【BNPパリバOP】3回戦「大坂 vs コリンズ」の結果(2019年)


2019年3月6日から3月17日(2019年第10、11週)にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるWTAプレミア・マンダトリー「BNPパリバ・オープン」。

大坂なおみの3回戦の対戦相手は、世界ランキング25位のダニエル・コリンズ(25歳・アメリカ)。

大坂とコリンズのプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報

過去の対戦成績は、大坂の1勝、コリンズの0勝。

過去1回の対戦は2018年のチャイナ・オープン(ハードコート)の2回戦で、大坂がセットカウント2-0(6-1、6-0)で勝利しています。

※2019年3月11日時点(試合前)のデータ

大坂コリンズ
1 勝対戦成績0 勝
1位 (1位)最新ランク (最高)25位 (23位)
日本国籍アメリカ
21歳年齢25歳
1997年10月16日生年月日1993年12月13日
180cm身長178cm
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2013プロ転向2016年
10勝2敗2019年成績9勝4敗
1回2019年優勝回数0回
187勝121敗通算成績121勝72敗
3回通算優勝回数0回

3回戦「大坂 vs コリンズ」の結果

3月11日(月):STADIUM1 第4試合

※日本時間の3月12日(火)午前10時以降に開始予定。

BNPパリバ・オープン 3回戦 (ハード)
[1] 大坂なおみ (1位)266
[25] ダニエル・コリンズ (25位)042
試合時間:1時間22分

第1シードの大坂なおみ(21歳・日本)が第25シードのダニエル・コリンズ(25歳・アメリカ)をセットカウント2-0(6-4、6-2)で破り、4回戦進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
大坂6
コリンズ4
○:キープ、●:ブレーク

コリンズのサービスで試合開始。

第1ゲーム、コリンズのファーストサーブでのポイント、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイント(40-0)、大坂のフォアハンドのクロスへのショットでのポイント、コリンズのファーストサーブでのポイントがあり、コリンズがキープ

第2ゲーム、コリンズのバックハンドのミス、大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー、ファーストサーブでの連続ポイントがあり、大坂がキープ

第3ゲーム、大坂の深いリターンでのポイント、コリンズのサービスエース、大坂のリターンミス、コリンズのバックハンドのミス(30-30)、コリンズのファーストサーブでのポイント(40-30)、大坂のリターンからの連続攻撃でのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、コリンズのファーストサーブでのポイント、大坂のフォアハンドの逆クロスへのリターンエース。

デュース2回目、コリンズにもったいないフォアハンドのミスが出て、大坂にブレークポイントが来ます。

大坂のフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、大坂がブレークに成功

第4ゲーム、ラリー戦で大坂のバックハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、サービスエース、コリンズのリターンでのポイント(30-30)、大坂のファーストサーブでのポイント(40-30)、コリンズのボレーのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、大坂にフォアハンドのミスが出て、コリンズにブレークポイントが来ます。

コリンズがバックハンドのクロスへのリターンでポイントを取り、コリンズがブレークバックに成功

第5ゲーム、大坂のリターンミス(15-0)、コリンズのバックハンドのミス、ダブルフォルト、大坂のバックハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。

コリンズのバックハンドのクロスへのショットでのポイント、フォアハンドのクロスへのショットでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、コリンズのフォアハンドのクロスへのウィナー、大坂のドロップショットからのボレーのウィナー。

デュース2回目、大坂が先に攻撃を仕掛けてポイントを取り、大坂にブレークポイントが来ますが、大坂のバックハンドのミス。

デュース3回目、コリンズのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、大坂の威力のあるリターンでのポイント。

デュース4回目、大坂の連続リターンミスがあり、コリンズがキープ

第6ゲーム、大坂のフォアハンドのミス、ダブルフォルト(0-30)、大坂のセカンドサーブでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイント(40-30)、大坂のバックハンドのストレートへのウィナーがあり、大坂がキープ

