【BNPパリバOP】2回戦「大坂 vs ムラデノビッチ」の結果(2019年)


2019年3月6日から3月17日(2019年第10、11週)にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるWTAプレミア・マンダトリー「BNPパリバ・オープン」。

大坂なおみの2回戦の対戦相手は、世界ランキング65位のクリスティーナ・ムラデノビッチ(25歳・フランス)。

大坂とムラデノビッチのプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報

過去の対戦成績は、大坂の1勝、ムラデノビッチの1勝。

直近の対戦は2019年のドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ハードコート)の2回戦で、ムラデノビッチがセットカウント2-0(6-3、6-3)で勝利しています。

※2019年3月9日時点(試合前)のデータ

大坂ムラデノビッチ
1 勝対戦成績1 勝
1位 (1位)最新ランク (最高)65位 (10位)
日本国籍フランス
21歳年齢25歳
1997年10月16日生年月日1993年5月14日
180cm身長184cm
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2013プロ転向2009年
9勝2敗2019年成績3勝6敗
1回2019年優勝回数0回
186勝121敗通算成績297勝262敗
3回通算優勝回数1回

2回戦「大坂 vs ムラデノビッチ」の結果

3月9日(土):STADIUM1 第5試合

※日本時間の3月10日(日)13時以降に開始予定。

BNPパリバ・オープン 2回戦 (ハード)
[1] 大坂なおみ (1位)266
クリスティーナ・ムラデノビッチ (65位)034
試合時間:1時間20分

第1シードの大坂なおみ(21歳・日本)がクリスティーナ・ムラデノビッチ(25歳・フランス)をセットカウント2-0(6-3、6-4)で破り、3回戦進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
大坂6
ムラデノビッチ3
○:キープ、●:ブレーク

大坂のサービスで試合開始。

第1ゲーム、ムラデノビッチのリターンでのポイント、大坂のスマッシュのウィナー、ムラデノビッチのフォアハンドのミス、大坂のバックハンドの深いショットでのポイント(40-15)、大坂のフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、大坂がキープ

第2ゲーム、ムラデノビッチのバックハンドの逆クロスへのウィナー、大坂のフォアハンドの逆クロスへのリターンエース、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、大坂のリターンミス(40-15)、大坂のフォアハンドの威力のあるショットでのポイント、ラリー戦でのムラデノビッチのポイントがあり、ムラデノビッチがキープ

第3ゲーム、大坂のバックハンドのパッシングショットでのポイント、ファーストサーブでのポイント、ムラデノビッチのボレーのウィナー、大坂のバックハンドのクロスへのショットでのポイント(40-15)、ムラデノビッチの威力のあるリターンでのポイント、大坂のサービスエースがあり、大坂がキープ

第4ゲーム、ムラデノビッチのフォアハンドのミス、大坂のバックハンドのダウンザラインへのウィナー(0-30)、大坂のフォアハンドのミス、ムラデノビッチのサーブアンドボレーのウィナー(30-30)、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、30-40と大坂にブレークポイントが来ます。

大坂にリターンミスが出て(わずかにサイドアウト)、デュースへ。

デュース1回目、ムラデノビッチのスマッシュのウィナー、ダブルフォルト。

デュース2回目、ムラデノビッチのセカンドサーブでのポイント、大坂のフォアハンドのミスがあり、ムラデノビッチがキープ

第5ゲーム、ムラデノビッチのリターンミス、バックハンドの連続ミス(40-0)、大坂のバックハンドのミス、ムラデノビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナー(40-30)、ムラデノビッチのリターンミスがあり、大坂がキープ

第6ゲーム、ムラデノビッチのセカンドサーブでのポイント(15-0)、大坂のフォアハンドのクロスへのウィナーとリターンでのポイント、ムラデノビッチのダブルフォルトがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。

大坂のリターンミス、ムラデノビッチのボレーのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、ムラデノビッチにダブルフォルトが出て、大坂にブレークポイントが来ますが、ムラデノビッチがファーストサーブで凌ぎます。

