良かったです。

調子に乗らせると怖いワウリンカ選手ですが、耐える場面をしっかり耐え、戦術もよく、そうさせなかった錦織選手が勝利したと思います。

2017年最初の大事な直接対決を制した錦織選手。

次は、気になる決勝の対戦相手を見ていきましょう。

次の決勝の対戦相手は!?

第7シードのディミトロフ選手(世界ランキング17位)に決まりました。

第1シードのラオニッチ選手は、準々決勝でナダル選手を倒した勢いのまま、決勝まで勝ち上がってくると思っていました。
そのラオニッチ選手をストレートで倒すとは、ディミトロフ選手はかなり調子がいいのかもしれません。

ディミトロフ選手に関する情報、錦織選手との対戦成績は、『 選手名鑑:グリゴール・ディミトロフ 』をご覧ください。

グリゴール・ディミトロフ
グリゴール・ディミトロフ
※更新日:2017年6月13日 現在。 グリゴール・ディミトロフ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

「Young Guns」同士の対決となった決勝。
試合は1月8日の18時以降の開始となります。

錦織選手の決勝の結果は、『【ブリスベン国際】 錦織、決勝の結果(2017年)』をご覧ください。

【ブリスベン国際】 錦織、決勝の結果(2017年)
【ブリスベン国際】 錦織、決勝の結果(2017年)
2017年ブリスベン国際の決勝について、錦織選手とディミトロフ選手のプレイヤー情報、決勝の結果とスタッツを見ていきます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする