【2017年】ジュネーヴ・オープンの結果(ATP250)


2017年5月第4週(2017年第21週)にジュネーヴ(スイス)で開催されるATP250「ジュネーヴ・オープン」の放送予定、1回戦から決勝までの結果を見ていきます。

第2シードの錦織選手は、1回戦が免除され2回戦からの出場となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年ジュネーヴ・オープンの結果

ATP250「ジュネーヴ・オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

※()内の世界ランキングは、2017年5月22日付のランキングです。

1回戦

トップハーフ
ロジェリオ・ドゥトラ シルバ(78位)2677
ジョアン・ソウザ(57位)0465
 
トミー・ロブレド(271位)1632
フランコ・シュクゴール(84位)2366
ダニエル・アルトマイアー(259位)034
[6] サム・クエリー(28位)266
 
トマス・ベルッシ(59位)1641
アンドレイ・クズネツォフ(85位)2366
 
ヤン レナード・ストルフ(47位)13662
セドリック マルセル・シュテベ(314位)26477
ヤンコ・ティプサレビッチ(61位)2677
[9] ライアン・ハリソン(42位)0465
ボトムハーフ
[5] スティーブ・ジョンソン(26位)266
ステファン・ロベール(113位)033
オラシオ・セバジョス(64位)2607
ドゥシャン・ラヨビッチ(79位)1465
 
ロビン・ハーセ(46位)17663
ミーシャ・ズベレフ(33位)25786
 
[7] パオロ・ロレンツィ(34位)0561
ケビン・アンダーソン(62位)2777
ジャレド・ドナルドソン(72位)266
ビクトル・エストレーリャ ブルゴス(89位)024
 
ミハイル・ククシュキン(88位)266
ロベルト・マルコラ(837位)022

錦織選手の2回戦の対戦相手が世界ランキング88位のミハイル・ククシュキン選手(カザフスタン)に決まりました。

過去の対戦成績は、錦織選手の6勝0敗。
2016年に3回対戦があり、すべてストレートで錦織選手が勝利しています。

2回戦

トップハーフ
[1] スタン・ワウリンカ(3位)5
ロジェリオ・ドゥトラ シルバ(78位)棄権2
フランコ・シュクゴール(84位)023
[6] サム・クエリー(28位)266
 
[3] アルベルト・ラモス ビノラス(20位)051
アンドレイ・クズネツォフ(85位)276
セドリック マルセル・シュテベ(314位)60
ヤンコ・ティプサレビッチ(61位)棄権41

ドゥトラシルバ選手が右足首の怪我により棄権となり、第1シードのワウリンカ選手が準々決勝に進出。

第3シードのラモスビノラス選手はクズネツォフ選手にストレートで敗れ、初戦敗退となりました。

ボトムハーフ

2回戦「錦織 vs ククシュキン」は、日本時間の5月23日(火)25:00開始予定。

[5] スティーブ・ジョンソン(26位)266
オラシオ・セバジョス(64位)013
ミーシャ・ズベレフ(33位)26656
[4] ジョン・イスナー(22位)14773
 
ケビン・アンダーソン(62位)26676
ジャレド・ドナルドソン(72位)13792
ミハイル・ククシュキン(88位)043
[2] 錦織 圭(9位)266

第4シードのイスナー選手はM.ズベレフ選手にフルセットの末に敗れ、初戦敗退となりました。

第2シードの錦織選手がククシュキン選手をストレートで破り、準々決勝に進出。

錦織選手の2回戦の結果については、『 錦織 vs ククシュキン 』の記事で詳しく紹介しています。

そして、錦織選手の準々決勝の対戦相手が、世界ランキング62位のケビン・アンダーソン選手(南アフリカ共和国)に決まりました。

過去の対戦成績は、錦織選手の3勝1敗。
直近の試合は2017年のマイアミ・オープンの2回戦で、錦織選手が6-4、6-3のストレートで勝利しています。

準々決勝

トップハーフ
[1] スタン・ワウリンカ(3位)2476
[6] サム・クエリー(28位)1652
アンドレイ・クズネツォフ(85位)2617
セドリック マルセル・シュテベ(314位)1265