デュース2回目、大坂のリターンミス、ムラデノビッチのバックハンドのミス。

デュース3回目、ムラデノビッチにフォアハンドのミスが出て、大坂にブレークポイントが来ます。

ムラデノビッチにダブルフォルトが出て、大坂がブレークに成功

第7ゲーム、大坂のファーストサーブでの連続ポイント(30-0)、ラリー戦でのムラデノビッチのポイント、大坂のフォアハンドのミス(30-30)、大坂のボレーのウィナー、サービスエースがあり、大坂がキープ

第8ゲーム、ムラデノビッチのスマッシュのミス、セカンドサーブでのポイント、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナー(40-15)、ファーストサーブでのポイントがあり、ムラデノビッチがキープ

第9ゲーム、大坂のサービングフォーザセット
大坂のボレーのウィナー、フォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、ムラデノビッチのリターンミスがあり、40-15と大坂にセットポイントが来ます。

大坂のフォアハンドのミス、ムラデノビッチのフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、大坂にダブルフォルトが出て、ムラデノビッチにブレークポイントが来ますが、大坂がフォアハンドのクロスへの威力のあるショットで凌ぎます。

デュース2回目、大坂のフォアハンドのドライブボレーのウィナー、バックハンドのミス。

デュース3回目、ムラデノビッチのバックハンドのミス、大坂のバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、大坂が第1セットを先取

大坂第1セットムラデノビッチ
2サービスエース0
0ダブルフォルト4
77% (27/35)ファーストサーブ確率55% (18/33)
70% (19/27)1st Serve Points Won56% (10/18)
50% (4/8)2nd Serve Points Won60% (9/15)
20% (1/5)ブレーク / チャンス0% (0/1)
12Winners8
14Unforced errors14
66% (23/35)Service Points Won58% (19/33)
42% (14/33)Return Points Won34% (12/35)
54% (37/68)Total Points Won46% (31/68)

第2セット

第2セット
123456789101112
大坂6
ムラデノビッチ4
○:キープ、●:ブレーク

ムラデノビッチのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ムラデノビッチのフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、大坂のリターンミスとフォアハンドのミス、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイントがあり、ムラデノビッチがラブゲームでキープ

第2ゲーム、ラリー戦でのムラデノビッチのポイント、大坂のフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドのパッシングショットのウィナー(40-15)、ファーストサーブでのポイントがあり、大坂がキープ

第3ゲーム、大坂のバックハンドのパッシングショットのウィナー、ムラデノビッチのフォアハンドのミス、ダブルフォルトがあり、0-40と大坂にブレークポイントが来ます。

ムラデノビッチのファーストサーブでのポイントで15-40となった後、大坂がバックハンドのクロスへのパッシングショットでポイントを取り、大坂がブレークに成功

第4ゲーム、大坂のサービスエース、ファーストサーブでのポイント、ムラデノビッチの威力のあるリターンでのポイント、大坂の連続攻撃でのポイント(40-15)、大坂のボレーのミス、ラリー戦で大坂のフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、大坂がキープ

第5ゲーム、ムラデノビッチのフォアハンドのクロスへのウィナー、ファーストサーブでの連続ポイント(40-0)、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイントがあり、ムラデノビッチがキープ

第6ゲーム、大坂のフォアハンドのクロスへの鋭いショットでのポイント、サービスエース(30-0)、ムラデノビッチの深いリターン(威力のあるリターン)での3連続ポイントがあり、30-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。

大坂がサービスエースで凌いで、デュースへ。

デュース1回目、ラリー戦でムラデノビッチのバックハンドのミスとフォアハンドのミスがあり、大坂がキープ

第7ゲーム、ムラデノビッチのボレーのウィナー(15-0)、大坂のフォアハンドのパッシングショットのウィナー、大坂のバックハンドの逆クロスへのウィナー、ムラデノビッチのバックハンドのミスがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます

ムラデノビッチのサービスエース、フォアハンドのドライブボレーのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、ムラデノビッチにボレーのミスが出て、大坂にブレークポイントが来ます。

ムラデノビッチにボレーのミスが出て、大坂がブレークに成功

第8ゲーム、大坂のサービングフォーザマッチ
ムラデノビッチのフォアハンドのミス、フォアハンドの逆クロスへのリターンエース、リターンミス、大坂のフォアハンドのパッシングショットのミス(30-30)、ムラデノビッチのフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーがあり、30-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。

