【2017年】ジュネーヴ、リヨンの結果(ATP250)


2017年5月第4週(2017年第21週)に開催されたATP250の2大会「ジュネーヴ・オープン(ジュネーヴ)」、「リヨン・オープン(リヨン)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク

ジュネーヴ・オープン(ATP250)

2017年5月21日~5月27日にジュネーヴ(スイス)で開催されたATP250「ジュネーヴ・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第1シードのワウリンカ選手は準々決勝で第6シードのクエリー選手、準決勝でノーシードのクズネツォフ選手を破って決勝に進出。

M.ズベレフ選手は2回戦で第4シードのイスナー選手、準々決勝で第5シードのジョンソン選手、準決勝で第2シードの錦織選手を破る活躍を見せ、予選から勝ち上がっての決勝進出。

※「Rank」は、2017年5月22日付の世界ランキングです。

シード 選手名 Rank 結果
1 スタン・ワウリンカ 3位 優勝
2 錦織 圭 9位 ベスト4
3 アルベルト・ラモス ビノラス 20位 2回戦
4 ジョン・イスナー 22位 2回戦
5 スティーブ・ジョンソン 26位 ベスト8
6 サム・クエリー 28位 ベスト8
7 パオロ・ロレンツィ 34位 1回戦
8 ビクトル・トロイツキ 35位 棄権
9 ライアン・ハリソン 42位 1回戦

※第8シードのトロイツキ選手は1回戦の直前で棄権をしたため、空いたシードの枠にハリソン選手が第9シードとして入りました。

決勝の結果

M.ズベレフ選手(左)とワウリンカ選手(右)

2017年5月27日 決勝(ジュネーヴ/クレー)
[1] スタン・ワウリンカ(3位) 2 4 6 6
ミーシャ・ズベレフ(33位) 1 6 3 3
試合時間:2時間20分

2017年のジュネーヴ・オープンの決勝。

第1シードのスタン・ワウリンカ選手(スイス)がミーシャ・ズベレフ選手(ドイツ)を4-6、6-3、6-3のフルセットの末に破り、地元スイスの大会で見事2連覇を果たしました。

ワウリンカ選手は2017年シーズン初優勝を挙げ、これでツアー16勝目。

クレーシーズンに入ってここまで結果が出ていませんでしたが、地元の大会ということもありモチベーションの高いときの勝負強さはさすがでした。

一方、ツアー初優勝を狙ったM.ズベレフ選手は、2010年9月のモゼール・オープン以来となるツアー2回目の決勝進出でしたが、ツアー初優勝とはなりませんでした。

予選から勝ち上がり、本戦でもシード選手との3連戦があるなど、体力面で厳しい状態だったかもしれません。

今回優勝は逃しましたが、準決勝の錦織選手、決勝のワウリンカ選手とトップ10相手に一歩も引かないすばらしいプレーを見せ、今大会でのプレーを今後も続けていけば近いうちにツアー初優勝に手が届くのではないかと思います。

そして、ワウリンカ選手とM.ズベレフ選手は休む間もなく全仏オープンに出場となります。

ATP250ジュネーヴ・オープンの結果(1回戦~決勝)

リヨン・オープン(ATP250)

2017年5月21日~5月27日にリヨン(フランス)で開催されたATP250「リヨン・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第2シードのツォンガ選手はシード選手と対戦することなく、順当に勝ち上がって決勝に進出。

第3シードのベルディヒ選手は準々決勝で第5シードのシモン選手、準決勝で第1シードのラオニッチ選手を破って決勝に進出。

活躍を期待されたキリオス選手とデルポトロ選手は2回戦で敗退。

※「Rank」は、2017年5月22日付の世界ランキングです。

シード 選手名 Rank 結果
1 ミロシュ・ラオニッチ 6位 ベスト4
2 ジョーウィルフリード・ツォンガ 13位 優勝
3 トマーシュ・ベルディヒ 14位 準優勝
4 ニック・キリオス 19位 2回戦
5 ジル・シモン 32位 ベスト8
6 フアン・マルティン・デルポトロ 30位 2回戦
7 ボルナ・チョリッチ 40位 1回戦
8 ブノワ・ペール 45位 1回戦

決勝の結果

ツォンガ選手

2017年5月27日 決勝(リヨン/クレー)
[2] ジョーウィルフリード・ツォンガ(13位) 2 77 7
[3] トマーシュ・ベルディヒ(14位) 0 62 5
試合時間:1時間47分

2017年のリヨン・オープンの決勝。

第2シードのジョーウィルフリード・ツォンガ選手(フランス)が第3シードのトマーシュ・ベルディヒ選手(チェコ)を7-6、7-5のストレートで破り、リヨン・オープン初代チャンピオンとなりました。

ツォンガ選手はツアー15勝目(2017年シーズンは3勝目)。

3月のマイアミ・オープンを妻の出産に立ち会うために欠場してから4月に1ヶ月ぶりにツアーに戻ってきましたが、体が鈍ってしまったのかマスターズに2大会出場してどちらも早期敗退。

そんな中、地元フランスの大会で見事優勝を果たし、調子が上向いた状態で全仏オープンに挑むことができそうです。

一方、2016年9月以来のツアー優勝を狙ったベルディヒ選手は、マッチポイント(ブレイクポイント)を握られたところで痛恨のダブルフォルトで試合終了。

マイアミ・オープンでもフェデラー選手相手に大熱戦を演じながら、最後はダブルフォルトで試合終了となっており、メンタル的に何かあるんでしょうか。

それでも準決勝で第1シードのラオニッチ選手を破るなど調子は良さそうだったので、全仏オープンでの活躍を期待したいところです。