第7ゲーム、大坂のフォアハンドのストレートへのショットでのポイント、コリンズの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナー、ダブルフォルト(15-30)、ラリー戦からカウンターでのコリンズのドロップショットのウィナー、ファーストサーブでのポイント(40-30)、大坂の威力のあるリターンでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、コリンズのフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、コリンズがキープ

第8ゲーム、大坂のフォアハンドの逆クロスへのウィナー、コリンズのフォアハンドのクロスへの深いショットでのポイント、大坂のサービスエース、ファーストサーブでのポイント(40-15)、コリンズのバックハンドのミスがあり、大坂がキープ

第9ゲーム、大坂のフォアハンドの連続ミス、コリンズのダブルフォルト、セカンドサーブでのポイント(40-15)、ダブルフォルト、大坂のフォアハンドの逆クロスへのリターンエースがあり、デュースへ。

デュース1回目、大坂のバックハンドのダウンザラインへのリターンエースが決まり、大坂にブレークポイントが来ます。

ラリー戦で大坂のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、大坂がブレークに成功

第10ゲーム、大坂のサービングフォーザセット
大坂のファーストサーブでのポイント、もったいないバックハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、コリンズのフォアハンドのミスがあり、40-15と大坂にセットポイントが来ます。

ラリー戦で大坂のフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナーが決まり、大坂が第1セットを先取

大坂第1セットコリンズ
2サービスエース1
1ダブルフォルト4
61% (17/28)ファーストサーブ確率40% (18/45)
71% (12/17)1st Serve Points Won67% (12/18)
64% (7/11)2nd Serve Points Won44% (12/27)
40% (2/5)ブレーク / チャンス100% (1/1)
15Winners7
17Unforced errors13
68% (19/28)Service Points Won53% (24/45)
47% (21/45)Return Points Won32% (9/28)
55% (40/73)Total Points Won45% (33/73)

第2セット

第2セット
123456789101112
大坂6
コリンズ2
○:キープ、●:ブレーク

コリンズのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、コリンズのフォアハンドのクロスへのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、フォアハンドの深いショットでのポイント(40-0)、大坂の威力のあるリターンでのポイント、コリンズのファーストサーブでのポイントがあり、コリンズがキープ

第2ゲーム、大坂のフォアハンドのミス、フォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミス(30-30)、大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、大坂がキープ

第3ゲーム、大坂のリターンでのポイント、コリンズのバックハンドのミス、大坂のバックハンドのクロスへのウィナーがあり、0-40と大坂にブレークポイントが来ます。

コリンズにバックハンドのミスが出て、大坂がブレークに成功

ここでコリンズがコーチを呼んでオンコートコーチングを受けます。

第4ゲーム、大坂の連続攻撃からのフォアハンドのストレートへのウィナー、コリンズのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、大坂のセカンドサーブでの連続ポイント(40-15)、ファーストサーブでのポイントがあり、大坂がキープ

第5ゲーム、コリンズのバックハンドの深いショットでのポイント、ファーストサーブでのポイント、大坂のリターンミス(40-0)、大坂のバックハンドのクロスへの強烈なリターンエース、コリンズのダブルフォルト、大坂のバックハンドのダウンザラインへの深いリターンでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、コリンズのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ダブルフォルト。

デュース2回目、コリンズのバックハンドのクロスへのショットでのポイント、バックハンドのミス。

デュース3回目、コリンズにダブルフォルトが出て、大坂にブレークポイントが来ますが、コリンズがファーストサーブで凌ぎます。

デュース4回目、大坂がフォアハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、大坂にブレークポイントが来ます。

大坂がリターンから先に攻撃を仕掛けてポイントを取り、大坂がブレークに成功

第6ゲーム、大坂のサービスエース、コリンズの深いリターンでのポイント、大坂のファーストサーブでのポイント、バックハンドの逆クロスへのショットでのポイント(40-15)、コリンズのバックハンドのクロスへの鋭いショットでのポイント、コリンズのバックハンドのミスがあり、大坂がキープ