大坂にダブルフォルトが出て、ムラデノビッチがブレークを1つ返します

第9ゲーム、ムラデノビッチのフォアハンドのドライブボレーのウィナー、大坂のフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、ムラデノビッチのセカンドサーブでのポイント、大坂のリターンミス(40-15)、ムラデノビッチのフォアハンドのクロスへのカウンターショットでのポイントがあり、ムラデノビッチがキープ

第10ゲーム、大坂のサービングフォーザマッチ(2回目)
大坂のフォアハンドのクロスへのショットでのポイント、フォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、ダブルフォルト(30-30)、ムラデノビッチのバックハンドのパッシングショットのウィナーがあり、30-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。

大坂がファーストサーブでポイントを取り、デュースへ。

デュース1回目、大坂のボレーでのポイント、ムラデノビッチのリターンミスがあり、大坂が勝利

大坂第2セットムラデノビッチ
3サービスエース1
2ダブルフォルト1
64% (21/33)ファーストサーブ確率56% (15/27)
62% (13/21)1st Serve Points Won73% (11/15)
58% (7/12)2nd Serve Points Won42% (5/12)
40% (2/5)ブレーク / チャンス33% (1/3)
12Winners8
10Unforced errors8
61% (20/33)Service Points Won59% (16/27)
41% (11/27)Return Points Won39% (13/33)
52% (31/60)Total Points Won48% (29/60)

ハイライト動画

BNPパリバ・オープン2回戦「大坂 vs ムラデノビッチ」のハイライト動画です。

Naomi Osaka vs. Kristina Mladenovic | 2019 BNP Paribas Open Second Round | WTA Highlights

試合振り返り・スタッツ

2月にドバイで対戦した時には、大坂はファーストサーブの確率が45%と低く、ストロークのミスも多くて自滅での敗戦となってしまいましたが、その後、新コーチとしてジェンキンス氏を迎え入れ、今大会に向けてしっかりと調整できたのかなというプレー内容でした。

第2セット終盤でムラデノビッチが開き直ってリターンからより積極的に攻撃をしてくるようになり、大坂がサービスゲームで苦労する展開となりましたが、この試合の大坂はファーストサーブの確率が71%と高く、大事な場面でサービスエースやファーストサーブでポイントを取るなど、相手に流れを渡さない勝負強さも見せていました。

大坂Matchムラデノビッチ
5サービスエース1
2ダブルフォルト5
71% (48/68)ファーストサーブ確率55% (33/60)
67% (32/48)1st Serve Points Won64% (21/33)
55% (11/20)2nd Serve Points Won52% (14/27)
30% (3/10)ブレーク / チャンス25% (1/4)
24Winners16
24Unforced errors22
63% (43/68)Service Points Won58% (35/60)
42% (25/60)Return Points Won37% (25/68)
53% (68/128)Total Points Won47% (60/128)

大坂の3回戦の対戦相手は!?

大坂なおみのBNPパリバ・オープンの3回戦の対戦相手は、世界ランキング25位のダニエル・コリンズ(25歳・アメリカ)。

過去の対戦成績は、大坂の1勝、コリンズの0勝。

過去1回の対戦は2018年のチャイナ・オープン(ハードコート)の2回戦で、大坂がセットカウント2-0(6-1、6-0)で勝利しています。

BNPパリバ・オープン 3回戦「大坂 vs コリンズ」の結果

放送予定

WTAプレミア・マンダトリー「BNPパリバ・オープン」の試合は、DAZNで配信が予定されています。

DAZN

DAZNでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。

日付ラウンド配信時間
3月7日(木)1回戦4:00~
3月8日(金)1回戦4:00~
3月9日()2回戦4:00~
3月10日()2回戦4:00~
3月11日(月)3回戦3:00~
3月12日(火)3回戦3:00~
3月13日(水)4回戦3:00~
3月14日(木)準々決勝5:00~, 10:00~
3月15日(金)準々決勝3:00~, 9:00~
3月16日()準決勝10:30~
3月18日(月)決勝5:00~

コメント