第1シードのワウリンカ選手が第6シードのクエリー選手をフルセットの末に破り、準決勝に進出。

ボトムハーフ

準々決勝「錦織 vs アンダーソン」は、センターコート第3試合で日本時間の5月25日(木)22:15開始予定。

[5] スティーブ・ジョンソン(26位)045
ミーシャ・ズベレフ(33位)267
ケビン・アンダーソン(62位)16466
[2] 錦織 圭(9位)22678

第2シードの錦織選手がアンダーソン選手をフルセットの末に破り、準決勝に進出。

ファイナルセットの第10ゲーム(錦織選手のサービスゲーム)で、0-40とアンダーソン選手に3本のマッチポイントを握られましたが、錦織選手が攻めのテニスでこの大ピンチを凌いでの勝利でした。

そして、錦織選手の準決勝の対戦相手が、世界ランキング33位のミーシャ・ズベレフ選手(ドイツ)に決まりました。

過去に対戦はなく、初対戦となります。

準決勝

準決勝「錦織 vs M.ズベレフ」は、センターコート第2試合で日本時間の5月26日(金)21:00開始予定。

[1] スタン・ワウリンカ(3位)2677
アンドレイ・クズネツォフ(85位)0364
ミーシャ・ズベレフ(33位)2636
[2] 錦織 圭(9位)1463

第1シードのワウリンカ選手がクズネツォフ選手をストレートで破り、決勝に進出。

予選から勝ち上がってきたM.ズベレフ選手が第2シードの錦織選手をフルセットの末に破り、決勝に進出。

錦織選手の準決勝の結果については、『 錦織 vs M.ズベレフ 』の記事で詳しく紹介しています。

地元スイスのワウリンカ選手は2連覇をかけて、M.ズベレフ選手はATPツアー2回目の決勝で、ツアー初優勝をかけての戦いとなります。

決勝

決勝「ワウリンカ vs M.ズベレフ」は、センターコート第2試合で日本時間の5月27日(土)22:00開始予定。

過去の対戦成績は、ワウリンカ選手の1勝、M.ズベレフ選手の1勝。

[1] スタン・ワウリンカ(3位)2466
ミーシャ・ズベレフ(33位)1633
試合時間:2時間20分

第1シードのスタン・ワウリンカ選手(スイス)がミーシャ・ズベレフ選手(ドイツ)をフルセットの末に破り、大会2連覇を果たしました。

第1セット、第3ゲームにM.ズベレフ選手が先にブレイクに成功した直後、メディカルタイムアウトを取って首のあたりのマッサージを受けます。

直後の第4ゲームにワウリンカ選手がブレイクバックに成功しますが、第5ゲームにM.ズベレフ選手がブレイクに成功。

ミスが出るなど波に乗れないワウリンカ選手に対し、M.ズベレフ選手がストロークで粘り、得意のネットプレーを展開して第1セットを先取。

第2セット、第2ゲームにワウリンカ選手がブレイクに成功すると、このリードを守って第2セットを奪取。

ファイナルセット、第3ゲームにワウリンカ選手がブレイクに成功しますが、第4ゲームにM.ズベレフ選手がブレイクバックに成功。

ブレイク合戦の展開となりM.ズベレフ選手も粘りを見せましたが、地元の声援を背に集中力の高いプレーを続けたワウリンカ選手が第5ゲームと第9ゲームでブレイクに成功して勝利。

ドロー表(結果)

放送予定

DAZNで、大会5日目から配信が予定されています。

日程ラウンド配信時間
5月25日(木)準々決勝20:15~
5月26日(金)準決勝21:00~
5月27日()決勝22:00~

※配信スケジュールは変更になる場合があるため、最新スケジュールについてはDAZNサイト内でご確認下さい。

コメント