第7ゲーム、大坂の連続攻撃でのポイント、コリンズのバックハンドのショートクロスへのウィナー、大坂のバックハンドの深いショットでのポイント(15-30)、コリンズのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、30-40と大坂にマッチポイント(ブレークポイント)が来ます。

コリンズが先に攻撃を仕掛けてボレーでポイントを取り、デュースへ。

デュース1回目、コリンズのセカンドサーブでのポイント、大坂のドロップショットのミスがあり、コリンズがキープ

第8ゲーム、大坂のサービングフォーザマッチ
大坂のサービスエース、フォアハンドのクロスへのショットでのポイント、見事なフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、40-0と大坂にマッチポイントが来ます。

コリンズの深いリターンでのポイント、大坂のバックハンドのクロスへのウィナーがあり、大坂がキープをして勝利

大坂第2セットコリンズ
1サービスエース0
0ダブルフォルト3
73% (16/22)ファーストサーブ確率58% (18/31)
69% (11/16)1st Serve Points Won56% (10/18)
83% (5/6)2nd Serve Points Won38% (5/13)
50% (2/4)ブレーク / チャンス0% (0/0)
14Winners4
4Unforced errors9
73% (16/22)Service Points Won48% (15/31)
52% (16/31)Return Points Won27% (6/22)
60% (32/53)Total Points Won40% (21/53)

ハイライト動画

BNPパリバ・オープン3回戦「大坂 vs コリンズ」のハイライト動画です。

Naomi Osaka vs. Danielle Collins | 2019 BNP Paribas Open Third Round | WTA Highlights

試合振り返り・スタッツ

第2セットの大坂は完璧と言っていいほどのプレー内容で、強い勝ち方でした。

第2セットの第3ゲーム後にコリンズがオンコートコーチングでサーブに変化を加えるようコーチから助言を受けていましたが、大坂はこの変化に対してもしっかりと対応し、強烈なリターンやリターンから連続攻撃を見せるなどコリンズに常にプレッシャーをかけることができていました。

大坂Matchコリンズ
3サービスエース1
1ダブルフォルト7
66% (33/50)ファーストサーブ確率47% (36/76)
70% (23/33)1st Serve Points Won61% (22/36)
71% (12/17)2nd Serve Points Won43% (17/40)
44% (4/9)ブレーク / チャンス100% (1/1)
29Winners11
21Unforced errors22
70% (35/50)Service Points Won51% (39/76)
49% (37/76)Return Points Won30% (15/50)
57% (72/126)Total Points Won43% (54/126)

ドロー表 (ベスト32・結果)

大坂の4回戦の対戦相手は!?

大坂なおみのBNPパリバ・オープンの4回戦の対戦相手は、世界ランキング23位のベリンダ・ベンチッチ(22歳・スイス)。

過去の対戦成績は、大坂の1勝、ベンチッチの0勝。

過去1回の対戦は2013年のペラム大会(クレーコート)の1回戦で、大坂がセットカウント2-0(6-3、6-3)で勝利しています。

BNPパリバ・オープン 4回戦「大坂 vs ベンチッチ」の結果

放送予定

WTAプレミア・マンダトリー「BNPパリバ・オープン」の試合は、DAZNで配信が予定されています。

DAZN

DAZNでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。

日付ラウンド配信時間
3月7日(木)1回戦4:00~
3月8日(金)1回戦4:00~
3月9日()2回戦4:00~
3月10日()2回戦4:00~
3月11日(月)3回戦3:00~
3月12日(火)3回戦3:00~
3月13日(水)4回戦3:00~
3月14日(木)準々決勝5:00~, 10:00~
3月15日(金)準々決勝3:00~, 9:00~
3月16日()準決勝10:30~
3月18日(月)決勝5:00~

コメント